愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2004年 12月 26日

おめでとう!ゼンノロブロイ号、史上2頭目の秋GI3連勝達成(04’有馬記念-その1-)

行って来ました有馬記念!
今年は、12万を超す観客が集まり、中山競馬場は、ものすごい混雑となりました。
パドックもスタンドも、身動きできないくらいでした。

今日の有馬記念のレーシングプログラムは、豪華仕様でした。
有馬記念の歴代優勝馬一覧(写真)や有馬記念を2度勝った馬の思い出話を紹介したコラムなど充実していました。
b0015386_18353669.jpg


大観衆の期待に応えたのは、1番人気のゼンノロブロイ号でした。
逃げたタップダンスシチーをぴったりマークして、2番手からレースを進め、ゴール前きっちりと差し切りました。勝ちタイムは日本レコードの2’29’5。芝2500Mで初めて2分30秒台を切る素晴らしいタイムで、史上2頭目の秋GI3連勝の大快挙に花を添えました。

今日は、ゼンノロブロイ君のパドック写真を掲載します。

ゼンノロブロイ
父サンデーサイレンス 母ローミンレイチェル(母の父Mining)
2000年3月27日生 牡4 黒鹿毛 白老・白老ファーム生産 美浦・藤沢和雄厩舎
15戦7勝(2004年12月26日現在)
(重賞成績)2004年有馬記念(GI)、ジャパンC(GI)、天皇賞秋(GI)、2003年神戸新聞杯(GⅡ)、青葉賞(GⅡ)

b0015386_18442081.jpg

     パドックでは、天皇賞秋、ジャパンカップ同様、伸びやかに歩いていました。

b0015386_1847537.jpg

    日本レコードの快勝!危なげないレース運びで、本当に見事な勝利でした。

結果的に昨日、一昨日のブログで写真掲載した2頭で決まったので嬉しかったです。
馬券も取ることができました^^
[PR]

# by Yuuichiro_K | 2004-12-26 19:07 | 04年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2004年 12月 25日

有馬記念(GI)予想~写真タップダンスシチー(03’ジャパンカップ)

さあ、いよいよ明日は有馬記念。
1つでも該当すると連対すらないという、必殺の消しデータ(昭和59年以降)予想です。

1 前2走、ダート戦出走
  アドマイヤドン
2 前走、条件戦出走
  ピサノクウカイ
3 前走、GⅢ以下で、敗退した馬(ただし、GI馬除く)
  グレイトジャーニー、コイントス、ユキノサンロイヤル
4 中山重賞未勝利の前走6着以下の馬
  ハイアーゲーム、ハーツクライ、シルクフェイマス、タップダンスシチー、ヒシミラクル、
  コイントス
5 7歳以上の馬
  タップダンスシチー、ユキノサンロイヤル

ここまで残った馬は、ゼンノロブロイ、コスモバルク、ダイタクバートラム、デルタブルース、ツルマルボーイの5頭です。

☆有馬記念予想
◎ゼンノロブロイ
○デルタブルース
▲コスモバルク
△ダイタクバートラム
△ツルマルボーイ

本命は、やはりゼンノロブロイです。昨日の記事でも紹介したジャパンカップの反動が怖いですが、楽に勝った内容だったし、大丈夫とみました。なお、印の無いところでは、7歳以上の馬はかつて連対したことがないとはいえ(ただしグレード制導入以前に、スピードシンボリが優勝したことはある)、能力一番と思われるタップダンスシチーが怖いです。彼が、逃げ・先行した場合、簡単には他馬も手を出せないと思うので、展開の利もありそうな気がします。(本来▲は、この馬こそふさわしいと思う)もちろん、今年一年、競馬界を盛り上げてくれたコスモバルク君は、なんとしても応援したいです。

今日は、体調さえ戻れば、もっとも怖い馬。タップダンスシチー君を掲載します。
b0015386_19465818.jpg

      世界を相手に9馬身差で圧勝した、昨年のジャパンカップのパドックです。
[PR]

# by Yuuichiro_K | 2004-12-25 19:34 | データ予想 | Trackback(2) | Comments(0)
2004年 12月 25日

メルシータカオー、中山大障害を制す

「中山大障害(JGI)は、メルシータカオー。初重賞制覇」
今日行われたジャンプGI・中山大障害は、メルシータカオーが見事な逃げ切りで、嬉しい初重賞制覇をGIで飾りました。勝ちタイムは4’37’6で、シンボリモントルーが記録したレコードにわずかコンマ4秒差の好タイムでした。また、テレビの勝利騎手インタビューで出津騎手が、「今年勝てないから引退も考えていた、でも馬は若いし来年も大きなところが狙えるからやめられない。」というコメントが本音に聞こえて、思わず苦笑してしまいました。(出津騎手は、本当に今年未勝利でした)でも、とっても嬉しそうで、ベテランらしい味のある素晴らしい笑顔でした^^

メルシータカオー
父サクラユタカオー 母ウィスパーモア(母の父マルゼンスキー)
1999年4月5日生 騸5 三石・三石ファーム生産 栗東・武宏平厩舎
22戦4勝(2004年12月25日現在)
(重賞成績)2004年中山大障害(JGI)


「ラジオたんぱ杯2歳S(GⅢ)は、ヴァーミリアン。エルコンドルパサー産駒初重賞制覇」
来年のクラシックに向けある意味、朝日杯FS以上の注目が集まるラジオたんぱ杯2歳Sは、武豊騎手騎乗のヴァーミリアン(牡2・栗東・石坂正厩舎)が、スローペースの流れに上手く乗り、好位置からしっかり伸びて初重賞制覇を飾りました。数少ないエルコンドルパサー産駒・待望の重賞ウイナーが誕生しました。また、マイホースに選んだヴァーミリアンの勝利、本当に嬉しいです。
[PR]

# by Yuuichiro_K | 2004-12-25 19:10 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2004年 12月 24日

1番人気ゼンノロブロイは、1.9倍-有馬記念展望~写真04’天皇賞秋

いよいよ、有馬記念まで、あと2日となりました。
やはり注目は、史上2頭目の秋の古馬中長距離路線GI完全制覇の期待がかかるゼンノロブロイです。今日は、ゼンノロブロイが来るのか来ないのか分析したいと思います。
データは、いずれも昭和59年のグレード制導入後のものです。

ゼンノロブロイの連対は、間違いない!というデータがあります。
その年の天皇賞春、宝塚記念、天皇賞秋、ジャパンCのいずれかを2勝以上勝っていた馬の有馬記念の成績は、(3 2 0 0)で連対率100%となっています。

一方、連対できない!というデータもあります。
ジャパンカップを2’25’0を切るタイムで連対した馬の有馬記念の成績は(0 0 0 6)で、なんと1頭も連対していないのです。(ゼンノロブロイは、ジャパンC2’24’2)
このデータで、オグリキャップ、トウカイテイオー、レガシーワールド、ファビラスラフィン、ヒシアマゾン、テイエムオペラオーといった名馬が敗れています。このデータには、コスモバルクも引っ掛かります。(コスモバルクは、ジャパンC2’24’7)もし、ゼンノロブロイとコスモバルクが連対しないとなれば、かなりの高配当が出ることになりますが、果たしてゼンノロブロイ君とコスモバルク君の運命はいかに・・・

今日は、前々日オッズ1.9倍の圧倒的人気を集める、注目のコンビを掲載します。
b0015386_21394471.jpg

              天皇賞秋のゼンノロブロイ&ペリエ騎手です。
[PR]

# by Yuuichiro_K | 2004-12-24 21:44 | データ予想 | Trackback(2) | Comments(0)
2004年 12月 23日

セイウンニムカウ(朝日杯FS-その5-)

写真は、今日も朝日杯FSから、5着馬・セイウンニムカウ君を掲載します。

セイウンニムカウ
父カーネギー 母プロミストーク(母の父ジェイドロバリー)
2002年生 牡2 美浦・上原博之厩舎
7戦2勝(2004年12月23日現在)
b0015386_23583380.jpg



☆今日のニュース
「有馬記念枠順発表」
枠馬
1 1 ゼンノロブロイ    牡4ペリエ57
2 2 ピサノクウカイ    牡3藤田55
2 3 ハイアーゲーム   牡3吉田豊55
3 4 コスモバルク    牡3五十嵐冬55
3 5 ハーツクライ     牡3横山典55
4 6 シルクフェイマス  牡5四位57
4 7 ユキノサンロイヤル 牡7柴田善57
5 8 ダイタクバートラム 牡6武豊57
5 9 タップダンスシチー 牡7佐藤哲57
6 10 デルタブルース   牡3ボニヤ55
6 11 ヒシミラクル     牡5角田57
7 12 グレイトジャーニー 牡3小牧55
7 13 ツルマルボーイ   牡6蛯名57
8 14 コイントス      牡6岡部57
8 15 アドマイヤドン   牡5安藤57

「タップダンスシチー、来年も現役続行」
有馬記念が引退レースとされていたタップダンスシチー(牡7歳、栗東・佐々木晶三厩舎)は、会員の現役続行を求める声が大きいことなどから、来年も現役を続けることが決まりました。

「名古屋グランプリ(GⅡ)は、ワイルドソルジャー(牡3)、初重賞制覇」
今日、名古屋競馬場で行われた名古屋グランプリ(交流GⅡ、ダート2500m)は、岡部騎手騎乗の1番人気・ワイルドソルジャー(栗東・作田誠二厩舎)が逃げ切って人気に応えました。勝ちタイムは2分44秒5。通算成績は、13戦5勝。また、鞍上の岡部騎手は、嬉しい今季初のグレードレース制覇となりました。

☆次走情報
 チャクラ→万葉S又は日経新春杯
 マグナーテン→AJC杯
 ウインブレイズ→中山金杯
 ヘヴンリーロマンス→小倉大賞典
 シャイニンルビー→京都牝馬S
 スズノマーチ→白富士S

引退宣言していたタップダンスシチー君の現役続行のニュースは、ちょっとびっくりしました。
まあ、最初は、佐々木調教師も今年の宝塚記念後、「10歳まで走らせる」なんてことを言ってたし、もしかしたら会員さんたちもその気になっていたのかもしれませんね。
[PR]

# by Yuuichiro_K | 2004-12-23 23:59 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2004年 12月 22日

マイネルハーティー(04’朝日杯FS-その4-)

今日も朝日杯FSの写真、4着馬・マイネルハーティー君を掲載します。

マイネルハーティー
父マイネルラヴ 母シビルスイート(母の父シンボリルドルフ) 
2002年生 牡2 栗東・中村均厩舎
7戦2勝(2004年12月22日現在)
b0015386_20593548.jpg

(コメント)パドックは特に目立つところはありませんでした。レースは、東京スポーツ杯2歳S同様、抑えて直線勝負に賭けて4着でした。


☆今日のニュース
「2歳ダート王は、プライドキム」
今日、川崎競馬場で行われた統一GI・全日本2歳優駿(ダート1600m)は、池添謙一騎手騎乗の3番人気プライドキム(牡2)が、2番手追走から直線早めに先頭に立ち、後続に4馬身差をつけて圧勝しました。勝ちタイムは1分40秒6。

プライドキム
父アフリート、母ステファーナ(母の父リアルシャダイ)
2002年生 牡2 栗東・池添兼雄厩舎
6戦4勝(2004年12月22日現在)
(重賞勝利)全日本2歳優駿(GI)、兵庫ジュニアグランプリ(GⅢ)


「藤原、藤井騎手引退」
藤原英幸騎手(34歳、美浦・菊川正達厩舎)が、12月31日付で騎手を引退することになりました。今後は菊川正達厩舎で調教助手になる予定。また、藤井正輝騎手(29歳、栗東・鹿戸幸治厩舎)は12月20日付で騎手を引退しました。今後は鹿戸幸治厩舎で調教助手になる予定。JRA通算成績は、1286戦46勝でした。


「トウカイパルサー、競走馬登録抹消。ホッカイドウ競馬へ」
トウカイテイオー産駒で、2002年の愛知杯(GⅢ)を制したトウカイパルサー号(牡8・栗東・松元茂樹厩舎)が23日付で競走馬登録を抹消することになりました。
今後、乗馬になる予定と伝えられていましたが、ホッカイドウ競馬へ転厩するようです。JRA通産成績は、40戦6勝でした。


「ブライトトゥモロー、骨折。全治3ヶ月」
先週行われた中京2歳Sを制したブライトトゥモロー(牡2・栗東・石坂正厩舎)の骨折が判明しました。全治3ヶ月。

☆次走情報
メイショウボーラー→ガーネットS
アグネスウイング→ガーネットS
ビッグフリート→ガーネットS
カナハラドラゴン→中山金杯
ヤマノブリザード→中山金杯
オースミコスモ→京都金杯
ゴールデンロドリゴ→シルクロードS又は阪急杯
フェリシア→放牧→桜花賞
カシマフラワー→放牧→クイーンC
グランドエナジー→呉竹賞又は菜の花賞
ディープインパクト→若駒S
アドマイヤフジ→ホープフルS
エキゾーストスノート→ホープフルS

マイホースのアドマイヤフジがやっと復帰してくれます。ラジオたんぱ杯2歳Sに当初登録していましたが、まさか中山に来てくれるとは!生で見ることができそうで、嬉しいです^^
[PR]

# by Yuuichiro_K | 2004-12-22 20:59 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2004年 12月 21日

ペールギュント(04’朝日杯FS-その3-)

今日は、朝日杯FSを1番人気で出走した(結果は3着)ペールギュント君を掲載します。
次走はシンザン記念に向かうそうです。また、小牧騎手から武豊騎手に乗り代わるとのこと。

ペールギュント
父サンデーサイレンス 母ツィンクルブライド(母の父Lyphard)
2002年生 牡2 栗東・橋口弘次郎厩舎
5戦2勝(2004年12月21日現在)
b0015386_21504620.jpg

(コメント)パドックは、東京スポーツ杯2歳Sの時と同じような感じで、目立つほどの踏み込みの力強さはないのですが、首を水平に伸ばし、落ち着いて周回していていました。


☆今日のニュース
「コスモバルク、有馬記念最終追い切り」
いよいよ有馬記念まであと5日。早くもコスモバルク号の最終追い切りが、美浦南ウッドコースで行われました。馬なりで、6ハロン82秒4のタイム。先週、大井で実質の追い切りを行ったこともあり、軽めの調整でしたが、ゴール前鋭く反応し、力強いフットワークだったそうです。
[PR]

# by Yuuichiro_K | 2004-12-21 21:51 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2004年 12月 20日

JRAからの粋なプレゼント

今日、JRAから「電話投票に関する重要なおしらせ」が届きました。内容は枠連、馬連、ワイドの発売要項が変更になるということで、そんなに大したものではありませんでした^^;
しかし、大したもんだったのが、同封のプレゼントでした。1つ目はポストカード(有馬記念のテンポイント、オグリキャップ、ナリタブライアン、天皇賞のシンボリクリスエス、エリザベス女王杯のメジロラモーヌ)、これだけでも嬉しかったのに、2つ目のプレゼントは、なんとDVD!しかも「有馬記念メモリアル」として、名勝負をセレクトした素晴らしいものでした。(ちなみに収録されていたレースは、昭和40年のシンザン、昭和52年のテンポイント、昭和59年のシンボリルドルフ、平成2年のオグリキャップ、平成5年のトウカイテイオー、平成11年のグラスワンダー、平成12年のテイエムオペラオー)こんな豪華なものが送られてきたのは、初めてです。JRAからの嬉しい一足早い、粋なクリスマスプレゼントでした。^^

b0015386_2142595.jpg


☆今日のニュース
「亀山騎手、引退」
19日の騎乗を最後に、亀山泰延騎手(29歳、美浦フリー)が現役を引退しました。今後は、美浦・岩戸孝樹厩舎で調教助手になる予定。亀山騎手は、93年にデビュー。その年に21勝を挙げ、関東新人騎手賞を獲得しましたが、重賞勝利をあげることなく引退となりました。
JRA通算成績は、1959戦75勝でした。

「ロングカイソウ、登録抹消」
02年さくらんぼ記念、03年サマーチャンピオン(共に交流GⅢ)を制したロングカイソウ(牝7、栗東・大根田裕之厩舎)が、17日付けでJRA競走馬登録を抹消されました。今後については未定。通算27戦7勝。小池騎手とのコンビでいつも逃げていた印象のある馬でした。(デビュー戦以外は全て小池騎手が騎乗しました)。


☆次走情報
 プレシャスカフェ→放牧
 フェリシア→放牧
[PR]

# by Yuuichiro_K | 2004-12-20 21:04 | 競馬雑談 | Trackback | Comments(0)
2004年 12月 19日

武豊騎手、JRA年間最多勝記録更新~阪神牝馬Sは、ヘヴンリーロマンス(写真・04’府中牝馬S)

「フェアリーS(GⅢ)は、フェリシア(牝2)。グラスワンダー産駒初重賞勝利」
勝ち時計の1’08’5は、フェアリーS歴代2位(1位はサーガノヴェルの1’07’8)の好時計でした。相変わらずパドックは気性の激しいところを見せていましたが、これでも彼女は走ります。
横山典弘騎手のコメントでは、距離が短くなって引っ掛からず良い競馬が出来たとのこと。

「CBC賞(GⅡ)は、プレシャスカフェ(牡5)。ハートレイク産駒初重賞勝利」
プレシャスカフェは、これで10戦7勝。遅れてきた関東短距離界に現れた大器、来年の高松宮記念が楽しみです。なお、2着に13番人気・7歳の古豪ゴールデンロドリゴ、3着に9番人気・リミットレスビッドが激走し、3連単91万6,200円の大波乱となりました。

「阪神牝馬S(GⅡ)は、ヘヴンリーロマンス(牝4)。24戦目で初重賞制覇」
サンデーサイレンス産駒・ヘヴンリーロマンスが中団から内鋭く伸び、逃げた1番人気・オースミハルカを捕らえて快勝。また、いつもはハナをきって逃げるのに、抑えて2着に差してきた武豊騎手のメイショウバトラーにはびっくりしました。なお、オークス馬・ダイワエルシエーロは大外の不利が響き、2着と僅差の3着でした。

今日牝馬の重賞を勝った2頭(フェリシア、ヘヴンリーロマンス)は、今思えば、府中牝馬S当日、東京競馬場で見ていた馬で感慨深いです。特にヘヴンリーロマンスは、パドックでとてもよく見えたので、11番人気だったけど単複で勝負していました。(結果は7着でしたが; ;)この後、グンと良くなったんですねえ。府中牝馬Sでは完全に負かされたオースミハルカやメイショウバトラーに対し、見事リベンジしました。

今日は、府中牝馬S出走時のヘヴンリーロマンスを掲載します。

ヘヴンリーロマンス
父サンデーサイレンス 母ファーストアクト(母の父Sadler’s Wells)
2000年生 牝4 栗東・山本正司厩舎
24戦6勝(2004年12月19日現在)
b0015386_23181363.jpg


なお、フェリシアの写真は、10月20日の記事(04’サフラン賞)を御覧ください^^


☆今日のニュース
「武豊騎手、JRA年間最多勝記録更新」
19日の阪神2Rを勝ち、今年の205勝目をあげ、JRA年間勝利数の新記録となりました。
昨年の204勝も驚異的な数字でしたが、本当にすごいです。
その後も5R、12Rと勝って207勝まで記録を伸ばしました。
[PR]

# by Yuuichiro_K | 2004-12-19 23:27 | レース回顧 | Trackback | Comments(2)
2004年 12月 18日

ストーミーカフェ(04’朝日杯FS-その2-)

今日は、朝日杯FSの2着馬・ストーミーカフェのパドック写真を掲載します。

ストーミーカフェ
父アドマイヤベガ 母グリーティングス(母の父Rainbow Quest)
2002年生 美浦・小島太厩舎
4戦2勝(2004年12月18日現在)
b0015386_2325976.jpg

(コメント)首をちょっとツル首にして、とはいってもイレ込みまでいっていない、じわっとした気合の好気配でした。レースもハイペースで逃げてレコード決着を演出しましたが、2着に粘ったのは素晴らしいです。来年のクラシックが楽しみです。


☆今日のニュース
「柴田善臣騎手、年間最多騎乗JRA新記録」
18日の中山第2Rに騎乗した柴田善臣騎手、これが今年のJRA騎乗回数906回となり、JRA年間最多騎乗回数を記録しました。あとは、GI勝利ですよー、ヨシトミさん!


「大種牡馬ミスワキ死す」
17日、米・ケンタッキー州ウォルマックファームで繋養されていたミスワキが死亡しました。(享年26歳)。ミスワキは、凱旋門賞馬・アーバンシー、日本でもジャパンカップ馬・マーベラスクラウンを出すなど、世界で活躍馬を輩出した大種牡馬でした。特筆すべきは、母の父としても優れていたことで、英・愛ダービー馬・ガリレオ、宝塚記念馬・サイレンススズカ、菊花賞馬・ザッツザプレンティ、NHKマイルC馬・タイキフォーチュンを出しています。最近、名馬の訃報が続きますね。ご冥福を祈ります。

Miswaki
父Mr.Prospector 母Hope springseternal(母の父BuckPasser)
1978年生 牡26 アメリカ生
13戦6勝
(代表産駒)マーベラスクラウン(ジャパンC)、Black Tie Affair(ブリダーズCクラシック)、Urban Sea(凱旋門賞)、Bachelor Duke(愛2000ギニー)、Kistena(アベイドロンシャン賞)、Misil(ローマ賞)


☆次走情報
ビッグウルフ→ベテルギウスS
グラッブユアハート→TCK女王杯
[PR]

# by Yuuichiro_K | 2004-12-18 23:06 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)