愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 13日

関屋記念は、マルターズアポジーが鮮やかに逃げ切って重賞3勝目を飾る

今日、新潟競馬場で行われた関屋記念(GIII、3歳上・芝1600m)は、武士沢友治騎手騎乗の7番人気マルターズアポジーがスタートからハナを奪って逃げると最後まで脚色衰えず、2番手追走から粘り込んだ4番人気ウインガニオンに1 1/4馬身差をつけて優勝しました。

☆関屋記念結果
1着 マルターズアポジー(武士沢)1'32'2(良)
2着◎ウインガニオン  (津 村)1 1/4
3着 ダノンリバティ  (松 若)クビ
4着△ヤングマンパワー (石 橋)1/2
5着 ダノンプラチナ  (蛯 名)アタマ

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 ダノンプラチナ   B
  普通、休み明けでもプラス12キロでも太め感なし
2 レッドレイヴン   B
  普通、首高い、時折小走り
3 マルターズアポジー C
  発汗目立つ、時折小走り
4 トーセンデューク  B
  普通
5 ロサギガンティア  B
  普通
6 メートルダール   B+
  首高いが力強い踏み込み
7 ショウナンバッハ  B
  普通、時折小走り
8 オールザゴー    B
  普通、時折小走り
9 クラリティスカイ  B+
  落ち着いて伸びやかな歩様
10 ダノンリバティ   B
  普通、時折小走り
11 ヤングマンパワー  B
  普通、小刻みに首振り
12 ブラックムーン   B+
  落ち着いて動き良し
13 マイネルハニー   B
  普通、時折小走り
14 ロードクエスト   B
  2人引き、普通
15 ウインガニオン   B+
  落ち着いて力強い動き
16 ウキヨノカゼ    B+
  2人引き、伸びやかな動き

今年の関屋記念は、GIホース2頭を含む重賞勝ち馬9頭が出走、なかなかの好メンバーが揃った一戦になりました。そんな好メンバー相手に堂々逃げ切ったのは、中距離重賞を2勝していたものの、マイル戦は久しぶりの出走だった7番人気の伏兵マルターズアポジーでした。

マルターズアポジーのパドックは、鞍の下が白く泡立つくらい発汗し、時折小走りになっていたので、正直あまり良く見えなかったのですが、元々気合いを表に出すタイプで問題なかったようです。レースは素晴らしいロケットスタートを決めると、後続を離しての単騎逃げとなり、最後まで後続を寄せ付けず完勝となりました。この馬は自分の競馬ができれば強いということなのでしょうね。父ゴスホークケンは朝日杯FSの覇者ですし、マイル戦もむしろ良かったのかもしれません。いずれにしても強気の競馬で勝ちきったマルターズアポジー&武士沢騎手に脱帽です。

2着のウインガニオンも逃げたマルターズアポジーを捕らえることはできなかったものの、2番手追走から後続の追撃を押さえ込んだのですから、こちらも相変わらずの堅実な走り見事でした。中京記念好走馬は関屋記念で着順を落とす傾向があったのですが、そのジンクスを覆す好走は称えてよいと思います。

なお、人気を集めたメートルダール(1番人気12着)、ロードクエスト(2番人気6着)、ブラックムーン(3番人気15着)は、いずれも後方から伸び切れず凡走。前が止まらない展開に泣いた印象で、いずれも力を発揮できなかったのは残念でした。

マルターズアポジー(撮影日2016年12月25日・有馬記念)
父ゴスホークケン 母マルターズヒート(母の父Old Trieste)
2012年2月27日生 牡5 鹿毛 美浦・堀井雅広厩舎
22戦8勝(2017年8月13日現在)
(重賞勝利)2017年関屋記念(GIII)、小倉大賞典(GIII)、2016年福島記念(GIII)
b0015386_21381198.jpg


[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-08-13 21:39 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 12日

第52回関屋記念(GIII)予想

明日は、新潟競馬場でサマーマイルシリーズ第2戦・関屋記念(GIII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)過去に芝1600~2000mの古馬混合GII以上で3着以内
   ヤングマンパワー
(2)同年に芝1400~2000mの重賞で連対
   ウインガニオン、ウキヨノカゼ、クラリティスカイ、マルターズアポジー
(3)過去に芝1600mの重賞で連対
   ウインガニオン、ウキヨノカゼ、クラリティスカイ、ダノンプラチナ、ダノンリバティ、ヤングマンパワー、ロードクエスト
(4)同年にオープンクラスの芝1400~2000mで3着以内
   ウインガニオン、ウキヨノカゼ、オールザゴー、クラリティスカイ、ダノンリバティ、ブラックムーン、マイネルハニー、マルターズアポジー、メートルダール、ヤングマンパワー
(5)同年に1000万クラス以上の芝1600mで1着
   ウインガニオン、ブラックムーン、メートルダール
(6)前走500万クラス以上の芝1400m以上で1着
   ウインガニオン、メートルダール

2 消しデータ
(1)前走芝のGIII以下戦で10番人気以下の馬(ただし、1600m戦3勝以上かつ3着内率5割以上の距離実績馬を除く)
   トーセンデューク、レッドレイヴン
(2)前2走とも10着以下
   マルターズアポジー
(3)3歳以降の1600mGI戦で3着内好走歴がある馬や、前3走内に年内の1600m以上の重賞戦で3着内歴がある馬を除く57キロ以上馬
   ロサギガンティア
(4)前走6月以降の1800m以下のGIII以下戦で4着以下の7歳以上
   レッドレイヴン
(5)1600m8戦以上で1勝以下の馬(ただし、前2走内に1600m以上の芝のオープン戦連対歴又は重賞戦3着内歴がある馬除く)
   ロサギガンティア
(6)6ヶ月以上の休養馬のうち、前3走内に芝のGI戦5着内歴又はGII戦3着内歴又はGIII戦連対歴又はオープン1着歴がなかった馬
   ダノンプラチナ

3 スピード指数上位馬
(1)ブラックムーン
(2)トーセンデューク
(3)レッドレイヴン
(4)メートルダール
(5)ヤングマンパワー
(6)オールザゴー

☆関屋記念予想
◎ウインガニオン
○オールザゴー
▲マイネルハニー
△ブラックムーン
△メートルダール
△ヤングマンパワー

本命は、前走中京記念(GIII)を鮮やかに逃げ切ったウインガニオン。4連勝でサマーマイル王を決めてほしいと思います。相手筆頭は前走NHKマイルC(GI)5着、53キロが魅力の3歳馬オールザゴー。単穴に本命馬同様、先行してしぶといレースを続けているマイネルハニー。以下、印の馬をおさえます。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-08-12 22:42 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 11日

ガンサリュート(17’NHKマイルC18)

今日で2017年NHKマイルC(GI)のパドック写真は最後になります。

残念ながら最下位18着に敗れたガンサリュート君です。
ガンサリュート
父ダノンシャンティ 母ベネディーレ(母の父クロフネ)
2014年3月20日生 牡3 栗東・安田隆行厩舎
7戦1勝(2017年8月11日現在)
b0015386_11583254.jpg
父も母の父もNHKマイルCを優勝したレースゆかりの血統ですが、レースは好位追走も直線伸びを欠き完敗でした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-08-11 12:00 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 10日

カラクレナイ(17’NHKマイルC17)

今日は、NHKマイルC(GI)17着馬・カラクレナイちゃんを掲載します。

カラクレナイ
父ローエングリン 母バーニングレッド(母の父アグネスタキオン)
2014年4月29日生 牝3 栗東・松下武士厩舎
6戦3勝(2017年8月10日現在)
b0015386_20164580.jpg
この日のパドックは落着きがありませんでした。レースは中団追走も伸びを欠き、1番人気の期待を裏切ってしまったのは残念でした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-08-10 20:18 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 09日

ナイトバナレット(17’NHKマイルC16)

今日は、NHKマイルC(GI)16着馬・ナイトバナレット君を掲載します。

ナイトバナレット
父ディープブリランテ 母ナイキフェイバー(母の父Favorite Trick)
2014年5月11日生 牡3 栗東・矢作芳人厩舎
8戦2勝(2017年8月9日現在)
b0015386_21433617.jpg
パドックの気配は普通。レースは最後方からの追い込みに賭けるも不発に終わりました。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-08-09 21:44 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 08日

タイセイスターリー(17’NHKマイルC15)

今日は、NHKマイルC(GI)15着馬・タイセイスターリー君を掲載します。

タイセイスターリー
父マンハッタンカフェ 母スターアイル(母の父Rock of Gibraltar)
2014年4月9日生 牡3 栗東・矢作芳人厩舎
6戦1勝(2017年8月8日現在)
b0015386_20034658.jpg
パドックの気配は普通。レースは後方侭いいところなく敗れ、兄ミッキーアイルに続く兄弟制覇はなりませんでした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-08-08 20:05 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 07日

キョウヘイ(17’NHKマイルC14)

今日は、NHKマイルC(GI)14着馬・キョウヘイ君を掲載します。

キョウヘイ
父リーチザクラウン 母ショウナンアネーロ(母の父ダンスインザダーク)
2014年4月22日生 牡3 栗東・宮本博厩舎
9戦2勝(2017年8月7日現在)
b0015386_18155039.jpg
この日のパドックは落着きがありませんでした。レースは後方3番手待機策からの追い込み策も不発に終わりました。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-08-07 18:17 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 07日

第9回レパードS予想結果分析

レース予想は8月5日の記事をご覧下さい。

☆レース結果
1着 ローズプリンスダム
2着 サルサディオーネ
3着◎エピカリス
4着 ブライトンロック
5着△ノーブルサターン
6着△ハルクンノテソーロ
7着○テンザワールド
8着 スターストラック
9着 タガノグルナ
10着 タガノカトレア
11着 トラネコ
12着▲タガノディグオ
13着 シゲルコング
14着 イブキ
中止 テイエムアンムート

馬券
エピカリス-テンザワールドの馬連(外れ)、ワイド(外れ)

好走データ
4項目中3項目該当していた3頭のうち、のローズプリンスダムが優勝、エピカリスが3着に好走。(残りの1頭テンザワールドは7着)

消しデータ
ローズプリンスダムが「前3走ともダート戦で5番人気以下」の消しデータを覆し、見事優勝。
サルサディオーネが「前3走ともダート戦で5番人気以下」の消しデータを覆し、2着好走。

スピード指数
1~3着馬は推奨できず。

感想
消しデータ、スピード指数が機能せず予想は完敗。馬券の組み合わせを2頭に絞って損害が大きくならなかったのが唯一の救いでした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-08-07 18:08 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 06日

レパードSは、ローズプリンスダム&木幡巧也騎手が嬉しい初重賞制覇

今日、新潟競馬場で行われたレパードS(GIII、3歳・ダート1800m)は、木幡巧也騎手騎乗の11番人気ローズプリンスダムが、好位追走から直線鋭く伸び、逃げ粘る12番人気サルサディオーネを一気に交わし、1 1/4馬身差をつけて優勝しました。

☆レパードS結果
1着 ローズプリンスダム(木幡巧)1'52'9(良)
2着 サルサディオーネ (吉田豊)1 1/4
3着◎エピカリス    (C.ルメール)3/4
4着 ブライトンロック (田中勝)クビ
5着△ノーブルサターン (丸 田)1 1/4

※パドックはテレビ観戦のため全頭チェックできませんでした。

前走、JBCクラシック(JpnI)は落鉄もあって8着に大敗していたローズプリンスダムが11番人気(単勝66.3倍)の低評価を覆し、嬉しい初重賞制覇を飾りました。
レースは、サルサディオーネが1000m通過61.3秒とスローペースで逃げる展開となりましたが、ローズプリンスダムは好位の内をロスなく追走。直線は上手く外に持ち出して一気に伸びて、粘るサルサディオーネを並ぶ間もなく交わしての快勝となりました。鞍上の木幡巧也騎手はデビュー2年目で見事な初重賞制覇、本当におめでとうございました!

なお、単勝1.5倍と圧倒的人気を集めたエピカリスは勝ち馬とは対照的に直線前が壁になってなかなか抜け出すことができず、完全に脚を余しての3着敗退。力を出し切れなかったのは残念でした。

ローズプリンスダム
父ロージズインメイ 母クリスチャンパール(母の父シンボリクリスエス)
2014年3月10日生 牡3 青鹿毛 登別・ユートピア牧場生産 美浦・畠山吉宏厩舎
8戦4勝(2017年8月6日現在)
(重賞勝利)2017年レパードS(GIII) 

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-08-06 21:19 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 05日

第9回レパードS(GIII)予想

明日は、新潟競馬場で過去にトランセンド、ホッコータルマエなど大物を多数輩出している注目の3歳限定ダート重賞・レパードS(GIII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)1番人気(人気は8月5日現在)
   エピカリス
(2)前走ユニコーンS又はジャパンダートダービー若しくはダート1800m以上の1000万下
   シゲルコング、タガノカトレア、タガノディグオ、トラネコ、テイエムアンムート、テンザワールド、ノーブルサターン、ハルクンノテソーロ、ローズプリンスダム
(3)過去3走以内に1800m以上のレースで連対
   イブキ、エピカリス、サルサディオーネ、スターストラック、タガノグルナ、タガノディグオ、テイエムアンムート、テンザワールド、ノーブルサターン、ローズプリンスダム
(4)3勝以上馬
   エピカリス、スターストラック、テンザワールド、ローズプリンスダム

2 消しデータ
(1)前3走内に1400m以下の短距離戦を2回以上使用していた馬
   タガノカトレア
(2)前4走とも非重賞戦を使用し、その中に条件戦で3着以下が2回以上ある馬(ただし、前走2馬身以上の快勝馬除く)
   スターストラック、ブライトンロック
(3)2走前に500万下戦で0.6秒以上の敗退馬
   サルサディオーネ、タガノグルナ
(4)前走ダートのGIII以下戦・5番人気以下で3着以下
   タガノカトレア、テイエムアンムート、トラネコ、ブライトンロック
(5)前3走ともダート戦で5番人気以下
   テイエムアンムート、ローズプリンスダム
(6)前3走内に10着以下が2回以上ある馬
   シゲルコング、タガノカトレア
(7)前走ダート戦で2秒以上負けのJRAダート3勝以下
   シゲルコング
(8)前走非重賞戦52キロ以下の軽量で敗退、もしくは条件戦52キロ以下で1着も1600万下戦1馬身以下又は1000万下戦2馬身以下又は500万下戦3馬身差以下だった馬
   スターストラック、テイエムアンムート
(9)前走53キロ以下で0.8秒以上敗退馬
   テイエムアンムート

3 スピード指数上位馬
(1)ブライトンロック
(2)テンザワールド
(3)ハルクンノテソーロ
(4)イブキ
(5)スターストラック
(6)タガノカトレア

☆レパードS予想
◎エピカリス
○テンザワールド
▲タガノディグオ
△ノーブルサターン
△ハルクンノテソーロ

本命は、出走取消明けでも、国内戦無敗・UAEダービー2着など国内外で堂々のレースを続けているエピカリスとしました。ここは強い競馬で復活を期待したいです。相手筆頭は古馬相手に連勝してきた上がり馬テンザワールド。単穴に前走ジャパンダートダービー(JpnI)3着のタガノディグオ。以下、印の馬をおさえます。
   

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-08-05 23:26 | データ予想 | Trackback | Comments(0)