カテゴリ:懐かしの名馬( 7 )


2016年 09月 12日

GI7勝の女傑ジェンティルドンナが32頭目の顕彰馬に選出

まずは、凱旋門賞の前哨戦に出走したマカヒキのニエル賞(仏G2)優勝、おめでとうございました!初の海外遠征でも大変落ち着いていたのが、素晴らしかったです。
また、落鉄のアクシデントがありながらの勝利というのも凄いですね、本番の凱旋門賞(仏G1)も期待してます!頑張れ、マカヒキ!

さて、今日、平成28年度顕彰馬選定記者投票の結果がJRAから発表され、3歳牝馬三冠、ジャパンC連覇など国内外でGI7勝を挙げた女傑ジェンティルドンナが32頭目の顕彰馬に選定されました。

ジェンティルドンナは、2011年11月にデビュー(2着)。2戦目で勝ち上がると、3戦目のシンザン記念(GIII)で重賞初勝利。桜花賞(GI)、オークス(GI)、秋華賞(GI)を勝ち史上3頭目の牝馬三冠を達成すると、続くジャパンC(GI)でオルフェーヴルとの世紀の三冠馬対決を制し、堂々の勝利。見事2012年の年度代表馬に輝きました。

2013年は、ドバイシーマクラシック(首G1)2着、宝塚記念(GI)3着、天皇賞・秋(GI)2着と勝ちきれないレースが続きましたが、ジャパンCを勝って、レース史上初の連覇を達成、最優秀4歳以上牝馬に選出されました。

2014年は、前年敗れたドバイシーマクラシックを勝ち悲願の海外G1初制覇。帰国後は勝ちきれないレースが続きましたが、引退レースの有馬記念(GI)を勝って有終の美を飾ると共に、2度目の年度代表馬に選出されました。

彼女の残した実績は偉大なる父ディープインパクトに劣らぬもので、史上最強牝馬といっても過言ではないでしょう。今後は、母としての活躍を期待したいですね。

今日は、ジェンティルドンナちゃんの写真をいつもより大きめのサイズで掲載します。顕彰馬選出、本当におめでとうございました!

また、ジェンティルドンナのGI優勝時の勇姿、引退式の写真は下記リンクをご覧ください。


父ディープ譲りの末脚爆発で圧勝!オークスは、ジェンティルドンナがレースレコードで二冠達成

ジェンティルドンナが三冠馬対決を制し、日本3歳牝馬史上初のジャパンC制覇!

得意の舞台で最強女王復活!ジャパンCはジェンティルドンナが史上初の連覇達成

歴史的名牝が魅せた底力!有馬記念は、ジェンティルドンナが見事引退の花道を飾る!

ジェンティルドンナ引退式


ジェンティルドンナ(撮影日2014年12月28日・引退式)
父ディープインパクト 母ドナブリーニ(母の父Bertolini)
2009年2月20日生 牝7 鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 栗東・石坂正厩舎
(通算成績)19戦10勝
(重賞勝利)2014年有馬記念(GI)、ドバイシーマクラシック(首GI)、2013年・2012年ジャパンC(GI)、2012年桜花賞(GI)、オークス(GI)、秋華賞(GI)、ローズS(GII)、シンザン記念(GIII)
b0015386_2133359.jpg

[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-09-12 21:48 | 懐かしの名馬 | Trackback | Comments(0)
2014年 11月 04日

メイショウサムソン

大変悲しいニュースが飛び込んできました。今日、オーストラリア・フレミントン競馬場で行われたメルボルンC(豪GI、3歳上ハンデ・芝3200m)に1番人気で出走(結果は最下位22着)したアドマイヤラクティ(牡6、栗東・梅田智之厩舎)がレース後、急死しました。
先月18日、コーフィールドC(豪GI)を日本馬として初優勝する快挙を達成したばかりなのに、本当に残念なことになりました。心からご冥福をお祈りします。

アドマイヤラクティ
父ハーツクライ 母アドマイヤテレサ(母の父エリシオ)
2008年2月20日生 牡6 鹿毛 安平町・ノーザンファーム生産 栗東・梅田智之厩舎
(通算成績)28戦7勝
(重賞勝利)2014年コーフィールドC(豪GI)、2013年ダイヤモンドS(GIII)


さて、今日は一昨日(2014年11月2日)東京競馬場のパドックで朝のレース前にお披露目された2006年のクラシック二冠馬、2007年天皇賞春秋連覇を飾った名馬・メイショウサムソン君の写真を掲載します。

b0015386_21575667.jpg

メイショウサムソン君とは2008年有馬記念(GI)以来、6年振りの再会でした。現役時代より一回り大きくなっていましたね。また、大変落ち着いて周回してました。

b0015386_2202462.jpg

現役種牡馬として活躍中にも関わらず、はるばる北海道からやって来てくれて、しかも土日2日連続でパドックに登場してくれて、本当にお疲れさまでした!これからも元気で沢山の産駒をターフに送り出してくださいね!


メイショウサムソン
父オペラハウス 母マイヴィヴィアン(母の父ダンシングブレーヴ)
2003年3月7日生 牡11 鹿毛 浦河町・林孝輝生産 栗東・瀬戸口勉、高橋成忠厩舎
(通算成績)27戦9勝
(重賞勝利)2006年日本ダービー(GI)、皐月賞(GI)、2007年天皇賞・春(GI)、天皇賞・秋(GI)、2007年大阪杯(GII)、2006年スプリングS(GII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2014-11-04 22:00 | 懐かしの名馬 | Trackback | Comments(0)
2014年 04月 22日

1999年凱旋門賞2着、世界のエルコンドルパサーが顕彰馬に

今日、平成26年度顕彰馬選定記者投票の結果がJRAから発表され、1998年NHKマイルC(GI)、ジャパンカップ(GI)、1999年サンクルー大賞(仏GI)を優勝、凱旋門賞(仏GI)で日本馬初の2着となったエルコンドルパサーが顕彰馬に選定されました。顕彰馬の選定は平成23年のウオッカ以来、30頭目です。

エルコンドルパサーは、アメリカ産まれの外国産馬。同世代にはGI4勝を挙げたスペシャルウィークとグラスワンダーがいる黄金世代。1997年11月に東京ダート1600mを7馬身差の圧勝でデビュー勝ちを飾ると、翌1998年は共同通信杯、ニュージーランドT(GII)、NHKマイルCと重賞3連勝、無傷の5連勝で初GI制覇を飾りました。

秋初戦は、伝説のGIIと語られる毎日王冠(GII)に出走し、サイレンススズカの2着と初の敗戦。しかし続くジャパンCでは、前年の年度代表馬・女傑エアグルーヴ、同期のダービー馬スペシャルウィークらを相手に完勝。日本の3歳馬(旧4歳)として史上初めてジャパンCを制する快挙で、この年の最優秀4歳牡馬に選出されました。

翌1999年は、国内には目もくれず果敢に海外遠征を敢行、初戦のイスパーン賞(仏GI)はクロコルージュの2着に敗れたものの、続くサンクルー大賞で欧州年度代表馬ドリームウェル、凱旋門賞馬サガミックスら欧州最強クラスのメンバー相手に2馬身半差をつけて完勝、一躍、秋の欧州最高峰レース・凱旋門賞の有力候補となりました。秋初戦のフォア賞(仏GII)も優勝して挑んだ続く凱旋門賞は、欧州3歳最強馬モンジューに続く堂々の2番人気で出走しました。レースは果敢に逃げてゴール直前まで先頭でしたが、追い込んできたモンジューに半馬身交わされ惜しくも2着に敗れ、これが最後のレースになりました。また、史上初めて日本馬として凱旋門賞で連対を果たした快挙が高く評価され、1999年の年度代表馬に選出されました。

その後は種牡馬入りしたものの、2002年に腸捻転のため7歳の若さで急死、わずか3世代しか後継馬を出せなかったのは本当に残念でした。しかし、その数少ない産駒からジャパンCダート優勝馬のアロンダイト、ヴァーミリアン、菊花賞馬ソングオブウインドを輩出、後継種牡馬を出したのは流石でした。

今日は、懐かしいエルコンドルパサーの写真を掲載します。顕彰馬選出、本当におめでとうございました!

b0015386_23552915.jpg

(撮影日1998年2月15日・共同通信杯)

b0015386_23553758.jpg

(撮影日1999年11月28日・引退式)

エルコンドルパサー
父Kingmambo 母Saddlers Gal(母の父Sadler's Wells)
1995年3月17日生 牡(7歳没) アメリカ・Takashi Watanabe生産 美浦・二ノ宮敬宇厩舎
(通算成績)11戦8勝
(重賞勝利)1999年サンクルー大賞(仏GI)、1998年ジャパンC(GI)、NHKマイルC(GI)、1999年フォワ賞(仏GII)、1998年ニュージーランドT(GII)、共同通信杯
[PR]

by Yuuichiro_K | 2014-04-22 23:56 | 懐かしの名馬 | Trackback | Comments(0)
2010年 11月 29日

シンボリルドルフ

今日は、昨日のジャパンC当日の昼休みに1986年12月の引退式以来、久々に競馬場にやってきた日本競馬史上に残る名馬中の名馬・史上初の無敗の三冠馬、GIレース7勝を挙げた皇帝・シンボリルドルフの勇姿をいつもより大き目の写真で掲載します。

シンボリルドルフは、僕が競馬を知ってから最初に好きになった馬であり、正に人生を変えたといってよい存在です。彼に対する想いは、牧場写真を掲載した2005年9月9日の記事で熱く記載したとおりですが、とにかく最初に彼のような不世出の名馬に出会えたことは、本当に幸運だったと思います。

b0015386_2238948.jpg

2004年の牧場見学以来、久々に会ったルドルフは、毛づやもピカピカで29歳とは思えない、若々しい馬体で本当に感動させられました。牧場スタッフに大事にされていることが良くわかりました。

b0015386_2239047.jpg

記念写真では、しっかりポーズをとっていましたし、暴れることもなく威風堂々とパドックを周回した姿は、現役時代と変わらぬ風格がありました。

また、シンボリルドルフの全レースに騎乗した名コンビの岡部幸雄元騎手もパドックに姿を見せ、「今でも1年に1度は会いに行きます。騎手として最高の栄誉の3冠を獲らせてもらい、僕の騎手人生を変えてくれた馬でした」と語られていました。毎年会いに行ってるなんて、正直、羨ましいです!それにしても、この名コンビの絆の深さが伺える嬉しいエピソードでした。

最後に、人間の都合で悠々自適の暮らしの時間を割いて、東京競馬場にやって来てくれたこと、心から感謝します。会えて本当に嬉しかったです。こんなに若々しい体を保っているのですから、シンザンの持つ国内サラブレッド最高年齢(35歳3ヶ月11日)の記録を越えるくらい、いつまでも元気に長生きしてもらいたいと思います。今日は本当におつかれさまでした!

b0015386_22392486.jpg


シンボリルドルフ
父パーソロン 母スイートルナ(母の父スピードシンボリ)
1981年3月13日生 牡29 鹿毛 門別・シンボリ牧場生産 美浦・野平祐二厩舎
(通算成績)16戦13勝
(重賞勝利)1985年・1984年有馬記念(GI)、1985年ジャパンC(GI)、天皇賞・春(GI)、1984年日本ダービー(GI)、皐月賞(GI)、菊花賞(GI)、1985年日経賞(GII)、1984年セントライト記念(GII)、弥生賞(GII)
(主な産駒)トウカイテイオー(日本ダービー、皐月賞、ジャパンC、有馬記念)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2010-11-29 22:39 | 懐かしの名馬 | Trackback | Comments(0)
2009年 11月 09日

トウカイテイオー

今日は、11月7日、8日の2日間、東京競馬場に1994年の引退式以来、15年振りに帰ってきた、顕彰馬(競争馬で殿堂入りした馬)・トウカイテイオー君を掲載します。

トウカイテイオーは、彼の父でやはり顕彰馬でもある七冠馬シンボリルドルフが活躍した時代に競馬を始めた者としては、僕にとって忘れることのできない、正に愛しのサラブレッドです。

テイオーについて語りたいことは、たくさんあるのですが、長くなってしまうので、後日掲載予定の牧場写真の際に、たっぷり語ろうと思います。

それでは、11月7日(土)に撮影したトウカイテイオーの勇姿をご覧ください。

b0015386_23441173.jpg

パドックでは、時々立ち止まって撮影に配慮していただきました。その度に、堂々とポーズをとっていました。

b0015386_2346374.jpg

時折、馬っ気を出したり、ご覧のとおり立ち上がったりと、本当に元気いっぱいでした。

b0015386_2347980.jpg

ローズガーデンにおける放牧は、限られた時間でしたが、順番に柵の近くまで来て撮影することができました。こちらも嬉しい配慮でした。

b0015386_23481454.jpg

久々に会えて本当に嬉しかったです。テイオー、2日間本当にお疲れさまでした。どうかいつまでも元気でね!

トウカイテイオー
父シンボリルドルフ 母トウカイナチュラル(母の父ナイスダンサー)
1988年4月20日生 牡21 鹿毛 新冠・長浜牧場生産 栗東・松元省一厩舎
(通算成績)12戦9勝
(GI勝利)1991年日本ダービー(GI)、皐月賞(GI)、1992年ジャパンC(GI)、1993年有馬記念(GI)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2009-11-09 23:55 | 懐かしの名馬 | Trackback | Comments(2)
2008年 11月 10日

オグリキャップ

昨日の東京競馬場では、みんなが待ってた!名馬オグリキャップがお昼休み、パドックに登場しました。

b0015386_22495291.jpg

「思い出のオグリと再会したい!」「伝説の名馬に会いたい!」という人で、ご覧のとおりパドックは、GIレース並みの大変多くの人が集まりました。


パドックには、オグリと縁の深い南井師、岡部元騎手、オサリバン元騎手(ジャパンCでオグリと壮絶な叩き合いを演じたホーリックスの鞍上)も駆けつけ、オグリを見つめていました。南井師は、オグリに贈る言葉として「ありがとう」とおっしゃっていたのが印象に残りました。
b0015386_0214863.jpg



b0015386_232189.jpg

オグリと会うのは3年振りでした。3年前も真っ白でしたが、馬体はまだまだ若々しく、元気そうで良かったです^^


b0015386_23504079.jpg

23歳、人に例えれば相当なお爺ちゃんだそうですが、堂々男らしさを誇示(杉本元アナ談)しておりました。元気そうで良かったです^^;


b0015386_162121.jpg

オグリ、遠くからはるばる来てくれて、本当におつかれさま&ありがとうございました!
いつまでも元気でいてくださいね!


オグリキャップ
父ダンシングキャップ 母ホワイトナルビー(母の父シルバーシャーク)
1985年3月27日生 牡23 芦毛 三石・稲葉不奈男生産 笠松・鷲見昌勇厩舎 栗東・瀬戸口勉厩舎
(通算成績)32戦22勝
(GI勝利)1990年、1988年有馬記念(GI)、1990年安田記念(GI)、1989年マイルCS(GI)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2008-11-10 23:59 | 懐かしの名馬 | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 21日

ウイニングチケット&レガシーワールド&トウショウシロッコ

今日は、東京競馬場グランドオープンを記念して、東京競馬場で栄光のGIを優勝した名馬2頭が、昼休みパドックで公開されました。

1993年の日本ダービーで、柴田政人騎手を鞍上に見事1番人気に応え優勝したウイニングチケット君、1993年のジャパンCで、河内洋騎手を鞍上に凱旋門賞馬アーバンシー、ブリダーズCターフ優勝馬コタシャーン、イタリアダービー優勝馬ホワイトマズルらの強豪を相手に見事優勝したレガシーワールド君です!

ウイニングチケット
父トニービン 母パワフルレディー(母の父マルゼンスキー)
1990年3月21日生 牡17 黒鹿毛 静内・藤原牧場生産 栗東・伊藤雄二厩舎
(通算成績)14戦6勝
(重賞勝利)1993年日本ダービー(GI)、1993年弥生賞(GII)、京都新聞杯(GII)

b0015386_2220194.jpg

牧場で会ったときと同じように、落ち着いて周回していました。

b0015386_2227151.jpg

パドックには、柴田政人調教師も登場し、ダービーの時と同じように落ち着いているとコメント。若々しい姿を見て、大変喜んでいました。


レガシーワールド
父モガミ 母ドンナリディア(母の父ジムフレンチ)
1989年4月23日生 騸18 鹿毛 静内・へいはた牧場生産 栗東・戸山為夫、森秀行厩舎
(通算成績)32戦7勝
(重賞勝利)1993年ジャパンC(GI)、1992年セントライト記念(GII)

b0015386_22352585.jpg

レガシー君は、現役時代同様、激しく気合を表に出していました。そんなレガシー君を大人しくさせるために、パートナーのポニーが先導して周回しました^^


b0015386_22395974.jpg

それでもパドックで、突然座りこむ場面もあって、相変わらずやんちゃなレガシー君でした;

懐かしい2頭に会えて、本当に嬉しかったです^^こういう企画、凄くいいですよね!
それにしても、はるばる北海道から、2頭ともお疲れ様&ありがとうございました!


なお、メインレースの東京競馬場グランドオープン記念(オープン・ハンデ・芝2400m)は、吉田豊騎手騎乗の4番人気トウショウシロッコ君が優勝しました。勝ちタイムは2’26’3(良)でした。

b0015386_22474271.jpg


b0015386_22493185.jpg

トウショウシロッコ君の父は日本ダービー馬のアドマイヤベガということで、東京競馬場に縁のある馬が優勝しましたね^^

今日は、好天に恵まれて、素晴らしい競馬日和でした。
明日は、ジョッキーマスターズが行われます。なんとか天気、もってほしいなあ。。。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2007-04-21 22:50 | 懐かしの名馬 | Trackback(1) | Comments(2)