愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 29日

東京新聞杯(GⅢ)予想

明日は、安田記念に向けて必見の東京新聞杯(GⅢ)が行われます。今週もデータと、スピード指数で予想します。

1 消しデータ
(1)前走・京都金杯組は、苦戦(0 0 1 12)
(2)重賞・オープンで、左回りの好走実績のない馬は、苦戦

2 スピード指数上位馬
(1)ミッドタウン
(2)アサクサデンエン
(3)メテオバースト
(4)ボールドブライアン
(5)グレイトジャーニー
(6)ハットトリック
(7)アルビレオ
(8)ダイワバンディット
(9)キネティクス
(10)ウインラディウス


圧倒的1番人気のハットトリックのスピード指数は意外に平凡です。
しかも、過去連対実績のない京都金杯組、波乱があるかもしれません。
なお、10頭の指数の差はほとんどなく、何が来てもおかしくない激戦となりそうです。

☆東京新聞杯予想
◎アサクサデンエン
○メテオバースト
▲ハットトリック
△グレイトジャーニー
△ウインラディウス
△ダイワバンディット

消去法で本命は、アサクサデンエン、対抗にメテオバースト。
オープンで左回り実績の無いミッドタウン、ボールドブライアンと京都金杯組のアルビレオ、キネティクスを切りました。ただ、ハットトリックはデータ破りの強さを感じるので、単穴に残しました。


☆今日のニュース
「根岸S(GⅢ)は、メイショウボーラー(牡4)。7馬身差の圧勝」
フェブラリーSの前哨戦として注目の根岸S(GⅢ)は、圧倒的1番人気のメイショウボーラーが、逃げて後続を7馬身も突き離す圧勝で、ガーネットSに続く重賞連覇を達成しました。
とにかく強いの一言で、フェブラリーSは、1番人気になりそうです。なお、2番人気に推されたアドマイヤマックスは、道中落鉄もあったこともあり、14着に敗れました。


☆次走情報
 パーソナルラッシュ→フェブラリーS
 ロードマジェスティ→きさらぎ賞
 ブレーヴハート→弥生賞
[PR]

# by Yuuichiro_K | 2005-01-29 19:39 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2005年 01月 28日

シーキングザダイヤ(05’川崎記念-その2-)

今日は、川崎記念2着馬・シーキングザダイヤを掲載します。

シーキングザダイヤ
父Storm Cat 母シーキングザパール(母の父Seeking the Gold)
2001年生 牡4 栗東・森秀行厩舎
11戦5勝(2005年1月28日現在)
b0015386_20424931.jpg

(コメント)マイナス10キロの馬体重でしたが、細いということはなく、パドックはとても落ち着いていました。小回りコースで走りづらそうだったにもかかわらず、最終コーナーを先頭で回る積極的なレースを見せ、いったんタイムパラドックスに交わされたものの、ゴール前で差し返そうとする根性を見せました。マイル以下しか実績がなかったのを克服した中身の濃い内容でした。


☆次走情報
 タイムパラドックス→フェブラリーS
 カルストンライトオ→阪急杯→高松宮記念
 クーリンガー→佐賀記念
 ブラックコンドル→佐賀記念
 エアセレソン→京都記念
 プラズマ→京都記念
 シンデレラボーイ→斑鳩S
 シックスセンス→きさらぎ賞
 インプレッション→きさらぎ賞又はアーリントンC
 ネヴァーピリオド→クイーンC
 ローゼンクロイツ→毎日杯
[PR]

# by Yuuichiro_K | 2005-01-28 20:44 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2005年 01月 27日

サフロンウォルデン、アイルランドへ売却

☆今日のニュース
「サフロンウォルデン、アイルランドへ売却」
今日、アロースタッドで種牡馬生活をしていた99年のアイルランド2000ギニー(愛GI)馬・サフロンウォルデン(牡9)が、アイルランドに売却されたことが判明しました。昨年、初産駒がデビューしたばかりなのに、早々と日本を去ることになりました。


☆次走情報
カンパニー→中山記念
ベルーガ→内外タイムズ杯
ニシノドコマデモ→共同通信杯
マキハタサーメット→きさらぎ賞
ツルマルフェロー→ヒヤシンスS


今日は、産駒の活躍を見届けることなく(今日現在、JRA勝利はテイエムカチボシ1頭のみ)、残念ながら日本を去ったサフロンウォルデン君を掲載します。

サフロンウォルデン
1996年生 8戦3勝 父Sadler's Wells 母Or Vision(母の父Ilish River)
GI勝利 1999年アイルランド2000ギニー(愛GI)
b0015386_19541250.jpg

       なかなか人懐こい馬でした、元気でね。(2004年8月21日撮影)
[PR]

# by Yuuichiro_K | 2005-01-27 19:55 | 04年牧場写真 | Trackback | Comments(0)
2005年 01月 26日

スパイキュール、重度の骨折、引退か?

☆今日のニュース
「スパイキュール重度の骨折、引退か?」
今日、ダート7戦7勝で注目の上がり馬だったスパイキュール(牡5、美浦・藤沢和雄厩舎)の骨折が判明しました。藤沢調教師は、「能力喪失か1年以上の全治になると思う」とコメントしており、最悪引退の可能性が出てきました。これからという時に、本当に残念なことになりました。


☆次走情報
ヒシミラクル→京都記念
クラフトワーク→ドバイ・デューティ・フリー(ドバイGI)
ナリタセンチュリー→京都記念
ヒシアトラス→フェブラリーS又は佐賀記念
グラスポジション→ダイヤモンドS又は日経賞
オルレアン→エンブレス杯
サカラート→すばるS
クラクエンリーグ→すばるS
アドマイヤジャパン→弥生賞
ディープインパクト→弥生賞
ブレーヴハート→弥生賞
[PR]

# by Yuuichiro_K | 2005-01-26 19:40 | 競馬雑談 | Trackback | Comments(0)
2005年 01月 26日

第16回パドックレポート(第54回川崎記念)

川崎10R・川崎記念(GI)を川崎競馬場でチェックしました。

○パドックの気配が良かった馬
タイムパラドックス
ノボトゥルー
シーキングザダイヤ
マンボツイスト
○チャカチャカしていた馬
なし
○馬券
単勝9番 タイムパラドックス 10,000円
b0015386_19475919.jpg






○結果(的中プラス3,000円)
1着 タイムパラドックス  2’14’2
2着 シーキングザダイヤ   クビ
3着 ウツミジョーダン      4
4着 ノボトゥルー         3
5着 モエレトレジャー     3/4


9着 マンボツイスト    (3.6秒差)

○レース回顧
タイムパラドックスが貫禄の勝利。しかし、想像以上にシーキングザダイヤがしぶとかった。
ゴール前差し返す勢いで、際どい勝負だった。この2頭の力が今日は抜けていた。
初ダートのダイワエルシエーロは先行するも直線で一杯。あまり収穫のない走りに思えた。


☆本日の収支結果 プラス3,000円
☆本年の収支結果 プラス1,800円
[PR]

# by Yuuichiro_K | 2005-01-26 19:00 | パドックレポート(馬券記録) | Trackback | Comments(0)
2005年 01月 26日

川崎記念は、タイムパラドックスが圧倒的人気に応え快勝

極寒の中、今年の国内最初のGI、川崎記念(ダート2100M)が、川崎競馬場で行われました。
家から1時間かからない所にある競馬場ですが、今日初めて観戦に行きました。

b0015386_18403879.jpg


レースは、圧倒的1番人気(1.3倍)に推された武豊騎手騎乗のタイムパラドックスが、人気に応え優勝しました。とはいえ、2着シーキングザダイヤとはわずかクビ差、単勝勝負していたので、冷や冷やでした。勝ちタイムは2’14’2(重)。

今日は、2個目のGIタイトルを獲得したタイムパラドックス君の勇姿を掲載します。


タイムパラドックス
父ブライアンズタイム 母ジョリーザザ(母の父Alzao)
1998年5月23日生 牡7 栗毛 白老・白老ファーム生産 栗東・松田博資英厩舎
33戦13勝(2005年1月26日現在)
(重賞勝利)2005年川崎記念(GI)、2004年ジャパンCダート(GI)、ブリダーズGC(GⅡ)、平安S(GⅢ)、アンタレスS(GⅢ)、白山大賞典(GⅢ)
b0015386_18481922.jpg

パドックは、いつもどおり落ち着いて周回していました。

b0015386_18494350.jpg

武騎手は、相変わらずそつのない競馬で見事、勝利に導きました。
[PR]

# by Yuuichiro_K | 2005-01-26 18:52 | 05年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2005年 01月 25日

ヒシミラクル&コイントス(04’有馬記念-その14-)

私事ですが、明日は、にっくきスギ花粉症対策のため、仕事を休みます。
花粉が飛散する数週間前から薬を服用しなければならないため、毎年のことですが、1月下旬に病院に行っております。今年は史上最悪レベルの飛散になるようで、本当に憂鬱です。
午前中は、かかりつけのお医者さんに行って、きちんと治療してきます。そして、午後は・・・

おや、明日は川崎で・・・w

そういうわけで、有馬記念の写真も今日が最後になります。残念ながらブービー(14着)に敗れたヒシミラクル君と最下位(15着)に終わったコイントス君です。


ヒシミラクル
父サッカーボーイ 母シュンサクヨシコ(母の父シエイデイハイツ)
1999年生 牡6 栗東・佐山優厩舎
26戦6勝(2005年1月25日現在)
b0015386_22355099.jpg



コイントス
父サンデーサイレンス 母レトス(母の父Egg Toss)
1998年生 牡7 美浦・藤沢和雄厩舎
19戦4勝(2005年1月25日現在)
b0015386_22411453.jpg

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2005-01-25 22:42 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2005年 01月 24日

グレイトジャーニー(04’有馬記念-その13-)

今日は、職場でも小倉の405万馬券の話題でもちきりでした。
大穴となった原因の1、2着馬は、当ブログの5000ヒット感謝で、先週金曜日に牧場写真を掲載したメジロライアン君の産駒でした。われながら、すごいサインを出していたなあと思いましたw

冗談はこれまでにして、今日は有馬記念13着馬・グレイトジャーニー君を掲載します。

グレイトジャーニー
父サンデーサイレンス 母アンブロジン(母の父Mr.Prospector)
2001年生 牡4 栗東・池江泰郎厩舎
12戦2勝(2005年1月24日現在)
b0015386_1916594.jpg



☆次走情報
  ダイワアプセット→共同通信杯
[PR]

# by Yuuichiro_K | 2005-01-24 19:16 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2005年 01月 23日

AJC杯(GⅡ)はクラフトワーク、重賞3連勝

「AJC杯(GⅡ)は、1番人気クラフトワーク(牡5)快勝」
圧倒的1番人気のクラフトワークが、ハイペースの流れを後方4番手から豪快に外から伸びて圧勝しました。勝ちタイムは、2’11’4(良)の好タイムでした。パドックは相変わらず気合を表に出していましたが、レースでは上手く後方で折り合いをつけて、しっかり伸びてきました。ただし、やや内にもたれるところを見せており、右回りのスローの流れで今日のようなレースができるかどうか、まだ天皇賞春に向けて課題はあると思います。とはいえ、今日のメンバーでは一枚も二枚も力が違いました。
なお、馬券は今週も見送りました。(複勝110円でしたので)

※AJC杯結果
1着◎クラフトワーク
2着▲エアシェイディ
3着△ユキノサンロイヤル
4着  アクティブバイオ
5着○グラスポジション


「平安S(GⅢ)は、最内を突いてヒシアトラス(牡5)圧勝」
フェブラリーSに向けて注目の前哨戦となった平安Sは、最内をコースロスなく走ったヒシアトラスが2着ブラックコンドルに3馬身1/2差をつけて圧勝しました。勝ちタイムは1’50’3(良)。今日は福永騎手のコース取りの良さがなんといっても光りました。ブラックコンドルも上手く内を突いての好走でしたが前走のオープン勝ちがフロックではないところを見せました。1番人気のジンクライシスは、外を回った分の3着で、相変わらず崩れなかったのはさすが。次走もマークは必要でしょう。逆に2番人気のピットファイターはいいところなく11着、意外な凡走でした。


「JRA史上最高配当馬券、3連単405万530円」
小倉9R(500万条件)で出ました。15番人気のメジロシルエットが1着、8番人気のトーワライアンが2着、12番人気のメイショウオオナミが3着に入っての大波乱でした。
[PR]

# by Yuuichiro_K | 2005-01-23 16:44 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2005年 01月 22日

AJC杯(GⅡ)予想

今週も好走データとスピード指数で予想します。

1 好走データ
(1) 前年10月以降に芝1800M以上の重賞で連対かつ過去中山芝1600M以上の重賞で連対
  グラスポジション、クラフトワーク
(2) 前年10月以降に芝1800~2200mの古馬混合重賞で5着以内かつ過去1年以内に芝1800~2200mの古馬牡馬混合重賞で1着
  クラフトワーク
(3) 前年12月以降に芝2000m以上の古馬混合重賞で5着以内かつ前年9月以降に中山芝2200m以上の重賞で連対
  グラスポジション、クラフトワーク
(4) 過去1年以内に芝1600~2200mの古馬混合のOP特別で連対(ただし2着まで)
  ユキノサンロイヤル

2 スピード指数上位馬
(1) クラフトワーク
(2) エアシェイディ
(3) キーボランチ
(4) ユキノサンロイヤル
(5) グラスポジション

☆AJC杯予想
◎クラフトワーク
○グラスポジション
▲エアシェイディ
△キーボランチ
△ユキノサンロイヤル

データ的にもスピード指数的にも重賞連勝中のクラフトワークは、好勝負必至でしょう。
複勝で大きく勝負するかな・・・


☆今日のニュース
「ディープインパクト、若駒S(OP)を5馬身差の圧勝で2連勝」
今日もスケールの大きさを感じさせる圧勝でした。勝ちタイムの2’00’8も優秀。これで、クラシックの主役の座と武豊騎手のハートをガッチリつかんだのではないでしょうか。

「エスプリシーズ、チアズブライトリー引退」
昨年の川崎記念(GI)を制したエスプリシーズ(川崎・武井栄一厩舎、牡6)が、脚部不安のために引退することが21日に決まりました。通算成績23戦10勝。今後は、山内牧場で種牡馬として繋養される予定です。

04年の七夕賞(GⅢ)、03年の京阪杯(GⅢ)に優勝したチアズブライトリー(栗東・山内研二厩舎、牡7)の引退が決まりました。通算成績29戦7勝。今後は山田ステーブルで種牡馬となる予定です。


☆次走情報
アドマイヤマックス→根岸S
グラップユアハート→エンプレス杯
ナイトフライヤー→小倉大賞典
マヤノシャドー→小倉大賞典
サクラエキスプレス→ダービー卿CT
ヒカルドウキセイ→アメジストS
ダンツキッチョウ→すみれS
[PR]

# by Yuuichiro_K | 2005-01-22 22:04 | データ予想 | Trackback | Comments(0)