愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 18日

ユニコーンSは、ゴールドアリュール産駒サンライズノヴァが圧勝で重賞初制覇

今日、東京競馬場ではレース直前に降り出したあいにくの雨の中、3歳限定のダート重賞・ユニコーンS(GIII、ダート1600m)が行われました。レースは、戸崎圭太騎手騎乗の2番人気サンライズノヴァが、後方追走から直線外から鋭く伸び、同じく後方から伸びた5番人気ハルクンノテソーロに4馬身差をつけて圧勝しました。
b0015386_22284687.jpg
最後の直線、桁違いの脚でサンライズノヴァが外から一気に突き抜けました。

☆ユニコーンS結果
1着△サンライズノヴァ (戸 崎)1'35'9(良)
2着△ハルクンノテソーロ(田 辺)4
3着○サンライズソア  (岩 崎)2
4着 サンオークランド (北村宏)アタマ
5着 タガノカトレア  (菱 田)1 1/4

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 シゲルコング    B
  普通、2人引き、時折小走り
2 ハルクンノテソーロ B
  普通、時折小走り
3 ブルベアバブーン  B
  普通、時折小走り
4 リエノテソーロ   B
  普通
5 サヴィ       B
  普通、首高い
6 ラユロット     B
  普通
7 アンティノウス   B+
  落ち着いて伸びやかな動き
8 サンライズノヴァ  B
  普通
9 シゲルベンガルトラ B
  普通
10 サンオークランド  B+
  落ち着いて力強い動き
11 タガノカトレア   B
  普通、首高い
12 テイエムヒッタマゲ B
  普通
13 ウォーターマーズ  B
  普通、時折小走り
14 トロピカルスパート B
  普通、首高い
15 サンライズソア   B
  普通
16 トラネコ      B
  普通、やや首高い

今年のユニコーンSは、昨年の全日本2歳優駿(JpnI)優勝&前走NHKマイルC(GI)2着と芝・ダート問わず好成績を収めてきた牝馬・リエノテソーロが単勝2.5倍で1番人気。ダートオープンで2戦連続人気を集めながらも惜敗が続いていたサンライズノヴァが単勝4.9倍で2番人気。前走同舞台の青竜S(OP)優勝馬サンライズソアが単勝5.1倍で3番人気。ダート2連勝中の上がり馬アンティノウスが単勝6.4倍で4番人気。この4頭が単勝10倍以下の人気を集めていましたが、勝ったのは上位人気の一角・2番人気サンライズノヴァでした。

サンライズノヴァのパドックは、それほど目立つ感じはありませんでしたが、普通に落ち着いて周回していました。レースは、従来の先行策ではなく中団やや後ろを追走。直線は外からメンバー中最速の上がり35.4秒の末脚を繰り出して、2着に4馬身差をつける圧勝となりました。今日5勝と絶好調の戸崎騎手、新馬戦以来のコンビでしたが流石の好騎乗を見せてくれました。

2着は、5番人気のハルクンノテソーロ君が健闘。パドックは時折小走りになる場面はありましたが、イレ込みというほどではなかったです。レースはスタートで後手を踏み、後方からの競馬となりましたが、直線は勝ち馬に次ぐ上がり36.1秒の末脚を繰り出し、前走青竜Sに続く2着好走となりました。堅実な末脚を今日も見せてくれました。

ハルクンノテソーロ
父ファスリエフ 母トウカイベルタ(母の父ワイルドラッシュ)
2014年3月11日生 牡3 美浦・高木登厩舎
9戦2勝(2017年6月18日現在)

b0015386_22283663.jpg

3着は、3番人気のサンライズソアが人気どおりの好走。パドックは目立つ感じはなく、普通に周回していました。レースは1番人気のリエノテソーロをマークするようにレースを進め、内を突いて脚を伸ばすも、後方から来た1・2着馬に一気に交わされてしまいました。

サンライズソア
父シンボリクリスエス 母アメーリア(母の父スペシャルウィーク)
2014年3月9日生 牡3 栗東・河内洋厩舎
8戦3勝(2017年6月18日現在)
b0015386_22282645.jpg

なお、1番人気のリエノテソーロは先行するも直線伸びを欠き、7着に凡走。パドックはそれほど目立つ感じはなく、もしかするとNHKマイルC激走の反動があったのかもしれませんが、持ち時計がなかったのも敗因でしょうか。期待に応えられなかったのは残念でした。

それでは、最後に見事優勝したサンライズノヴァ君を掲載します。

b0015386_22272790.jpg
パドックは、目立つ感じはありませんでしたが、普通に落ち着いて周回していました。

b0015386_22271412.jpg
鞍上の戸崎圭太騎手は2013年ベストウォーリア以来となる2度目のユニコーンS初制覇。なお、レース後のインタビューでは「ゲートの中でモタモタしてスタートで少し遅れました。行く馬がいたのでその後ろにつけて行きました。仕掛けたのは直線に入る前でした。長くいい脚を使ってくれました。乗っていて手応え十分、追うごとに伸びてくれました。新馬で乗った時より力もついていて、手応えも良かったです。」とコメントしていました。

b0015386_22181993.jpg
父はダートで数多くの活躍馬を輩出しているゴールドアリュールということで、今日の圧勝ぶりからも将来が本当に楽しみです。今日は初重賞制覇、おめでとうございました!

サンライズノヴァ
父ゴールドアリュール 母ブライトサファイヤ(母の父サンダーガルチ)
2014年4月9日生 牡3 栗毛 日高・ヤナガワ牧場生産 栗東・音無秀孝厩舎
7戦3勝(2017年6月18日現在)
(重賞勝利)2017年ユニコーンS(GIII)優勝


[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-18 22:33 | 17年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 17日

第22回ユニコーンS(GIII)予想

明日は、シンコウウインディ、タイキシャトル、ウイングアロー、ゴールドティアラ、アグネスデジタル、ユートピア、カネヒキリ、ベストウォーリア、ノンコノユメ、ゴールドドリームと歴代勝ち馬の多くが後にGI馬になっている注目の出世レース、ユニコーンS(GⅢ)が、東京競馬場で行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)前走オープンクラスのダート1400m以上で連対
   サンライズソア、ハルクンノテソーロ
(2)前走500万クラスのダート1600m以上で0.4秒差以上で1着
   アンティノウス
(3)前走芝の重賞に出走、かつ過去にオープンクラスの芝・ダート1200m以上で1着
   テイエムヒッタマゲ、リエノテソーロ
(4)前走オープンクラスもしくは古馬混合1000万クラス以上のダート1600m以上で5着以内
   ウォーターマーズ、サンライズソア、サンライズノヴァ、シゲルコング、シゲルベンガルトラ、ハルクンノテソーロ、ブルベアバブーン

2 消しデータ
(1)キャリア3戦以上で前3走とも条件以下戦使用馬(ただし、前走ダートの1600m以上戦2馬身以上1着快勝馬を除く)
   サンオークランド、トラネコ
(2)前2走ともJRAの条件以下戦を使用し、その中に2馬身以上の1着快勝歴がない馬
   サンオークランド、トラネコ
(3)前2走内にダートの非重賞戦・6番人気以下かつ6着以下歴がある馬
   シゲルコング、トロピカルスパート
(4)前3走内にダートの条件以下戦で4着以下かつ0.8秒以上の敗退歴がある馬
   サンオークランド、トラネコ
(5)前2走とも1400m以下戦使用のダート2勝以下
   サヴィ、タガノカトレア
(6)前2走とも1400m以下戦使用馬のうち、前4走内に重賞1着歴又はオープン戦2馬身以上1着歴又は条件戦4馬身以上1着歴がない馬
   サヴィ、タガノカトレア
(7)1600m以上戦で3馬身差以上の快勝歴がないキャリア4戦以下の馬(ただし、前走ダートの重賞戦連対又はオープン戦1馬身以上1着馬を除く)
   サヴィ、サンオークランド、タガノカトレア
(8)オープン戦又は重賞未経験のキャリア4戦以下の馬
   サヴィ、サンオークランド
(9)前2走ともダート戦で5番人気以下(ただし、前走JRAのオープン戦1着馬を除く)
   トロピカルスパート、ブルベアバブーン

3 スピード指数上位馬
(1)リエノテソーロ
(2)サンライズソア
(3)ハルクンノテソーロ
(4)シゲルベンガルトラ
(5)アンティノウス
(6)ラユロット

☆ユニコーンS予想
◎リエノテソーロ
○サンライズソア
▲アンティノウス
△サンライズノヴァ
△ハルクンノテソーロ
△ラユロット

本命は、前走NHKマイルC(GI)2着、2歳ダート王決定戦・全日本2歳優駿(JpnI)の覇者、実績最上位のリエノテソーロとしました。相手筆頭は前走同舞台の青竜S(OP)を勝っているサンライズソア。単穴に前走500万下戦を圧勝してきたアンティノウス。以下、印の馬をおさえます。  

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-17 22:24 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 16日

ダイワキャグニー(17’日本ダービー14)

今日は、日本ダービー(GI)14着馬・ダイワキャグニー君を掲載します。

ダイワキャグニー
父キングカメハメハ 母トリプレックス(母の父サンデーサイレンス)
2014年2月25日生 牡3 黒鹿毛 千歳・社台ファーム生産 美浦・菊沢隆徳厩舎
5戦3勝(2017年6月16日現在)
(主な成績)2017年プリンシパルS(OP)優勝
b0015386_21173902.jpg
この日のパドックは落着きがありませんでした。レースは先行するも徐々に後退、いいところがありませんでした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-16 21:20 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 15日

クリンチャー(17’日本ダービー13)

今日は、日本ダービー(GI)13着馬・クリンチャー君を掲載します。

クリンチャー
父ディープスカイ 母ザフェイツ(母の父ブライアンズタイム)
2014年3月10日生 牡3 鹿毛 新冠・平山牧場生産 栗東・宮本博厩舎
5戦2勝(2017年6月15日現在)
(主な成績)2017年すみれS(OP)優勝
b0015386_21140533.jpg
この日のパドックの気配は普通。レースはいつもの積極策ではなく中団に控える競馬となりましたが、直線伸びを欠きました。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-15 21:15 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 14日

キョウヘイ(17’日本ダービー12)

今日は、日本ダービー(GI)12着馬・キョウヘイ君を掲載します。

キョウヘイ
父リーチザクラウン 母ショウナンアネーロ(母の父ダンスインザダーク)
2014年4月22日生 牡3 鹿毛 新ひだか・本桐牧場生産 栗東・宮本博厩舎
9戦2勝(2017年6月14日現在)
(主な成績)2017年シンザン記念(GIII)優勝
b0015386_21310804.jpg
パドックの気配は普通。レースは最後方待機策で直線の追い込みに賭け、メンバー中3位タイの上がり33.5秒の末脚を繰り出しましたが、及びませんでした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-14 21:33 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 13日

カデナ(17’日本ダービー11)

今日は、日本ダービー(GI)11着馬・カデナ君を掲載します。

カデナ
父ディープインパクト 母フレンチリヴィエラ(母の父フレンチデピュティ)
2014年3月30日生 牡3 鹿毛 新ひだか・グランド牧場生産 栗東・中竹和也厩舎
7戦3勝(2017年6月13日現在)
(主な成績)2017年弥生賞(GII)、2016年京都2歳S(GIII)優勝
b0015386_18335767.jpg
パドックはいつも良く見せる馬ですが、この日も大変落ち着いて素晴らしい雰囲気でした。ただ、レースは上がり33.5秒の末脚を繰り出したものの、スローペースで4角後方3番手の位置では中団まで追い上げるのが精一杯でした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-13 18:35 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 12日

サトノアーサー(17’日本ダービー10)

今日は、日本ダービー(GI)10着馬・サトノアーサー君を掲載します。

サトノアーサー
父ディープインパクト 母キングスローズ(母の父Redoute's Choice)
2014年3月1日生 牡3 青鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 栗東・池江泰寿厩舎
5戦2勝(2017年6月12日現在)
(主な成績)2017年毎日杯(GIII)2着、きさらぎ賞(GIII)2着
b0015386_21410483.jpg
パドックの気配は普通。レースは後方3番手から上がりメンバー中第2位の33.4秒の末脚を繰り出すも、超スローペースで前が止まらず中団まで追い込むのが精一杯でした。



[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-12 21:46 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 12日

第34回エプソムC予想結果分析

レース予想は6月10日、パドック評価は6月11日の記事をご覧下さい。

☆レース結果
1着 ダッシングブレイズ
2着◎アストラエンブレム
3着 マイネルハニー
4着 クラリティシチー
5着 バーディーイーグル
6着○タイセイサミット
7着▲マイネルミラノ
8着 デンコウアンジュ
9着△フルーキー
10着 ナスノセイカン
11着 ベルーフ
12着△ヒストリカル
13着 カムフィー
14着 メドウラーク
15着△クラリティスカイ
16着 レッドレイヴン
17着 トーセンレーヴ
18着 パドルウィール

馬券
クラリティスカイの単勝・複勝(外れ)、馬連フォーメーション(1着付けアストラエンブレム、クラリティスカイ、2着付けアストラエンブレム、クラリティスカイ、フルーキー、ベルーフ)(5点、外れ)

パドック評価
B+評価馬の4頭のうち、アストラエンブレムが2着も、他の3頭は9着以下に凡走。

好走データ
該当馬多数とは言え、1~3着馬を推奨できた。

消しデータ
該当馬は全て5着以下。3番人気デンコウアンジュを消せたのは良かった。

スピード指数
7位のダッシングブレイズが1着、5位のアストラエンブレムが2着も、3着馬マイネルハニーは推奨できず。

感想
パドックの判断がイマイチで馬券は外れ。素直にアストラエンブレムの単複を買えなかったのは反省。それにしても、先週のサトノアラジン(京王杯SCで本命馬だったが安田記念は無印で外す)に続き、ダッシンブレイズも京王杯SCで単穴と高評価しておきながら、今回無印にして外すとは情けないの一言。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-12 21:29 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 11日

エプソムCは、ダッシングブレイズが悲願の重賞初制覇

今日、東京競馬場では秋の大舞台に向けて注目のエプソムC(GIII、3歳上・芝1800m)が行われました。レースは、浜中俊騎手騎乗の5番人気ダッシングブレイズが、好位3番手追走から直線内から鋭く伸びて、好位4番手から伸びた1番人気アストラエンブレムに1/2馬身差をつけて優勝しました。
b0015386_21454598.jpg
逃げ粘るマイネルハニー、好位から懸命に脚を伸ばすアストラエンブレムとの競り合いを内を突いたダッシングブレイズが制しました。

☆エプソムC結果
1着 ダッシングブレイズ(浜 中) 1'45'9(良)
2着◎アストラエンブレム(M.デムーロ)1/2
3着 マイネルハニー  (柴田大) ハナ
4着 クラリティシチー (川 田) 3/4
5着 バーディーイーグル(吉田豊) 3/4

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 マイネルミラノ   B
  普通
2 フルーキー     B+
  キビキビと動き良し
3 バーディーイーグル B
  普通
4 ヒストリカル    C
  落ち着きなし
5 カムフィー     B
  普通
6 デンコウアンジュ  B
  普通
7 マイネルハニー   C
  落ち着きなし
8 トーセンレーヴ   C
  首をグッと下げ、落着きなし
9 クラリティスカイ  B+
  落ち着いて力強い動き
10 アストラエンブレム B+
  2人引き、力強い動き
11 ベルーフ      B+
  落着き十分、踏み込み力強い
12 ダッシングブレイズ B
  普通
13 クラリティシチー  B
  普通
14 タイセイサミット  B
  普通
15 パドルウィール   B
  普通
16 メドウラーク    B
  普通
17 レッドレイヴン   C
  落着きなし
18 ナスノセイカン   C
  落着きなし

今年のエプソムCは、前走メイS(OP)2着惜敗も左回りコースで好走を続け、初重賞制覇を狙うアストラエンブレムが単勝2.3倍で1番人気。前走メイS勝ち、2連勝中の上がり馬タイセイサミット単勝6.6倍で2番人気。前走ヴィクトリアマイル(GI)2着馬デンコウアンジュが単勝8.5倍で3番人気。一昨年のNHKマイルC(GI)優勝馬クラリティスカイが単勝8.8倍で4番人気。ここまでが単勝10倍以下の人気を集めましたが、これら上位人気馬を抑えて勝ったのは、これまで重賞で勝ちきれないレースを続けていた5番人気ダッシングブレイズでした。

ダッシングブレイズのパドックは、特に目立つ感じはありませんでしたが、普通に落ち着いて周回していました。レースは、マイネルハニーが1000m通過59.7秒と平均ペースで逃げる展開となりましたが、早めに好位3番手につけると、直線は内から鋭く伸びて、マイネルハニー、アストラエンブレムとの激しい競り合いを制しました。これまで重賞では勝ちきれないレースが続いていただけに、関係者の喜びは大きいと思います。8度目の重賞挑戦で悲願の重賞初制覇、おめでとうございました。

2着は1番人気のアストラエンブレム。パドックは、2人引きでも落ち着いて力強い歩様を見せ、雰囲気は良かったです。レースは勝ち馬の直後からレースを進めると、直線じわじわと伸びてきましたが、逃げ粘るマイネルハニーをゴール直前交わすのが精一杯でした。前の馬をあと一歩捕らえきれない、前走メイS同様と同じようなレースになってしまいました。

アストラエンブレム
父ダイワメジャ- 母ブラックエンブレム(母の父ウォーエンブレム)
2013年4月6日生 牡4 美浦・小島茂之厩舎
12戦5勝(2017年6月11日現在)
b0015386_21453335.jpg

3着は6番人気のマイネルハニーが健闘。パドックは、落着きなかったですが、気合いを表に出すタイプのようです。レースは積極的なレース運びでマイペースの逃げをうつと、直線も最後までしぶとく粘りました。前走・小倉大賞典は先行一杯となり大敗しましたが、自分のペースで逃げれれば本当にしぶといですね。今後も単騎逃げできそうな時は要注意です。

マイネルハニー
父マツリダゴッホ 母ブライアンハニー(母の父ナリタブライアン)
2013年5月10日生 牡4 美浦・栗田博憲厩舎
14戦3勝(2017年6月11日現在)
b0015386_21452459.jpg

なお、2番人気タイセイサミット(6着)と3番人気デンコウアンジュ(8着)は、共に中団追走から伸び切れませんでした。タイセイサミットは前走のように軽ハンデに恵まれないと、デンコウアンジュは前走のように時計がかかる馬場でないと、重賞では厳しいのかもしれません。

それでは最後に見事優勝したダッシングブレイズ君を掲載します。
b0015386_21451338.jpg
パドックは、いつもどおり落ち着いて周回していました。

b0015386_21450144.jpg
鞍上の浜中俊騎手&吉村圭司厩舎は共にエプソムC(GIII)初制覇。なお、浜中騎手はレース後のインタビューで「スタートが良くて、自然とあの位置になりました。馬のリズムを最優先に進めました。坂を上がってからもう一度頑張ってくれました。初めての距離でしたが、戦前から大丈夫だろうと思っていました。この馬とは2月に落馬してしまい、申し訳ないことをしたという気持ちがずっと心にありました。彼ともう一度頑張れるのではと思っていました。祈りが叶って嬉しいです。」とコメントしていました。

b0015386_21445191.jpg
昨年の東京新聞杯では1番人気で落馬競走中止というアクシデントがあっただけに、同じ舞台の東京競馬場でリベンジできて良かったと思います。今日は本当におめでとうございました!

ダッシングブレイズ
父Kitten's Joy 母Blazing Bliss(母の父Honour and Glory)
2012年4月22日生 牡5 栗毛 アメリカ・Kenneth L.Ramsey&Sarah K.Ramsey生産 栗東・吉村圭司厩舎
18戦7勝(2017年6月11日現在)
(重賞勝利)2017年エプソムC(GIII)


[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-11 21:52 | 17年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 10日

第34回エプソムC(GIII)予想

明日は、東京競馬場で後のGIホースを数多く輩出している注目の中距離重賞・エプソムC(GIII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)同年にオープンクラスの芝1600~2000mで連対
   アストラエンブレム、クラリティシチー、タイセイサミット、ダッシングブレイズ、デンコウアンジュ、ヒストリカル、マイネルミラノ
(2)近3走以内に準オープンクラスの芝1600m以上で1着の4~5歳馬
   タイセイサミット
(3)同年に古馬牡馬混合オープンクラスの芝1200m以上で5着以内、かつ過去に1600~2000mのGII以上で3着以内
   クラリティシチー、クラリティスカイ、パドルウィール、ヒストリカル、マイネルハニー
(4)過去に古馬牡馬混合オープンクラスの東京芝1600~2000mで連対
   タイセイサミット、トーセンレーヴ、ヒストリカル、フルーキー
(5)過去に芝1800mの重賞で3着以内
   クラリティシチー、クラリティスカイ、タイセイサミット、トーセンレーヴ、ヒストリカル、フルーキー、ベルーフ、マイネルハニー、マイネルミラノ

2 消しデータ
(1)前3走とも年内の2200m以下の芝のGIII以下戦3着以下馬のうち、前走56キロ(牝馬54キロ)以下で0.2秒以上敗退馬
   バーディーイーグル、メドウラーク
(2)左回り芝を4戦以上して0勝かつ3着内1回以下の馬
   ベルーフ
(3)芝10戦以上2勝以下かつ連対率5割未満の馬(ただし、芝重賞戦で連対歴が3回以上ある馬を除く)
   デンコウアンジュ

3 スピード指数上位馬
(1)マイネルミラノ
(2)トーセンレーヴ
(3)レッドレイヴン
(4)タイセイサミット
(5)アストラエンブレム
(6)クラリティスカイ
(7)ダッシングブレイズ

☆エプソムC予想
◎アストラエンブレム
○タイセイサミット
▲マイネルミラノ
△クラリティスカイ
△ヒストリカル
△フルーキー

本命は、伸び盛りの4歳馬・左回りで7戦6連対3着1回と安定した走りを続けているアストラエンブレムとしました。初重賞制覇を期待します。相手筆頭は同じ4歳馬で前走本命馬に先着しているタイセイサミット。単穴に先行してしぶとい昨年の3着馬マイネルミラノ。以下、印の馬をおさえます。
   

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-10 22:15 | データ予想 | Trackback | Comments(0)