愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 09日

第31回セントウルS(GII)予想

明日は、阪神競馬場でスプリンターズS(GI)へ向けての最重要ステップレース・セントウルS(GII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)同年6月以降に1000~1200mの重賞で3着以内
   フィドゥーシア、ラインミーティア
(2)同年にオープンクラスの芝1200~1600mで1着
   ダンスディレクター、フィドゥーシア、メラグラーナ、ラインミーティア

2 消しデータ
(1)前走芝のGIII以下戦で10着以下敗退馬(2走前に芝の重賞戦で連対歴がある馬を除く)
   ツィンクルソード、ミッキーラブソング、メラグラーナ、ラヴァーズポイント
(2)前走GIII以下戦10番人気以下の低評価馬
   スノードラゴン、ツィンクルソード、プレイズエターナル、ミッキーラブソング、ワキノヒビキ、ワキノブレイブ、ラヴァーズポイント
(3)前2走とも芝1200m戦で3着以下の馬のうち、前走GIII以下戦で6着以下かつ0.6秒以上敗退馬
   メラグラーナ
(4)前走斤量52キロ以下で敗退又は1着も1馬身未満辛勝馬(ただし、前4走内に芝の重賞戦で連対歴がある馬を除く)
   ラヴァーズポイント
(5)前走非重賞戦3着以下の馬のうち、斤量2キロ以上増加馬
   アドマイヤゴッド

3 スピード指数上位馬
(1)ファインニードル
(2)ツィンクルソード
(3)ダンスディレクター
(4)ワキノヒビキ
(5)アドマイヤゴッド

☆セントウルS予想
◎ファインニードル
○アルティマブラッド
▲フィドゥーシア
△ダンスディレクター
△ラインミーティア

消しデータで残ったのは、アルティマブレッド、ダンスディレクター、ファインニードル、フィドゥーシア、ラインミーティアのわずか5頭。この中から本命は、本レースと相性の良いアドマイヤムーン産駒・スピード指数上位のファインニードルとしました。相手は前走北九州記念で先行して見せ場十分だったアルティマブレッド。単穴にアイビスSDで先行して見せ場十分だったフィドゥーシア。以下、印の馬をおさえます。
   

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-09-09 22:25 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 08日

リスグラシュー(17’オークス5)

今日は、オークス(GI)5着馬・リスグラシューちゃんを掲載します。

リスグラシュー
父ハーツクライ 母リリサイド(母の父American Post)
2014年1月18日生 牝3 栗東・矢作芳人厩舎
7戦2勝(2017年9月8日現在)
b0015386_19383399.jpg
この日のパドックは、落着きがなく昨秋のアルテミスS優勝時と比べるとあまり良く見えませんでした。レースは中団からそれなりに伸びたものの3番人気の期待を裏切ったのは残念でした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-09-08 19:39 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 07日

ディアドラ(17’オークス4)

今日は、オークス(GI)4着馬・ディアドラちゃんを掲載します。

ディアドラ
父ハービンジャー 母ライツェント(母の父スペシャルウィーク)
2014年4月4日生 牝3 栗東・橋田満厩舎
12戦3勝(2017年9月7日現在)
b0015386_21065688.jpg
パドックは、落ち着いて力強い動きが目に付き、なかなか良く見えました。レースは後方待機策から直線鋭く伸びて、9番人気の低評価を覆す好走となりました。なお、夏競馬では古馬相手に1000万下を快勝、今週の紫苑S(GIII)は人気を集めそうです。


[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-09-07 21:08 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 06日

アドマイヤミヤビ(17’オークス3)

今日は、オークス(GI)3着馬・アドマイヤミヤビちゃんを掲載します。

アドマイヤミヤビ
父ハーツクライ 母レディスキッパー(母の父クロフネ)
2014年1月14日生 牝3 栗東・友道康夫厩舎
6戦3勝(2017年9月6日現在)
b0015386_20435209.jpg
パドックはいつも良く見せる馬で、この日も落ち着いて力強い歩様が目に付きました。レースは後方からメンバー中最速の上がり33.9秒の末脚を繰り出しましたが、先行策から上がり34.1秒で伸びた上位2頭を捕らえることはできませんでした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-09-06 20:45 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 05日

モズカッチャン(17’オークス2)

今日から2017年オークス(GI)のパドック写真を掲載していきます。
本日登場は、トライアル・フローラSの覇者&2着好走のモズカッチャンです。
なお、優勝したソウルスターリングの勇姿は2017年5月21日の記事をご覧ください。

モズカッチャン
父ハービンジャー 母サイトディーラー(母の父キングカメハメハ)
2014年2月27日生 牝3 栗東・鮫島一歩厩舎
6戦3勝(2017年9月5日現在)
b0015386_19505439.jpg
パドックは力強い歩様が目に付き、前走フローラS以上のデキに見えました。レースは好位追走から直線鋭く伸び、最後は突き放されたといはいえ、優勝馬に良く食い下がりました。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-09-05 19:52 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 04日

オートクレール(17’ヴィクトリアマイル17)

今日で2017年ヴィクトリアマイル(GI)のパドック写真は最後になります。
残念ながら最下位17着に敗れたオートクレールちゃんを掲載します。

オートクレール
父デュランダル 母ジョイアサーティン(母の父フォーティナイナー)
2011年3月31日生 牝6 美浦・中野栄治厩舎
43戦3勝(2017年9月4日現在)
b0015386_20385923.jpg
この日のパドックは落着きがありませんでした。準オープンクラスからの格上挑戦かつデビュー43戦目で初の重賞挑戦がいきなりGIでは流石に荷が重かったですね。


[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-09-04 20:40 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 04日

第53回新潟記念予想結果分析

レース予想は9月2日、パドック評価は9月3日の記事をご覧下さい。

☆レース結果
1着△タツゴウゲキ
2着△アストラエンブレム
3着 カフジプリンス
4着 ウインガガナドル
5着 フルーキー
6着△マイネルフロスト
7着▲トーセンバジル
8着○ロイカバード
9着 ハッピーモーメント
10着 マイネルスフェーン
11着 ソールインパクト
12着 ロッカフラベイビー
13着 スピリッツミノル
14着◎ルミナスウォリアー
15着 シャドウウィザード
16着 ラストインパクト
17着 トルークマクト

馬券
ルミナスウォリアーの単勝(外れ)、ハッピーモーメントの単複(外れ)
馬連フォーメーション1着付トーセンバジル、ハッピーモーメント、ルミナスウォリアー、ロイカバード、2着付タツゴウゲキ、トーセンバジル、ハッピーモーメント、ルミナスウォリアー、ロイカバード、ロッカフラベイビー(14点、外れ)

パドック評価
B+評価の1頭タツゴウゲキ1着も他のB+評価馬6頭は全て着外

好走データ
3着馬カフジプリンスは推奨できず。

消しデータ
該当馬のフルーキーは5着、マイネルスフェーンは10着で的中。

スピード指数
2位のタツゴウゲキが1着、6位のアストラエンブレムが2着も、3着馬は推奨できず。

感想
1番人気アストラエンブレム無印で2着に好走された時点で予想は大外れ。今年の夏競馬は本当に当たらなかったなあ。。。リズムの悪い時はハンデ戦は見送るとかしないと。反省。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-09-04 20:25 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 03日

新潟記念はタツゴウゲキが重賞2連勝でサマー2000シリーズ制覇

今日、新潟競馬場で行われた新潟記念(GIII、ハンデ・芝2000m)は、秋山真一郎騎手騎乗の6番人気タツゴウゲキが2番手追走から直線早めに抜け出すと、最後までしぶとく粘り、好位から脚を伸ばした1番人気アストラエンブレムにクビ差おさえて優勝しました。

☆新潟記念結果
1着△タツゴウゲキ   (秋 山) 1'57'9(良)
2着△アストラエンブレム(M.デムーロ)クビ
3着 カフジプリンス  (中 谷) ハナ
4着 ウインガナドル  (津 村) 1/2
5着 フルーキー    (北村宏) ハナ

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 タツゴウゲキ    B+
  落ち着いて力強い歩様
2 ルミナスウォリアー B+
  2人引き、落ち着いて力強い歩様
3 シャドウウィザード B
  2人引き、普通
4 ロッカフラベイビー B+
  落ち着いて伸びやかな歩様
5 ロイカバード    B+
  以前に比べると落ち着いて周回
6 ハッピーモーメント B+
  落着き十分、後肢の踏み込み力強い
7 カフジプリンス   B
  普通
8 フルーキー     B
  普通
9 スピリッツミノル  B
  普通
10 ソールインパクト  B
  普通
11 アストラエンブレム B
  普通
12 マイネルフロスト  B
  普通
13 トーセンバジル   B+
  まずまず落ち着いて伸びやかな歩様
14 ラストインパクト  B+
  落ち着いてキビキビと周回
15 マイネルスフェーン B
  普通、首高い
16 トルークマクト   B
  普通
17 ウインガナドル   B
  普通

今年の新潟記念は、単勝10倍以下の馬が5頭と人気が割れていましたが、そんな混戦模様のレースを制したのは、小倉記念(GIII)の覇者ながら6番人気と意外にも評価が低かったタツゴウゲキでした。

この日のパドックは動きのよい馬が沢山いましたが、タツゴウゲキもその中の1頭で、雰囲気は良かったです。レースは3歳馬ウインガナドルが1000m通過59秒とやや早めの平均ペースで逃げましたが、タツゴウゲキは2番手をスムースに追走。直線は馬場の良い外目に持ち出して早めに先頭に立つと、ここからしぶとく粘って最後まで後続の追撃をおさえて見事逃げ切りました。
これで文句なしのサマー2000シリーズ王者となりましたが、今後は秋の大舞台でも活躍を期待したいです。

2着は1番人気のアストラエンブレム。ダイワメジャー産駒は芝2000m重賞で勝ったことはないので、1番人気はどうかと思いましたが好位からしっかり伸び、良く走っていると思います。ただ、どうしても勝ちきれない、もどかしいレースが続いていますね。

3着は12番人気のカフジプリンスが先行策から良く伸びて大健闘。ハーツクライ産駒らしく長い直線で息の長い末脚を見せてくれました。春は重賞でも常に上位人気に推されていた実力馬がようやく復調したようです。

なお、人気を集めたトーセンバジル(2番人気13着)、マイネルフロスト(3番人気6着)は共にいつもより後ろからの競馬となり、前が残るレース展開となったことで見せ場なく敗れたのは残念でした。
例年、ディープインパクト産駒の差し・追い込み馬が馬券に絡むことの多かった新潟記念ですが、今年は関屋記念、新潟2歳Sに続いてまたしても前残りの競馬となりました。今年の新潟の重賞は馬場傾向を読むのが難しかったですね。。。

タツゴウゲキ
父マーベラスサンデー 母ニシノプルメリア(母の父Singspiel)
2012年4月21日生 牡5 鹿毛 新冠・川上牧場生産 栗東・鮫島一歩厩舎
18戦5勝(2017年9月3日現在)
(重賞勝利)2017年新潟記念(GIII)、小倉記念(GIII)

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-09-03 22:16 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 02日

第53回新潟記念(GIII)予想

明日は、新潟競馬場でサマー2000シリーズ最終戦・新潟記念(GIII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)同年6月以降にオープンクラスの芝1800mで連対
   アストラエンブレム、ウインガナドル
(2)近2走以内に1000万~準オープンクラスの芝1800m以上で1着、かつ過去にオープンクラスの芝1800m以上で3着以内
   ソールインパクト、タツゴウゲキ、ルミナスウォリアー、ロッカフラベイビー
(3)過去1年以内に芝2000mの重賞で1着
   タツゴウゲキ、ルミナスウォリアー
(4)同年にオープンクラスの芝2000mで3着以内
   ソールインパクト、タツゴウゲキ、マイネルスフェーン、マイネルフロスト、ルミナスウォリアー
(5)過去に新潟芝1800m以上の重賞で3着以内
   フルーキー、マイネルフロスト、ラストインパクト
(6)過去に準オープンクラス以上の新潟芝1600m以上で3着以内
   フルーキー、マイネルフロスト、ラストインパクト、ロイカバード、ロッカフルベイビー

2 消しデータ
(1)前4走ともGII以下戦使用馬のうち、前走GIII以下戦で3着以下かつ0.5秒以上敗退のハンデ56キロ以上(ただし、前走4走内に芝の重賞戦3着内歴又は前3走内に芝のオープン戦連対歴がある馬除く)
   フルーキー
(2)前2走内に1800m以上の芝の重賞戦で3着内好走歴のない3歳馬
   マイネルスフェーン

3 スピード指数上位馬
(1)トーセンバジル
(2)タツゴウゲキ
(3)スピリッツミノル
(4)マイネルフロスト
(5)ルミナスウォリアー
(6)アストラエンブレム

☆新潟記念予想
◎ルミナスウォリアー
○ロイカバード
▲トーセンバジル
△アストラエンブレム
△タツゴウゲキ
△マイネルフロスト

本命は、前走・函館記念(GIII)勝ち、左回り12戦8連対と相性が良いルミナスウォリアーとしました。サマー2000シリーズ制覇を期待します。相手筆頭は2000m戦3戦3連対、このレースと相性の良いディープインパクト産駒の良血馬ロイカバード。単穴に天皇賞・春以来もスピード指数最上位のトーセンバジル。以下、印の馬をおさえます。   

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-09-02 21:23 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 01日

リーサルウェポン(17’ヴィクトリアマイル16)

今日は、ヴィクトリアマイル(GI)16着馬・リーサルウェポンちゃんを掲載します。

リーサルウェポン
父ディープインパクト 母クイックコマンド(母の父Gold Legend)
2011年5月29日生 牝6 美浦・武市康男厩舎
34戦4勝(2017年9月1日現在)
b0015386_21323931.jpg
パドックは落着きがありませんでした。レースは好位2・3番手追走の積極策も直線は一杯になってしまいました。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-09-01 21:33 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)