愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 22日

2強不在なら負けられない!シンハライトが豪快に差し切り樫の女王に輝く

今日、東京競馬場では、真夏のような暑さの中、3歳牝馬クラシック第2弾・オークス(GI、3歳牝・芝2400m)が行われました。レースは、池添謙一騎手騎乗の1番人気シンハライトが後方追走から馬群を割って末脚を伸ばし、同じく後方から外追い込んできた2番人気のチェッキーノの追撃を首差おさえて優勝しました。

☆オークス結果
1着◎シンハライト   (池 添) 2'25'0(良)
2着○チェッキーノ   (戸 崎) クビ
3着 ビッシュ     (M.デームロ)1/2
4着 ジェラシー    (横山典) 1 1/2
5着 ペプチドサプル  (四 位) ハナ

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 フロムマイハート  C
  落ち着きなし
2 アウェイク     B
  普通
3 シンハライト    A
  最初小走りだったが、ほどなく落ち着いて力強い歩様
4 アットザシーサイド C
  落ち着きなし
5 ペプチドサプル   B
  普通
6 アドマイヤリード  C
  落ち着きなし
7 ゲッカコウ     C
  落ち着きなし
8 デンコウアンジュ  B
  普通
9 ウインファビラス  C
  2人引き、落ち着きなし
10 ダンツペンダント  C
  落ち着きなし
11 エンジェルフェイス C
  2人引き、落ち着きなし
12 フロンテアクイーン C
  落着きなし
13 チェッキーノ    B+
  2人引き、前走フローラS同様落ち着いて周回
14 ビッシュ      B
  普通
15 レッドアヴァンセ  B
  普通
16 ジェラシー     B
  2人引き、普通
17 ロッテンマイヤー  B
  普通、やや首高い
18 ダイワドレッサー  B
  普通

今年のオークスは、有力候補だった桜花賞馬ジュエラーが骨折、2歳女王メジャーエンブレムがNHKマイルC出走のため回避したことから、チューリップ賞(GIII)レコード勝ち、桜花賞でハナ差2着だったシンハライトが単勝2倍の圧倒的な支持を集めました。レースは、シンハライトが素晴らしい末脚で豪快に差しきって、見事人気に応えました。

シンハライトのパドックは、初めて見ましたが、落ち着いて力強い歩様が目に付き、眼光も鋭く素晴らしい馬だなあと感じました。レースはダンツペンダントが1000m通過59.8秒とやや早いペースで逃げる展開の中、後方5番手を追走。直線に向いても外に持ち出さず馬群の真ん中に突っ込んで前が壁になる苦しい競馬になりました。それでも狭い馬群をこじ開けると(その際、デンコウアンジュにぶつかって池添騎手は2日の騎乗停止になりました)、メンバー最速の上がり33.5秒の末脚を繰り出して先行馬群を一気に交わしました。2着との差はわずかとはいえ、着差以上の強さを感じました。

2着は2番人気のチェッキーノ。パドックは前走フローラSの時と同じような雰囲気で、2人引きでも落ち着き十分、力を出せる絶好のデキに見えました。レースは、後方4番手追走から、直線外に持ち出して、勝ち馬と同じ上がり33.5秒の末脚で豪快に伸び、シンハライトにクビ差まで迫りました。フローラSレコード勝ちの実力は本物でしたね。こちらも素晴らしい走りを見せてくれました。

チェッキーノ
父キングカメハメハ 母ハッピーパス(母の父サンデーサイレンス)
2013年2月8日生 牝3 美浦・藤沢和雄厩舎
5戦3勝(2016年5月22日現在)
b0015386_2338162.jpg


3着は、5番人気のビッシュが健闘。パドックは特に目立つ感じはありませんでしたが、落ち着いて周回していました。レースは前走のような最後方からではなく、果敢に先行すると直線内から鋭く伸びて、いったんは先頭に立つ場面もある見せ場十分の走りを見せてくれました。本日5勝のルメール騎手、流石の好騎乗でした。

ビッシュ
父ディープインパクト 母バランセラ(母の父Acatenango)
2013年1月16日生 牝3 美浦・鹿戸雄一厩舎
4戦2勝(2016年5月22日現在)
b0015386_23383180.jpg


なお、3番人気10着のエンジェルフェイス、4番人気11着のアットザシーサイドはパドックで落ち着きがなく、あまり良く見えませんでしたが、案の定、共に見せ場なく終わってしまいました。期待に応えられなかったのは残念でした。

それでは最後に見事優勝したシンハライトちゃんを掲載します。

b0015386_23385740.jpg

パドックは、入ってきた最初こそ小走りになる場面がありましたが、ほどなく落ち着きました。眼光鋭く、力強い歩様も目に付き、単複で大勝負したくなるほどの素晴らしい雰囲気でした。

b0015386_23391054.jpg

鞍上の池添謙一騎手は2008年トールポピー以来となるオークス2勝目。なお、レース後のインタビューで「ゲートを出て一歩目が遅く本当は中団からと思っていたのですが、後方の位置取りになってしまった。内枠でしたし、石坂先生からも『枠を生かした競馬を』と言われていましたから、内で折り合って進みました。直線はどこに行こうかと思いましたが、外に出す事は考えていませんでしたし、真ん中をつきました。途中他の馬に迷惑をかけて反省しています。そこを抜いてからは、前方に馬を見ながら必死に追いました。抜いてくれてすごい馬だなと思いました。」とコメントしていました。

b0015386_23392344.jpg

ウイニングラン中のシンハライトちゃんと池添謙一騎手です。池添騎手は、今年の春のGI惜敗続き、今日も苦しい競馬だっただけに、喜びを爆発させていました。

b0015386_23393536.jpg

石坂正厩舎はジェンティルドンナ以来となるオークス2勝目となりました。なお、ディープインパクト産駒は史上8頭目のクラシック通算10勝目で、オークスは昨年のミッキークイーンに続く連覇となりました。

b0015386_23394837.jpg

桜花賞のわずか2センチ差に泣いた無念を見事晴らしましたね。GI初制覇、本当におめでとうございました!

シンハライト
父ディープインパクト 母シンハリーズ(母の父Singspiel)
2013年4月11日生 牝3 黒鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 栗東・石坂正厩舎
5戦4勝(2016年5月22日現在)
(重賞勝利)2016年オークス(GI)、チューリップ賞(GIII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-05-22 23:39 | 16年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/25828327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第77回オークス予想結果分析      第77回オークス(GI)予想 >>