愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 03日

フィフスペトル(12’安田記念7)

今日は、安田記念(GI)7着馬・フィフスペトル君を掲載します。

フィフスペトル
父キングカメハメハ 母ライラックレーン(母の父Bahri)
2006年5月22日生 牡5 美浦・加藤征弘厩舎
22戦5勝(2012年9月3日現在)
b0015386_2155193.jpg

昨年のマイルCS(GI)2着馬は、年明け2戦の凡走で16番人気と評価ガタ落ちでしたが、後方3番手から鋭く伸び底力を示しました。


☆今日のニュース
「京都新聞杯(GII)日本レコード勝ちのトーセンホマレボシが屈腱炎発症」
今年の京都新聞杯(GII)を2'10'0の日本レコードで制し、日本ダービー(GI)でも先行して3着に好走したトーセンホマレボシ(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)が右前脚の屈腱炎を発症しました。症状はかなり重くこのまま引退の可能性があるとのことです。トーセンホマレボシは、昨年の天皇賞・秋を日本レコードで優勝したトーセンジョーダンの弟という良血馬で、今後が楽しみな逸材だっただけに本当に残念です。それにしても、ワールドエース、アダムスピークに続く3歳素質馬の屈腱炎発症によるリタイアは、悲しいです。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2012-09-03 21:55 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/18929085
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< スマイルジャック(12’安田記念8)      新潟記念はトランスワープ、小倉... >>