愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 12日

トラスト(17’皐月賞13)

まずは、今日、大井競馬場で行われた3歳ダート王決定戦・ジャパンダートダービー(JpnI、ダート2000m)ですが、東京ダービー馬・船橋の5番人気ヒガシウィルウィンが中央馬相手に見事優勝しました。最後の直線、内から抜け出したサンライズソアを外から力強く差し切った走りには興奮しました。地方競馬所属馬の同レース制覇は7年振りの快挙とのことで、本当におめでとうございました!

ジャパンダートダービー結果(事前予想なし)
1着 ヒガシウィルウィン(本 多)2'05'8(良)
2着 サンライズソア  (川 田)クビ
3着 タガノディグオ  (川 島)1
4着 リゾネーター   (木幡巧)クビ
5着 ノーブルサターン (鮫 島)1 3/4

ヒガシウィルウィン
父サウスヴィグラス 母プリモタイム(母の父ブライアンズタイム)
2014年3月30日生 牡3 栗毛 新ひだか・グランド牧場生産 船橋・佐藤賢二厩舎
14戦7勝(2017年7月12日現在)
(重賞勝利)2017年ジャパンダートダービー(JpnI)

さて、今日は皐月賞(GI)13着馬・トラスト君を掲載します。

トラスト
父スクリーンヒーロー 母グローリサンディ(母の父エイシンサンディ)
2014年3月29日生 牡3 栗東・中村均厩舎
11戦3勝(2017年7月12日現在)
b0015386_22181274.jpg
パドックの気配は普通。レースは2番手追走の積極策も直線一杯となり、残念ながらデビュー以来初めて6着以下に敗れてしまいました。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-12 22:22 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 11日

アウトライアーズ(17’皐月賞12)

今日は、皐月賞(GI)12着馬・アウトライアーズ君を掲載します。

アウトライアーズ
父ヴィクトワールピサ 母ウィストラム(母の父フレンチデピュティ)
2014年3月24日生 牡3 美浦・小島茂之厩舎
7戦2勝(2017年7月11日現在)
b0015386_20174790.jpg
パドックは踏み込み力強くいつも良く見せる馬ですが、この日も雰囲気は良かったです。しかし、レースは後方からの競馬も前残りの展開となり、見せ場なく終わりました。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-11 20:18 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 10日

サトノアレス(17’皐月賞11)

今日は、皐月賞(GI)11着馬・サトノアレス君を掲載します。

サトノアレス
父ディープインパクト 母サトノアマゾネス(母の父デインヒル)
2014年2月25日生 牡3 美浦・藤沢和雄厩舎
8戦4勝(2017年7月10日現在)
b0015386_14592308.jpg
パドックはスプリングSの時より落ち着いていました。レースは最後方待機策、上がり33.9秒の末脚を繰り出すも見せ場なく終わりました。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-10 15:00 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 10日

第53回七夕賞予想結果分析

レース予想は7月8日の記事をご覧下さい。

☆レース結果
1着△ゼーヴィント
2着△マイネルフロスト
3着△ソールインパクト
4着○スズカデヴィアス
5着 ファルメッツァ
6着▲タツゴウゲキ
7着 ウインインスパイア
8着 パドルウィール
9着◎ヴォージュ
10着 バーディーイーグル
11着△マルターズアポジー
12着 フェイマスエンド

馬券
ヴォージュの単勝(外れ)、複勝(外れ)。

好走データ
該当馬多数とは言え、1~3着馬を推奨できた。

消しデータ
該当馬は全て7着以下、完全的中。

スピード指数
3位のソールインパクトが3着も、1~2着馬は推奨できず。

感想
重賞実績馬が順当に上位を占め、格下馬を本命・単穴にした予想は完敗。馬券共々全くいいところありませんでした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-10 14:47 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 09日

七夕賞はゼーヴィントが人気に応え重賞2勝目を飾る

今日、福島競馬場で行われた七夕賞(GIII、3歳上ハンデ・芝2000m)は、戸崎圭太騎手騎乗の1人気ゼーヴィントが中団追走から徐々に進出すると、直線早めに先頭に立った5番人気マイネルフロストを外から豪快に差し切って優勝しました。

☆七夕賞結果
1着△ゼーヴィント   (戸 崎)1'58'2(良)
2着△マイネルフロスト (柴田大)3/4
3着△ソールインパクト (大 野)1
4着○スズカデヴィアス (横山典)3/4
5着 フェルメッツァ  (秋 山)クビ

※パドックはテレビ観戦のため、全頭チェックできませんでした。

AJC杯以来、久しぶりの出走だった4歳馬ゼーヴィントが、ラジオNIKKEI賞(GIII)以来、約1年振りとなる勝利で重賞2勝目を挙げました。
パドックはいつもどおり落着きがありませんでしたが、気合いを表に出すタイプで、これでも彼は走ります。レースは中団追走から4角で4番手に上がって先行勢を射程圏内に捕らえると、福島の短い直線を外から力強く伸びて快勝となりました。これで重賞は5戦連続連対となり安定感は抜群ですね。また、福島開催になって勝ち星を急速に積み上げて騎手リーディングのトップに立った絶好調の戸崎圭太騎手の手綱捌きも見事でした。秋は大舞台での活躍を期待したいですね。

マイネルフロストは厳しい流れを克服しての見事な2着。逃げたマルターズアポジーを自ら早めにつぶしに行って競り落とし、そのまま粘り込んだのですから、強い競馬を見せてくれたと思います。

3着のソールインパクトは相手なりに走る馬ですが、今日も堅実な内容で7番人気の低評価を覆しての好走、格上挑戦ながらお見事でした。

なお、2番人気11着のマルターズアポジーはパドックで発汗が目立ち、1000m通過58秒とハイペースで逃げたものの、マイネルフロストに早めに交わされて早々と一杯になり完敗。個人的に期待していた3番人気ヴォージュはパドックの気配は悪くなかったように見えたのですが、好位追走も直線伸び切れず9着に完敗。初めての重賞競争の厳しいペースに対応できなかったようです。

ゼーヴィント
父ディープインパクト 母シルキーラグーン(母の父ブライアンズタイム)
2013年5月12日生 牡4 鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 美浦・木村哲也厩舎
10戦4勝(2017年7月9日現在)
(重賞勝利)2017年七夕賞(GIII)、2016年ラジオNIKKEI賞(GIII)

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-09 22:35 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 08日

第53回七夕賞(GIII)予想

明日は、福島競馬場でサマー2000シリーズの開幕戦・七夕賞(GIII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)過去1年以内に芝1800~2200mの古馬混合重賞で連対
   ゼーヴィント、パドルウィール、マイネルフロスト、マルターズアポジー
(2)同年に準オープンクラスの芝1800~2200mで1着、かつオープンクラスの芝1800m以上で4着以内
   フェルメッツァ
(3)過去に芝1800~2200mの重賞で3着以内
   スズカデヴィアス、ソールインパクト、ゼーヴィント、パドルウィール、マイネルフロスト、マルターズアポジー
(4)過去1年以内に1600万クラスの芝1600m以上で1着、かつ近2走以内に芝1600m以上の重賞で0.5秒差以内
   スズカデヴィアス、マルターズアポジー
(5)同年に芝1600m以上の重賞で5着以内
   スズカデヴィアス、ゼーヴィント、バーディーイーグル、マイネルフロスト、マルターズアポジー
(6)過去1年以内に1000万クラス以上の芝1600m以上で1着
   ウインインスパイア、ヴォージュ、スズカデヴィアス、ソールインパクト、タツゴウゲキ、パドルウィール、フェルメッツァ、マルターズアポジー

2 消しデータ
(1)芝10戦以上4勝以下の馬のうち、前走斤量55キロ以下で4着以下かつ0.4秒以上敗退馬(ただし、芝GIII戦1着又はGII戦0.3秒内の好走馬除く)
   ウインインスパイア
(2)芝4勝以下で4着以下が15回以上あるハンデ54キロ以上の馬のうち、前走GII~GIII戦6着以下又は条件戦使用馬
   パドルウィール
(3)前3走とも1600m以上戦を使用し、前走GIII以下戦で、斤量55キロ以下かつ10番人気以下で敗退した馬
   ウインインスパイア、フェイマスエンド

3 スピード指数上位馬
(1)タツゴウゲキ
(2)ヴォージュ
(3)ソールインパクト
(4)バーディーイーグル
(5)フェイマスエンド
(6)スズカデヴィアス

☆七夕賞予想
◎ヴォージュ
○スズカデヴィアス
▲タツゴウゲキ
△ゼーヴィント
△ソールインパクト
△マイネルフロスト
△マルターズアポジー

本命は、準オープン2連勝中の上がり馬ヴォージュとしました。福島芝2000mの鬼ステイゴールドの系統(父ナカヤマフェスタ)も魅力で勢いを買っての初重賞制覇を期待します。相手筆頭は金庫賞、鳴尾記念と僅差のレースを続けてきたスズカデヴィアス。単穴に前走芝1800mのタイム(1'44'7)が速かったタツゴウゲキ。以下、印の馬をおさえます。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-08 22:36 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 07日

プラチナヴォイス(17’皐月賞10)

今日は、皐月賞(GI)10着馬・プラチナヴォイス君を掲載します。

プラチナヴォイス
父エンパイアメーカー 母プレザントブリーズ(母の父マンハッタンカフェ)
2014年3月10日生 牡3 栗東・鮫島一歩厩舎
9戦2勝(2017年7月7日現在)
b0015386_19495028.jpg
パドックの気配は普通。レースは好位追走も直線伸び切れませんでした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-07 21:00 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 06日

カデナ(17’皐月賞9)

今日は、皐月賞(GI)9着馬・カデナ君を掲載します。

カデナ
父ディープインパクト 母フレンチリヴィエラ(母の父フレンチデピュティ)
2014年3月30日生 牡3 栗東・中竹和也厩舎
7戦3勝(2017年7月6日現在)
b0015386_21024424.jpg
パドックは優勝した前走・弥生賞同様、落ち着いて力強い踏み込み、上々の気配でした。しかし、レースは後方2・3番手追走と流れに乗りきれず、4角で中団までポジションを上げるも直線伸びを欠き、見せ場なく終わりました。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-06 21:03 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 05日

ウインブライト(17’皐月賞8)

今日は、皐月賞(GI)8着馬・ウインブライト君を掲載します。

ウインブライト
父ステイゴールド 母サマーエタニティ(母の父アドマイヤコジーン)
2014年5月12日生 牡3 美浦・畠山吉宏厩舎
8戦3勝(2017年7月5日現在)
b0015386_20084919.jpg
パドックは相変わらず落着きがありませんでしたが、優勝した前走スプリングSと同じような雰囲気。レースは中団追走から4角で5番手に進出するも直線伸び切れませんでした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-05 20:10 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 04日

ファンディーナ(17’皐月賞7)

今日は、皐月賞(GI)7着馬・ファンディーナちゃんを掲載します。

ファンディーナ
父ディープインパクト 母ドリームオブジェニー(母の父Pivotal)
2014年3月10日生 牝3 栗東・高野友和厩舎
4戦3勝(2017年7月4日現在)
b0015386_20051147.jpg
パドックは落着きがありませんでしたが、フラワーCの時はそれでも結果を出しており気合いを表に出すタイプ。牡馬をさしおいて1番人気に推されましたが、最後の直線いったんは先頭に立つも伸びを欠き、残念ながら期待に応えることができませんでした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-04 20:06 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)