愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧


2017年 08月 31日

クリノラホール(17’ヴィクトリアマイル15)

今日はヴィクトリアマイル(GI)15着馬・クリノラホールちゃんを掲載します。

クリノラホール
父ダイワメジャー 母クリノビャクダン(母の父クロフネ)
2013年3月18日生 牝4 栗東・谷潔厩舎
20戦4勝(2017年8月31日現在)
b0015386_22125155.jpg
この日のパドックは落着きがありませんでした。レースは中団追走も直線伸びを欠き完敗。今夏からは準オープンクラスから出直しとなりました。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-08-31 22:14 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 30日

ヒルノマテーラ(17’ヴィクトリアマイル14)

今日は、ヴィクトリアマイル(GI)14着馬・ヒルノマテーラちゃんを掲載します。

ヒルノマテーラ
父マンハッタンカフェ 母コンサーンナッカ(母の父Concem)
2011年4月28日生 牝6 栗東・昆貢厩舎
(通算成績)30戦5勝
b0015386_19385042.jpg
パドックの気配は普通。レースは最後方追走から4角で中団まで押し上げるも、直線は伸びを欠きました。なお、このレースが彼女のラストランとなりました。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-08-30 19:40 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 29日

アスカビレン(17’ヴィウトリアマイル13)

今日は、ヴィクトリアマイル(GI)13着馬・アスカビレンちゃんを掲載します。

アスカビレン
父ブラックタイド 母スウェプトレジーナ(母の父スウェプトオーヴァーボード)
2012年2月7日生 牝5 栗東・中尾秀正厩舎
20戦6勝(2017年8月29日現在)
b0015386_19205528.jpg
この日のパドックは落着きがなく、あまり良く見えませんでした。レースは好位3・4番手追走も最後の直線伸びを欠きました。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-08-29 19:22 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 28日

アットザシーサイド(17’ヴィクトリアマイル12)

今日は、ヴィクトリアマイル(GI)12着馬・アットザシーサイドちゃんを掲載します。

アットザシーサイド
父キングカメハメハ 母ルミナスハーバー(母の父アグネスタキオン)
2013年4月3日生 牝4 栗東・浅見秀一厩舎
13戦2勝(2017年8月28日現在)
b0015386_19570056.jpg

パドックの気配は普通。レースは後方待機策も伸びを欠き見せ場なし。昨年の桜花賞(GI)3着の実力馬ですが1000万クラスから出直しとなりました。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-08-28 19:59 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 28日

第37回新潟2歳S予想結果分析

レース予想は8月26日、パドック評価は8月27日の記事をご覧下さい。

☆レース結果
1着○コーディエライト
2着▲フロンティア
3着 テンクウ
4着△エングローサー
5着 キボウノダイチ
6着 オーデットエール
7着 プレトリア
8着△マイネルサイルーン
9着◎シンデレラメイク
10着 フィルハーモニー
11着 トッカータ
12着△ムスコローソ
13着 ダンツセイケイ
14着 ラインギャラント
15着 グランデウィーク

馬券
ムスコローソの単勝(外れ)、複勝(外れ)
エングローサー、シンデレラメイク、ダンツセイケイ、マイネルサイルーン、ムスコローソの馬連ボックス(10点、外れ)

パドック評価
B+評価のムスコローソは12着惨敗

好走データ
優勝馬フロンティアは推奨できず。

消しデータ
該当馬は全て5着以下、完全的中。

スピード指数
1位のコーディエライトが2着、3位のエングローサーが4着に好走するも、1・3着馬は推奨できず。

感想
予想は対抗単穴で決まったが、馬券はムスコローソの単複(1番人気12着)、予想で印を打った馬のうち、よりによってコーディエライトとフロンティアを切った馬連ボックスを買うという芸術的な大外れ。本当にいいところありませんでした。
馬連37.6倍なら切る必要なかったんですが、なにやってんだか。。。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-08-28 19:48 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 27日

新潟2歳Sはフロンティアがデビュー2連勝で重賞初制覇

今日、新潟競馬場で行われた新潟2歳S(GIII・芝1600m)は、岩田康誠騎手騎乗の3番人気フロンティアが2番手追走から逃げた気オーバースペックに1 1/4馬身差をつけて優勝しました。

☆新潟2歳S結果
1着▲フロンティア  (岩 田)1'34'6(良)
2着○コーディエライト(津 村)3/4
3着 テンクウ    (北村宏)アタマ
4着△エングローサー (木幡巧)クビ
5着 キボウノダイチ (高 倉)ハナ

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 ムスコローソ    B+
  落ち着いて伸びやかな歩様
2 トッカータ     B
  普通、首高い
3 テンクウ      B
  2人引き、時折小走り
4 グランデウィーク  B
  普通
5 オーデットエール  B
  普通、時折小走り
6 プレトリア     C
  落着きなし
7 マイネルサイルーン B
  普通
8 フロンティア    B
  キビキビと動き良し
9 フィルハーモニー  B
  普通
10 エングローサー   B
  普通
11 ラインギャラント  B
  普通
12 キボウノダイチ   B
  普通
13 シンデレラメイク  B
  普通、時折小走り
14 ダンツセイケイ   B
  普通
15 コーディエライト  C
  落着きなし

今年の新潟2歳Sは、前走新馬勝ちの1戦1勝馬が9頭、前走未勝利勝ち4頭と好調の馬が揃った一戦となりました。そんな混戦模様のレースを制したのは、1戦1勝馬の1頭・3番人気のフロンティアでした。

フロンティアのパドックは、普通に落ち着いて周回していましたが、キビキビと動きは良かったです。レースはコーディエライト、マイネルサイルーンに次ぐ3番手を追走。4コーナーで2番手に上がると、最後の直線逃げ粘るコーディエライトを外からきっちり差し切りました。新馬戦の時計が1'38'2と平凡だったことから、どこまでやれるか半信半疑だったのですが、前走から約4秒も時計を詰め、先行して上がり32.9秒の末脚を使って後続を完封したのですから強いの一言。2006年ジャパンC(GI)2着馬ドリームパスポートの半弟という良血馬ですし、今後のクラシック路線の活躍が楽しみです。

2着は5番人気のコーディエライトが健闘。パドックは落着きがなくあまり良く見えなかったのですが、前走同様果敢にハナを奪って逃げると最後までしぶとく粘って連対を確保したのは立派でした。

3着は2番人気のテンクウ。パドックは時折小走りもイレ込みというほどではなかったです。レースは好位追走から直線最内を突いて差を詰めるも3着が精一杯でした。

なお、1番人気のムスコローソは5番手追走から直線内を突くも全く伸びを欠き12着に大敗。馬の雰囲気は良く見え、今日の結果を見ても前につけたのは間違いなかったと思うのですが、持ち味の切れ味を発揮することができず大敗したのは案外でした。

例年、差し・追い込み馬が馬券に絡むことの多い新潟2歳Sですが、今年は行った行ったの競馬となり、同コースの関屋記念(GIII)と同じような前残りの展開になりました。こうなると前に行けて粘れるダイワメジャー産駒は強いですねえ。また、新潟芝1600mの1枠不利(1番人気ムスコローソは惨敗)の傾向は、今後も気をつけたいと思いました。

フロンティア
父ダイワメジャー 母グレースランド(母の父トニービン)
2015年4月5日生 牡2 栗毛 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 栗東・中内田充正厩舎
2戦2勝(2017年8月27日現在)
(重賞勝利)2017年新潟2歳S(GIII)


[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-08-27 21:04 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 26日

第37回新潟2歳S(GIII)予想

明日は、新潟競馬場で注目の2歳マイル重賞・新潟2歳S(GIII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)6月の新馬戦で3着以内好走
   エングローサー、コーディエライト、テンクウ、プレトリア、マイネルサイルーン、ムスコローソ
(2)左回りコースの新馬戦を1 1/4馬身以上の着差をつけて勝利
   シンデレラメイク、テンクウ、ムスコローソ

2 消しデータ
(1)前走芝(良・稍重)で上がり3Fが36.0秒以上かかった馬(ただし、3馬身以上の楽勝馬除く)
   グランデウィーク
(2)前走東京・新潟の芝(良・稍重)使用馬のうち、1400m1'23'5、1600m1'38'0、1800m1'53'0を切っていない馬(ただし、前走2馬身以上快勝もしくはオープン連対馬除く)
   プレトリア
(3)前走小倉競馬出走馬
   キボウノダイチ
(4)ダリア賞4着以下(ただし、2走前に芝で4馬身以上圧勝馬除く)
   フィルハーモニー
(5)前走1200m以下の芝の新馬・未勝利戦敗退又は1着も1馬身未満辛勝馬
   ラインギャラント
(6)前走1400m以下戦使用の2ヶ月以上の休養馬(ただし、前走芝1400m3馬身以上の圧勝馬除く)
   プレトリア

3 スピード指数上位馬
(1)コーディエライト
(2)シンデレラメイク
(3)エングローサー
(4)マイネルサイルーン
(5)プレトリア
(6)ダンツセイケイ

☆新潟2歳S予想
◎シンデレラメイク
○コーディエライト
▲フロンティア
△エングローサー
△マイネルサイルーン
△ムスコローソ

本命は、このレースと相性の良い中京芝1400m(過去3戦2勝3着1回)の新馬戦を5馬身差で楽勝してきたシンデレラメイクとしました。相手筆頭は、前走未勝利戦を6馬身差で逃げ切った内容が圧巻だったコーディエライト。単穴に新馬戦の勝ち時計は平凡もラスト2ハロンの切れが抜群だったフロンティア。以下、印の馬をおさえます。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-08-26 20:53 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 25日

レッツゴードンキ(17’ヴィクトリアマイル11)

今日は、ヴィウトリアマイル(GI)11着馬・レッツゴードンキちゃんを掲載します。

レッツゴードンキ
父キングカメハメハ 母マルトク(母の父マーベラスサンデー)
2012年4月6日生 牝5 栗東・梅田智之厩舎
21戦3勝(20017年8月25日現在)
b0015386_17575023.jpg
パドックの気配は普通。近走スプリント戦で差す競馬を続けていましたが、この日のレースは好位追走も直線伸びを欠きました。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-08-25 17:59 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 24日

ルージュバック(17’ヴィクトリアマイル10)

今日は、ヴィクトリアマイル(GI)10着馬・ルージュバックちゃんを掲載します。

ルージュバック
父マンハッタンカフェ 母ジンジャーパンチ(母の父Awesome Again)
2012年4月22日生 牝5 美浦・大竹正博厩舎
15戦5勝(2017年8月24日現在)
b0015386_20205231.jpg
パドックは2人引きでも普通に落ち着いて周回していました。しかし、レースは4コーナー後方2番手からの追い込みが不発に終わり、2番人気の期待を裏切ったのは残念でした。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-08-24 20:23 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 08月 23日

ウキヨノカゼ(17’ヴィクトリアマイル9)

今日は、ヴィクトリアマイル(GI)9着馬・ウキヨノカゼちゃんを掲載します。

ウキヨノカゼ
父オンファイア 母アドマイヤラッシュ(母の父フサイチコンコルド)
2010年3月30日生 牝7 美浦・菊沢隆徳厩舎
19戦5勝(2017年8月23日現在)
b0015386_20430751.jpg
パドックの気配は普通。レースは後方3番手からの追い込み策も不発に終わりました。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-08-23 20:45 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)