カテゴリ:12年GII・GIII優勝馬写真( 12 )


2012年 10月 07日

毎日王冠は、カレンブラックヒルが無傷の5連勝&オルフェ無念の2着、凱旋門賞回顧

欧州世界最高峰のレース第91回凱旋門賞(仏GI)に挑戦したオルフェーヴルは、惜しい!そして、本当に悔しい!!2着でした。

後方追走から最後の直線馬なりで一気に外から伸びて、残り300mの時点で抜け出した時は、完全に勝ったと思いました。「勝てる!勝てるぞ!行けー!オルフェーヴル」深夜なのに絶叫してしまいました。
しかし、いったん交わしたはずのソレミアが再び差を詰め始め、残り100mは 「頑張れ!早く!早くゴールになってくれ!」。本当に長く長く感じたゴール前でした。
そして、ゴール直前わずかに交わされた瞬間、言葉をなくしてしまいました。。。

勝ったのは日本でもお馴染みの名手ペリエが手綱をとった人気薄の4歳牝馬ソレミア。これが競馬か、1999年エルコンドルパサー、2010年ナカヤマフェスタに続き日本馬またしても2着惜敗。

しかし、不利な大外枠からの発走を克服して、完全に勝ったと思わせる場面を見せてくれたオルフェーヴルは本当に素晴らしかったです。強いレースをしてくれたと思います。
今は、ただ「よく頑張った!ありがとうオルフェーヴル」という言葉を彼に贈りたいと思います。(でもやっぱり悔しいよ!勝ってほしかったよ!!!)


さて、今日、東京競馬場ではGIホース6頭(エイシンアポロン、エイシンフラッシュ、カレンブラックヒル、グランプリボス、ストロングリターン、リアルインパクト)の豪華メンバーが揃った毎日王冠(GII)が行われました。
レースは、秋山真一郎騎手騎乗の1番人気カレンブラックヒルが、3番手追走からゴール手前100m付近で抜け出し、後方から追い込んだ12番人気ジャスタウェイの追撃をクビ差抑えて優勝しました。

b0015386_134020.jpg


☆毎日王冠結果
1着◎カレンブラックヒル (秋 山)1'45'0(良)
2着 ジャスタウェイ   (柴田善)クビ
3着 タッチミーノット  (横山典)クビ
4着 リアルインパクト  (岩 田)1 1/4
5着 ダノンシャーク   (浜 中)クビ

今年の毎日王冠(GII)は、16頭中GI馬が6頭、重賞勝ち馬13頭が揃った豪華メンバーでした。そんな豪華メンバーの中で1番人気に推された無敗の3歳馬カレンブラックヒルが、見事人気に応え無傷の5連勝を飾りました。

今日のパドックは、優勝したNHKマイルC(GI)同様、落ち着き十分ながら力強い歩様で良く見せていました。レースは、シルポートが1000m通過57.8秒と早いペースで逃げる展開となりましたが、グランプリボスに続く3番手を追走すると、直線いったんは抜け出したグランプリボスを残り150mで捕えて先頭に立ち、後続の追撃を振り切りました。
初の古馬相手、しかもハイペースを先行しながら押し切ったレース内容は強いの一言。これで天皇賞(秋)は、堂々主役の1頭となりそうです。

2着は12番人気の伏兵・勝ち馬と同じ3歳馬ジャスタウェイが健闘しました。今日のパドックはいつになく落着きがあり良く見えましたが、レースはメンバー中最速の上がり33.0秒の末脚で勝ち馬にあと一歩まで迫りました。正直この相手にここまでやるとは思いませんでした。こちらも今後が楽しみになる素晴らしい走りを見せてくれました。

ジャスタウェイ
父ハーツクライ 母シビル(母の父Wild Again)
2007年3月8日生 牡3 栗東・須貝尚介厩舎
8戦2勝(2012年10月7日現在)
b0015386_164664.jpg


3着は、こちらも9番人気の伏兵・タッチミーノットが健闘。パドックはキビキビとした動きが目につき、休み明けの実績馬に比べると使われ順調、絶好調といった雰囲気でした。レースはジャスタウェイと並んで追い込んできてメンバー中2番目の上がり33.1秒の末脚を繰り出しました。

タッチミーノット
父ダンスインザダークキ 母タッチフォーゴールド(母の父Mr.Prospector)
2006年4月20日生 牡6 美浦・柴崎勇厩舎
21戦4勝(2012年10月7日現在)
b0015386_171031.jpg


なお、人気を集めた2番人気エイシンフラッシュのパドックは普通に良い感じでしたが、苦手のハイペースで持ち味を発揮できず中団侭9着。3番人気のトーセンレーヴは、エプソムCの時に比べ落ち着きを欠いており、あまり良く見えませんでしたが案の定いいところなく11着。5番人気の安田記念馬ストロングリターンは、相変わらずパドックでうるさく、レースもマイル戦ほど末脚を伸ばせず7着。不可解だったのは4番人気殿負けのフェデラリストで、道中スピードについていけない感じで、後方侭全くいいところがありませんでした。
1番人気馬以外は総じて今一つの結果だったのは残念でした。

それでは、最後に見事優勝したカレンブラックヒル君を掲載します。

b0015386_173593.jpg

パドックは決して見栄えのする馬体ではありませんが、初の古馬相手でも落着き十分、力強い歩様を見せていて大変良い雰囲気でした。

b0015386_175343.jpg

鞍上の秋山騎手は、レース後のインタビューで「イメージしていた通りの競馬。3コーナーまではスムース、そこから少し反応が鈍かったのですが、何とか最後まで頑張ってくれました。」とコメント。また、春の時と比べて馬体はそんなに変わりはないのですが、精神面で落ち着きが出て大人になった話していました。気性の成長があったようですね。

b0015386_181180.jpg

あのエルコンドルパサーでさえできなかった、3歳馬として史上初めて無敗で毎日王冠を制しました。次走の天皇賞は父ダイワメジャーに続く父子制覇なるか注目です。今日は本当におめでとうございました!

カレンブラックヒル
父ダイワメジャー 母チャールストンハーバー(母の父Grindstone)
2009年2月19日生 牡3 黒鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 栗東・平田修厩舎
5戦5勝(2012年10月7日現在)
(重賞勝利)2012年NHKマイルC(GI)、毎日王冠(GII)、ニュージーランドT(GII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2012-10-07 23:59 | 12年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 10日

エプソムCは良血トーセンレーヴが待望の初重賞制覇を飾る

今日、東京競馬場では春の東京開催のフィナーレを飾る重賞エプソムC(GIII、3歳上・芝1800m)が行われました。レースは、C.ウィリアムズ騎手騎乗の1番人気トーセンレーヴが、好位追走から直線早めに先頭に立つと、外から追い込んだ2番人気ダノンシャークをクビ差抑えて優勝しました。

☆エプソムC結果
1着○トーセンレーヴ  (ウィリアムズ)1'46'7(良)
2着◎ダノンシャーク  (福 永)クビ
3着 マイネルスターリー(柴田大)1 1/4
4着 セイクレットレーヴ(横山典)2 1/2
5着 シルクアーネスト (池 添)1/2

父ディープインパクト、母ビワハイジという国内屈指の超良血馬トーセンレーヴが、重賞挑戦6戦目で待望の初重賞制覇を飾りました。今日のパドックは、あまり落ち着きがありませんでしたが、レースは掛かり気味に3番手を追走していましたが、最後の直線も力強く脚を伸ばし、堂々の勝利だったと思います。今開催、先行馬でしぶとく粘らせる好騎乗を連発したウィリアムズ騎手がまたもやってくれました。これまで、期待されながらなかなか重賞で結果を残せませんでしたが、この勝利をきっかけに大きく羽ばたいてもらいたいと思います。

2着は2番人気のダノンシャーク。パドックは、今年の2月に見た東京新聞杯(GIII)(1番人気5着)の時よりは、落ち着きもあり悪くないデキだったと思います。レースはいつもより前目の6番手を追走。直線は差し馬の中では唯一勝ち馬を追い詰めましたが、またしても前走マイラーズC(GII)同様わずかに届きませんでした。これで1800m戦は5戦5連対。安定した走りは見事ですが、なかなか勝ちきれないのは本当にもどかしいですね。

ダノンシャーク
父ディープインパクト 母カーラパワー(母の父Caerleon)
2008年3月9日生 牡4 栗東・大久保龍志厩舎
15戦4勝(2012年6月10日現在)
b0015386_0241349.jpg


3着は15番人気の超人気薄マイネルスターリーが大健闘。2010年函館記念(GIII)を勝った実力馬ですが、近走は不振続きでしたから、パドックは落ち着いて周回しており、この馬なりに調子は良さそうに見えたとはいえ、この激走は驚きました。レースは他の馬が馬場の悪い外を回る中、唯一最内をぴったり回ってロスのない競馬をして4コーナー先頭から粘りこませた柴田大知騎手の好判断が光りました。

マイネルスターリー
父スターオブコジーン 母スイートウインク(母の父サンデーサイレンス)
2005年3月29日生 牡7 栗東・加用正厩舎
41戦8勝(2012年6月10日現在)
b0015386_0251241.jpg


今日の東京競馬は波乱続きでしたが、メインレースの1・2着馬は堅かったですね。それにしても今日のウィリアムズ騎手は、このレースを含め特別レースを3連勝。素晴らしい騎乗、本当にお見事でした。

それでは最後に見事優勝したトーセンレーヴ君を掲載します。

b0015386_0261099.jpg

パドックは、首をつる首にして気合を表に出して周回していました。ややうるさい印象でしたが、レースにはそれほど影響はありませんでした。

b0015386_0281718.jpg

鞍上のウィリアムズ騎手は、レース後のインタビューで「スタートは良かったが、その後かかってしまった。それでも前にカベを作ることができて落ち着いた。パワフルな馬ではないので、早くゴールに入ってくれと思いながら追いました」とコメント。決して得意の馬場ではなかったようですが、最後までもたせたのは流石でした。

b0015386_0275992.jpg

母ビワハイジは、アドマイヤジャパン、アドマイヤオーラ、ブエナビスタ、ジョワドヴィーヴルに続く5頭目の重賞勝ち馬を輩出(史上最多記録)しました。改めて本当に凄い母親です!偉大な兄姉に続く活躍を期待したいですね。初重賞制覇おめでとうございました!

トーセンレーヴ
父ディープインパクト 母ビワハイジ(母の父Caerleon)
2008年3月21日生 牡4 鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 栗東・池江泰寿厩舎
11戦6勝(2012年6月10日現在)
(重賞勝利)2012年エプソムC(GIII) 
[PR]

by Yuuichiro_K | 2012-06-10 23:59 | 12年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2012年 06月 04日

ユニコーンS(GIII)は、ストローハットが人気に応え快勝、福永騎手は土日重賞3連勝!

昨日は安田記念(GI)の後、12Rにも重賞競争ユニコーンS(GIII、3歳・ダート1600m)が行われました。レースは、福永祐一騎手騎乗の1番人気ストローハットが、中団追走から直線外から鋭く伸びて、後方3番手から追い込んだ2番人気オースミイチバンに1 3/4馬身差をつけて優勝しました。

☆ユニコーンS結果(事前予想なし)
1着 ストローハット  (福 永)1'36'5(良)
2着 オースミイチバン (川 島)1 3/4
3着 タイセイシュバリエ(武 豊)ハナ
4着 ネクタル     (岩 田)ハナ
5着 ワイルドバッハ  (小 牧)1/2

前走500万下戦で初ダート戦を快勝したストローハットが、今日も人気に応えて完勝、見事ダート戦2連勝で初重賞制覇を飾りました。パドックは、気合を表に出すタイプなのですが、今日は比較的落ち着いて周回していました。一気の相手強化となりましたが、共同通信杯で皐月賞馬、ダービー馬相手に差のない4着と好走した実績もあり、力が1枚上だったということでしょう。ユニコーンS勝ち馬は後にGIホースを数多く輩出していますし、今後の活躍が本当に楽しみです。

2着は、兵庫CS(JpnII)の覇者・2番人気のオースミイチバン。パドックは、チャカチャカとあまり落ち着きがありませんでした。それでもレースではメンバー中最速の上がり36.2秒の末脚を繰り出したのですから、気合を表に出すタイプのようです。また、スタートから100mの芝の部分でダッシュがつかなかったのも痛かったですね。芝部分のない完全なダートコースだったら、勝ち馬との差はそんなになかったかもしれません。

オースミイチバン
父アグネスタキオン 母オースミハルカ(母の父フサイチコンコルド)
2009年2月28日生 牡3 栗東・荒川義之厩舎
8戦3勝(2012年6月4日現在)
b0015386_23482298.jpg


3着は、8番人気のタイセイシュバリエが健闘。パドックは特に目立つところはありませんでしたが、落ち着いて周回していました。レースは、2番手追走の積極策から直線も最後までしぶとく粘りました。重賞(兵庫CS)2着の実績は伊達ではなかったですね。

タイセイシュバリエ
父クロフネ 母ダンスノワール(母の父サンデーサイレンス)
2009年1月31日生 牡3 栗東・宮本博厩舎
13戦2勝(2012年6月4日現在)
b0015386_23483516.jpg


それでは、最後に見事優勝したストローハット君を掲載します。

b0015386_2349274.jpg

パドックは、チャカついて気合を表に出すタイプなのですが、この日は比較的落ち着いて周回していました。

b0015386_23495695.jpg

鞍上の福永騎手は土日で重賞3勝の大活躍、本当にお見事でした。なお、レース後のインタビューでは「前に行った馬がかなり飛ばしていたので、直線で捌くところを間違えなければいいと思っていました。少し気難しい面はあるがダートの適性はかなり高く今後が楽しみ」とコメントしていました。

b0015386_23501544.jpg

堀宣行厩舎は、安田記念に続き2レース連続の重賞制覇の快挙を達成しました。初重賞制覇おめでとうございました!

ストローハット
父フジキセキ 母ウォートルベリー(母の父Starborough)
2009年3月15日生 牡3 栗毛 (有)社台コーポレーション白老ファーム生産 美浦・堀宣行厩舎
7戦3勝(2012年6月4日現在)
(重賞勝利)2012年ユニコーンS(GIII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2012-06-04 23:50 | 12年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 28日

目黒記念は、スマートロビンが2連勝で重賞初制覇

昨日、東京競馬場ではダービーの熱気も冷めやらぬ最終12レースに、伝統のハンデ戦・目黒記念(GII・3歳上ハンデ・芝2500m)が行われました。
レースは、蛯名正義騎手騎乗の1番人気スマートロビンが2番手追走から直線早めに抜け出して、好位から伸びた7番人気トウカイパラダイスに、1 3/4馬身差をつけて快勝しました。

b0015386_23355477.jpg


☆目黒記念結果(事前予想なし)
1着 スマートロビン  (蛯 名)2'30'6(良)
2着 トウカイパラダイス(柴 山)1 3/4
3着 コスモロビン   (柴田大)3/4
4着 ダノンバラード  (岩 田)ハナ
5着 ユニバーサルバンク(ウィリアムズ)クビ

前走メトロポリタンS(オープン・芝2400m)でオープンクラス初勝利を挙げたばかりのスマートロビンが、前走のVTRを見るような、2番手追走から危なげなく抜け出す走りで完勝、嬉しい初重賞制覇を飾りました。パドックは、今年のダイヤモンドS(GIII)で見た時同様、落ち着きもあり見映えのする好馬体が目立ち、良い気配でした。元々昨年のクラシックの活躍が期待された素質馬でしたが、ついに本格化したようです。次走は春のグランプリ・宝塚記念(GI)に向かうとのことで、どこまでやれるのか注目したいです。

2着は、7番人気のトウカイパラダイスが健闘しました。パドックは気合を表に出して周回していましたが、レースは、上手く折り合って好位4番手を追走し、直線も最後までしっかり伸びてきました。前走の天皇賞・春は、10着に敗れていたとはいえ、3'15'6の好時計で走っていただけのことはありました。また、今春、2200m戦で1000万条件、1600万条件を連勝したように、このくらいの距離が合っているようです。

トウカイパラダイス
父ゴールドアリュール 母トウカイミヤビ(母の父マルゼンスキー)
2007年4月12日生 牡5 栗東・田所秀孝厩
19戦5勝(2012年5月28日現在)
b0015386_23361638.jpg


3着は6番人気のコスモロビン。彼も前走天皇賞・春は14着と大敗していましたが、パドックはメンバー中1番良く見え、前走の疲れもなく絶好のデキだったと思います。レースは直線前が狭くなる場面もありましたが、しぶとく伸びてきました。2500m戦は、1000万条件、準オープンと2連勝していましたし、得意の舞台なのでしょう。

コスモロビン
父ゼンノロブロイ 母ティーアイディップ(母の父ジェイドロバリー)
2008年5月28日生 牡4 美浦・清水英克厩舎
15戦4勝(2012年5月28日現在)
b0015386_23364021.jpg


なお、2番人気のタッチミーノットは7着。パドックはイレ込みがきつく良く見えませんでしたが、案の定いいところがありませんでした。アルゼンチン共和国杯(GII)と京都記念(GII)の覇者で実績1番のトレイルブレイザーは、3番人気を裏切り9着。やはり一頓挫あった後ということで、パドックは覇気のない歩様で明らかに本調子には程遠いデキでした。持てる力を全く発揮できずに終わったのは残念でした。

それでは、最後に見事優勝したスマートロビン君を掲載します。

b0015386_23391468.jpg

パドックは、2人引きでも落ち着き十分、首を水平にして堂々と周回していました。

b0015386_23394517.jpg

鞍上の蛯名騎手は、ダービーハナ差惜敗の無念を少しは晴らせたでしょうか。ショックを乗り越え完璧なレース運びで見事スマートロビンを初重賞制覇に導きました。レース後のインタビューでは、「結構いい流れでした。この馬にはこういう流れの方がいいのかもしれません」とコメントしていました。

b0015386_23441043.jpg

次走は春のグランプリ・宝塚記念(GI)に挑戦する予定。この調子で大一番も頑張ってもらいたいですね。初重賞制覇おめでとうございました!

スマートロビン
父ディープインパクト 母キープギー(母の父Lyphard)
2008年3月5日生 牡4 鹿毛 新ひだか・飛野牧場生産 栗東・松田国英厩舎
15戦6勝(2012年5月28日現在)
(重賞勝利)2012年目黒記念(GII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2012-05-28 23:40 | 12年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2012年 05月 12日

京王杯SCは、サダムパテックが復活の重賞3勝目

今日、東京競馬場では安田記念の前哨戦・京王杯SC(GII・芝1400m)が行われました。レースは、C.ウィリアムズ騎手騎乗の4番人気サダムパテックが中団追走から直線豪快に伸びて、後方から追い込んだ11番人気レオプライムに3/4馬身差をつけて優勝しました。

☆京王杯SC結果
1着 サダムパテック   (ウィリアムズ)1'20'1(良)
2着 レオプライム    (三浦皇) 3/4
3着 インプレスウィナー (田中勝) クビ
4着 ストロングリターン (福 永) 1 1/4
5着 ヤマカツハクリュウ (川 須) クビ

昨年の弥生賞(GII)以来、1年以上勝利から遠ざかっていたサダムパテックが、久々に彼らしい豪脚を繰り出して復活の勝利、重賞3勝目を飾りました。パドックは、特に目立つ感じはありませんでしたが、まずまず落ち着いて周回していました。レースは、中団追走から直線上がり33.3秒の末脚を繰り出しての完勝。正直言うと早熟馬だったのかなと思っていたので、調教で坂路51.2秒といい動きを見せていたのに、この好走を読めなかったのは残念でした。これで一転して、本番の安田記念(GI)も楽しみになりましたね。

2着は、11番人気のレオプライムが健闘。パドックは2人引きでも落ち着いて周回していました。前走準オープンを勝って初の重賞挑戦でしたが、メンバー中最速の上がり3ハロン32.8秒の末脚を繰り出したのはお見事でした。血統(サクラバクシンオー×サンデーサイレンス)的にも、この距離がぴったりだったのでしょう。

レオプライム
父サクラバクシンオー 母トゥハーモニー(母の父サンデーサイレンス)
2007年3月29日生 牡5 栗東・友道康夫厩舎
20戦5勝(2012年5月12日現在)
b0015386_074226.jpg


3着は、これまた人気薄の13番人気インプレスウィナーが大健闘しました。パドックの印象は落ち着いていたけど普通の印象。3歳時同じ舞台のクロッカスSを制した実績があったとはいえ、前走11番人気で準オープンを勝ったばかりでしたし、この好走は驚きました。

インプレスウィナー
父フサイチコンコルド 母ケリーズビューティ(母の父ブライアンズタイム)
2007年4月4日生 牡5 美浦・宗像義忠厩舎
20戦4勝(2012年5月12日現在)
b0015386_075937.jpg



なお、1番人気のサンカルロは10着。絶好調に見えた高松宮記念(GI)より気配が落ちていた印象で2年連続で1番人気を裏切ってしまいました。2番人気の昨年の覇者ストロングリターンは4着。相変わらずパドックはうるさかったでしたが、これはいつもの彼のスタイルで、休み明けだったことを考えれば次走に繋がる走りでした。唯一のGIホース・グランプリボスは7着。パドックは相変わらずチャカつき気味。後方からのレースで大外を回ったのでは厳しかったです。

それでは、最後に見事優勝したサダムパテック君を掲載します。

b0015386_082088.jpg

パドックは、まずまず落ち着いて周回していました。

b0015386_0838100.jpg

鞍上のウィリアムズ騎手は、テン乗りでしたが流石の豪腕振りで見事サダムパテックを久々の勝利に導きました。西園調教師もレース後のインタビューで「次もウィリアムズ騎手を乗せたい」とコメントしていました。

b0015386_085281.jpg

昨年の皐月賞(GI)2着馬が、ようやく復活してくれました。まだ伸び盛りの4歳馬、本番も頑張ってほしいと思います。久々の重賞勝利、本当におめでとうございました!

サダムパテック
父フジキセキ 母サマーナイトシティ(母の父エリシオ)
2008年3月30日生 牡4 鹿毛 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 栗東・西園正都厩舎生産
13戦4勝(2012年5月13日現在)
(重賞勝利)2012年京王杯SC(GII)、2011年弥生賞(GII)、2010年東京スポーツ杯2歳S(JpnIII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2012-05-12 23:59 | 12年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 28日

青葉賞は、東京コース得意のフェノーメノが人気に応え初重賞制覇

今日、東京競馬場では日本ダービー(GI)の出走権を賭けた注目の一戦、ダービートライアル・青葉賞(GII)が行われました。
レースは、蛯名正義騎手騎乗の1番人気フェノーメノが、中団追走から直線外を鋭く伸びて、10番人気エタンダールに2 1/2馬身差をつけて快勝しました。

☆青葉賞結果(事前予想なし)
1着 フェノーメノ   (蛯 名)2'25'7(良)
2着 エタンダール   (松 岡)2 1/2
3着 ステラウインド  (北村宏)1 1/4
4着 ヤマニンファラオ (藤 田)1 1/4
5着 タムロトップステイ(北村友)3/4

今年の青葉賞は、前走弥生賞(GII)で2番人気に推されるも脚を余して不完全燃焼の6着に敗れていたフェノーメノが、1番人気に推され、期待どおり前走の鬱憤を晴らす鮮やかな末脚を繰り出して完勝、堂々ダービー候補に名乗りを挙げました。

パドックは、昨年暮れのホープフルS以来、久々に見ましたが、当時と比べてパドックで迫力を感じました。2人引きで気合をじわっと秘めながら、しっかり落ち着いて周回しており、大変良く見えました。レースは、スタートであまり行き脚がつきませんでしたが、道中は中団の内でじっくり脚をためると、直線外に持ち出してからはメンバー中最速の上がり34.1秒の末脚を繰り出し、一気に突き抜ける大変強い競馬を見せてくれました。
なお、勝ち時計は、レース史上4番目に早い好タイム。また、これで東京コースは3戦3勝となり、同舞台で行われる本番の日本ダービーが本当に楽しみになりました。

2着は、10番人気の伏兵エタンダールが健闘。パドックは、特に目立つところはなかったのですが、落ち着いて周回していました。レースは、先行策から直線半ばで先頭に立つ積極的な走りを見せ、勝ち馬には一気に交わされたものの、最後までしぶとく伸びて、見事ダービー出走権を確保しました。

エタンダール
父ディープインパクト 母ミスペンバリー(母の父Montjeu)
2009年2月24日生 牡3 栗東・藤原英昭厩舎
7戦2勝(2012年4月28日現在)
b0015386_22132797.jpg



3着は、これまた13番人気の伏兵・ステラウインドが低評価を覆し、好走しました。パドックはメンバー中、一番煩かったので、この激走は正直驚きました。気合を表に出すタイプのようです。なお、ゼンノロブロイの仔は、2400~2600m戦で強い傾向があります。

ステラウインド
父ゼンノロブロイ 母ビーウインド(母の父スピニングワールド)
2009年3月1日生 牡3 美浦・尾関知人厩舎
5戦1勝(2012年4月28日現在)
b0015386_22141698.jpg



それでは、最後に見事優勝したフェノーメノ君を掲載します。

b0015386_22141157.jpg

パドックは、2人引きでちょっとつる首にする場面もありましたが、落ち着いて力強く周回しており、今日のメンバーの中では1頭抜けて大変良く見えました。

b0015386_2214516.jpg

鞍上の蛯名正義騎手は、先週のフローラS(GII)に続き2週連続の重賞制覇を飾りました。また、レース後のインタビューで「少し行きたがるところがあったが、それでもこれだけ走るのですから大したもの。大きな馬でトビが大きく、追っていいタイプの馬で広いコースが合っており、ダービーも楽しみです。」とコメントしていました。

b0015386_22143741.jpg

皐月賞馬ゴールドシップに続き、またしてもステイゴールド産駒からクラシック候補が誕生しました。本番は関東のエース格として頑張ってほしいと思います。今日は初重賞制覇おめでとうございました!

フェノーメノ
父ステイゴールド 母ディラローシェ(母の父Danehill)
2009年4月20日生 牡3 青鹿毛 平取・追分ファーム生産 美浦・戸田博文厩舎
5戦3勝(2012年4月28日現在)
(重賞勝利)2012年青葉賞(GII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2012-04-28 22:23 | 12年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 22日

フローラSはミッドサマーフェアが人気に応え完勝、いざオークスへ!

今日は、メインレース直前に降りだしたあいにくの雨の中、東京競馬場でオークストライアル・フローラS(GII、3歳牝・芝2000m)が行われました。
レースは、蛯名正義騎手騎乗の1番人気ミッドサマーフェアが中団追走から直線鋭く伸びて、2番人気アイスフォーリスに2 1/2馬身差をつけて快勝しました。

☆フローラS結果
1着◎ミッドサマーフェア(蛯 名)2'02'0(良)
2着▲アイスフォーリス (松 岡)2 1/2
3着 ダイワデッセー  (武士沢)3/4
4着 ターフデライト  (中 谷)1/2
5着 セコンドピアット (石橋脩)ハナ

今年のフローラS(GII)は、前走君子蘭賞を圧勝したミッドサマーフェアが人気を集めましたが、期待どおりの強い競馬で今日も完勝。オークス候補に名乗りを挙げました。パドックは、以前はうるさいタイプでしたが、今日は落ち着いており、良く見えました。レースは、ヘレナモルフォが1000m通過62.1秒とスローペースで逃げ、2番手追走のダイワデッセー、3番手追走のアイスフォーリスがそのまま上位に入線する前残りの展開となりましたが、中団できっちり折り合ってレースを進めると、直線でメンバー中最速の上がり33.4秒の末脚を繰り出して、あっさり前を捕らえました。このメンバーでは実力が1枚も2枚も抜けていた印象です。

2着は、2番人気のアイスフォーリス。芦毛のステイゴールド産駒ということで、先週の皐月賞を制したゴールドシップを彷彿させるキャラでしたが、人気どおりきっちり連対を確保しました。パドックはやや前肢の出が足りない感じを受けましたが、これはいつものこと。落ち着いて周回していましたし、力を出せる状態だったと思います。ただ、勝ち馬とは切れ味でかなりの差を見せつけられました。

アイスフォーリス
父ステイゴールド 母リリウム(母の父クロフネ)
2009年1月17日生 牝3 美浦・相沢郁厩舎
7戦1勝(2012年4月22日現在)
b0015386_23145265.jpg



3着は最低18番人気のダイワデッセーが大健闘しました。パドックはチャカつき気味でしたが、気合を表に出すタイプのようです。今日は2番手追走の積極的なレース運びでしたがこれが大正解。スローペースに上手く乗じて最後まで良く粘り込みました。

ダイワデッセー
父スペシャルウィーク 母ダイワエンジェル(母の父タイキシャトル)
2009年3月14日生 牝3 栗東・松田国英厩舎
5戦1勝(2012年4月22日現在)
b0015386_23143359.jpg



今日のレースは、とにかく勝ち馬の強さばかりが目立った一戦でした。彼女なら桜花賞組とも良い勝負をしてくれそうな予感がします。
それでは、最後に見事優勝したミッドサマーフェアちゃんを掲載します。


b0015386_23153524.jpg

パドックは、まずまず落ち着いて周回していました。以前よりうるさくなくなり、気性の成長を感じました。

b0015386_23151773.jpg

鞍上の蛯名正義騎手は今週落馬負傷から復帰したばかりでしたが、昨日に続くメインレース制覇、土日で5勝と早速大活躍、本当にお見事でした。

b0015386_23161349.jpg

父タニノギムレット(GI7勝馬ウオッカの父)、母の父Kingmambo(エルコンドルパサー、キングカメハメハの父)という配合は、大舞台を狙える魅力的な血統だと思います。本番は関東のエースとして頑張ってくれそうです。今日は初重賞制覇本当におめでとうございました!

ミッドサマーフェア
父タニノギムレット 母ストロベリーフェア(母の父Kingmambo)
2009年2月23日生 牝3 青鹿毛 日高・ダーレー・ジャパン・ファーム(有)生産 美浦・小島太厩舎
8戦3勝(2012年4月22日現在)
(重賞勝利)2012年フローラS(GII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2012-04-22 23:16 | 12年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2012年 02月 18日

ダイヤモンドS(GIII)は、単勝190倍のケイアイドウソジンが逃げ切り大金星の初重賞制覇

今日、東京競馬場では冬の名物マラソンレース・ダイヤモンドS(GIII・ハンデ、芝3400m)が行われました。
レースは、吉田豊騎手騎乗の15番人気ケイアイドウソジンが、スタートから積極的にハナを奪って逃げると、そのまま後続の追撃を振り切って1番人気ギュスターヴクライに1/2馬身差をつけて快勝しました。

b0015386_219489.jpg


☆ダイヤモンドS結果
1着 ケイアイドウソジン(吉田豊)3'36'8(良)
2着◎ギュスターヴクライ(蛯 名)1/2
3着○スマートロビン  (安藤勝)1 1/2
4着 ヤングアットハート(後 藤)1 3/4
5着 ピエナファンタスト(木 幡)クビ

昨年4月のメトロポリタンS(OP)優勝後、5戦連続2桁着順の敗戦が続いていた単勝190倍の超人気薄・ケイアイドウソジンが、積極的なレースで鮮やかに逃げ切り、嬉しい重賞初制覇を飾りました。今日の勝因は、思い切って離して逃げたことにつきますが、1000m通過1分3秒5、2000m通過2分11秒4と超スローペースの楽な逃げだったことで、ラスト5ハロンを12.2-11.4-11.2-11.5-12.5の58.8秒で乗り切って、後続の追い上げを封じ込めました。思えば昨年の目黒記念(GII)では3番人気に推されたこともあった馬でしたが、近走の不振から流石に買うのは難しかったですね。

2着は、2連勝中の上がり馬で1番人気に推されたギュスターヴクライ。後方6番手からメンバー中最速の上がり34.4秒の末脚でよく追い込んできました。中1週の厳しいローテーションでしたが、パドックは前走と変わらず落ち着いて良い雰囲気で周回していました。ハーツクライ産駒らしく長距離戦で安定して息の長い末脚を繰り出しますね。昨年の青葉賞(GII)以来の重賞挑戦でしたが、クラスの壁を感じさせない力強い競馬を見せてくれました。これなら、これまで活躍馬に恵まれなかった母ファビラスラフィンに初重賞制覇をプレゼントするのも時間の問題でしょう。

ギュスターヴクライ
父ハーツクライ 母ファビラスラフィン(母の父Fabulous Dancer)
2008年3月21日生 牡4 栗東・荒川義之厩舎
15戦4勝(2012年2月18日現在)
b0015386_21101623.jpg



3着は、2着馬と同じ4歳の2番人気スマートロビン。パドックは2人引きでも落ち着いて周回していましたが、とにかく馬体の迫力が目に付き、マイナス12キロでも大変良く見えました。レースは、逃げたケイアイドウソジンから少し離れた2番手を楽な手ごたえで追走していましたが、逃げたケイアイドウソジンを捕まえることはできず、逆にギュスターヴクライに差されてしまいました。ただ、馬っぷりの良さから今後も注目したい馬です。

スマートロビン
父ディープインパクト 母キーブギー(母の父Lyphard)
2008年3月5日生 牡4 栗東・松田国英厩舎
12戦4勝(2012年2月18日現在)
b0015386_21103788.jpg



なお、3番人気のオウケンブルースリは、落ち着いて周回していましたが、往年の力はもうなく14着。天皇賞馬マイネルキッツも見せ場なく10着といいところなく敗れました。共にもう大舞台での活躍は残念ながら厳しそうです。

それでは、最後に見事優勝したケイアイドウソジン君を掲載します。

b0015386_21105549.jpg

パドックは、比較的気合を表に出して元気一杯に周回していました。

b0015386_21111887.jpg

鞍上の吉田豊騎手は、レース後のインタビューで「行く馬がいなかったので逃げる形になりました。3コーナー過ぎから追い上げてこられたが、また伸びてくれましたし、まだ余裕を感じました。でも、直線が長いのでどうかと思いましたが、最後までよくがんばってくれました。」とコメント。本当に上手く逃げましたね、好騎乗でした。

b0015386_21113816.jpg

それにしても競馬は何があるか分からないですねえ。3頭のGIホースや人気の4歳馬を振り切っての初重賞制覇、本当におめでとうございました!

ケイアイドウソジン
父キングカメハメハ 母ブリーダーズフライト(母の父Cutlass)
2006年4月12日生 牡6 鹿毛 新冠・村田牧場生産 美浦・田村康仁厩舎
28戦8勝(2012年2月18日現在)
(重賞勝利)2012年ダイヤモンドS(GIII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2012-02-18 21:11 | 12年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback(1) | Comments(2)
2012年 02月 12日

共同通信杯は、ゴールドシップが圧倒的人気のディープブリランテを破り初重賞制覇

今日、東京競馬場では素晴らしい好天の下、クラシックの登竜門・共同通信杯(GIII・3歳・芝1800m)が行われました。レースは、内田博幸騎手騎乗の2番人気ゴールドシップが、好位追走から直線力強く伸び、逃げ切りを狙った圧倒的1番人気のディープブリランテに1 3/4馬身差をつけて快勝しました。

☆共同通信杯結果
1着◎ゴールドシップ  (内田博)1'48'3(良)
2着○ディープブリランテ(岩 田)1 3/4
3着▲スピルバーグ   (北村宏)ハナ
4着△ストローハット  (クウィリー )1/2
5着 コスモオオゾラ  (柴田大)1 1/4

今年の共同通信杯は、デビューから圧勝続きの2戦2勝のディープインパクト産駒・ディープブリランテが圧倒的な支持を集めていましたが、勝ったのは鋭い決め手を持ちながら出遅れ癖があり、重賞で2着惜敗が続いていた2番人気のゴールドシップでした。今日のパドックは、気性の激しいタイプの多いステイゴールド産駒にしては落ち着き十分、力強い歩様が目に付き、大変良く見えました。レースは、初めて出遅れることなくスタートを決めると、鞍上の内田騎手は手綱をしごいて逃げたディープブリランテの直後の好位置につけて、ぴったりこれをマーク。直線は内田騎手の激しいアクションに応えて、逃げ切りを狙うディープブリランテを一気に交わして完勝となりました。初めて先行しましたが、しっかり上がり3ハロン33.3秒の鋭い決め手を繰り出したのは本当に見事。血統的にもクラシックが楽しみになる大変強い勝ち方を見せてくれました。


2着は単勝1.4倍と圧倒的人気を集めたディーブブリランテ。今日のパドックは、前走東京スポーツ杯2歳Sの時と比べると馬体に余裕が感じられ、プラス12キロということでしたが、やはり太く見えました。また、落ち着きを欠く仕草もあり、今日はちょっと危ないぞと感じさせるデキでした。レースは、スタートから先頭に立って逃げたものの、折り合いを欠く場面があり、1000m通過62.6秒と楽なペースで逃げながら、最後まで粘ることができませんでした。明らかに万全の調子ではなかったので、巻き返すチャンスはあると思いますが、大物という評価もあっただけに残念な結果となってしまいました。

ディープブリランテ
父ディープインパクト 母ラヴアンドバブルズ(母の父Loup Sauvage)
2009年5月8日生 牡3 栗東・矢作芳人厩舎
3戦2勝(2012年2月12日現在)
b0015386_22582851.jpg



3着は、中団からメンバー中最速の上がり33.2秒で外から伸びた3番人気のスピルバーグ。パドックは多少小走りする場面もありましたが、好馬体が目に付き、なかなか良い雰囲気で周回していました。レース後のインタビューで北村宏騎手は、「内の馬に張られて、前の馬と内外離された」とコメントしていましたが、2着とはハナ差だっただけに痛いロスでしたね。わずかの差でクラシック出走に向けて賞金を加算できなかったのは残念でした。

スピルバーグ
父ディープインパクト 母プリンセスオリビア(母の父Lycius)
2009年5月12日生 牡3 美浦・藤沢和雄厩舎
3戦1勝(2012年2月12日現在)
b0015386_22592756.jpg



それでは最後に見事優勝したゴールドシップ君を掲載します。

b0015386_2305510.jpg

パドックは、人気を二分したディープブリランテよりも落ち着きがあり、1番良く見えました。

b0015386_231971.jpg

鞍上の内田博幸騎手は、大怪我による長期休養から今月復帰したばかりですが、完全復活を強烈にアピールする嬉しい約1年1ヶ月振りの重賞制覇を飾りました。また、レース後のインタビューで「ゲートが難しい馬だがスローになるのはわかっていたので、本命馬をマークできる位置に行きたかった。直線モタモタするので早めに仕掛けたが、追えば追うほど伸びる感じで、並べば交わせると思いました。」とコメント。思ったとおりの好騎乗で惜敗続きのゴールドシップを見事初重賞制覇に導きました。

b0015386_2312024.jpg

父ステイゴールド、母の父メジロマックイーンという血統は三冠馬オルフェーヴルと同じ。本番のクラシックの活躍が本当に楽しみになりました。また、須貝尚介厩舎は開業5年目で待望の初重賞制覇となりました。人馬とも本当におめでとうございました!

ゴールドシップ
父ステイゴールド 母ポイントフラッグ(母の父メジロマックイーン)
2009年3月6日生 牡3 芦毛 日高・出口牧場生産 栗東・須貝尚介厩舎
5戦3勝(2012年2月12日現在)
(重賞勝利)2012年共同通信杯(GIII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2012-02-12 23:01 | 12年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2012年 02月 11日

クイーンCは、またもディープインパクトの仔、ヴィルシーナが制す

今日、東京競馬場では、3歳牝馬のクラシックの登竜門・クイーンC(GIII・芝1600m)が行われました。
レースは、岩田康誠騎手騎乗の2番人気ヴィルシーナが、2番手追走から直線早めに抜け出し、中団から伸びた1番人気イチオクノホシに1 3/4馬身差をつけて快勝しました。

☆クイーンC結果
1着 ヴィルシーナ   (岩 田)1'36'6(良)
2着◎イチオクノホシ  (蛯 名)1 3/4
3着 エクセラントカーヴ(石橋脩)1 3/4
4着 プレノタート   (後 藤)1 3/4
5着 エミーズパラダイス(戸 崎)アタマ

今年のクイーンCは、阪神JF(JpnI)で4着に好走したイチオクノホシ、牡馬相手のエリカ賞(500万下)を快勝したヴィルシーナ、フェアリーS(GIII)1番人気4着のオメガハートランドなど素質馬が多数出走し混戦が予想されましたが、勝ったのは、またしても今春の3歳重賞を席巻しているディープインパクトの産駒・ヴィルシーナでした。

予想では初のマイル戦と遠征競馬に不安があると見て無印にしていましたが、パドックは落ち着き十分、予定していなかった馬券を追加で購入してしまうほど大変良く見えました。レースは、1000m通過62.7秒と超スローペースで逃げたアラフネの直後を楽な手ごたえで追走すると、直線では上がり33.6秒の末脚を繰り出して、後続の追い上げを危なげなく退けての完勝となりました。それにしても今年のクラシック戦線におけるディープインパクト産駒の活躍は目を見張るものがあります。これで昨年の東京スポーツ杯2歳S(ディープブリランテ)から3歳重賞出走機会7連勝となりました。

2着は、1番人気のイチオクノホシが中団追走から上がり33.5秒の末脚を繰り出したものの、早めに抜け出した勝ち馬に及びませんでした。パドックは気合を表に出し、ちょっとチャカつく仕草を見せていましたが、力は出せたと思います。レース後の蛯名騎手のインタビューでは1戦ごとに成長しているとのことですし、数少ない関東期待の星としてクラシックで頑張ってもらいたいと思います。

イチオクノホシ
父ゼンノロブロイ 母レディイン(母の父Kendor)
2009年4月2日生 牝3 美浦・矢野英一厩舎
4戦2勝(2012年2月11日現在)
b0015386_21402737.jpg



3着は、キャリア1戦の6番人気エクセラントカーヴが健闘。パドックは、首をグッと下げて気合十分で周回していました。レースは2着のイチオクノホシとほぼ同じ位置から上がり33.6秒で良く伸びてきました。2戦目でこれだけ走れば上々でしょう。こちらも今後の活躍が楽しみです。

エクセラントカーヴ
父ダイワメジャー 母インディアナカーヴ(母の父A.P.Indy)
2009年4月20日生 牝3 美浦・堀宣行厩舎
2戦1勝(2012年2月11日現在)
b0015386_2141037.jpg



それでは、最後に見事優勝したヴィルシーナちゃんを掲載します。

b0015386_21422792.jpg

パドックは落ち着き十分、伸びやかで力強い歩様を見せていて、大変良く見えました。
 
b0015386_21424398.jpg

鞍上の岩田騎手はレース後のインタビューで、「本当に乗りやすく調教でもレースでも素直。ハミを抜いて折り合いもついて賢い馬。この後、すごく成長すると思います。」と語っていました。

b0015386_2143753.jpg

ヴィルシーナの馬主は元ベイスターズのハマの大魔神こと佐々木主浩氏。持ち馬の初の重賞制覇ということで、とても嬉しそうでした。

b0015386_21433550.jpg

勝ち時計は超スローペースだったこともあり平凡でしたが、阪神JF(JpnI)4着馬に完勝したことで、彼女もまたクラシックの有力候補の1頭になったといってよいでしょう。同じディープ産駒のジョワドヴィーヴル、ジェンティルドンナとの対決が楽しみですね。馬名の意味(ロシア語で「頂上」)どおり、頂上目指して頑張ってほしいと思います。初重賞制覇、おめでとうございました!

ヴィルシーナ
父ディープインパクト 母ハルーワスウィート(母の父Machiavellian)
2009年3月5日生 青毛 安平・ノーザンファーム生産 栗東・友道康夫厩舎
4戦3勝(2012年2月11日現在)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2012-02-11 21:43 | 12年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)