愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


2016年 07月 31日

アイビスSDは、ベルカントが人気に応え連覇達成

今日、新潟競馬場で行われたアイビスサマーダッシュ(GIII、3歳上・芝1000m)は、2番手から伸びたM.デムーロ騎手騎乗の1番人気ベルカントが、逃げ粘る2番人気ネロとの大接戦をアタマ差制して優勝しました。

☆アイビスサマーダッシュ結果
1着◎ベルカント    (M.デムーロ)54.1(良)
2着 ネロ       (内 田) アタマ
3着▲プリンセスムーン (北村友) 1 1/4
4着○アットウィル   (蛯 名) 2
5着 ローズミラクル  (吉田隼) クビ

パドックはテレビ観戦のため全頭チェックできませんでした。(人気上位馬のみチェック、ベルカントC(落ち着きなし)、ネロB+、プリンセスムーンB+、アットウィルB)

昨年の覇者ベルカントが昨年に続き見事な連覇を飾りました。パドックは、煩いところを見せていましたが、前年同様スピード全開で押し切りましたね。レースは2番人気のネロとの事実上の一騎打ちとなりましたが、逃げたネロをマークして危なげない勝利でした。

ネロは3度目の重賞挑戦で初の重賞連対。パドックは落ち着き十分、気配は上々でした。スタートから積極的に逃げながらも、最後までスピード衰えることなく良く粘り、なかなか強い競馬を見せてくれたと思います。

人気上位馬が順当に上位を占め、堅い決着だった今年のアイビスサマーダッシュでした。

ベルカント(撮影日2015年10月4日・スプリンターズS)
父サクラバクシンオー 母セレブラール(母の父ボストンハーバー)
2011年3月2日生 牝5 栗毛 新ひだか町・土居忠吉生産 栗東・角田晃一厩舎
(通算成績)19戦6勝(2016年7月31日現在)
(重賞勝利)2014年フィリーズレビュー(GII)、2016年・2015年アイビスサマーダッシュ(GIII)、2015年北九州記念(GIII)、2013年ファンタジーS(GIII)
b0015386_20402683.jpg

[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-07-31 20:40 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 30日

第16回アイビスサマーダッシュ(GIII)予想

明日は、新潟競馬場で名物直線芝1000mの重賞・アイビスサマーダッシュ(GIII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)同年の函館スプリントSかCBC賞で3着以内
   ベルカント
(2)前走1000万クラス以上の芝1000~1400mで3着以内に好走した牝馬
   ブライトチェリー、プリンセスムーン、ベルカント
(3)前走オープンクラスの芝1000~1600mで5着以内に好走した牝馬
   プリンセスムーン、ベルカント
(4)過去1年以内に古馬混合の芝1000m以上の重賞で連対
   ベルカント
(5)近2走以内に1000万クラス以上の芝1000~1400mで連対
   アットウィル、ネロ、プリンセスムーン
(6)過去に芝1000~1200mの重賞で3着以内
   アースソニック、ベルカント、マイネルエテルネル

2 消しデータ
(1)7歳以上(ただし、前走芝のオープン戦1馬身以上1着又はGIII戦0.2秒内の好走馬除く)
   アースソニック、ファンデルワールス、フレイムヘイロー、ヤサカオディール、ヤマニンプチガトー
(2)前走1400m以下の芝のGIII以下戦6着以下で斤量増
   ヤサカオディール
(3)前3走とも斤量54キロ以下で敗退馬(前走重賞戦3着内好走馬除く)
   ヤサカオディール、ヤマニンプチガトー
(4)2ヶ月以上の休養馬のうち、1000m~1400mの連対率が5割未満
   サトノデプロマット、ネロ、ブライトチェリー、マイネルエテルネル、ローズミラクル
(5)前2走とも1400m以下の芝のGIII以下戦で4着以下かつ0.6秒以上敗退
   アースソニック
(6)前4走内に1200m以下のGIII以下戦で5着以下が3回以上ある斤量55キロ以上
   アースソニック、ファンデルワールス、フレイムヘイロー
(7)前走1400m以下の芝の非重賞戦で10番人気以下
   フレイムヘイロー、ヤサカオディール
(8)1000m戦を2戦以上して連対なし、かつ3着以下2回以下の馬
   ヤサカオディール
(9)1000m戦を4戦以上して1勝以下だった斤量56キロ以上の馬
   アースソニック
(10)1000m~1400mの短距離戦で1勝以下
   ファンデルワールス

3 スピード指数上位馬
(1)アースソニック
(2)ベルカント
(3)アットウィル
(4)マイネルエテルネル
(5)ヤマニンプチガトー
(6)サトノデプロマット
(7)ネロ

☆アイビスサマーダッシュ予想
◎ベルカント
○アットウィル
▲プリンセスムーン

本命は、昨年の覇者ベルカント。前走CBC賞は海外遠征帰りとハンデ55.5キロの不利があっての3着、一叩きして上昇も見込め不動の本命。相手筆頭は、前走バーデンバーデンC4着も休み明けを一叩きしたアットウィル。単穴に直線競馬は5戦5連対のプリンセスムーン。消しデータで残った3頭としました。








  
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-07-30 22:37 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 29日

マカヒキ(16’皐月賞2)

今週のクイーンS(GIII)の有力候補だったオークス2着馬チェッキーノ(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎)が屈腱炎発症で長期休養とのこと。今年の牝馬クラシック路線の関東の有力馬はメジャーエンブレムに次ぐ故障離脱となり、本当に残念です。共に早く回復するよう祈りたいと思います。

さて、今日から2016年皐月賞(GI)のパドック写真を掲載していきます。
本日登場は、2着馬で後のダービー馬・マカヒキ君です。
なお、優勝したディーマジェスティ君の勇姿は、2016年4月17日の記事をご覧ください。

マカヒキ
父ディープインパクト 母ウィキウィキ(母の父フレンチデピュティ)
2013年1月28日生 牡3 栗東・友道康夫厩舎
5戦4勝(2016年7月29日現在)
b0015386_19431057.jpg

パドックは、やや首の高いところはありましたが、弥生賞同様、力強い歩様は目に付きました。レースは後方2番手から徐々に進出し、メンバー中最速の上がり33.9秒の末脚で鋭く伸びました。この秋は日本馬唯一の凱旋門賞挑戦、期待しています!
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-07-29 19:44 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 28日

パッションダンス(16’フェブラリーS16)

今日で2016年フェブラリーS(GI)のパドック写真は最後になります。
残念ながら最下位16着に敗れたパッションダンス君を掲載します。

パッションダンス
父ディープインパクト 母キッスパシオン(母の父ジェイドロバリー)
2008年4月9日生 牡8 栗東・友道康夫厩舎
22戦7勝(2016年7月28日現在)
b0015386_1832268.jpg

この日のパドックは落ち着きがなかったです。川崎記念に続く2度目のダート戦でしたが、大差負けと全くいいところがありませんでした。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-07-28 18:32 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 27日

コーリンベリー(16’フェブラリーS15)

今日は、フェブラリーS(GI)15着馬・コーリンベリーちゃんを掲載します。

コーリンベリー
父サウスヴィグラス 母コーリンラヴィアン(母の父ミシックトライブ)
2011年4月13日生 牝5 美浦・小野次郎厩舎
20戦8勝(2016年7月27日現在)
b0015386_17543519.jpg

パドックは2人引きでも落ち着いて周回していました。レースは果敢に逃げたものの、直線で一杯になってしまいました。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-07-27 17:54 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 26日

マルカフリート(16’フェブラリーS14)

今日は、フェブラリーS(GI)14着馬・マルカフリート君を掲載します。

マルカフリート
父アフリート 母スプリングアマイン(母の父タヤスツヨシ)
2006年4月13日生 牡10 栗東・浜田多実厩舎
33戦10勝(2016年7月26日現在)
b0015386_20483585.jpg

パドックの気配は普通。レースはいつもどおりの最後方待機からの追い込み策も不発に終わりました。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-07-26 20:48 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 25日

第64回中京記念予想結果分析

レース予想は7月23日の記事を、パドック評価は7月24日の記事をご覧ください。

☆レース結果
1着△ガリバルディ
2着△ピークトラム
3着△ケントオー
4着 ダンスアミーガ
5着○ダノンリバティ
6着 タガノエトワール
7着 カレンケカリーナ
8着 アルマディヴァン
9着 スマートオリオン
10着▲ダッシングブレイズ
11着 ワキノブレイブ
12着◎トウショウドラフタ
13着 カオスモス
14着 ダローネガ
15着 タガノエスプレッソ
16着 マイネルアウラート

馬券
タガノエトワール、ダッシングブレイズ、マイネルアウラートの馬連ワイドボックス(3点、外れ)

パドック評価
B+のタガノエトワール6着、マイネルアウラートは不利があったとはいえ16着と凡走。C評価のガリバルディが1着といいところなし。

好走データ
2、3着馬は該当も、1着馬ガリバルディは推奨できず。

消しデータ
該当馬タガノエスプレッソは15着に大敗、的中

スピード指数
4位のガリバルディが1着、3位のピークトラムが2着、6位のケントオーが3着、1位のダノンリバティが5着と指数上位がほぼ上位を占めた。

感想
パドックで◎○がイマイチ良く見えなかったので▲とパドックで良く見えた馬の組み合わせ馬券を購入するもカスリもせず。
隠れた消しデータ(1・2番人気は消し、該当馬はダッシングブレイズとトウショウドラフタ)を信じていれば、残った4頭のボックス(24点)で3連単877.9倍が取れるチャンスはあった、残念。  
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-07-25 20:53 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 24日

中京記念は、ガリバルディが後方一気に差し切り重賞初制覇

今日、中京競馬場で行われた中京記念(GIII、3歳上ハンデ・芝1600m)は、福永祐一騎手騎乗の7番人気ガリバルディが後方追走から直線大外一気に鋭く伸び、好位から抜け出した6番人気ピークトラムに3/4馬身差をつけて優勝しました。

☆中京記念結果
1着△ガリバルディ   (福 永)  1'33'6(良)
2着△ピークトラム   (小 牧)  3/4
3着△ケントオー    (和 田)  1/2
4着 ダンスアミーガ  (M.デュプレシス)クビ
5着○ダノンリバティ  (武 豊)  クビ

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 カオスモス     B
  普通、首高い
2 ワキノブレイブ   B
  普通
3 スマートオリオン  B
  普通
4 マイネルアウラート B+
  落ち着いて伸びやかな歩様
5 タガノエトワール  B+
  落ち着いて伸びやかな歩様
6 トウショウドラフタ B
  普通、前肢やや硬い
7 ピークトラム    B
  普通
8 ダッシングブレイズ B
  普通、時折小走り
9 カレンケカリーナ  B
  普通
10 アルマディヴァン  B
  普通、時折小走り
11 ダノンリバティ   C
  落ち着きなし
12 ケントオー     B
  普通、2人引き、やや首高い
13 ガリバルディ    C
  落ち着きなし
14 ダンスアミーガ   B
  普通
15 タガノエスプレッソ C
  落ち着きなし
16 ダローネガ     B
  普通

2014年5月の京都新聞杯(GIII)以来、2年2月振りの重賞挑戦だったガリバルディが、待望の初重賞制覇を飾りました。
ガリバルディのパドックは、落ち着きがなくあまり良く見えなかったのですが、気合いを表に出すタイプのようです。レースは後方でじっくり脚をためると、直線外からメンバー中最速の上がり33.6秒の末脚を繰り出して一気に差し切りました。ガリバルディの兄マルカシェンクが関屋記念優勝、姉ザレマがクイーンS2着と好走したように夏競馬に強い血統なのかもしれません。また、鞍上の福永祐一騎手は、これでガリバルディとのコンビで9戦3勝2着3回3着3回と全て馬券圏内。相性の良さは本物でしたね。今週は中京で9勝と絶好調でしたが、メインレースも素晴らしい好騎乗を見せてくれました。

2着は6番人気のピークトラムが健闘。パドックは普通に落ち着いて周回していました。レースは好位追走から抜け出す、そつのない競馬で2着を確保しました。鞍上の小牧騎手によれば全て上手くいったがゴール前叩いたら馬が怒ってしまったとのこと。それでも3/4馬身差ですから、惜しかったですね。

3着は4番人気のケントオー。パドックは2人引きでもキビキビと元気よく周回していました。レースは最後方から勝ち馬と同じメンバー中最速の上がりタイムでよく追い込みましたが、3着までが精一杯でした。

なお、1番人気のダッシングブレイズは、パドックは時折小走りになる場面はありましたが、それほど、悪くない状態に見えたのですが、レースは直線伸びを欠き見せ場なく10着に完敗。2番人気のトウショウドラフタは、パドックで前肢の出が悪く、それほど良く見えなかったのですが、案の定12着に大敗。共に人気を裏切ったのは残念でした。

ガリバルディ
父ディープインパクト 母シェンク(母の父Zafonic)
2011年2月7日生 牡5 鹿毛 千歳・社台ファーム生産 栗東・藤原英昭厩舎
16戦6勝(2016年7月24日現在)
(重賞勝利)2016年中京記念(GIII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-07-24 21:27 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 23日

第64回中京記念(GIII)予想

明日は、中京競馬場でサマーマイルシリーズ第1戦・中京記念(GIII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)過去に左回りの芝1400~1800mのGII以上で3着以内
   カオスモス
(2)過去1年以内に芝1600mの重賞で1着
   スマートオリオン
(3)近2走以内にオープンクラスの芝1400~2000mで連対
   ケントオー、ダノンリバティ、トウショウドラフタ、ピークトラム、マイネルアウラート
(4)今年に入り1600m万クラスの芝1600mで1着
   ピークトラム

2 消しデータ
(1)前走4コーナー先頭
   タガノエスプレッソ

3 スピード指数上位馬
(1)ダノンリバティ
(2)タガノエトワール
(3)ピークトラム
(4)ガリバルディ
(5)トウショウドラフタ
(6)ケントオー
(7)ダッシングブレイズ

☆中京記念予想
◎トウショウドラフタ
○ダノンリバティ
▲ダッシングブレイズ
△ガリバルディ
△ケントオー
△ピークトラム

本命は、前走NHKマイルC(GI)でも差のなかった3歳馬のトウショウドラフタとしました。54キロも魅力ですし、中京コースはファルコンS(GIII)勝ちのある得意コース、重賞2勝目を期待します。相手筆頭はスピード指数上位で武豊騎手騎乗が魅力のダノンリバティ。単穴に中京コースは2戦2連対と得意にしているダッシングブレイズ。以下、印の馬をおさえます。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-07-23 21:48 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2016年 07月 22日

サノイチ(16’フェブラリーS13)

今日は、フェブラリーS(GI)13着馬・サノイチ君を掲載します。

サノイチ
父サウスヴィグラス 母エトレーヌ(母の父ブライアンズタイム)
2011年5月13日生 牡5 美浦・尾形和幸厩舎
29戦5勝(2016年7月22日現在)
b0015386_19395446.jpg

パドックの気配は2人引きでも落ち着いて良い雰囲気でした。ただ、レースは後方3番手からの追い込みに賭けるも不発に終わりました。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-07-22 19:39 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)