人気ブログランキング |

愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 31日

2009年も沢山のご訪問、ありがとうございました

2009年もあとわずかとなりました。
今年は新型インフルエンザの流行もありましたが、幸いにもかかることなく1年間、毎週競馬を楽しむことができました。
来年も健康第一で頑張っていきたいと思います。

さて、恒例の今年の競馬界を振り返って、私的ベスト5を挙げたいと思います。

第5位「横山典弘騎手が、初のダービー制覇、秋はカンパニーとのコンビで大暴れ」

ひいきのベテラン・横山典弘騎手の手綱さばきが冴えまくりました。春は今年、関東馬として12年振りのダービー馬となったロジユニヴァースとのコンビで待望のダービージョッキーに。秋は古豪カンパニーとのコンビで天皇賞・秋とマイルCSを制覇しました。円熟を感じさせる見事な騎乗が光りました。

第4位 「内田博幸騎手が、初の全国リーディング」

こちらは中央入りする前から、ひいきにしていた内田博幸騎手が、7年連続リーディングを守ってきた武豊騎手を抜いてついに全国リーディングジョッキーとなりました。圧倒的な騎乗数が大きな勝因ですが、もちろんこれはそれだけ腕を見込まれてのものですし、その多くの期待に応えたのは立派でした。もちろん武豊騎手もそう簡単に引き下がることはないでしょうし、来年以降もこの2人のリーディング争いが楽しみです。

第3位 「カンパニーが史上最高齢のGI制覇」

これまでの競馬の常識を覆す、8歳馬カンパニーの秋のパフォーマンスは素晴らしいものがありました。東京では敵なしと思われたウオッカを毎日王冠、天皇賞・秋と連続して打ち破ると、引退レースとなったマイルCSも1番人気に堂々応える快勝劇で見事引退の花道を飾りました。来年は天下の社台ファームで種牡馬入りということで、産駒にも期待したいですね。

第2位 「アグネスタキオン急死、マンハッタンカフェが新たなチャンピオンサイアーに」

サンデーサイレンスの後継馬として昨年リーディングサイヤーになったばかりのアグネスタキオンが6月に急死したのは、日本競馬界にとって大きな損失となりました。代わって今年新たにリーディングサイヤーとなったのは、やはりサンデーサイレンス産駒のマンハッタンカフェでした。今年はレッドディザイアが秋華賞、ジョーカプチーノがNHKマイルCを制覇するなど、産駒初のGI優勝馬を輩出して大ブレイクしました。しかし、サンデーサイレンスのような圧倒的な成績を残しているわけではなく、来年以降もリーディングサイヤー争いは激しくなりそうです。

第1位「末脚で魅了した最強馬の輝き!ウオッカ、ドリームジャーニー、ブエナビスタ」

今年の年度代表馬は、国内最高峰のクラシックディスタンスのレースであるジャパンCと、同じく最高峰のマイルレースである安田記念を制したウオッカが2年連続で受賞することが確実でしょう。昨年に引き続き、牝馬離れしたレース振りは本当に見事でした。
また、春秋グランプリレースを制したドリームジャーニーの小柄な体から繰り出す末脚も最強馬に相応しいものがありました。牡馬ではカンパニーとドリームジャーニーの2頭はウオッカにひけを取らない強さを見せてくれたと思います。
そして、最後に忘れてはならない今年の牝馬二冠ブエナビスタ。秋こそ未勝利に終わったものの、有馬記念ではドリームジャーニーと1/2馬身差の2着に健闘し、やはり強いことを証明してくれました。ウオッカが来春のドバイワールドCで引退を予定しているだけに、今度は彼女が牝馬の時代を引き続き牽引する存在になってくれそうです。

今年最後の写真は年度代表馬候補のウオッカちゃんです。
今年も素晴らしいレースをありがとうございました!

最後に、今年も当ブログに沢山の方々にご訪問いただき、本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いします^^


ウオッカ(撮影日2009年11月29日・ジャパンC)
父タニノギムレット 母タニノシスター(母の父ルション)
2004年4月4日生 牝5 栗東・角居勝彦厩舎
25戦10勝(2009年12月31日現在)
2009年も沢山のご訪問、ありがとうございました_b0015386_005417.jpg
 

by Yuuichiro_K | 2009-12-31 23:59 | ごあいさつ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://prekrasnie.exblog.jp/tb/12593312
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< スマートギア(09’宝塚記念8)      マイネルキッツ(09’宝塚記念7) >>