愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 05日

ウインブライト(17’皐月賞8)

今日は、皐月賞(GI)8着馬・ウインブライト君を掲載します。

ウインブライト
父ステイゴールド 母サマーエタニティ(母の父アドマイヤコジーン)
2014年5月12日生 牡3 美浦・畠山吉宏厩舎
8戦3勝(2017年7月5日現在)
b0015386_20084919.jpg
パドックは相変わらず落着きがありませんでしたが、優勝した前走スプリングSと同じような雰囲気。レースは中団追走から4角で5番手に進出するも直線伸び切れませんでした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-05 20:10 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 04日

ファンディーナ(17’皐月賞7)

今日は、皐月賞(GI)7着馬・ファンディーナちゃんを掲載します。

ファンディーナ
父ディープインパクト 母ドリームオブジェニー(母の父Pivotal)
2014年3月10日生 牝3 栗東・高野友和厩舎
4戦3勝(2017年7月4日現在)
b0015386_20051147.jpg
パドックは落着きがありませんでしたが、フラワーCの時はそれでも結果を出しており気合いを表に出すタイプ。牡馬をさしおいて1番人気に推されましたが、最後の直線いったんは先頭に立つも伸びを欠き、残念ながら期待に応えることができませんでした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-04 20:06 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 03日

スワーヴリチャード(17’皐月賞6)

今日は、皐月賞(GI)6着馬・スワーヴリチャード君を掲載します。

スワーヴリチャード
父ハーツクライ 母ピラミマ(母の父Unbridled's Song)
2014年3月10日生 牡3 栗東・庄野靖志厩舎
6戦2勝(2017年7月3日現在)
b0015386_20352612.jpg
パドックは落ち着いて堂々と周回。気配は良かったですが、レースは好スタートを切ったものの徐々に中団まで下がり、直線は大外に持ち出すも伸び一息に終わりました。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-03 20:36 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 03日

第66回ラジオNIKKEI賞予想結果分析

レース予想は7月1日の記事をご覧下さい。

☆レース結果
1着 セダブリランテス
2着▲ウインガナドル
3着 ロードリベラル
4着◎クリアザトラック
5着 マイネルスフェーン
6着△サトノクロニクル
7着 バルベーラ
8着 ビービーガウディ
9着 グランドボヌール
10着 マイブルーヘブン
11着 ライジングリーズン
12着○ニシノアップルパイ

馬券
セダブリランテスの単勝(4.4倍的中)、複勝(2.0倍的中)。ニシノアップルパイの単勝(外れ)、複勝(外れ)。

好走データ
該当馬多数とは言え、1~3着馬を推奨できた。

消しデータ
セダブリランテスが、「中距離1800m以上の芝(良・稍重)のレースで1馬身以上の快勝歴がないキャリア4戦以下の馬」の消しデータを覆し、見事優勝。

スピード指数
1~3着馬は全く推奨できず。

感想
消しデータ、スピード指数が機能せず予想は完敗。それでもパドックでセダブリランテスが1番良く見えたことで単複馬券を買うことができ、収支がプラスになったのは幸運でした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-03 20:14 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 02日

ラジオNIKKEI賞はセダブリランテスが無傷の3連勝、ディープブリランテ産駒&石川裕紀人騎手重賞初制覇

今日、福島競馬場で行われたラジオNIKKEI賞(3歳・GIII・芝1800m)は、石川裕紀人騎手騎乗の2番人気セダブリランテスが、好位3番手追走から直線力強く伸びて、逃げ粘る8番人気ウインガナドルをクビ差交わして優勝しました。

☆ラジオNIKKEI賞結果
1着 セダブリランテス (石 川)1'46'9(良)
2着▲ウインガナドル  (津 村)クビ
3着 ロードリベラル  (吉田隼)クビ
4着◎クリアザトラック (北村宏)2 1/2
5着 マイネルスフェーン(柴田大)1 1/4

※パドックはテレビ観戦のため全頭チェックできませんでした。

デビュー2連勝中のセダブリランテスが、今日も勝負強さを発揮して接戦を制し、見事無傷の3連勝で重賞初制覇を飾りました。
パドックは、人気馬の中でも一番落着きがあり、堂々と周回。昨日の予想では無印でしたが思わず馬券を買ってしまうほどの好気配でした。
レースは好位追走から直線しぶとく伸びて、内で逃げ粘るウインガナドル、外から追い込んできたロードリベラルとの激戦を制しました。なお、セダブリランテスの父ディープブリランテ産駒、鞍上の石川裕紀人騎手は共に重賞初制覇ということで、おめでとうございました!

2着は8番人気のウインガナドルが積極的なレース運びで逃げ粘って健闘。さすが数多くの名馬を輩出した父ステイゴールド×母の父メジロマックイーンの黄金配合馬といったところでしょうか。

3着は唯一のコース経験馬・9番人気の伏兵ロードリベラルが健闘。こちらは、思い切った最後方待機策からメンバー中最速の上がり34.4秒の末脚で追い込んできました。

なお、1番人気サトノクロニクル、3番人気クリアザトラック、5番人気ライジングリーズンは、いずれもパドックで落着きがなく、あまり良く見えなかったのですが、案の定見せ場なく完敗。力を出し切れなかったのは残念でした。

セダブリランテス
父ディープブリランテ 母シルクユニバーサル(母の父ブライアンズタイム)
2014年1月12日生 牡3 鹿毛 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 美浦・手塚貴久厩舎
3戦3勝(2017年7月2日現在)
(重賞勝利)2017年ラジオNIKKEI賞(GIII)優勝

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-02 18:17 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 01日

第66回ラジオNIKKEI賞(GIII)予想

明日は、福島競馬場で3歳馬による芝中距離ハンデ重賞・ラジオNIKKEI賞(GIII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)同年にオープンクラスの芝1600m以上で5着以内 
   サトノクロニクル、ニシノアップルパイ、マイネルスフェーン、ライジングリーズン
(2)同年に500万クラス以上の芝1600m以上で1着
   ウインガナドル、クリアザトラック、サトノクロニクル、セダブリランテス、ニシノアップルパイ、バルベーラ、ビービーガウディ
(3)過去に福島芝1800mで1着
   ロードリベラル

2 消しデータ
(1)前2走内に年内の1800m以上の重賞戦で5着内又は0.3秒差内の好走歴がある馬を除く2ヶ月以上の休み明け
   ビービーガウディ、ライジングリーズン
(2)芝を4回以上走って1勝以下(ただし、前3走内に年明けの芝の重賞戦で連対歴ある馬を除く)
   グランドボヌール、マイネルスフェーン、マイブルーヘブン
(3)中距離1800m以上の芝(良・稍重)のレースで1馬身以上の快勝歴がないキャリア4戦以下の馬
   セダブリランテス

3 スピード指数上位馬
(1)ニシノアップルパイ
(2)サトノクロニクル
(3)グランドボヌール
(4)マイネルスフェーン
(5)クリアザトラック
(6)ライジングリーズン

☆ラジオNIKKEI賞予想
◎クリアザトラック
○ニシノアップルパイ
▲ウインガナドル
△サトノクロニクル

本命は、前走1000万条件戦で古馬相手に快勝したクリアザトラックとしました。相手筆頭は前走好時計決着のプリンシパルSで5着に粘ったニシノアップルパイ。単穴にステイゴールド×母の父メジロマックイーンの黄金配合血統・ウインガナドル。おさえにデビューから連を外してないサトノクロニクルまで。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-01 23:32 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 30日

レイデオロ(17’皐月賞5)

今日は、皐月賞(GI)5着馬・レイデオロ君を掲載します。

レイデオロ
父キングカメハメハ 母ラドラーダ(母の父シンボリクリスエス)
2014年2月5日生 牡3 美浦・藤沢和雄厩舎
5戦4勝(2017年6月30日現在)
b0015386_20015670.jpg
昨年暮れのホープフルS(GII)以来のぶっつけということで、パドックは前走と比べると目立つ感じはなかったです。それでもレースは後方3番手から直線目の覚めるような末脚(メンバー中2位の上がり34.0秒)を繰り出して5着入線。ダービーに向けて上々の前哨戦となりました。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-30 20:03 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 29日

クリンチャー(17’皐月賞4)

今日は、皐月賞(GI)4着馬・クリンチャー君を掲載します。

クリンチャー
父ディープスカイ 母ザフェイツ(母の父ブライアンズタイム)
2014年3月10日生 牡3 栗東・宮本博厩舎
5戦2勝(2017年6月29日現在)
b0015386_20042652.jpg
パドックの気配は普通。レースは3番手追走から4コーナー先頭の積極策ながら直線もしぶとく粘って13番人気の低評価を覆す4着好走でした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-29 20:05 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 28日

出遅れからの大逆転!帝王賞はケイティブレイブが交流GI初制覇

今日、大井競馬場で行われた上半期のダート中距離王決定戦・帝王賞(JpnI)は、福永祐一騎手騎乗の6番人気ケイティブレイブが後方追走から直線外鋭く伸び、2番手追走から先に抜け出した5番人気クリソライトに1 3/4馬身差をつけて優勝しました。

☆帝王賞結果(事前予想なし)
1着 ケイティブレイブ (福 永)2'04'4(重)
2着 クリソライト   (戸 崎)1 3/4
3着 アウォーディー  (武 豊)3
4着 サウンドトゥルー (大 野)1/2
5着 アポロケンタッキー(内 田)2

※パドックはチェックできませんでした。馬券も未購入。

JRA代表の7頭中6頭がGI(JpnI)ホースという豪華メンバーが激突した今年の帝王賞ですが、勝ったのはJRA勢の中で唯一のGI未勝利馬だった伏兵・ケイティブレイブでした。

これまでは逃げ・先行策で結果を残してきた馬ですが、今日は出遅れて後方からの競馬。しかし、後方でじっくり脚をためたところ、メンバー中最速の上がり36.5秒の鬼脚を繰り出したのですから、正に怪我の功名という結果となりました。

2着クリソライトは、オールブラッシュ、アウォーディー、ゴールドドリームとの先行争いを制したのですから見事の一言。7歳でもうピークを過ぎた馬と思っていましたが、考えを改めないといけないようです。なお、ドバイ帰り初戦だったアウォーディー、アポロケンタッキー、ゴールドドリームは復調途上だったのか、力を出し切れなかった印象。秋にはぜひ万全の状態でまた激突してもらいたいと思います。

ケイティブレイブ(撮影日2017年2月19日・フェブラリーS)
父アドマイヤマックス 母ケイティローレル(母の父サクラローレル)
2013年5月11日生 牡4 栗毛 新ひだか・岡野牧場生産 栗東・目野哲也厩舎
21戦7勝(2017年6月28日現在)
(重賞勝利)2017年帝王賞(JpnI)、2016年浦和記念(JpnII)、兵庫CS(JpnII)、2017年名古屋大賞典(JpnIII)、2016年白山大賞典(JpnIII)
b0015386_22271350.jpg


[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-28 22:29 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 27日

ダンビュライト(17’皐月賞3)

今日は、皐月賞(GI)3着馬・ダンビュライト君を掲載します。

ダンビュライト
父ルーラーシップ 母タンザナイト(母の父サンデーサイレンス)
2014年3月3日生 牡3 栗東・音無秀孝厩舎
7戦1勝(2017年6月27日現在)
b0015386_18183123.jpg
パドックは昨年のサウジアラビアRC(2着)以来、久しぶりに見ましたが、落ち着いて悪くないけど、他に良く見える馬が沢山いて目立たなかった印象。しかし、レースは人気のファンディーナをマークして外から競り落とし、12番人気の低評価を覆す3着好走。3連単106万馬券の立役者となりました。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-06-27 18:20 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)