愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 08日

南部杯はエスポワールシチー、京都大賞典はメイショウカンパクが制す

「南部杯(JpnI)は、エスポワールシチーが3年ぶり2度目の制覇でGI(級)7勝目を飾る」
今日、盛岡競馬場で行われたマイルチャンピオンシップ南部杯(JpnI、3歳上・ダート1600m)は、圧倒的1番人気(単勝1.1倍)に推された佐藤哲三騎手騎乗のエスポワールシチー(栗東・安達昭夫)が、道中2番手追走から4コーナーで先頭に立つと、直線は後続を一気に突き放して独走、好位内から伸びた6番人気ダイショウジェットに4馬身差をつけて圧勝しました。

☆南部杯結果(事前予想なし)
1着 エスポワールシチー (佐藤哲)1'35'9(良)
2着 ダイショウジェット (柴 山)4
3着 アドマイヤロイヤル (安藤勝)6
4着 メイショウタメトモ (武 豊)5
5着 スーニ       (川田将)2

エスポワールシチーが、得意の先行逃げ切りで他馬を寄せ付けず圧勝、通算重賞区切りの10勝目(うちGI(級)7勝)を挙げました。今年はこれといったライバル不在で相手に恵まれたとはいえ、7歳秋でもこれだけ強い競馬ができるのは本当に見事です。スマートファルコンが引退し、昨年のダート王トランセンドが今季不振に陥ったことから、再びダート王に返り咲くのも夢ではないかもしれませんね。今秋の大舞台での活躍期待したいです、おめでとうございました!


エスポワールシチー(撮影日2011年10月10日・南部杯)
父ゴールドアリュール 母エミネントシチー(母の父ブライアンズタイム)
2005年4月22日生 牡7 栗毛 門別・幾千世牧場生産 栗東・安達昭夫厩舎
33戦15勝(2012年10月8日現在)
(重賞勝利)2009年ジャパンCダート(GI)、2010年フェブラリーS(GI)、2012年・2009年南部杯(JpnI)、2012年・2010年・2009年かしわ記念(JpnI)、2009年マーチS(GIII)、2011年みやこS(GIII)、名古屋大賞典(JpnIII)
b0015386_23305199.jpg



「京都大賞典(GII)は、メイショウカンパクが後方一気に差し切り初重賞制覇」
今日、京都競馬場で行われた京都大賞典(GII、3歳上・芝2400m)は、池添謙一騎手騎乗の5番人気メイショウカンパクが、後方2番手追走から直線大外一気に伸びて、併せて伸びてきた7番人気オウケンブルースリをクビ差おさえ優勝しました。

☆京都大賞典(GII)結果(事前予想なし)
1着 メイショウカンパク(池 添)2'23'4(良)
2着 オウケンブルースリ(浜 中)クビ
3着 ギュスターヴクライ(岩 田)3/4
4着 フミノイマージン (太 宰)ハナ
5着 フォゲッタブル  (ピンナ)1/2

昨年10月のオープン入り後、重賞で一息のレースが続いていたメイショウカンパクが、約1年ぶりの勝利で嬉しい初重賞制覇を飾りました。鞍上の池添騎手は、オルフェーヴルの主戦でありながら凱旋門賞に乗れなかった悔しさがあったと思います。今日は昨日のオルフェーヴルのような後方待機策からの追い込みを決めてみせて彼の意地を見た気がします。
全盛期は過ぎたと思われたオウケンブルースリの2着も見事でした。2008年の菊花賞馬が7歳秋になっても、これだけの時計で走れたのですから大したものです。辛抱強く復活を目指した陣営の努力に拍手を送りたいです。

メイショウカンパク(撮影日2012年6月10日・エプソムC)
父グラスワンダー 母ダンシングハピネス(母の父ダンスインザダーク)
2007年5月15日生 牡5 黒鹿毛 浦河・三嶋牧場生産 栗東・荒川義之厩舎
33戦6勝(2012年10月8日現在)
(重賞勝利)2012年京都大賞典(GII)
b0015386_23311565.jpg

[PR]

by Yuuichiro_K | 2012-10-08 23:31 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/19177905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< トゥザグローリー(12’宝塚記...      毎日王冠は、カレンブラックヒル... >>