愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 13日

GIホースの貫禄!京王杯SCはレッドファルクスが重賞3勝目を飾る

今日、東京競馬場ではあいにくの強い雨の中、安田記念の前哨戦・京王杯SC(GII、4歳上・芝1400m)が行われました。レースは、M.デムーロ騎手騎乗の2番人気レッドファルクスが中団追走から直線馬場の真ん中から鋭く伸び、好位から伸びた11番人気クラレントに3/4馬身差をつけて優勝しました。
b0015386_22364744.jpg
斤量58キロ、渋った馬場をものともせず、レッドファルクスが力強く抜け出しました。

☆京王杯SC結果
1着○レッドファルクス (M.デムーロ) 1'23'2(重)
2着 クラレント    (岩 田) 3/4
3着 グランシルク   (戸 崎) 1/2
4着 ヒルノデイバロー (横山典) 1 1/4
5着 トウショウドラフタ(田 辺) ハナ

パドックの個人的な評価は以下の通り。(A良い、B普通、C平凡)

1 ヒルノデイバロー  B  
  普通
2 ロサギガンティア  B
  普通
3 キャンベルジュニア B 
  普通
4 サトノアラジン   B 
  普通
5 トーセンデューク  B 
  普通、時折小走り
6 ダンツプリウス   B 
  普通
7 ブラヴィッシモ   B
  普通、首高い
8 トウショウドラフタ B+
  首高いが力強い動き
9 グランシルク    B+
  2人引き、まずまず落ち着いて力強い動き
10 レッドファルクス  B 
  普通
11 トーキングドラム  B 
  普通
12 クラレント     B 
  普通
13 ダッシングブレイズ B
  普通

今年の京王杯SCは、朝からの大雨で重馬場となり、勝ち時計が昨年と比べ3.6秒もかかったように重馬場適性が求められるレースとなりました。そんなタフなレースを制したのはメンバー中唯一のGI馬レッドファルクスでした。

レッドファルクスのパドックは、やや首の高いところがありましたが、普通に落ち着いて周回していました。レースはヒルノデイバローが1000m通過60.6秒とスローペースで逃げる展開となりましたが、中団やや後ろからレースを進めると、直線は馬群を割って馬場の中央を力強く伸び、メンバー中最速の上がり33.7秒の末脚を繰り出しての快勝となりました。他馬より重い58キロを背負っての完勝は立派の一言、GI馬の底力を見せつけましたね。重賞3勝目、おめでとうございました!

2着は、今日が40戦目、8歳の古豪11番人気のクラレントが大健闘。パドックは、いつもどおり落ち着いて周回していました。レースは、好位追走から直線内を突いてしぶとく伸びてきました。正直、もうピークは過ぎた馬だと思っていましたが、時計のかかる馬場ではまだまだやれるところを見せてくれましたね。素直に脱帽です。

クラレント
父ダンスインザダーク 母エリモピクシー(母の父ダンシングブレーヴ)
2009年3月2日生 牡8 栗東・橋口慎介厩舎
40戦7勝(2017年5月13日現在)
b0015386_22363903.jpg

3着は、4番人気のグランシルク。パドックは以前は煩い馬だったのに、今日は2人引きでも落ち着いて力強い歩様を見せ、なかなか良く見えました。レースは後方4番手からメンバー中第2位の上がり33.8秒の末脚で直線外から追い込み、上位に食い込みました。

グランシルク
父ステイゴールド 母ルシルク(母の父Dynaformer)
2012年4月8日生 牡5 美浦・戸田博文厩舎
19戦4勝(2017年5月13日現在)
b0015386_22362930.jpg

なお、1番人気のサトノアラジンは後方2番手から末脚不発で9着。3番人気のキャンベルジュニアは3番手追走も直線伸びを欠き11着に完敗。両馬ともパドックの気配はそれほど悪くなかったように見えたのですが、共に切れ味が武器の馬だけに重馬場に泣いた印象。人気を裏切ったのは残念でした。

それでは、最後に見事優勝したレッドファルクス君を掲載します。

b0015386_22361654.jpg
パドックは、あまり目立つ動きを見せる馬ではないのですが、彼はそれでも走りますね。普通に落ち着いて周回していました。
b0015386_22360684.jpg
今日は雨ということでウイナーズサークルで優勝馬撮影が行われました。なお、鞍上のM.デムーロ騎手はレース後のインタビューで「嬉しいです。香港の時は状態はあまり良くなかったのですが、今日は前走の高松宮記念と同じ状態で良く、デキが戻りました。1600mは今日の感じなら大丈夫でしょう。本当に乗りやすく、賢い馬です。次も頑張ります。」とコメントしていました。

b0015386_22355765.jpg
尾関知人調教師は一昨年のサクラゴスペルに続く2度目の京王杯SC制覇。この後は、反動がなければ安田記念に向かうとのこと。マイル戦は未経験ですが、スプリント王者がどのような走りを見せてくれるか今から本当に楽しみです。本番も頑張って欲しいと思います。

レッドファルクス
父スウェプトオーヴァーボード 母ベルモット(母の父サンデーサイレンス)
2011年4月12日生 牡6 芦毛 千歳・社台ファーム生産 美浦・尾関知人厩舎
21戦9勝(2017年5月13日現在)
(重賞勝利)2016年スプリンターズS(GI)、2017年京王杯SC(GII)、2016年CBC賞(GIII)

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-05-13 22:43 | 17年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 12日

第62回京王杯スプリングC(GII)予想

明日は東京競馬場で安田記念(GI)の重要ステップレース・京王杯スプリングC(GII)が行われます。
今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)前走6番人気以内かつ6着以内
   キャンベルジュニア、グランシルク、トーセンデューク、ヒルノデイバロー、ブラヴィッシモ、レッドファルクス
(2)東京芝コースのレースで行われた準オープン以上のレースで連対
   キャンベルジュニア、クラレント、グランシルク、サトノアラジン、ダッシングブレイズ、トウショウドラフタ、トーセンデューク、ブラヴィッシモ、ロサギガンティア
(3)前走高松宮記念で4コーナー9番手以内
   トーキングドラム、レッドファルクス

2 消しデータ
(1)前走日本のGII以下戦、10番人気以下かつ4着以下だった斤量56キロ以上
   クラレント
(2)前走55キロ以下の軽量で敗退の牡馬
   キャンベルジュニア、グランシルク
(3)前3走とも日本のレースを使用し、その中に芝の重賞戦3着内の好走歴がなかった2ヶ月以上の休養馬
   トーセンデューク、ロサギガンティア

3 スピード指数上位馬
(1)トーセンデューク
(2)レッドファルクス
(3)サトノアラジン
(4)ダッシングブレイズ
(5)クラレント

☆京王杯スプリングC予想
◎サトノアラジン
○レッドファルクス
▲ダッシングブレイズ

本命は芝1400m2戦2勝、昨年の覇者サトノアラジンとしました。明日は雨予報で馬場の悪化は不安ですが連覇を期待します。相手筆頭は昨年のスプリンターズSの覇者レッドファルクス。単穴に2走前・重馬場の洛陽Sを完勝しているダッシングブレイズ。この3頭の争いとみました。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-05-12 21:52 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 12日

ケイティブレイブ(17’フェブラリーS6)

今日は、フェブラリーS(GI)6着馬・ケイティブレイブ君を掲載します。

ケイティブレイブ
父アドマイヤマックス 母ケイティローレル(母の父サクラローレル)
2013年5月11日生 牡4 栗東・目野哲也厩舎
19戦6勝(2017年5月12日現在)
b0015386_20471248.jpg
パドックの気配は普通。レースは4番手追走から直線も大きくは崩れず粘りました。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-05-12 20:51 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 11日

ニシケンモノノフ(17’フェブラリーS5)

今日は、フェブラリーS(GI)5着馬・ニシケンモノノフ君を掲載します。

ニシケンモノノフ
父メイショウボーラー 母グリーンヒルコマチ(母の父アフリート)
2011年3月11日生 牡6 栗東・庄野靖志厩舎
34戦10勝(2017年5月11日現在)
b0015386_18400237.jpg
この日はパドックの外目を大きく力強く周回、素晴らしいデキでした。レースは2番手追走の積極策からしぶとく粘り、14番人気の低評価を覆す素晴らしい走りを見せてくれました。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-05-11 18:41 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 10日

エイシンバッケン(17’フェブラリーS4)

今日は、フェブラリーS(GI)4着馬・エイシンバッケン君を掲載します。

エイシンバッケン
父ヨハネスブルグ 母エーシンラージシー(母の父シンボリクリスエス)
2012年4月20日生 牡5 栗東・中尾秀正厩舎
20戦6勝(2017年5月10日現在)
b0015386_21281723.jpg
パドックの気配は普通。レースは後方2番手からカフジテイクに次ぐ上がり35.4秒の末脚で鋭く伸び、8番人気の低評価を覆し上位に食い込みました。初のGI挑戦で大健闘したと思います。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-05-10 21:29 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 09日

カフジテイク(17’フェブラリーS3)

今日は、フェブラリーS(GI)3着馬・カフジテイク君を掲載します。

カフジテイク
父プリサイスエンド 母テイクザケイク(母の父スキャン)
2012年5月13日生 牡5 栗東・湯窪幸雄厩舎
24戦7勝(2017年5月9日現在)
b0015386_18071988.jpg
パドックは優勝した根岸Sの時同様、落ち着いて良い雰囲気でした。レースは最後方からの大外一気で豪快に追い込むも、あと一歩届きませんでした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-05-09 18:08 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 08日

ベストウォーリア(17’フェブラリーS2)

今日から2017年フェブラリーS(GI)のパドック写真を掲載していきます。
本日登場は、2着馬ベストウォーリア君です。なお、優勝したゴールドドリーム君は2017年2月19日の記事をご覧ください。

ベストウォーリア
父Majestic Warrior 母Flirtatious Miss(母の父Mr.Greeley)
2010年3月7日生 牡7 栗東・石坂正厩舎
29戦9勝(2017年5月8日現在)
b0015386_23033442.jpg
パドックは、落ち着いて力強い歩様が目に付き絶好の気配でした。レースは先行策から抜け出して一度は先頭に立つ見せ場十分の走りを見せてくれました。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-05-08 23:05 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 08日

第22回NHKマイルC予想結果分析

レース予想は5月6日、パドック評価は5月7日の記事をご覧下さい。

☆レース結果
1着○アロエリット
2着 リエノテソーロ
3着 ボンセルヴィーソ
4着△レッドアンシェル
5着 オールザゴー
6着 タイムトリップ
7着 ミスエルテ
8着 トラスト
9着△モンドキャンノ
10着△ディバインコード
11着 プラチナヴォイス
12着△ジョーストリクトリ
13着◎アウトライアーズ
14着 キョウヘイ
15着 タイセイスターリー
16着 ナイトバナレット
17着▲カラクレナイ
18着 ガンサリュート

馬券
アウトライアーズの単勝(外れ)、複勝(外れ)
馬連7頭ボックス(アウトライアーズ、アロエリット、カラクレナイ、ジョーストリクトリ、ディバインコード、ボンセルヴィーソ、モンドキャンノ)(21点、外れ)

パドック評価
B+評価のボンセルヴィーソ3着も、アウトライアーズとジョーストリクトリは着外。

好走データ
2着馬リエノテソーロは推奨できず。

消しデータ
リエノテソーロが「前3走内に1600m以下のダート戦使用歴が2回以上ある馬」の消しデータを覆し2着好走。
ボンセルヴィーソが「前3走とも1600m以下の芝のレースで敗退していた2勝以下の馬のうち、4着以下の着外が2回以上ある馬(ただし、前走GI戦3着内好走馬除く)」の消しデータを覆し3着好走。

スピード指数
4位のアエロリットが1着も、2~3着馬は推奨できず。

感想
消しデータが全く機能せず、2・3着馬無印で予想も馬券も完敗。パドックでボンセルヴィーソは拾えたが、2着馬はダート馬だろうという先入観もあって無理でした。。。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-05-08 22:27 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 07日

NHKマイルCは、牝馬アエロリットが重賞初制覇をGIで飾る

今日、東京競馬場では、3歳マイル王決定戦・NHKマイルC(GI・芝1600m)が行われました。
レースは、横山典弘騎手騎乗の2番人気アエロリットが、好位3番手追走から直線馬場の真ん中から力強く抜け出し、中団から追い上げた13番人気リエノテソーロに1 1/2馬身差をつけて優勝しました。
b0015386_22472057.jpg
好位から抜け出したアエロリットが一気に後続を突き放す!2着リエノテソーロで牝馬によるワンツーフィニッシュとなりました。

☆NHKマイルC結果
1着○アエロリット    (横山典)1'32'3(良)
2着 リエノテソーロ   (吉田隼)1 1/2
3着 ボンセルヴィーソ  (松 山)2 1/2
4着△レッドアンシェル  (福 永) クビ
5着 オールザゴー    (内 田)3/4

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 モンドキャンノ    B
  普通
2 キョウヘイ      C
  落着きなし
3 アウトライアーズ   B+
  2人引きでも落ち着いて力強い動き
4 カラクレナイ     C
  落着きなし
5 プラチナヴォイス   B
  2人引き、普通
6 ボンセルヴィーソ   B+
  落ち着いて伸びやかな動き
7 ジョーストリクトリ  B+
  落ち着いて伸びやかな動き
8 タイムトリップ    B
  普通
9 タイセイスターリー  B
  普通
10 ディバインコード   B
  普通
11 オールザゴー     B
  普通、時折小走り
12 ミスエルテ      C
  2人引き、落ち着きなし
13 トラスト       B
  普通
14 リエノテソーロ    B
  普通
15 レッドアンシェル   B
  2人引き、普通、時折小走り
16 アエロリット     B
  2人引き、普通
17 ナイトバレット    B
  普通
18 ガンサリュート    B
  2人引き、普通

今年のNHKマイルC(GI)は、前走桜花賞(GI)4着のカラクレナイが単勝5.0倍で1番人気。桜花賞5着のアエロリットが単勝5.8倍で2番人気。朝日杯FS(GI)2着馬モンドキャンノが単勝6.3倍で3番人気。スプリングS(GII)2着馬アウトライアーズが単勝7.7倍で4番人気。以下5番人気から10番人気までが単勝10倍台と人気は割れていましたが、そんな混戦模様の一戦を制したのは上位人気の一角・2番人気アエロリットでした。

アエロリットのパドックは、2月に見たクイーンC(GIII)の時同様あまり目立つ感じはなかったですが、普通に落ち着いて周回していました。レースはメンバー中一番の好スタートを切ると、ボンセルヴィーソが1000m通過57.9秒とやや速いペースで逃げましたが、馬群の外目3番手を楽な手応えで追走。直線は早めに抜け出して後続を突き放し、着差以上の完勝となりました。終始馬場の良いところを選択してレースを進めた横山典弘騎手の完璧なエスコートが光りました。なお、勝ち時計はクイーンCで記録した時計をさらに1秒縮めたレース歴代3位となる1'32'3の好タイムで、本当に素晴らしい走りを見せてくれました。

2着は、13番人気の伏兵リエノテソーロが大健闘。パドックは特に目立つ感じはありませんでしたが落ち着いて周回していました。レースは中団追走から直線メンバー中最速の上がり34.0秒の末脚を繰り出しました。前走アネモネSは4着に敗れたとはいえ、初めての芝にも関わらず勝ち馬からわずか0.2秒差と芝適性を示していただけに人気の盲点でしたね。それにしても昨年の全日本2歳優駿(JpnI)を制した2歳ダート王が、芝でも速い時計を叩き出したのは正直驚きました。素直に脱帽です。

リエノテソーロ
父Speightstown 母Akilina(母の父Langfuhr)
2014年2月24日生 牝3 美浦・武井亮厩舎
6戦4勝(2017年5月7日現在)
b0015386_22471342.jpg
3着は、6番人気のボンセルヴィーソが健闘。パドックはいつも良く見せる馬ですが、今日も落ち着いて力強い歩様を見せて上々の気配でした。レースは積極的にハナを奪って、前述のとおりやや速いペースで逃げながらも最後まで良く粘りました。力は出し切ってくれたと思います。

ボンセルヴィーソ
父ダイワメジャー 母バイモユリ(母の父サクラローレル)
2014年3月8日生 牡3 栗東・池添学厩舎
8戦1勝(2017年5月7日現在)
b0015386_22470130.jpg

なお、1番人気のカラクレナイは中団追走も伸びを欠き、まさかの17着大敗。パドックはあまり落着きがなく、気配は今ひとつだったのが影響したのでしょうか。3番人気のモンドキャンノは9着。こちらのパドックは普通に落ち着いて周回していたものの、好位4番手追走も伸びを欠きました。共に人気を裏切ったのは残念でした。

それでは、最後に見事優勝したアエロリットちゃんを掲載します。

b0015386_22464086.jpg
パドックは、2人引きで時折首が高くなる場面もありましたが、2着に好走したクイーンCと同じような雰囲気に見えました。
b0015386_22452063.jpg
鞍上の横山典弘騎手は、NHKマイルC史上最多タイとなる3度目の制覇。なお、レース後のインタビューでは「強かったです。返し馬からいつもよりも良さを感じました。元々スタートのいい馬ですが、スタートが決まったので、自信を持って乗れました。馬にブレーキをかけることもなく走れました。まだ若いしこれからです。」とコメントしていました。
b0015386_22445624.jpg
ウイニングランでガッツポーズを決めた鞍上の横山典弘騎手。ウイナーズサークル前でしばらく立ち止まるファンサービスもしていただきました。ありがとうございました!
b0015386_22444513.jpg
菊沢隆徳厩舎は開業8年目で嬉しいGI初制覇となりました。義理の兄である横山典弘騎手騎乗による勝利というのも嬉しかったと思います。
b0015386_22443255.jpg
父クロフネは一昨年のクラリティスカイに続き、NHKマイルCは2頭目の勝利&親子制覇となりました。勝ち時計も優秀でしたし今後の短距離路線での活躍が本当に楽しみです。重賞初制覇を見事GIで飾り、本当におめでとうございました!

アエロリット
父クロフネ 母アステリックス(母の父ネオユニヴァース)
2014年5月17日生 牝3 芦毛 安平・ノーザンファーム生産 美浦・菊沢隆徳厩舎
6戦2勝(2017年5月7日現在)
(重賞勝利)2017年NHKマイルC(GI)

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-05-07 22:56 | 17年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 06日

第22回NHKマイルC(GI)予想

明日は、東京競馬場で3歳マイル王決定戦・NHKマイルC(GI)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)同年に芝1600mの重賞で連対
   アエロリット、キョウヘイ、ジョーストリクトリ、タイセイスターリー、レッドアンシェル
(2)同年に芝1600m以上の重賞で3着以内
   アウトライアーズ、アエロリット、ガンサリュート、キョウヘイ、ジョーストリクトリ、タイセイスターリー、ディヴァインコード、プラチナヴォイス、ボンセルヴィーソ、レッドアンシェル
(3)前走オープンクラスの芝1400m以上で1着
   オールザゴー、ジョーストリクトリ、ディヴァインコード
(4)過去に芝1600~1800mの牡馬混合重賞で1着、もしくはGIで連対
   キョウヘイ、ジョーストリクトリ、モンドキャンノ
(5)同年にオープンクラスの芝1200m以上で1着
   オールザゴー、カラクレナイ、キョウヘイ、ジョーストリクトリ、タイムトリップ、ディバインコード、ナイトバナレット

2 消しデータ
(1)前3走内に芝で連対歴がなく、年明けの芝のGII以下戦で4着以下が2回以上ある馬
   トラスト
(2)前3走とも1600m以下の芝のレースで敗退していた2勝以下の馬のうち、4着以下の着外が2回以上ある馬(ただし、前走GI戦3着内好走馬除く)
   ボンセルヴィーソ
(3)NZTで4番人気以下かつ4着以下のうち、1600m戦未勝利
   タイセイスターリー、タイムトリップ
(4)芝を8戦以上消化して2勝以下かつ連対率5割未満の馬(ただし、前走芝の重賞戦連対馬を除く)
   プラチナヴォイス
(5)1600m&左回り共に経験してどちらも連対歴がない馬
   トラスト
(6)1勝馬(ただし、前走重賞で連対又は前3走内に重賞戦3着内好走歴が2回以上ある馬除く)
   ガンサリュート、タイセイスターリー
(7)前3走内に1600m以下のダート戦使用歴が2回以上ある馬
   リエノテソーロ

3 スピード指数上位馬
(1)プラチナヴォイス
(2)アウトライアーズ
(3)トラスト
(4)アエロリット
(5)カラクレナイ
(6)レッドアンシェル

☆NHKマイルC予想
◎アウトライアーズ
○アエロリット
▲カラクレナイ
△ジョーストリクトリ
△ディバインコード
△モンドキャンノ
△レッドアンシェル

本命は、新潟マイルのデビュー戦で上がり32.9秒の末脚を繰り出したようにマイルで末脚鋭いパドックの特注馬・アウトライアーズとしました。血統も母の父がこのレースと相性の良いデピュティミニスター系というのも魅力。相手筆頭は同舞台のクイーンC(GIII)で1'33'3の好時計を記録しているアエロリット。単穴に桜花賞(GI)でアエロリットに先着(4着)しているカラクレナイ。以下、印の馬をおさえます。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-05-06 22:07 | データ予想 | Trackback | Comments(0)