愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ジョッキーマスターズ( 2 )


2008年 11月 11日

ありがとう名ジョッキー達!第2回ジョッキーマスターズ

今日は11月9日(日)、東京競馬場で最終レース終了後に行われた、引退した歴史に残る名騎手達の夢の競演、第2回ジョッキーマスターズの写真を掲載します。

前回は昨年5月に行われ、大変感動させてもらったのですが、今回は、JRAの元騎手(岡部幸雄さん、南井克巳師、河内洋師、安田隆行師、松永幹夫師)だけでなく、地方競馬から7000勝ジョッキーの佐々木竹見さん、海外からジャパンC優勝経験のあるランス・オサリバンさん(ニュージーランド)、マイケル・ロバーツさん(南アフリカ)も参加し、より一層、豪華なメンバーで行われました。

b0015386_0301152.jpg

今回初出場、1989年のジャパンCでホーリックスとオグリキャップにそれぞれ騎乗し、歴史的な叩き合いを演じたランス・オサリバン騎手と南井克巳騎手です。(なぜか同じ決めポーズ^^)

b0015386_032333.jpg

やはり存在感は抜群だった岡部騎手とマイケル・ロバーツ騎手の2ショットです。なお、今回の出走馬の調教は全て岡部さんが手がけたそうです、おつかれさまでした!

b0015386_033226.jpg

レースは、この二人が最後1、2着となりました。見事優勝した河内騎手と、地方競馬の英雄・鉄人・佐々木竹見騎手です。


今回は、曇天と陽の落ちるのが早かったことで、薄暗くなったため、上手く写真を撮ることができませんでした。(松永騎手、安田隆行騎手ファンのみなさまごめんなさい;)、特に騎乗姿の写真が撮れなかったのは残念でした。


レースは、前回同様、年齢を感じさせない本気モードの素晴らしい直線の叩き合いになりました。絶妙のペースで逃げこみを図る河内騎手を追って、外から迫る佐々木騎手の67歳とは思えない力強い追い、ホーリックスを優勝に導いた時の様に水車ムチで追いまくるオサリバン騎手、内からするすると追い込んできた岡部騎手、いずれも味のある騎乗で、本当に興奮しました。最後は河内騎手が逃げ切りましたが、ゴール直前まで誰が勝つかわからない素晴らしいレースでした。

残念ながら下位入線となりましたが、ちょっぴり太目残り(62キロ)だったけど5着に頑張ったロバーツ騎手、スタートで大きく出遅れも直線良く追い込んだ松永騎手、最下位になるまいと最後まで必死に追った安田騎手、南井騎手、みなさん本当におつかれさまでした!


☆レース結果
1着 河内洋 1’37’4(良)
2着 佐々木竹見  1/2
3着 岡部幸雄   アタマ
4着 ランス・オサリバン クビ
5着 マイケル・ロバーツ 1 3/4
6着 松永幹夫    クビ
7着 安田隆行   3 1/2
8着 南井克巳   6


レース後は、みなさん「疲れた」という感想が多かったです。でも、きついかもしれませんが、ぜひとも、また第3回のレース開催と参加を期待しています!本当におつかれさま&ありがとうございました!

b0015386_104957.jpg

(左から安田騎手、ロバーツ騎手、岡部騎手、河内騎手、佐々木騎手、南井騎手、オサリバン騎手、松永騎手)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2008-11-11 23:59 | ジョッキーマスターズ | Trackback | Comments(0)
2007年 04月 22日

ありがとう名ジョッキー達!ジョッキーマスターズ

今日は、最終レース終了後、引退した歴史に残る名騎手達の夢の競演、ジョッキーマスターズが行われました。

今もまだ感動でボーッとしています。もう見ることはないと思っていた名騎手の騎乗姿を再び見ることができて、本当に嬉しかったです。

「馬に乗る」ということは、乗馬を経験したことがある方なら、わかると思いますが、想像以上に体力を使うものです。ましてや、スピードを出して走らせるとなれば、本当に大変なことだと思います。

それにも関わらず、この企画に同調し、参加してくださった岡部幸雄さん、加藤和宏調教師、河内洋調教師、中野栄治調教師、根本康広調教師、本田優調教師、松永幹夫調教師、的場均調教師、安田隆行調教師には、いくら感謝しても足りないくらいです。

レースは、さすがはGIジョッキー、いずれもブランクを感じさせない見事な騎乗で「魅せて」くれました。それぞれが持ち味を出して、現役時代とほとんど変わらぬフォームでレースを進める姿に胸が熱くなりました。そして、最後の直線の攻防は、「本気」を感じさせる素晴らしい叩き合いで、本当に興奮しました。レース結果は、下記のとおりですが、順位なんか関係ありません。騎乗姿を見せてくれたこと、それだけでもう十分でした。

☆レース結果
1着 河内  洋 1:40.2(良)
2着 本田  優   3/4
3着 安田 隆行   クビ
4着 加藤 和宏    3
5着 岡部 幸雄  ハナ
6着 的場  均  1 1/2
7着 松永 幹夫 1 1/4
8着 中野 栄治   5
9着 根本 康広   9


いつまでも色あせない名ジョッキー達の姿、温かいファンの声援、みんなニコニコしてこのイベントを楽しんでいた、そんな印象が残った素晴らしいひと時でした。

そして、大変だとは思いますが、この企画は1回だけじゃもったいないです。ぜひとも今後は、恒例化してもらいたいなあと思いました。

では、伝説の名ジョッキー達の姿をたっぷりお楽しみください^^

b0015386_23304764.jpg

パドックに騎手たちが現れると、大きな拍手がまきおこりました。

b0015386_06223.jpg

騎乗前のパドック1。左から、岡部さん、加藤師、安田師、中野師、河内師

b0015386_083936.jpg

騎乗前のパドック2。左から、本田師、根本師、的場師、松永師

b0015386_23593561.jpg

中央のスーツ姿の方々も伝説の名騎手です(左から柴田政人師、保田元調教師、郷原師)。彼らの登場も嬉しかったです。

ここからは、もう見ることはないと思っていた感動の騎乗姿です。

b0015386_011291.jpg

見事に優勝した河内洋騎手です。2番手から内を突き、そつのない競馬を見せてくれました。

b0015386_0132912.jpg

自分の一番の思い出のダービーを勝った、史上最高のコールを受けた中野栄治騎手です。

b0015386_016226.jpg

3着に健闘した安田隆行騎手です。最後の直線での激しいムチは、迫力十分でした。

b0015386_0184997.jpg

4着で関東の騎手で最先着、岡部さんにハナ差勝ったことを喜んでいた、加藤和宏騎手です。

b0015386_0195827.jpg

あなたの騎乗姿を再び見れて、本当に嬉しかった。。。名手・岡部幸雄騎手です。

b0015386_0212311.jpg

ミッキースマイル健在!相変わらず爽やかな笑顔が素敵な松永幹夫騎手です。

b0015386_0231762.jpg

レース後、競馬場に来てくださいと呼びかけていたことが印象深かった的場均騎手です。

b0015386_0251163.jpg

「落ちるなよ!」の声に苦笑いの根本康広騎手。得意の風車ムチを披露、発言も楽しかった!

b0015386_0274240.jpg

まだ、引退して間もない本田優騎手はさすがの2着。でも「空気を読んで」騎乗したそうです。


また、様々な方々がレースを盛り上げました。先ほど紹介した保田元調教師、郷原師、柴田政人師の登場もそうでしたが、(柴田政人調教師は、スターターを勤めました)

誘導馬に乗っていたのは、細江純子元騎手と、横山典弘騎手、後藤浩輝騎手。
b0015386_0335765.jpg

b0015386_0341558.jpg


レース実況は、これまた伝説の名アナウンサー・杉本清さんでした!
b0015386_0382870.jpg


レースの盛り上がりは、GIレースに負けないものがありました。
今年のフェブラリーS、今日のフローラSよりも凄かったかも^^;

b0015386_1145326.jpg

レース後は、みんな、にこやかな表情を見せてくれたのが印象的でした。

b0015386_1325641.jpg

伝説の騎手がずらりと並んだ姿は壮観でした。みなさん本当に感動をありがとうございました!(左から本田師、根本師、的場師、松永師、柴田政師、保田元調教師、郷原師、岡部さん、加藤師、安田師、中野師、河内師)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2007-04-22 23:59 | ジョッキーマスターズ | Trackback | Comments(4)