愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 50 )   > この月の画像一覧


2016年 10月 31日

ストレイトガール引退式

今日は、2016年10月30日、東京競馬場で天皇賞終了後に行われた短距離GI3勝の名牝ストレイトガールちゃんの引退式の写真を掲載します。

ストレイトガールは、2011年8月に札幌競馬場でデビュー(11着)。連闘の2戦目で勝ち上がりましたが、その後は3歳秋から9ヶ月の休養を挟んだこともあり4歳6月までは500万下で低迷していました。しかし、4歳6月に3勝目を挙げると、そこから破竹の4連勝で一気にオープン入り。続く重賞初挑戦の2013年キーンランドC(GIII)で2着に好走すると、2014年シルクロードS(GIII)で待望の重賞初制覇。この年は、高松宮記念(GI)3着、ヴィクトリアマイル(GI)3着、スプリンターズS(GI)2着、香港スプリント(G1)3着と国内外のGIで上位入線する活躍を見せました。

そして、6歳春、戸崎騎手とのコンビで挑んだヴィクトリアマイルを1'31'9のレースレコードタイの好時計で優勝、ついに悲願のGI初制覇を飾りました。秋にはスプリンターズSを1番人気の期待に応えGI2連勝。今年もヴィクトリアマイルをレースレコードで制し、堂々の連覇。7歳牝馬としてJRA史上初のGI勝利を挙げる快挙を達成し、見事有終の美を飾りました。

b0015386_22482641.jpg

引退式は、今年のヴィクトリアマイル優勝時のゼッケン13をつけて登場。GI3勝の全てで手綱をとった戸崎圭太騎手が騎乗しました。

b0015386_224839100.jpg

ストレイトガールのラストラン!ヴィクトリアマイルを連覇した思い出の直線を気持ち良さそうにキャンターで疾走しました。

b0015386_22492461.jpg

引退式では、オーナーから引退後は、イギリスに渡ってフランケルに種付けをすると発表されました。近年欧州最強馬との子、今から本当に楽しみです。

b0015386_22505168.jpg

普通ならスピード能力が衰えてしまう6~7歳でGI3勝もしたのは凄いの一言。息の長い活躍、本当にお見事でした。これからは母としての活躍を期待したいと思います。長い現役生活、本当にお疲れさまでした!

なお、彼女がGIレースで優勝した勇姿は、下記リンクをご覧下さい。

GI史上最大の超大波乱3連単2070万!ヴィクトリアマイルはストレイトガールが悲願のGI初制覇

スプリンターズSはストレイトガールが制し、GI2連勝!

恐るべし7歳牝馬!ヴィクトリアマイルはストレイトガールがレースレコードで連覇達成


ストレイトガール
父フジキセキ 母ネヴァーピリオド(母の父タイキシャトル)
2009年3月12日生 牝6 鹿毛 浦河・岡本牧場生産 栗東・藤原英昭厩舎
(通算成績)31戦11勝
(重賞勝利)2016年、2015年ヴィクトリアマイル(GI)、2015年スプリンターズS(GI)、2014年シルクロードS(GIII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-10-31 22:52 | 引退式写真 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 31日

第154回天皇賞・秋予想結果分析

レース予想は10月29日の記事を、パドック評価は10月30日の記事をご覧下さい。

☆レース結果
1着○モーリス
2着 リアルスティール
3着△ステファノス
4着◎アンビシャス
5着 ロゴタイプ
6着 アドマイヤデウス
7着△ルージュバック
8着 ヒストリカル
9着 ラブリーデイ
10着 サトノノブレス
11着 クラレント
12着▲エイシンヒカリ
13着 カムフィー
14着 サトノクラウン
15着 ヤマカツエース

馬券
アンビシャスの単勝(外れ)、複勝(外れ)
馬連フォーメーション アンビシャス、ステファノスから相手アンビシャス、エイシンヒカリ、ステファノス、モーリス、リアルスティール、ルージュバック(9点、外れ)

パドック評価
B+評価のステファノス3着も、他はアンビシャス4着、ルージュバック7着、エイシンヒカリ12着と着外。

好走データ
該当馬多数とは言え、1~3着馬を推奨できた。

消しデータ
該当馬は全て5着以下、完全的中。

スピード指数
1位のモーリスが1着、3位のステファノスが3着も、2着馬リアルスティールは推奨できず。

感想
単複はアンビシャスとステファノスで迷って外れを選んでしまった。
馬連は、予想では無印だったリアルスティールをパドックで安田記念より気配が良かったことから馬券を買うことができたのですが、組み合わせが悪くタテ目で撃沈。ボックス馬券にすれば良かった、残念。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-10-31 18:20 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 31日

第5回アルテミスS予想結果分析

レース予想はこちら、パドック評価はこちらの記事をご覧下さい。

☆レース結果
1着◎リスグラシュー
2着△フローレスマジック
3着 シグルーン
4着△アピールバイオ
5着△サトノアリシア
6着 ハートオブスワロー
7着 ヒストリア
8着 コーラルプリンセス
9着 ヴィーナスフローラ
10着 マルモレイナ
11着 ツヅク
12着○トーホウアイレス
13着△ライジングリーズン
14着 メローブリーズ
15着 パフォーム
16着 ウインシトリン
17着 トワイライトライフ
18着 クイントゥープル

馬券
リスグラシューの単勝(2.4倍的中)、複勝(1.2倍的中)

パドック評価
B+評価のリスグラシュー1着、フローレスマジック2着もトワイライトライフは17着。

好走データ
2、3着馬を推奨できなかった。

スピード指数
1位のリスグラシューが1着も、2、3着馬を推奨できなかった。

感想
スピード指数が抜けていた本命馬が期待どおりの走りで快勝、特に語ることなし。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-10-31 18:14 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 30日

世界を制したマイル王の底力!天皇賞・秋はモーリスが完勝でGI5勝目を飾る

今日、東京競馬場では、GIホース5頭を含む14頭の重賞勝ち馬が激突した注目の秋の中距離王決定戦・天皇賞・秋(GI)が行われました。
レースは、R.ムーア騎手騎乗の1番人気モーリスが、先団の後ろ追走から直線で外一気に伸びて、後方3番手から追い込んだ7番人気リアルスティールに1 1/2馬身差をつけて優勝しました。

☆天皇賞・秋結果
1着○モーリス     (R.ムーア) 1'58'4(良)
2着 リアルスティール (M.デムーロ)1 1/2
3着△ステファノス   (川 田) 1 1/4
4着◎アンビシャス   (横山典) 1
5着 ロゴタイプ    (田 辺) アタマ

※パドックの個人的な評価は以下の通り(A良い B普通 C平凡)

1 エイシンヒカリ   B+
  2人引き、いつになく落ち着いて周回
2 クラレント     B
  普通
3 アンビシャス    B+
  落ち着いて前走毎日王冠の状態キープ
4 サトノクラウン   B
  2人引き、つる首、普通
5 ロゴタイプ     B
  2人引き、普通、気合いを表に出し時折小走り
6 アドマイヤデウス  B
  2人引き、普通
7 サトノノブレス   B
  普通
8 モーリス      B
  2人引き、つる首、馬体に迫力
9 ルージュバック   B+
  2人引き、前走、毎日王冠より若干煩いが動きは上々
10 カムフィー     B
  普通、時折小走り
11 ヒストリカル    B
  普通、時折小走り
12 リアルスティール  B
  2人引き、いつになく落ち着いて周回
13 ヤマカツエース   B
  普通、時折小走り
14 ステファノス    B+
  2人引き、落ち着いて力強い歩様
15 ラブリーデイ    B
  2人引き、普通

今年の天皇賞・秋は、春の天皇賞馬キタサンブラック、宝塚記念馬マリアライトが残念ながら回避。それでも、今年、海外遠征して見事G1を勝ってきたモーリス(香港・チャンピオンズマイル)、エイシンヒカリ(フランス・イスパーン賞)、リアルスティール(ドバイ・ドバイターフ)が出走。この直接対決が非常に楽しみな一戦となりました。そんな注目の一戦を制したのは、このメンバーでは1番の実績馬・国内外GI4勝のモーリスでした。

モーリスのパドックは、2人引きでしたが、つる首にしながらも気合いを秘めた感じで、いつもどおり落ち着いて周回。ムキムキの迫力を感じさせる馬体も目に付きました。レースはエイシンヒカリが1000m通過60.8秒と昨年よりもさらに遅いスローペースで逃げる展開となりましたが、それほど引っ掛かる場面もなく先団の後ろをスムースに追走すると、直線馬場の良い外に持ち出して一気に抜け出す圧巻の走りで完勝となりました。予想では2000m以上では勝ち星がないこと、右回りに比べると左回りでは今ひとつ弾けないことから、信頼しきれず◎を打てなかったのですが、謝らないといけないですね。文句なしの強さでした。

2着は、安田記念大敗以来で7番人気と人気を落としていたリアルスティールが後方3番手から追い込んで、海外G1ホースの意地を見せました。パドックは、なかなか出てこなくてアクシデントがあったようですが、出てきてからはいつになく落ち着いて周回しており、昨日の予想では無印でしたが馬券を買い足してしまったほど気配は上々でした。予定していた毎日王冠を回避するなど順調さを欠いていましたが、きっちり調整して良く立て直しましたね。また、今日がテン乗りのM.デムーロ騎手、流石の好騎乗でした。

リアルスティール
父ディープインパクト 母ラヴズオンリーミー(母の父Storm Cat)
2012年3月1日生 牡4 栗東・矢作芳人厩舎
11戦3勝(2016年10月30日現在)
b0015386_23494452.jpg


3着は、6番人気のステファノスが昨年2着に続く2年連続の好走。パドックは、前走毎日王冠(GII)に引き続き、とても良く見えました。レースは後方2番手からリアルスティールと並ぶメンバー中最速の上がり33.5秒の末脚を繰り出し、こちらも改めて底力を見せてくれました。

ステファノス
父ディープインパクト 母ココシュニック(母の父クロフネ)
2011年2月13日生 牡5 栗東・藤原英昭厩舎
19戦4勝(2016年10月30日現在)
b0015386_23495788.jpg


なお、2番人気のエイシンヒカリは12着。パドックは昨年と違って落ち着いていたのですが、レースは得意の後続になし崩しに脚を使わせるハイペースの逃げができずに、不得手のスローペースからの上がり勝負となり惨敗となってしまいました。3番人気のルージュバックはパドックの気配、レースの位置取りは悪くなかったのですが、前走・前々走ほど直線は弾けず7着まで。共に人気を裏切ったのは残念でした。

それでは、最後に見事優勝したモーリス君を掲載します。

b0015386_23523441.jpg

パドックは、2人引きでも気合いを秘めた感じで落ち着いて周回していました。体の筋肉のつき方は、このメンバーに入っても抜けて迫力がありました。

b0015386_23524717.jpg

鞍上のR.ムーア騎手は、天皇賞は嬉しい初制覇、通算GI6勝目を飾りました。なお、レース後のインタビューでは「今日はスタッフが完璧に仕上げてくれていましたし、今までにないくらいの走りをお見せできたと思います。エイシンヒカリとラブリーデイからあまり離れずにレースができ、いいところにいるなと思いました。ただ、目の前にいる馬は伏兵ばかりでしたから、それらを避けるために早めに外から動いて行きましたが、馬がパワフルなので、早く追い出しても誰も追いつけない自信がありました。ペースが速くなかったことも幸いでした。」とコメントしていました。

b0015386_2353418.jpg

堀宣行厩舎は、天皇賞・秋は初制覇。節目のGI通算10勝目を飾りました。

b0015386_23533192.jpg

モーリスの父スクリーンヒーローは、2009年天皇賞・秋でカンパニーの2着でしたから、見事父のリベンジとなりました。

b0015386_23535299.jpg

アジアのマイルGIを総なめにしたスーパーホースが、中距離GIも制して国内ラストランを見事に勝利しました。GI5勝目、本当におめでとうございました!

モーリス
父スクリーンヒーロー 母メジロフランシス(母の父カーネギー)
2011年3月2日生 牡5 鹿毛 日高・戸川牧場生産 美浦・堀宣行厩舎
17戦10勝(2016年10月30日現在)
(重賞勝利)2016年天皇賞・秋(GI)、チャンピオンズマイル(香港G1)、2015年香港マイル(香港G1)、マイルCS(GI)、安田記念(GI)、ダービー卿CT(GIII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-10-30 23:54 | 16年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 29日

第154回天皇賞・秋(GI)予想

明日は、東京競馬場で秋の芝中距離最強馬決定戦・天皇賞・秋(GI)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)前走毎日王冠で3着以内、かつ上がり3位以内
   アンビシャス、ルージュバック
(2)同年に芝1600~2000mの重賞で2勝以上
   ルージュバック
(3)過去1年以内に芝1600m以上の古馬混合GIで1着
   エイシンヒカリ、モーリス、ラブリーデイ、リアルスティール、ロゴタイプ
(4)前走芝1600~2000mの重賞で1着
   ルージュバック
(5)過去1年以内に芝2000~2500mの古馬牡馬混合GIで連対
   エイシンヒカリ、ステファノス、ラブリーデイ
(6)同年8月以降に古馬牡馬混合の芝1800~2400mの別定GIIで5着以内、かつ同年に準オープンクラス以上の芝1800~2000mで1着
   アンビシャス、サトノノブレス、ルージュバック、ヤマカツエース

2 消しデータ
(1)年内4戦以上消化していた馬のうち、前走毎日王冠(良、稍重)、斤量58キロ以下で6着以下
   クラレント、ロゴタイプ
(2)3ヶ月以上の休養馬を除き、前走4番人気以下の支持で4着以下かつ1秒以上の敗退馬
   ロゴタイプ
(3)前走芝GII以下戦で10着以下かつ0.8秒以上敗退の斤量58キロ馬
   クラレント
(4)前走1秒以上敗退のキャリア25戦以上
   クラレント、ロゴタイプ
(5)前3走とも日本のレース5番人気以下の支持で連対が1回以下
   カムフィー、クラレント
(6)前3走とも日本の1800m~2200m戦を使用し、6着以下が2回以上ある斤量58キロ馬
   ヒストリカル、ヤマカツエース
(7)前2走内にJRA重賞で1着歴がない7歳以上
   カムフィー、クラレント、ヒストリカル
(8)前走6着以下かつ0.8秒以上敗退の6歳以上
   クラレント、ロゴタイプ
(9)前走0.4秒以上敗退の7歳以上
   カムフィー、クラレント、ヒストリカル
(10)前2走ともGII以下戦で6着以下のうえに斤量増
   カムフィー
(11)前走10番人気以下
   ヒストリカル
(12)2000m10戦以上1勝以下の58キロ馬
   カムフィー
(13)サンデーサイレンスが母の父の6歳以上
   ロゴタイプ
(14)左回り15戦以上して3勝以下の馬
   カムフィー
(15)前4走とも年内の2000m以上の芝のレースを使用し、前走GIII以下戦を使って2馬身以上1着できなかった馬
   カムフィー

3 スピード指数上位馬
(1)モーリス
(2)サトノノブレス
(3)ステファノス
(4)エイシンヒカリ
(5)ルージュバック
(6)アドマイヤデウス

☆天皇賞・秋予想
◎アンビシャス
○モーリス
▲エイシンヒカリ
△ステファノス
△ルージュバック

本命は、前走毎日王冠で改めて実力を示したアンビシャス。前走はルージュバックに首差敗れましたが、斤量差が1キロ縮まれば逆転も可能な計算。最近絶好調の横山典弘騎手の手綱捌きにも期待しています。相手筆頭は、名手ムーアと再びタッグを組んだ世界のマイル王モーリス。単穴は自分でペースを作れそうな世界のエイシンヒカリ。以下、印の馬をおさえます。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-10-29 23:55 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 29日

アルテミスSは、リスグラシューが人気に応え2連勝で重賞初制覇

今日、東京競馬場では、過去4回の連対馬から3頭のGIホース(アユサン、レッツゴードンキ、メジャーエンブレム)を輩出した注目の2歳牝馬重賞・アルテミスS(GIII、芝1600m)が行われました。レースは、武豊騎手騎乗の1番人気リスグラシューが中団追走から直線外鋭く伸びて、後方から追い上げたフローレスマジックの追撃を1/2馬身差おさえ優勝しました。

☆アルテミスS結果
1着◎リスグラシュー   (武 豊) 1'35'5(良)
2着△フローレスマジック (C.ルメール) 1/2
3着 シグルーン     (M.デムーロ)3 1/2
4着△アピールバイオ   (内 田) 1
5着△サトノアリシア   (池 添) 1/2

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 トワイライトライフ  B+
 伸びやかな歩様、動き良し
2 トーホウアイレス   B
  普通、時折小走り
3 ヴィーナスフローラ  B
  普通
4 パフォーム      B
  普通、2人引き
5 ヒストリア      B
  普通、首高い
6 シグルーン      C
  落ち着きなし
7 ライジングリーズン  B
  普通
8 ウインシトリン    C
  落ち着きなし
9 ツヅク        B
  普通
10 アピールバイオ    C
  落ち着きなし
11 コーラルプリンセス  B
  普通、首高い
12 フローレスマジック  B+
  伸びやかで力強い歩様
13 メローブリーズ    B
  普通
14 マルモレイナ     C
  落ち着きなし
15 サトノアリシア    B
  普通
16 リスグラシュー    B+
  落ち着いて力強い歩様
17 ハートオブスワロー  C
  落ち着きなし
18 クイントゥープル   B
  普通、時折小走り

前走、阪神1800mの未勝利戦を2歳コースレコード(1'46'2)で勝ってきたリスグラシューが、今日も素晴らしいスピードで抜け出す危なげないレース運びで人気に応え、2連勝で重賞初制覇を飾りました。
リスグラシューのパドックは、単勝10倍以下の人気を集めていた3頭(リスグラシュー、フローレスマジック、トーホウアイレス)の中では、1番落ち着いていました。歩様も力強く、安心して単複勝負ができるくらいの好気配でした。レースは中団やや前目につけると、直線は外から上がり33.5秒の末脚を繰り出し、2着馬と共に後続を突き放して一気に突き抜けました。期待どおり、スピードの違いを見せつけてくれました。

2着は、2番人気のフローレスマジック。パドックは最初だけ小走りになる場面もありましたが、すぐに落ち着くと、伸びやかで力強い歩様で周回、こちらも好調子に見えました。レースは中団やや後ろから直線大外に持ち出すと、勝ち馬を追って良く伸び1/2馬身差まで迫りました。さすがはラキシス、サトノアラジンの全妹。敗れたとはいえ、良血馬らしい素晴らしい走りを見せてくれました。

フローレスマジック
父ディープインパクト 母マジックストーム(母の父Storm Cat)
2014年4月15日生 牝2 美浦・木村哲也厩舎
3戦1勝(2016年10月29日現在)
b0015386_21542757.jpg


3着は、5番人気のシグルーンが健闘。パドックはあまり落ち着きはありませんでしたが、レースは2番手追走の積極策から、直線で最内を突いて粘りこみました。ただ、1・2着馬には一気に交わされたように完敗の3着でした。

シグルーン
父アイルハヴアナザー 母ワルキューレ(母の父ステイゴールド)
2014年1月26日生 牝2 栗東・宮徹厩舎
2戦1勝(2016年10月29日現在)
b0015386_21545094.jpg


なお、3番人気のトーホウアイレスは、パドックでやや落ち着きがなく、レースもダッシュがつかず4コーナー最後方で見せ場なく12着に大敗。人気を裏切ったのは残念でした。
いずれにしても、今日は1・2着馬の強さが光った一戦でした。

それでは最後に優勝したリスグラシューちゃんを掲載します。

b0015386_21551014.jpg

パドックは落ち着いて、伸びやかな歩様を見せていました。前走レコード勝ちの反動も心配されましたが、好調子だったと思います。

b0015386_21551812.jpg

鞍上の武豊騎手は、レース後のインタビューで「レースには初めて乗りましたが、理想的なレースでした。向正面でペースが落ちたので、つき合う必要はないと思って行きました。まだ右に左に行くところはありますが、抜け出す時の脚は良かったです。現時点でも素質はあふれていますが、これから楽しみな馬です」とコメントしていました。

b0015386_21553215.jpg

前走の未勝利戦レコード圧勝は伊達ではなかったですね。ハーツクライ産駒ですから距離が伸びても良さそうですし、今後が楽しみな逸材です。重賞初制覇、おめでとうございました!

リスグラシュー
父ハーツクライ 母リリサイド(母の父American Post)
2014年1月18日生 牝2 黒鹿毛 安平町・ノーザンファーム生産 栗東・矢作芳人厩舎
3戦2勝(2016年10月29日現在)
(重賞勝利)2016年アルテミスS(GIII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-10-29 21:55 | 16年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 29日

第5回アルテミスS(GIII)予想

今日は、東京競馬場で過去4回の連対馬からGIホースが3頭誕生した注目の2歳牝馬重賞・アルテミスS(GIII)が行われます。今日も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)JRAの芝1600m以上のレース優勝馬のうち、前走4コーナー5番手以下(ただし、前走0.3秒以上離されて敗れた馬除く)
   トーホウアイレス、ヒストリア、ライジングリーズン、リスグラシュー
(2)JRAのオープンクラス・芝1500m以上のレースで4着以内好走
   アピールバイオ、サトノアリシア

2 消しデータ
  なし

3 スピード指数上位馬
(1)リスグラシュー
(2)メローブリーズ(函館1200m)
(3)マルモレイナ
(4)トーホウアイレス
(5)サトノアリシア
(6)トワイライトライフ

☆アルテミスS予想
◎リスグラシュー
○トーホウアイレス
△アピールバイオ
△サトノアリシア
△フローレスマジック
△ライジングリーズン
   

本命は、前走阪神芝1800mを2歳レコードで圧勝したリスグラシュー。ここはスピードで圧倒してくれるでしょう、不動の本命。相手筆頭は新馬、500万特別とマイル戦を2連勝中のトーホウアイレス。以下、単穴はなしで、新潟2歳S4着アピールバイオ、コスモス賞勝ちのサトノアリシア、前走未勝利戦圧勝、ラキシスの全妹という良血馬フローレスマジック、好走データ該当かつスピード指数も悪くないライジングリーズンまでおさえます。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-10-29 09:05 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 28日

デンコウアンジュ(16’オークス9)

今日は、オークス(GI)9着馬・デンコウアンジュちゃんを掲載します。

デンコウアンジュ
父メイショウサムソン 母デンコウラッキー(母の父マリエンバード)
2013年4月8日生 牝3 栗東・荒川義之厩舎
9戦2勝(2016年10月28日現在)
b0015386_1850215.jpg

パドックの気配は普通。馬体重マイナス10キロでも細くは見えなかったです。レースは追い込み策だった桜花賞とは違い中団からの競馬も伸び一息でした。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-10-28 18:50 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 27日

ダイワドレッサー(16’オークス8)

今日、天皇賞・秋の枠順が発表されましたが、エイシンヒカリが1枠1番と知って、胸が熱くなりました。あの伝説の逃げ馬・1998年サイレンススズカと同じ最内1番枠、武豊騎手がどんな手綱捌きを見せてくれるのか、今から本当に楽しみです。

さて、本日は、オークス(GI)8着馬・ダイワドレッサーちゃんを掲載します。

ダイワドレッサー
父ネオユニヴァース 母リバティープリント(母の父スウェプトオーヴァーボード)
2013年4月14日生 牝3 美浦・鹿戸雄一厩舎
8戦1勝(2016年10月27日現在)
b0015386_182876.jpg

パドックの気配は普通。レースは、後方2番手から上がり33.7秒の末脚を繰り出して良く追い上げました。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-10-27 18:02 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 26日

レッドアヴァンセ(16’オークス7)

今日は、オークス(GI)7着馬・レッドアヴァンセちゃんを掲載します。

レッドアヴァンセ
父ディープインパクト 母エリモピクシー(母の父ダンシングブレーヴ)
2013年4月24日生 牝3 栗東・音無秀孝厩舎
9戦2勝(2016年10月26日現在)
b0015386_1817113.jpg

パドックの気配は普通。レースは、前々走に大幅に減った馬体重が回復しきれなかった影響か中団から伸び一息に終わりました。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-10-26 18:17 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)