愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 27日

有馬記念は、ゴールドアクターが4連勝で人馬共に悲願のGI初制覇!

今日、中山競馬場ではGIホース5頭、出走馬16頭中15頭が重賞勝ち馬という好メンバーが揃った大一番・節目の第60回目のグランプリ・有馬記念(GI)が行われました。
レースは、吉田隼人騎手騎乗の8番人気ゴールドアクターが、好位追走から直線力強く伸び、中団から追い込んできた5番人気サウンズオブアースの追撃をクビ差おさえ優勝しました。

☆有馬記念結果
1着◎ゴールドアクター (吉田隼) 2'33'0(良)
2着△サウンズオブアース(M.デムーロ) クビ
3着△キタサンブラック (横山典) 3/4
4着 マリアライト   (蛯 名) アタマ
5着▲ラブリーデイ   (川 田) 1/2

パドックの個人的な評価は以下の通り(A良い B普通 C平凡)

1 オーシャンブルー  B
  2人引き、普通
2 ヒットザターゲット B
  普通
3 ラストインパクト  B+
  落ち着いて周回。前走ジャパンC2着好走時と同じような雰囲気
4 ラブリーデイ    B
  普通、歩様の力強さはジャパンC、天皇賞の時より劣る
5 アドマイヤデウス  B+
  2人引きでも気合いを秘め力強い歩様
6 アルバート     B+
  2人引きでも落ち着いて周回
7 ゴールドアクター  B+
  2人引き、つる首、時折チャカつくも、前走アルゼンチン共和国杯より遙かに落ち着いて周回
8 ワンアンドオンリー B+
  落ち着いて力強い歩様
9 サウンズオブアース B+
  2人引き、今秋3戦目でも疲れは見せず元気良く周回
10 トーセンレーヴ   B
  2人引き、つる首、普通
11 キタサンブラック  B
  普通、時折小走りもいつものこと
12 リアファル     B+
  2人引き、いつももっと煩いが落ち着いて周回
13 ルージュバック   B+
  2人引き、落ち着いて堂々と周回
14 ダービーフィズ   B
  普通
15 ゴールドシップ   B+
  前走ジャパンC同様、大変落ち着いて周回
16 マリアライト    B
  普通、キビキビと周回

今年の有馬記念は、引退の花道を飾りたいファン投票1位のゴールドシップが1番人気。宝塚記念、天皇賞・秋の覇者ラブリーデイが2番人気。菊花賞を見せ場十分の3着で単騎逃げが予想されるリアファルが3番人気。今年の菊花賞馬キタサンブラックが4番人気。重賞未勝利も堅実な走りを続けているサウンズオブアースが5番人気。ここまでが単勝10倍を切る人気を集め、大混戦模様でしたが、これら人気馬を抑えて優勝したのは3連勝中の上がり馬・8番人気の伏兵ゴールドアクターでした。

ゴールドアクターのパドックは、多少小走りになる場面もありましたが、前走アルゼンチン共和国杯(GII)の時と比べれば遙かに落ち着きがありました。これなら力を出せると、安心して単複馬券で勝負できるくらいの好気配でした。
レースは、1コーナー手前では先頭に立つほどの好スタートを切ると、すっと下げて好位4番手からスムースにレースを進め、直線力強く末脚を伸ばして、先に抜け出したマリアライト、キタサンブラックを交わし、外から追い上げてきたサウンズオブアースの追撃を封じての快勝となりました。これまでGI未勝利の吉田隼人騎手でしたが、完璧な競馬をしてくれたと思います。人馬共に悲願の初GI制覇、本当におめでとうございました!

2着は、出走馬中唯一の重賞未勝利馬・5番人気のサウンズオブアースが健闘しました。パドックはいつも良く見せる馬ですが、今日も秋3戦目とは思えないくらい元気に周回していました。レースは、前半引っかかりそうになる場面もありましたが、直線は鋭く伸びて勝ち馬に首差まで迫りました。今秋絶好調のM.デムーロ騎手、さすがの好騎乗でした。

サウンズオブアース
父ネオユニヴァース 母ファーストバイオリン(母の父Dixieland Band)
2011年4月12日生 牡4 栗東・藤岡健一厩舎
15戦2勝(2015年12月27日現在)
b0015386_0275267.jpg


3着は4番人気の菊花賞馬キタサンブラック。パドックは、小走りになる場面もありましたが、これはいつものことで気合いを表に出して周回していました。レースは積極的にハナを奪い1000m通過62.4秒とスローペースで逃げて、直線もしぶとく粘りました。テン乗りの横山典弘でしたが上手くエスコートして今日も堅実な走りを見せてくれました。

キタサンブラック
父ブラックタイド 母シュガーハート(母の父サクラバクシンオー)
2012年3月10日生 牡3 栗東・清水久詞厩舎
8戦5勝(2015年12月27日現在)
b0015386_028753.jpg


なお、1番人気のゴールドシップは8着。今日もゲートは出たもののダッシュがつかず最後方からの競馬で、4コーナー手前で大捲りしてスタンドを大いに盛り上げたものの、そこから末脚は不発に終わり引退の花道とはいきませんでした。馬の雰囲気は良かったですが、おそらくピークが過ぎていたのだと思います。

2番人気のラブリーデイは5着。パドックは正直天皇賞、ジャパンCの時より気配は落ちていた感じがありました。距離延長もマイナスだったようで、少し慎重なレースをして届かなかった印象です。

3番人気のリアファルはまさかの最下位。パドックは、いつもより落ち着きがあったように見えたので意外な凡走でした。逃げ馬の宿命とはいえ、捕まってからバッタリ止まったのは案外でした。1~3番人気は期待に応えることができず残念でした。

他では大外枠の不利を克服して4着のマリアライトは大健闘といって良いでしょう。どの馬にもチャンスがあったと思われる今年の有馬記念でしたが、上位4頭はいずれも騎手の好騎乗が光った、そんな一戦だったように感じました。

それでは最後に見事優勝したゴールドアクター君を掲載します。

b0015386_0282548.jpg

パドックは、時折小走りになる場面がありましたが、前走、アルゼンチン共和国杯の時よりは落ち着いて周回していました。気合いを表に出すタイプです。

b0015386_0284111.jpg

これまでゴールドアクターとコンビを組んで6戦5勝3着1回と結果を残してきた吉田隼人騎手は、今日も愛馬の力を存分に引き出して、デビュー12年目で悲願の初GI制覇を飾りました。レース後のインタビューでは「この馬に乗って中山で走るのは初めてでしたが、コース相性はいいと思っていましたし、いい枠も引けて、イメージ通りの競馬ができました。抜け出してからは早くゴールが来いと思いながら追いました。」とコメントしていました。

b0015386_0291077.jpg

ゴールドアクターを管理する中川公成厩舎も開業11年目で悲願の初GI制覇となりました。

b0015386_0292344.jpg

関東馬の有馬記念制覇は、2007年マツリダゴッホ以来、8年振りの勝利でした。なお、中川調教師はレース後のインタビューで「まだ実感がわきませんね。レースに関してはゲートが開いてみないとわかりませんが、道中は思い通りにいい感じで運べていました。直線は力が入りましたね。来年は春の天皇賞を目標にやっていきたいと思います。」とコメントしていました。

b0015386_0293434.jpg

父スクリーンヒーローもアルゼンチン共和国杯制覇の次走ジャパンCを勝って一気に頂点に立ちましたが、息子も続きましたね!また、有馬記念を連覇した祖父グラスワンダーの血が再びこの有馬記念という大舞台で輝いたのは本当に感慨深いものがあります。4連勝での初GI制覇、おめでとうございました!

ゴールドアクター
父スクリーンヒーロー 母ヘイロンシン(母の父キョウワアリシバ)
2011年5月18日生 牡4 青鹿毛 新冠・北勝ファーム生産 美浦・中川公成厩舎
13戦7勝(2015年12月28日現在)
(重賞勝利)2015年有馬記念(GI)、アルゼンチン共和国杯(GII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2015-12-27 23:59 | 15年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/25216553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ホープフルSは、キャリア1戦の...      第60回有馬記念(GI)予想 >>