2017年 04月 16日

皐月賞は池江泰寿厩舎のワンツー!伏兵アルアインがレースレコードでGI初制覇

今日、中山競馬場では初夏のような素晴らしい晴天の下、重賞勝ち馬11頭と好メンバーが揃った牡馬クラシック第一弾・皐月賞(GI、3歳・芝2000m)が行われました。レースは、松山弘平騎手騎乗の9番人気アルアインが、好位追走から直線馬場の真ん中を直線力強く伸び、内を突いて先に抜け出した4番人気ペルシアンナイトをクビ差交わして優勝しました。

☆皐月賞結果
1着 アルアイン    (松 山) 1'57'8(良)レースレコード
2着▲ペルシアンナイト (M.デムーロ)クビ
3着 ダンビュライト  (武 豊) 3/4
4着 クリンチャー   (藤岡佑) 1 1/4
5着△レイデオロ    (C.ルメール) クビ

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い B普通 C平凡)

1 マイスタイル    C
  2人引き、落着きなし
2 スワーヴリチャード B+
  落ち着いて堂々と周回
3 コマノインパルス  B
  普通
4 カデナ       B+
  弥生賞同様、2人引きでも大変落ち着いて周回
5 レイデオロ     B
  普通
6 アウトライアーズ  B+
  スプリングS同様、2人引きでも落ち着いて力強い歩様
7 ペルシアンナイト  B+
  落ち着いて伸びやかな歩様
8 ファンディーナ   B
  2人引き、落着きないが、フラワーCと同じような雰囲気
9 プラチナヴォイス  B
  普通
10 ダンビュライト   B
  普通
11 アルアイン     B+
  2人引き、落ち着いて力強い歩様
12 アメリカズカップ  B
  普通
13 サトノアレス    B
  普通、スプリングSの時より落着きあり
14 キングズラッシュ  B
  普通
15 アダムバローズ   B
  普通
16 クリンチャー    B
  普通
17 ウインブライト   B
  2人引き、落着きないが、スプリングSと同じような雰囲気
18 トラスト      B
  普通

今年の皐月賞は、デビューから圧勝を続け、無傷の3連勝で前走フラワーC(GIII)を勝った牝馬69年振りの優勝を目指すファンディーナが単勝2.4倍で1番人気。近5年連対馬から4頭の皐月賞馬を輩出している共同通信杯(GIII)の覇者スワーヴリチャードが単勝7.0倍で2番人気。トライアル・弥生賞(GII)の覇者カデナが単勝7.2倍で3番人気。アーリントンCを3馬身差で圧勝したペルシアンナイトが単勝8.1倍で4番人気。この4頭が単勝10倍以下の人気を集めていましたが、勝ったのは9番人気(単勝22.4倍)の伏兵・毎日杯(GIII)の覇者アルアインでした。

アルアインのパドックは、初めて生で見ましたが、2人引きでも大変落ち着いて力強い歩様が目につき、昨日の予想では無印でしたが、思わず馬券を買ってしまったほどの好気配でした。レースはアダムバローズが1000m通過59秒とハイペースで逃げたことで、緩みのない流れとなり底力が試されるレースとなりました。アルアインはその速い流れを序盤好位4・5番手を追走。4コーナーでは馬群に包まれて7番手まで位置を下げたものの、直線は再び力強い末脚を繰り出して、内から抜け出したペルシアンナイトをゴール直前で交わしました。

アルアインは人気こそなかったものの、落馬寸前の不利で6着に敗れたシンザン記念を除けば3戦全勝。前走・毎日杯(GIII)はディープスカイ、キズナ(共に日本ダービー馬)に次ぐ歴代3位の1'46'5の好時計を記録しており、GI級の実力があったということでしょう。今日がテン乗りだった松山弘平騎手も最後の直線外に膨れたことを除けば、良く馬を御して結果を出したと思います。なお、勝ち時計は昨年ディーマジェスティが出した記録を0.1秒更新する皐月賞レコード、本当に素晴らしい走りを見せてくれました。

2着は、4番人気のペルシアンナイトが健闘。パドックはいつも良く見せる馬ですが、今日も落ち着いて力強い動きが目につきました。レースは序盤こそ馬群に包まれ後方からの競馬となりましたが、内ぴったりを通ってロスなく追走してポジションを上げると、直線で内から一気に抜け出して先頭に立つ見事な走り。惜しくもゴール直前で同厩舎の勝ち馬に交わされてしまいましたが、今年絶好調のM.デムーロ騎手、流石の好騎乗だったと思います。

ペルシアンナイト
父ハービンジャー 母オリエントチャーム(母の父サンデーサイレンス)
2014年3月11日生 牡3 栗東・池江泰寿厩舎
6戦3勝(2016年4月17日現在)
b0015386_23055011.jpg

3着は12番人気の伏兵ダンビュライトが大健闘。パドックは特に目立つ感じはありませんでしたが落ち着いて周回していました。レースは1番人気のファンディーナをマークする形でレースを進め、直線で競り落とす見事な競馬。上位2頭には及びませんでしたが、武豊騎手が素晴らしい騎乗で力を出し切ってくれたと思います。それにしても中山GIでキングカメハメハの血が穴を開けるという傾向、代を経ても続きますねえ。

ダンビュライト
父ルーラーシップ 母タンザナイト(母の父サンデーサイレンス)
2014年3月3日生 牡3 栗東・音無秀孝厩舎
6戦1勝(2017年4月16日現在)
b0015386_23061055.jpg

なお、1番人気のファンディーナは7着。パドックは前走同様、落ち着きがなく、正直あまり良く見えなかったのですが、案の定、好位追走も伸びを欠きました。それでも4角までは先頭集団で見せ場は作りましたね。また、2番人気のスワーヴリチャード、3番人気のカデナは、共にパドックの気配は上々に見えたのですが、スワーヴリチャード6着、カデナ9着と案外な結果。両馬とも後方からの競馬で、全く上位争いに加われず見せ場なく終わったのは残念でした。

レース前は、どの馬にもチャンスがあると思っていましたが、4着に13番人気のクリンチャーが飛び込むなど、やはり波乱の結果となりましたね。今年は本当に予想のしがいのある、面白い皐月賞でした。

それでは、最後に見事優勝したアルアイン君を掲載します。
b0015386_23050907.jpg
パドックは、2人引きでも大変落ち着いて力強い歩様が目に付きました。

b0015386_23045378.jpg
鞍上の松山弘平騎手は、初の皐月賞出場で見事勝利。デビュー9年目で嬉しいGI初制覇となりました。なお、レース後のインタビューでは「少し信じられない気持ちです。今まで関係者の皆様にすごくチャンスをもらっていましたが、去年もGIは2着2回で、早く勝ちたいと思っていました。今日は3~4コーナーの馬場の悪いところで手応えが少し悪くなりましたが、直線に向いてしっかり伸びてくれました。自分が必死に追ったせいで馬が外によれましたが、後半はよく頑張ってくれました。毎日杯は休み明けでしたがしっかり走っていましたし、馬自体成長していました。自在性のある乗りやすい馬です。距離が伸びても大丈夫です。馬と一緒に頑張って行きたいです。」とコメントしていました。

b0015386_23043327.jpg
ウイニングラン直後のアルアイン&松山弘平騎手のコンビです。何度も手を挙げて、喜びを爆発させていました。

b0015386_23041733.jpg
池江泰寿厩舎は2011年オルフェーヴル以来、皐月賞2勝目。同厩舎でワンツーフィニッシュは本当に凄いですね。なお、ディープインパクト産駒は2年連続の2度目の皐月賞制覇。奇しくも昨年のディーマジェスティ同様、母型にリボー系の血を持つ馬の優勝となりました。

b0015386_23031054.jpg
皐月賞をレコード勝ちしたことで、本番のダービーも期待大です。できれば引き続き松山騎手とのコンビで次の大舞台に向かってほしいな。今日は本当におめでとうございました!

アルアイン
父ディープインパクト 母ドバイマジェスティ(母の父Essence of Dubai)
2014年5月1日生 牡3 鹿毛 安平町・ノーザンファーム生産 栗東・池江泰寿厩舎
5戦4勝(2017年4月16日現在)
(重賞勝利)2017年皐月賞(GI)、毎日杯(GIII)

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-04-16 23:15 | 17年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 15日

第77回皐月賞(GI)予想

明日は、中山競馬場で69年振りの牝馬Vなるか注目の皐月賞(GI)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)前走弥生賞かスプリングSで1着
   ウインブラスト、カデナ
(2)前走トライアル以外の重賞(年明け以降)で連対
   アメリカズカップ、アルアイン、スワーヴリチャード、ファンディーナ、ペルシアンナイト
(3)前走スプリングSか弥生賞で3着以内、かつ過去に芝1800m以上の重賞で連対
   カデナ
(4)過去に芝2000mの重賞で連対
   カデナ、コマノインパルス、マイスタイル、レイデオロ
(5)前走弥生賞で10着以内、かつ過去に芝1600mの重賞で連対
   カデナ、コマノインパルス、ダンビュライト
(6)前走若葉Sで連対
   アダムバローズ

2 消しデータ
(1)前走6着以下(ただし、前3走内にGI3着内好走馬又は2走前に重賞戦2馬身以上1着歴又は前走1・2番人気の馬除く)
   コマノインパルス
(2)前走非重賞戦で敗退又は1着も1馬身未満辛勝馬のうち、2・3走前にGIII以下戦で6着以下かつ0.4秒以上敗退歴がある馬
   アダムバローズ
(3)キャリア5戦以上で3勝以下かつ連対3回以下の馬のうち、前3走内に重賞戦で3着内好走歴がない馬
   トラスト
(4)2勝以下かつ芝の連対2回以下の馬のうち、連対率が5割未満の馬(前3走内にGI~II戦3着内又はGIII戦1馬身以上1着歴ある馬除く)
   トラスト
(5)4着以下が4回以上ある馬(ただし、前3走内に1600m以上の芝の重賞戦3着内好走歴がある馬又は前走1600m以上のオープン戦連対がある馬除く)
   トラスト
(6)2000m戦を経験して連対歴がない馬で前走1800m以下戦使用馬
   プラチナヴォイス
(7)前走2200m戦使用馬
   クリンチャー

3 スピード指数上位馬
(1)プラチナヴォイス
(2)ペルシアンナイト
(3)アルアイン
(4)トラスト
(5)アダムバローズ
(6)スワーヴリチャード

☆皐月賞予想
◎スワーヴリチャード
○アウトライアーズ
▲ペルシアンナイト
△ウインブライト
△カデナ
△サトノアレス
△ファンディーナ
△レイデオロ

本命は、近年皐月賞で良績が目立つ共同通信杯の覇者&パドックの特注馬スワーヴリチャードとしました。相手筆頭はスプリングSで2着も末脚は見どころがあったアウトライアーズ。単穴にアーリントンC圧勝のペルシアンナイト。以下、印の馬をおさえます。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-04-15 23:59 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 14日

ヤマカツエース(16’有馬記念4)

今日は、有馬記念(GI)4着馬・ヤマカツエース君を掲載します。

ヤマカツエース
父キングカメハメハ 母ヤマカツマリリン(母の父グラスワンダー)
2012年3月22日生 牡5 栗東・池添兼雄厩舎
24戦7勝(2017年4月14日現在)
b0015386_20120918.jpg
パドックは普通に落ち着いて周回していました。レースは後方5番手からメンバー中最速の上がり35.1秒の末脚を繰り出し、好メンバー相手に大健闘の4着となりました。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-04-14 20:13 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 13日

ゴールドアクター(16’有馬記念3)

今日は、有馬記念(GI)3着馬・ゴールドアクター君を掲載します。

ゴールドアクター
父スクリーンヒーロー 母ヘイロンシン(母の父キョウワアリシバ)
2011年5月18日生 牡6 美浦・中川公広厩舎
19戦9勝(2017年4月13日現在)
b0015386_19425332.jpg
パドックは、イレ込みがきつかったジャパンCの時より遙かに落着きがあり、昨年優勝時の気配と遜色ないデキに見えました。レースは、最後の直線サトノダイヤモンド、キタサンブラックと接戦を演じ、ディフェンディングチャンピオンの意地を見せてくれたと思います。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-04-13 19:44 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 12日

キタサンブラック(16’有馬記念2)

今日から2016年有馬記念(GI)のパドック写真を掲載していきます。
本日登場は、惜しくもクビ差2着だったキタサンブラック君です。なお、優勝したサトノダイヤモンド君の勇姿は2016年12月25日の記事をご覧ください。

キタサンブラック
父ブラックタイド 母シュガーハート(母の父サクラバクシンオー)
2012年3月10日生 牡5 栗東・清水久詞厩舎
15戦9勝(2017年4月12日現在)
b0015386_20351712.jpg
パドックの気配はジャパンCのデキを引き続きキープしていたと思います。レースは2番手追走から直線抜け出し、競りかけてきた昨年の覇者ゴールドアクターを振り切り勝利目前でしたが、ゴール直前でサトノダイヤモンドの末脚に屈しました。しかし、勝ち馬より2キロ重い斤量差でこの差なら勝ちに等しい内容で、今月末の天皇賞・春における再戦がとても楽しみです。


[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-04-12 20:37 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 11日

コスモカウピリ、メジャープレゼンス(16’東京大賞典10)

今日で2016年東京大賞典(GI)のパドック写真は最後になります。残念ながら下位に沈んだ13着馬・大井のコスモカウピリ君、14着馬・浦和(レース時は兵庫)のメジャープレゼンス君を掲載します。

コスモカウピリ
父ハイアーゲーム 母シックスポケット(母の父Charismatic)
2011年3月20日生 牡6 大井・宗形竹見厩舎
41戦4勝(2017年4月11日現在)
b0015386_18434960.jpg
メジャープレゼンス
父ダイワメジャー 母キャッチータイトル(母の父オペラハウス)
2010年5月1日生 騸7 浦和・冨田敏男(レース時は兵庫・山口浩幸)厩舎
27戦3勝(2017年4月11日現在)
b0015386_18433866.jpg


[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-04-11 18:45 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 10日

ストゥディウム、ヴァーゲンザイル(16’東京大賞典9)

今日は、東京大賞典(GI)11着馬・船橋のストゥディウム君、12着馬・浦和のヴァーゲンザイル君を掲載します。

ストゥディウム
父ルースリンド 母ルナマリア(母の父ジェイドロバリー)
2012年4月18日生 牡5 船橋・矢野義幸厩舎
24戦5勝(2017年4月10日現在)
b0015386_22540641.jpg

ヴァーゲンザイル
父ネオユニヴァース 母クイーンソネット(母の父ノーザンテースト)
2008年3月13日生 騸9 浦和・冨田敏男厩舎
62戦6勝(2017年4月10日現在)
b0015386_22535687.jpg


[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-04-10 22:55 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 10日

第77回桜花賞予想結果分析

レース予想は4月8日、パドック評価は4月9日の記事をご覧下さい。

☆レース結果
1着 レーヌミノル
2着△リスグラシュー
3着◎ソウルスターリング
4着 カラクレナイ
5着△アエロリット
6着 ディアドラ
7着△カワキタエンカ
8着 ライジングリーズン
9着 ジューヌエコール
10着 ヴゼットジョリー
11着 ミスエルテ
12着○アドマイヤミヤビ
13着 ゴールドケープ
14着 アロンザモナ
15着 ショーウェイ
16着 ミスパンテール
17着 ベルカプリ
取消 サロニカ

馬券
馬連1点ソウルスターリング、アドマイヤミヤビ(外れ)
ワイド1点ソウルスターリング、アドマイヤミヤビ(外れ)

パドック評価
B+評価のレーヌミノル1着、ソウルスターリング3着、カラクレナイ4着好走もA評価のアドマイヤミヤビは12着惨敗。

好走データ
該当馬多数とはいえ1~3着馬を推奨できた。

消しデータ
該当馬は全て5着以下、完全的中。

スピード指数
3位のリスグラシューが2着、1位のソウルスターリングが3着も優勝馬レーヌミノルは推奨できず。

感想
レーヌミノル無印で予想は完敗。ただ、馬場が悪化したことからダイワメジャー×タイキシャトルという重実績のある配合のレーヌミノルはおさえておくべき馬でした。
なお、いつもならA評価の馬(アドマイヤミヤビ)の単複を買うところでしたが、「クイーンCからの直行馬は不振」のデータが気になり買えませんでした。
それでも結局アドマイヤミヤビを絡めた人気2頭の馬券を買ってしまい撃沈。馬場が悪化した時点で手広く買うべきだったのかもしれません。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-04-10 22:42 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 09日

桜花賞は、伏兵レーヌミノルが圧倒的人気のソウルスターリングを破り、大金星の初GI制覇

今日、阪神競馬場で行われた牝馬クラシック第一弾・桜花賞(GI、3歳牝・芝1600m)は、池添謙一騎手騎乗の8番人気レーヌミノルが、好位4番手追走から直線馬場の真ん中から力強く伸び、中団から追い上げた3番人気リスグラシューの追撃を1/2馬身差をつけて優勝しました。

☆桜花賞結果
1着 レーヌミノル   (池 添)1'34'5(稍重)
2着△リスグラシュー  (武 豊)1/2
3着◎ソウルスターリング(C.ルメール)クビ
4着 カラクレナイ   (田 辺)クビ
5着△アエロリット   (横山典)クビ

※パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い B普通 C平凡)

1 ミスエルテ     C
  2人引き、首高い、落着きなし
2 ライジングリーズン B
  普通、前走より落ち着いて周回
3 サロニカ      -      
  出走取消
4 ジューヌエコール  B
  普通
5 ベルカプリ     B
  普通、首高い
6 リスグラシュー   C
  2人引き、落着きなし
7 ショーウェイ    B
  普通
8 カラクレナイ    B+
  落ち着いて歩様力強い
9 ゴールドケープ   B
  普通
10 レーヌミノル    B+
  落ち着いて力強い歩様
11 アロンザモナ    B
  普通
12 アエロリット    B
  2人引き、普通
13 ヴゼットジョリー  B
  普通
14 ソウルスターリング B+
  2人引き、時折小走りも馬体の迫力目立つ
15 アドマイヤミヤビ  A
  落ち着いて力強い歩様。前走クイーンCと遜色ないデキ
16 ミスパンテール   C
  2人引き、落着きなし
17 ディアドラ     B
  普通、2人引き、首高い
18 カワキタエンカ   C
  落着きなし

今年の桜花賞は、トライアル・チューリップ賞を圧勝した、4戦4勝の2歳女王ソウルスターリングが単勝1.4倍の圧倒的1番人気。百日草特別で後の弥生賞馬カデナを破り、前走クイーンCを好時計で快勝した3連勝中のアドマイヤミヤビが単勝5.1倍の2番人気。この2頭だけが単勝10倍以下の人気を集め、2強対決が注目されていたのですが、両馬はまさかの共倒れとなり、勝ったのは昨年の阪神JF3着馬ながら8番人気馬だったレーヌミノルでした。

レーヌミノルのパドックは、いつも良く見せる馬ですが、今日も落ち着いて力強い歩様を見せていました。レースはカワキタエンカが1000m通過58.3秒と、雨で渋った馬場にしては速いペースで逃げましたが、レーヌミノルは好位5番手の絶好位を追走。直線は伸び悩む人気馬達を尻目にスムースに馬場の真ん中から早めに抜け出し、後続の追撃を振り切りました。雨に強いダイワメジャー産駒の本領発揮といった感じで、馬場を味方に大金星となりましたね。小倉2歳S優勝以来の久しぶりの勝利を見事GI制覇で飾り、本当におめでとうございました!

2着は3番人気のリスグラシュー。パドックはいつもより落着きがなく、あまり良く見えなかったのですが、レースはソウルスターリングの直後から併せ馬の形で伸びて、クビ差ソウルスターリングを交わしました。多少煩くても大丈夫だということ覚えておこうと思います。相変わらずの堅実な走りは見事の一言。ハーツクライ産駒なら勝ち馬以上に距離が伸びて、さらに良いはずで、オークスは一躍優勝候補となりそうです。

圧倒的1番人気に推されたソウルスターリングは3着。パドックは時折小走りになる場面がありましたが、馬体の迫力は目立っており状態は決して悪くなかったと思います。しかし、レースは軽快なスピードが影を潜め、じりじりとしか伸びず、馬場に切れ味を殺された印象。欧州血統で力の要る馬場はプラスと思われたのですが、案外重馬場は向いていなかったのかもしれません。

なお、2番人気のアドマイヤミヤビは12着に惨敗。パドックは前走クイーンCと遜色ないデキに見えたのですが、レースはいきっぷりが悪く最後方からの競馬となり全く見せ場なく終わったのは案外でした。デムーロ騎手のコメントでは何度も躓いたとのことで重馬場が全くダメだったようです。

レーヌミノル(撮影日2017年2月11日・クイーンC)
父ダイワメジャー 母ダイワエンジェル(母の父タイキシャトル)
2014年4月24日生 牝3 栗毛 新ひだか・フジワラファーム生産 栗東・本田優厩舎
7戦3勝(2017年4月9日現在)
(重賞制覇)2017年桜花賞(GI)、小倉2歳S(GIII)
b0015386_22442244.jpg


[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-04-09 22:50 | レース回顧
2017年 04月 08日

第77回桜花賞(GI)予想

明日は、阪神競馬場で牝馬クラシック第一弾・桜花賞(GI)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)前走(同年3月以降)500万クラス以上の阪神・中山芝1600m以上で1着、かつデビュー以来芝のレースはオール連対
   ソウルスターリング
(2)過去に阪神JFもしくは牡馬混合オープンクラスの芝1600m以上で連対
   ヴゼットジョリー、ジューヌエコール、ソウルスターリング、リスグラシュー
(3)前走チューリップ賞かフィリーズレビューで5着以内、かつ過去にオープンクラスの芝1200~1600mで連対
   ジューヌエコール、ソウルスターリング、リスグラシュー、レーヌミノル
(4)前走オープンクラスの芝1600m以上で連対
   アエロリット、アドマイヤミヤビ、ソウルスターリング、ディアドラ、ミスパンテール、ライジングリーズン
(5)前走桜花賞トライアル(オープンクラスの阪神芝1400~1600m)で3着以内
   カラクレナイ、ゴールドケープ、ソウルスターリング、ミスパンテール、リスグラシュー、レーヌミノル
(6)過去にオープンクラスの芝1400m以上で1着
   アドマイヤミヤビ、アロンザモナ、ヴゼットジョリー、カラクレナイ、ジューヌエコール、ミスエルテ、ライジングリーズン、リスグラシュー

2 消しデータ
(1)前走芝(良・稍重)で10着以下
   ベルカプリ
(2)前2走内に右回りの芝1600m(良・稍重)で10着以下大敗がある馬(ただし、前2走内に1600m以上の芝のオープン戦1着又は重賞連対歴がある馬を除く)
   ジューヌエコール、ショーウェイ、ベルカプリ
(3)右回りの芝コースを2回以上走って未勝利(ただし、前走チューリップ賞3着内好走馬除く)
   アエロリット、ヴゼットジョリー、ディアドラ
(4)キャリア4戦以上で前4走内に1400m以上の条件戦敗退が2回以上ある馬(ただし、前走芝1600m重賞戦連対馬除く)
   ディアドラ
(5)前走3月以降のレースで体重が前走比10キロ以上も減っていた馬(ただし、前2走内にオープン以上戦2馬身以上の快勝歴ある馬除く)
   ショーウェイ

3 スピード指数上位馬
(1)ソウルスターリング
(2)ミスパンテール
(3)リスグラシュー
(4)アドマイヤミヤビ
(5)アエロリット
(6)カワキタエンカ

☆桜花賞予想
◎ソウルスターリング
○アドマイヤミヤビ
△アエロリット
△カワキタエンカ
△ミスパンテール
△リスグラシュー

本命は、気性的にも成長した姿を見せてトライアル・チューリップ賞(GIII)を完勝した2歳女王ソウルスターリング。不安は道悪だけ。相手筆頭はクイーンCで一目惚れしたパドックの特注馬アドマイヤミヤビ。この2頭の一騎打ちとみています。以下、単穴はなしで印の馬をおさえます。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-04-08 21:53 | データ予想 | Trackback | Comments(0)