愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 31日

リアルインパクト(12’安田記念6)

今日は、安田記念(GI)6着馬・リアルインパクト君を掲載します。

リアルインパクト
父ディープインパクト 母トキオリアリティー(母の父Meadowlake)
2008年5月14日生 牡4 美浦・堀宣行厩舎
12戦2勝(2012年8月31日現在)
b0015386_22241187.jpg

昨年の覇者は、超ハイペースの2番手追走でさすがに苦しくなり6着に終わりました。ただ、勝ち馬から0.6秒差で大きく崩れなかったのは流石でした。


☆今日のニュース
「海外スプリントGI2勝のアグネスワールド(牡17)が死亡」
大変残念なニュースです。日本調教馬として史上唯一、海外競馬GI2勝を挙げた歴史的名スプリンター・アグネスワールドが、北海道安平町の社台スタリオンステーションで腰痛の悪化により、立ち上がれなくなったため20日に安楽死となってしったことが判明しました。

アグネスワールドは、国内スプリントGIこそ未勝利に終わりましたが、1999年フランスのアベイユ・ド・ロンシャン賞(GI)、2000年イギリスのジュライカップ(GI)を制覇する大偉業を達成しました。種牡馬入り後は、日本国内では後継種牡馬を出せなかったものの、オーストラリアでGIホース・ワンダフルワールドWonderful Worldを輩出し、世界で血を繋いでいます。日本調教馬で初めて本場イギリスの重賞レースを制した名馬のご冥福を心からお祈りします。なお、アグネスワールドには、2004年の牧場見学で会うことができました。その時の写真は、2005年8月23日の記事をご覧ください。

アグネスワールド
父Danzig 母Mysteries(母の父Seatlle Slew)
1995年4月28日生 牡17 黒鹿毛 アメリカ・Calumet Farm生産 栗東・森秀行厩舎
(通算成績)20戦8勝
(GI勝利)1999年アベイドロンシャン賞(仏GI)、2000年ジュライC(英GI)
(主な産駒)Wonderful World(コーフィールドギニー豪GI)、カズサライン(ファルコンS)、アグネスジェダイ(東京盃)


☆次走情報
ワンダーアキュート→南部杯
ガルボ→毎日王冠又は富士S
セイクレットレーヴ→富士S
ワールドエース→年内休養(左前屈腱炎発症のため)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2012-08-31 22:24 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/18913223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第48回新潟記念(GIII)予想      ガルボ(12’安田記念5) >>