愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 26日

ペルシアンナイト(17’皐月賞2)

今日から2017年皐月賞のパドック写真を掲載していきます。本日登場は2着馬ペルシアンナイト君です。
なお、優勝したアルアイン君の勇姿は、2017年4月16日の記事をご覧下さい。

ペルシアンナイト
父ハービンジャー 母オリエントチャーム(母の父サンデーサイレンス)
2014年3月11日生 牡3 栗東・池江泰寿厩舎
7戦3勝(2017年6月26日現在)
b0015386_21395144.jpg
この日のパドックは落着き十分、動きも力強く素晴らしいデキでした。レースは直線内を突いて抜け出し一瞬勝ったかと思われたのですが、ゴール直前で首差交わされ本当に惜しい2着でした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-26 21:41 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 26日

第58回宝塚記念予想結果分析

レース予想は6月24日、パドック評価は6月25日の記事をご覧下さい。

☆レース結果
1着◎サトノクラウン
2着 ゴールドアクター
3着 ミッキークイーン
4着○シャケトラ
5着 レインボーライン
6着△ミッキーロケット
7着 スピリッツミノル
8着△シュヴァルグラン
9着▲キタサンブラック
10着 クラリティシチー
11着 ヒットザターゲット

馬券
馬単フォーメーション1着付け4頭(キタサンブラック、サトノクラウン、シャケトラ、シュヴァルグラン)、2着付け7頭(キタサンブラック、ゴールドアクター、サトノクラウン、シャケトラ、シュヴァルグラン、ミッキークイーン、ミッキーロケット)(24点、103.3倍的中)

パドック評価
B+評価馬のゴールドアクター2着、ミッキークイーン3着も、優勝馬サトノクラウンは推奨できず。

好走データ
該当馬多数とは言え、1~3着馬を推奨できた。

消しデータ
該当馬は全て5着以下、完全的中。

スピード指数
3位のゴールドアクターが2着も、1・2着馬は推奨できず。

感想
本命馬サトノクラウンが見事優勝。予想では無印だった2着馬ゴールドアクターはパドックで買い目に加えることができたおかげで馬単万馬券的中、今年1番の大勝利となりました。
キタサンブラックの大敗以外は納得の結果でしたが、GIホースの組み合わせで万馬券になったのは嬉しかった!単勝的中した一昨年の有馬記念の時といいゴールドアクターとは馬券の相性が良いようです^^

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-26 21:18 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 25日

圧倒的人気のキタサンブラックまさかの大敗、宝塚記念はサトノクラウンがGI2勝目を飾る

今日、阪神競馬場では午前中まで降った雨の影響で稍重馬場の下、上半期を締めくくるドリームレース・宝塚記念(GI)が行われました。
レースは、M.デムーロ騎手騎乗の3番人気サトノクラウンが中団追走から直線外鋭く伸び、内を突いて伸びた5番人気ゴールドアクターに3/4馬身差をつけて優勝しました。

☆宝塚記念結果
1着◎サトノクラウン   (M.デムーロ)2'11'4(稍重)
2着 ゴールドアクター  (横山典) 3/4
3着 ミッキークイーン  (浜 中) 1 1/2
4着○シャケトラ     (C.ルメール) 1 3/4
5着 レインボーライン  (岩 田) 1 3/4

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 ミッキーロケット  B
  普通
2 ゴールドアクター  B+
  2人引き、落ち着いて周回し、昨年の有馬記念の時と同じような雰囲気
3 スピリッツミノル  B
  普通
4 クラリティシチー  B
  普通
5 シュヴァルグラン  B+
  2人引き、落ち着いて周回
6 シャケトラ     B+
  2人引き、落ち着いて伸びやかな歩様
7 レインボーライン  B+
  2人引き、力強い動き
8 ミッキークイーン  B+
  落ち着いて力強い歩様
9 ヒットザターゲット B
  普通
10 キタサンブラック  B+
  2人引き、落ち着いて力強い歩様
11 サトノクラウン   B
  普通、やや首高、発汗あり

今年の宝塚記念は11頭立てと寂しいメンバーとなりましたが、ファン投票1位・春の古馬GI2連勝のキタサンブラックが断然の主役として出走し、単勝1.4倍の圧倒的人気を集めました。しかし、キタサンブラックはまさかの大敗を喫し、代わって主役の座についたのは昨年の香港ヴァーズ(香G1)で世界の強豪を破った実力馬・3番人気のサトノクラウンでした。

サトノクラウンのパドックは、やや首高で発汗もありましたが、イレ込みというほどではありませんでした。レースは、キタサンブラックの直後からレースを進めると、道中外からキタサンブラックに並びかけてプレッシャーをかけ続けながらも、3~4コーナーでいったん下がって脚をためたのが鞍上のM.デムーロ騎手の大ファインプレイでした。キタサンブラックよりも楽な手応えで直線に向いた時点で勝負あり。メンバー中最速の上がり35.4秒の末脚を繰り出し、外からキタサンブラックに襲いかかると並ぶ間もなく一気に交わしての完勝となりました。力の要る馬場だった京都記念2連覇の実績を重視して、予想で本命にしましたが、期待どおり得意の条件で実力を遺憾なく発揮してくれたと思います。国内では初のGI制覇、本当におめでとうございました!

2着は5番人気のゴールドアクターが健闘。パドックは落着きがあり、昨年3着に好走した有馬記念と同じような雰囲気。昨日の予想では正直ピークは過ぎたと見て無印でしたが、思わず馬券を買ってしまうほどの好気配でした。レースは勝ち馬同様、キタサンブラックの直後からレースを進めながらも、3~4コーナーでいったん下がって脚をためると、直線は内を突いて勝ち馬と同じ上がり35.4秒の末脚を繰り出しました。ベテラン横山典弘騎手が流石の好騎乗を見せてくれました。

3着は4番人気のミッキークイーン。パドックは落ち着いて力強い歩様が目に付き、こちらも好気配でした。レースは後方2番手待機策、直線勝負に賭けると、上がり35.5秒の末脚で鋭く伸びて上位に食い込んできました。前走ヴィクトリアマイル7着凡走から見事に巻き返しました。

なお、圧倒的人気のキタサンブラックはよもやの9着惨敗。パドックは落着き十分、雰囲気は決して悪くなかったと思いますが、レースは逃げることなくシュヴァルグラン、シャケトラに続く3番手を追走。途中行きたがる場面もあり、あまり息の入らないまま直線に向いた印象で、最後はいつもの粘りを発揮することなくズルズル後退。前走、天皇賞日本レコードの反動があったのか、それとも渋った馬場がダメだったのか、理由はわかりませんが全くらしくない競馬でした。これで凱旋門賞挑戦は撤回となったようで、本当に残念なことになりました。

また、2番人気のシャケトラは4着。パドックは落ち着いて伸びやかな歩様が目に付き、なかなか良く見せていました。先行馬にとって苦しいレースとなった中、唯一4着に粘ったのは明るい材料で、こちらは今後が楽しみです。

終わってみれば、キタサンブラックを除くGIホース3頭が上位3着を独占したように、GI馬の底力を感じさせる結果となった今年の宝塚記念でした。

サトノクラウン(撮影日2016年10月30日・天皇賞・秋)
父Marju 母ジョコンダ2(母の父Rossini)
2012年3月10日生 牡5 黒鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 美浦・堀宣行厩舎
14戦7勝(2017年6月25日現在)
(重賞勝利)2017年宝塚記念(GI)、2016年香港ヴァーズ(香G1)、2017年・2016年京都記念(GII)、2015年弥生賞(GII)、2014年東京スポーツ杯2歳S(GIII)
b0015386_22321962.jpg

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-25 22:43 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 24日

第58回宝塚記念(GI)予想

明日は、阪神競馬場で上半期を締めくくるグランプリ・宝塚記念(GI)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)同年の天皇賞(春)で5着以内、かつ過去1年以内に古馬混合の芝2000m以上のGIIで1着(もしくはGIで連対)
   キタサンブラック、シュヴァルグラン
(2)前走芝2000mのGII以上で3着以内、かつ過去1年以内に芝2000~2200mのGII以上で連対
   キタサンブラック
(3)過去に宝塚記念か有馬記念で1着
   ゴールドアクター
(4)同年に芝1600m以上のGIで連対
   キタサンブラック、シュヴァルグラン
(5)過去に芝2200m以上のGIIで1着
   キタサンブラック、ゴールドアクター、サトノクラウン、シャケトラ、シュヴァルグラン、ヒットザターゲット、ミッキーロケット
(6)過去に芝2200m以上のGIで連対
   キタサンブラック、ゴールドアクター、サトノクラウン、シュヴァルグラン、ミッキークイーン、レインボーライン
(7)過去1年以内に芝1800m以上のGII以上で1着
   キタサンブラック、ゴールドアクター、サトノクラウン、シャケトラ、シュヴァルグラン、ミッキーロケット

2 消しデータ
(1)30戦以上消化の馬で、前走GI戦3着以下、GII以下戦敗退馬
   スピリッツミノル、ヒットザターゲット
(2)前4走内に年内の芝(良)のGII以下戦で10着以下がある馬(ただし、前走GI・GII戦連対馬を除く)
   クラリティシチー、ヒットザターゲット
(3)前2走とも敗退かつ前走10着以下敗退馬のうち、4着以下の着外が10回以上ある馬
   ヒットザターゲット
(4)前2走ともGII以下戦で5番人気以下
   クラリティシチー、ヒットザターゲット
(5)前2走とも日本のレース6番人気以下のうち、前走10番人気以下だった馬(ただし、前走GI戦連対して今回斤量減の馬除く)
   クラリティシチー、スピリッツミノル
(6)前走GIII以下戦で4着以下かつ0.2秒以上敗退馬
   クラリティシチー、スピリッツミノル
(7)前3走内にGI戦連対歴又はGII戦1着歴がない7歳以上
   ヒットザターゲット
(8)前走GII以下戦で0.6秒以上敗退していた斤量増加馬
   ヒットザターゲット
(9)牡馬・騸馬のうち、前3走内に斤量55キロ以下で3着以下かつ0.1秒以上敗退歴がある馬(前3走内に斤量56キロ以上でGI・GII戦3着内歴又はGIII戦1着歴がある馬除く)
   クラリティシチー、レインボーライン
(10)前2走とも1800m以下戦敗退馬(ただし、2000m以上のGI戦で連対歴がある馬を除く)
   クラリティシチー
(11)8歳以上
   ヒットザターゲット

3 スピード指数上位馬
(1)キタサンブラック
(2)シュヴァルグラン
(3)ゴールドアクター
(4)シャケトラ
(5)レインボーライン

☆宝塚記念予想
◎サトノクラウン
○シャケトラ
▲キタサンブラック
△シュヴァルグラン
△ミッキーロケット

明日は雨予報ということで、本命は稍重馬場の京都記念(GII)圧勝が忘れられないサトノクラウンとしました。相手筆頭は稍重馬場で2戦2連対、未知の魅力がある4歳の上がり馬シャケトラ。単穴に実力は認めるも前走・天皇賞のレコード激走の反動が気になるキタサンブラック。以下、印の馬をおさえます。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-24 20:56 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 23日

デニムアンドルビー(17’フェブラリーS16)

今日は中断していた2017年フェブラリーS(GI)のパドック写真を掲載します。
残念ながら最下位16着に敗れたデニムアンドルビーです。

デニムアンドルビー
父ディープインパクト 母ベネンシアドール(母の父キングカメハメハ)
2010年1月31日生 牝7 栗東・角居勝彦厩舎
24戦3勝(2017年6月23日現在)
b0015386_20324954.jpg
初のダート戦でしたが、最後方からの競馬も伸びを欠き、残念ながら後方侭見せ場なく終わりました。


[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-23 20:34 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 22日

ジョーストリクトリ(17’日本ダービー18)

今日で2017年日本ダービー(GI)のパドック写真は最後になります。
残念ながら最下位18着に敗れたジョーストリクトリ君を掲載します。

ジョーストリクトリ
父ジョーカプチーノ 母ジョーアラマート(母の父キングヘイロー)
2014年4月17日生 牡3 鹿毛 新ひだか・山際牧場生産 栗東・清水久詞厩舎
9戦3勝(2017年6月22日現在)
(主な成績)2017年ニュージーランドトロフィー(GII)優勝
b0015386_19381568.jpg
パドックの気配は普通。レースは後方待機策も残念ながら不発に終わりました。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-22 19:40 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 21日

アメリカズカップ(17’日本ダービー17)

今日は、日本ダービー(GI)17着馬・アメリカズカップ君を掲載します。

アメリカズカップ
父マンハッタンカフェ 母ベガスナイト(母の父コロナドズクエスト)
2014年2月7日生 牡3 黒鹿毛 千歳・社台ファーム生産 栗東・音無秀孝厩舎
6戦3勝(2017年6月21日現在)
(主な成績)2017年きさらぎ賞(GIII)、2016年野路菊S(OP)優勝
b0015386_18053160.jpg
パドックは皐月賞の時より落着きがありませんでした。レースは中団追走も、直線伸びを欠きました。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-21 18:06 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 20日

マイネルスフェーン(17’日本ダービー16)

今日は、日本ダービー(GI)16着馬・マイネルスフェーン君を掲載します。

マイネルスフェーン
父ステイゴールド 母マイネジャーダ(母の父ジェイドロバリー)
2014年4月16日生 牡3 栗毛 新冠・ビッグレッドファーム生産 美浦・手塚貴久厩舎
10戦1勝(2017年6月20日現在)
(主な成績)2016年ホープフルS(GII)2着、2017年京成杯(GIII)3着
b0015386_19453435.jpg
パドックの気配は普通。レースは2番手追走の積極策だった青葉賞の時とは違い、中団で控える競馬となりましたが、いいところなく敗れました。


[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-20 19:47 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 19日

ウインブライト(17’日本ダービー15)

今日は、日本ダービー(GI)15着馬・ウインブライト君を掲載します。

ウインブライト
父ステイゴールド 母サマーエタニティ(母の父アドマイヤコジーン)
2014年5月12日生 牡3 芦毛 新冠・コスモヴューファーム生産 美浦・畠山吉宏厩舎
8戦3勝(2017年6月19日現在)
(主な成績)2017年スプリングS(GII)優勝
b0015386_20493800.jpg
パドックは相変わらず落着きがありませんでした。レースは、中団追走も伸びを欠き見せ場なく終わりました。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-19 20:51 | パドック写真
2017年 06月 19日

第22回ユニコーンS予想結果分析

レース予想は6月17日、パドック評価は6月18日の記事をご覧下さい。

☆レース結果
1着△サンライズノヴァ
2着△ハルクンノテソーロ
3着○サンライズソア
4着 サンオークランド
5着 タガノカトレア
6着 ウォーターマーズ
7着◎リエノテソーロ
8着▲アンティノウス
9着△ラユロット
10着 シゲルベンガルトラ
11着 ブルベアバブーン
12着 トラネコ
13着 サヴィ
14着 トロピカルスパート
15着 シゲルコング
16着 テイエムヒッタマゲ

馬券
アンティノウスの単勝・複勝(外れ)、馬連4頭ボックス(アンティノウス、サンライズソア、サンライズノヴァ、リエノテソーロ)(6点、外れ)

パドック評価
B+評価馬のサンオークランド(9番人気)は4着、アンティノウス(4番人気)は7着に凡走。

好走データ
該当馬多数とは言え、1~3着馬を推奨できた。

消しデータ
該当馬は全て4着以下、完全的中。

スピード指数
3位のハルクンノテソーロが2着、2位のサンライズソアが2着も、優勝馬サンライズノヴァは推奨できず。

感想
今週もパドックの判断がイマイチで外れ。サンオークランドの好走は嬉しかったけど。それにしてもゴールドアリュール産駒は東京マイル走るよなあ。。。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-19 20:36 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)