人気ブログランキング | 話題のタグを見る

愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2021年 06月 21日

マーメイドSは伏兵シャムロックヒルが鮮やかに逃げ切り、重賞初制覇

一昨日、阪神競馬場で行われたマーメイドS(GIII、3歳上牝ハンデ・芝2000m)は、藤懸貴志騎手騎乗の10番人気シャムロックヒルがスタートからハナを奪って逃げると、最後までしぶとく粘り、後方から外一気に追い込んだクラヴェルの追撃をクビ差凌いで優勝しました。

☆マーメイドS結果
1着 シャムロックヒル (藤 懸)2'00'4(良)
2着△クラヴェル    (横山典)クビ
3着△シャドウディーヴァ(福 永)クビ
4着○アンドラステ   (岩田望)1 3/4
5着 ホウオウエミーズ (丸 田)アタマ

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 シャムロックヒル  B
  普通
2 アブレイズ     B
  普通
3 ホウオウエミーズ  B
  普通
4 カセドラルベル   B+
  落ち着いて動き良し
5 シャドウディーヴァ B+  
  落ち着いて動き良し
6 フィリアプーラ   B
  普通
7 レッドベルディエス C
  落ち着きなし
8 ソフトフルート   C
  落ち着きなし
9 イズジョーノキセキ B+
  落ち着いて伸びやかな動き
10 キングスタイル   B
  普通
11 パッシングスルー  B
  普通
12 アンドラステ    B
  普通、時折小走り
13 クラヴェル     B
  2人引き、普通、時折小走り
14 サンクテュエール  B+
  首高も動き良し
15 ミスニューヨーク  B
  普通
16 アッシェンプッテル B
  2人引き、普通

今年のマーメイドSは、1番人気のソフトフルートが単勝5.3倍だったように、人気は割れていました。そんな混戦模様のレースを制したのは、格上挑戦だった10番人気の伏兵シャムロックヒルでした。

シャムロックヒルのパドックは普通に落ち着いて周回していました。レースはスタートから手綱をしごいて先頭に立ち、1000m通過60.8秒と平均~ややスローのペースで逃げると、上り3ハロンをメンバー4位の35.3秒でまとめて、後続の追い上げを振り切って鮮やかに逃げ切りました。
50キロの軽量にも恵まれましたが、最内枠を活かして積極的なレースをした鞍上の藤懸貴志騎手の積極的なレース運びが光りました。なお、藤懸騎手はデビュー11年目で待望の重賞初制覇ということで、本当におめでとうございました!

2着はこちらも格上挑戦だった5番人気のクラヴェルが健闘。パドックは時折小走りになる場面がありましたが、気合を表に出すタイプのようです。レースは後方追走でじっくり脚を貯めると、直線はメンバー最速の上り34.6秒の末脚を繰り出して外一気に伸びて、勝ち馬にクビ差まで詰め寄りました。2014年のマーメイドSを勝った母ディアデラマドレに続く母子制覇にあと一歩でしたね、本当に惜しい2着でした。

3着は6番人気のシャドウディーヴァが健闘。パドックは落ち着いて動きも上々、良く見せていました。レースはいつもより前目の好位6番手を追走。直線はシャムロックヒルと併せる形で内から末脚を伸ばしたものの、前を捕まえることはできませんでした。

なお、1番人気のソフトフルートはパドックで落ち着きがなく、あまり良く見えませんでしたが、レースは勝ち馬の直後を追走するも直線苦しくなって8着に凡走。2番人気のイズジョーノキセキはシャドウディーヴァとほぼ同じ位置取りでしたが、直線の伸び一息で7着。3番人気のアンドラステは4角でソフトフルートと共に勝ち馬の直後に迫るも、そこから伸びを欠き4着。上位人気馬は期待に応えることはできなかったのは残念でした。

シャムロックヒル
父キズナ 母ララア(母の父Tapit)
2017年4月23日生 牝4 芦毛 千歳 社台ファーム生産 栗東・佐々木晶三厩舎
15戦4勝(2021年6月21日現在)
(重賞勝利)2021年マーメイドS(GIII)


# by Yuuichiro_K | 2021-06-21 22:53 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2021年 06月 20日

今年もダート界に超新星誕生、ユニコーンSはスマッシャーが外一気に差し切りレースレコードで重賞初制覇

今日、東京競馬場では過去6年の優勝馬が全て後にGI(JpnI)ホースとなっている注目の3歳ダート重賞・ユニコーンS(GIII、ダート1600m)が行われました。レースは、坂井瑠星騎手騎乗の7番人気スマッシャーが、中団追走から直線外一気に伸びて、2番手から抜け出して粘った14番人気サヴァに1馬身差をつけて優勝しました。

☆ユニコーンS結果
1着 スマッシャー   (坂 井)1'34'4(重)レースレコード
2着 サヴァ      (石 川)1
3着 ケイアイロベージ (三 浦)1
4着◎ルーチェドーロ  (戸 崎)2 1/2
5着 クリーンスレイト (田 辺)1

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 ゲンパチフォルツァ B+
  2人引き、落ち着いて動き良し
2 スマッシャー    B
  普通
3 ティアップリオン  B
  普通
4 ラペルーズ     B+
  前走、青竜Sの時より落ち着いて周回
5 イグナイター    B+  
  落ち着いて動き良し
6 クリーンスレイト  B
  普通
7 ケイアイロベージ  B+
  首高いが後肢の踏み込み力強い
8 サンライズウルス  B
  普通
9 ブラックアーメット B
  普通
10 プロバーティオ   B
  普通
11 ヴィゴーレ     B
  普通
12 ローウェル     B
  落ち着いて動き良し
13 ピンクカメハメハ  B
  普通
14 カレンロマチェンコ B+
  落ち着いて動き良し
15 サヴァ       B+
  落ち着いて力強い動き
16 ルーチェドーロ   B+
  落ち着いて動き良し

今年のユニコーンSは、ヒヤシンスS(L)勝ちの1番人気ラペルーズが単勝4.5倍だったように、人気は割れていました。そんな混戦模様のレースを制したのは7番人気の伏兵スマッシャーでした。

スマッシャーのパドックは普通に落ち着いて周回していました。レースはプロバーティオが1000m通過58.0秒とハイペースで逃げる展開となりましたが、スマッシャーは中団の最内をロスなく追走。直線はメンバー最速タイの上り35.4秒の末脚を繰り出して、先に抜け出したサヴァを並ぶ間もなく交わしての快勝となりました。
なお、勝ち時計の1'34'4は、馬場の違いがあるとはいえ、今年のフェブラリーSの勝ち時計と同タイムの圧巻のレースレコード。出世レースを勝ったスマッシャーの今後の活躍が本当に楽しみです。また、管理する吉岡辰弥厩舎は開業2年目で初重賞制覇ということで、人馬とも本当におめでとうございました!

2着は14番人気(単勝79.0倍)の伏兵サヴァが大健闘。人気は全くありませんでしたが、パドックは落ち着いて力強い動きが目に付き好気配でした。レースは好スタートから先行すると、4角2番手から直線早めに抜け出して、勝ち馬には一気に交わされたものの最後まで良く粘り込み2着を確保しました。他の先行馬は皆苦しくなって直線で一杯となる中、ハイペースを先行して唯一馬券圏内に好走したのですから、本当に良く頑張ったと思います。

3着は3番人気のケイアイロベージが人気どおりの好走。パドックは首が高かったものの後肢の踏み込みは力強く好調子に見えました。レースはスタートで後手を踏んで最後方からのスタートとなりましたが、早めに巻き返して内の中団10番手を追走。直線はスマッシャーと共に馬場の内目から上り35.5秒の末脚を繰り出して鋭く伸び、上位に食い込みました。スタートの不利を克服しての上位入線はお見事でした。

なお、1番人気のラペルーズは中団追走も直線全く伸びず13着に大敗。前走に続き人気を裏切ってしまいましたが、どうも気性的に難しいところがあるようです。2番人気のルーチェドーロは先行するも伸び一息で4着まで。戸崎騎手のコメントでは1400m向きとのコメントで距離が長かったか。共に期待を裏切ってしまったのは残念でした。

最後に今年のサウジダービーを日本馬として初めて優勝したピンクカメハメハは、レース中に急性心不全を発症したため転倒、急死してしまいました。本当に残念なことになりました。心からご冥福をお祈りします。騎乗していた北村宏司騎手も病院に搬送されたとういことで本当に心配です。大きな怪我ではないことを祈りたいと思います。

スマッシャー
父マジェスティックウォリアー 母スマッシュ(母の父キングカメハメハ)
2018年4月6日生 牡3 鹿毛 浦河 宮内牧場生産 栗東・宮内辰弥厩舎
8戦3勝(2021年6月20日現在)
(重賞勝利)2021年ユニコーンS(GIII)


# by Yuuichiro_K | 2021-06-20 22:19 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2021年 06月 19日

第26回ユニコーンS(GIII)予想

明日は、東京競馬場で過去の勝ち馬の多くが後にダートGIホースになっている注目の3歳ダート重賞・ユニコーンS(GIII)が行われます。今日も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)前走マイル戦以上の距離を使用してきたマイル戦勝利歴がある馬
   イグナイター、クリーンスレイト、ゲンパチフォルツァ、ピンクカメハメハ、ラペルーズ
(2)1~3番人気馬(人気は19日22時現在)
   ケイアイロベージ、ラペルーズ、ルーチェドーロ

2 消しデータ
(1)前2走内にダート非重賞・6番人気以下で6着以下がある馬
   サヴァ、ブラックアーメット
(2)オープン又は重賞未経験のキャリア4戦以下
   クリーンスレイト、ケイアイロベージ、サンライズウルス、ローウェル

3 スピード指数上位馬
(1)ゲンパチフォルツァ
(2)クリーンスレイト
(3)ブラックアーメット
(4)ティアップリオン

☆ユニコーンS予想
◎ルーチェドーロ
○ゲンパチフォルツァ
▲ラペルーズ
△ティアップリオン
△プロバーティオ

本命は、追い込みタイプで東京の長い直線は向きそうな前走端午Sを快勝したルーチェドーロとしました。2連勝で重賞初制覇を期待します。相手筆頭は前走同舞台の青竜S価値のゲンパチフォツツァ。単穴にヒヤシンスS勝ちの実績が侮れないラペルーズ。以下、印の馬をおさえます。



# by Yuuichiro_K | 2021-06-19 22:42 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2021年 06月 18日

第26回マーメイドS(GIII)予想

明後日、阪神競馬場で牝馬ハンデ重賞・マーメイドS(GIII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)前走3勝クラスで1着又は勝ち馬とのタイム差0.5秒以内好走馬
   イズジョーノキセキ、クラヴェル、ソフトフルート
2 消しデータ
(1)右回りの芝1勝以下(ただし、前4走内に重賞5着内好走又はオープン3着内歴ある馬除く)
   ソフトフルート
(2)前3走とも年内の1600~2200mのGIII以下戦で5番人気以下だった馬(ただし、ハンデ50キロ未満の馬除く)
   キングスタイル
(3)前走条件戦使用のハンデ52キロ以上で阪神芝3戦以上1勝以下(ただし、阪神の芝重賞で0.2秒内連対歴ある馬除く)
   ソフトフルート

3 スピード指数上位馬
(1)レッドベルディエス
(2)シャドウディーヴァ
(3)イズジョーノキセキ
(4)アンドラステ

☆マーメイドS予想
◎イズジョーノキセキ
○アンドラステ
▲ミスニューヨーク
△クラヴェル
△シャドウディーヴァ

本命は、3年連続優勝馬が出ている前走3勝クラス組からイズジョーノキセキを抜擢。初重賞制覇を期待します。相手筆頭は前走ターコイズS(GIII)でタイム差なし2着好走のアンドラステ。単穴に重馬場得意のミスニューヨーク。以下、印の馬をおさえます。


# by Yuuichiro_K | 2021-06-18 23:59 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2021年 06月 17日

ミツバ

今日も、昨年引退した重賞勝ち馬の写真を掲載します。
本日登場は、2020年12月11日付けで競走馬登録を抹消した、2019年川崎記念(JpnI)など交流重賞を3勝したミツバ君です。

ミツバは、2014年9月のダート1200m戦でデビュー(結果5着)、4戦目で初勝利。その後も一貫してダート戦を使われ続けるも、なかなか勝ちきれないレースが続きましたが、徐々に力をつけて4歳となった2016年に本格化。同年だけで4勝を挙げ、オープン特別のブラジルCとベテルギウスSを優勝。5歳時は2017年マーキュリーC(JpnIII)を1番人気に応え初重賞制覇を飾ると、秋にはJBCクラシック(JpnI)で3着に好走。6歳時は名古屋大賞典(JpnIII)、アンタレスS(GIII)と連続2着、マーキュリーCを連覇するなど活躍。
そして、7歳初戦の2019年川崎記念(JpnI)は、5番手追走から直線でケイティブレイブとオールブラッシュの間を割って力強く伸び、2着ケイティブレイブに2 1/2馬身差をつけて優勝。ついに悲願のJpnI初制覇を飾りました。
以降は、残念ながら勝利を挙げることはできなかったものの、8歳まで現役生活を続け、2020年12月の名古屋グランプリ(JpnII)5着が最後のレースとなりました。
なお、引退後は、世田谷区の馬事公苑で乗馬となる予定です。長い現役生活、本当にお疲れさまでした!

ミツバ(撮影日2017年12月29日・東京大賞典)
父カネヒキリ 母セントクリスマス(母の父コマンダーインチーフ)
2012年3月28日生 牡9 鹿毛 日高・タバタファーム生産 栗東・加用正厩舎
(通算成績)52戦11勝
(重賞勝利)2019年川崎記念(JpnI)、2018年・2017年マーキュリーC(JpnIII)
ミツバ_b0015386_21121133.jpg


# by Yuuichiro_K | 2021-06-17 21:15 | Trackback | Comments(0)