カテゴリ:04年GI優勝馬写真( 8 )


2005年 01月 11日

2004年JRA賞発表~年度代表馬はゼンノロブロイ

☆今日のニュース
「2004年JRA賞発表~年度代表馬はゼンノロブロイ」
今日、JRAは、「2004年度JRA賞」の選考委員会を開き、年度代表馬にゼンノロブロイを選出しました。競走馬部門の受賞馬は以下の通りです。

年度代表馬・最優秀4歳以上牡馬 ゼンノロブロイ(写真・ジャパンC)
b0015386_2075491.jpg


最優秀2歳牡馬 マイネルレコルト(写真・朝日杯FS)
b0015386_19552340.jpg


最優秀2歳牝馬 ショウナンパントル

最優秀3歳牡馬 キングカメハメハ(写真・日本ダービー)
b0015386_2033624.jpg


最優秀3歳牝馬 ダンスインザムード(写真・オークス)
b0015386_2041767.jpg


最優秀4歳以上牝馬 アドマイヤグルーヴ

最優秀父内国産馬 デルタブルース(写真・ジャパンC)
b0015386_2012458.jpg


最優秀短距離馬 デュランダル

最優秀ダートホース アドマイヤドン(写真・フェブラリーS)
b0015386_2013447.jpg


最優秀障害馬 ブランディス

特別賞 コスモバルク(写真・日本ダービー)
b0015386_2016231.jpg


選出された馬は、順当というか文句なしでしょう!みんな1年間素晴らしい活躍でした。
そして、コスモバルクの特別賞受賞は、嬉しかったですね^^

引退したキングカメハメハとブランディスは、お疲れ様でした。
他の馬は、今年も現役を続けます。引き続き活躍を期待したいです。
みんな、おめでとうございました!
[PR]

by Yuuichiro_K | 2005-01-11 20:15 | 04年GI優勝馬写真 | Trackback(1) | Comments(0)
2004年 12月 26日

おめでとう!ゼンノロブロイ号、史上2頭目の秋GI3連勝達成(04’有馬記念-その1-)

行って来ました有馬記念!
今年は、12万を超す観客が集まり、中山競馬場は、ものすごい混雑となりました。
パドックもスタンドも、身動きできないくらいでした。

今日の有馬記念のレーシングプログラムは、豪華仕様でした。
有馬記念の歴代優勝馬一覧(写真)や有馬記念を2度勝った馬の思い出話を紹介したコラムなど充実していました。
b0015386_18353669.jpg


大観衆の期待に応えたのは、1番人気のゼンノロブロイ号でした。
逃げたタップダンスシチーをぴったりマークして、2番手からレースを進め、ゴール前きっちりと差し切りました。勝ちタイムは日本レコードの2’29’5。芝2500Mで初めて2分30秒台を切る素晴らしいタイムで、史上2頭目の秋GI3連勝の大快挙に花を添えました。

今日は、ゼンノロブロイ君のパドック写真を掲載します。

ゼンノロブロイ
父サンデーサイレンス 母ローミンレイチェル(母の父Mining)
2000年3月27日生 牡4 黒鹿毛 白老・白老ファーム生産 美浦・藤沢和雄厩舎
15戦7勝(2004年12月26日現在)
(重賞成績)2004年有馬記念(GI)、ジャパンC(GI)、天皇賞秋(GI)、2003年神戸新聞杯(GⅡ)、青葉賞(GⅡ)

b0015386_18442081.jpg

     パドックでは、天皇賞秋、ジャパンカップ同様、伸びやかに歩いていました。

b0015386_1847537.jpg

    日本レコードの快勝!危なげないレース運びで、本当に見事な勝利でした。

結果的に昨日、一昨日のブログで写真掲載した2頭で決まったので嬉しかったです。
馬券も取ることができました^^
[PR]

by Yuuichiro_K | 2004-12-26 19:07 | 04年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2004年 12月 12日

朝日杯FSはマイネルレコルト、レコードで2歳王者の座に

昨日とうって変わって、時々小雨も混じる肌寒い陽気となった中山競馬場で、2歳王者決定戦・朝日杯FSが行われました。レースは、中団からレースを進めたマイネルレコルトが4コーナーから早めに仕掛けると直線も脚色劣えることなくそのまま押し切り、1’33’4のレコードで快勝しました。前走、京王杯2歳Sは出遅れて苦杯を飲みましたが、今日は完璧なレース振りでした。また、逃げて2着に粘ったストーミーカフェのレースも見事でした。1番人気ペールギュントも後方から良く伸びて3着と、人気馬はほぼ実力どおり走ってくれました。

今日は、見事2歳チャンプに輝いたマイネルレコルト君の勇姿を掲載します。

マイネルレコルト
父チーフベアハート 母ミヤギミノル(母の父タイテエム)
2002年5月10日生 牡2 鹿毛 三石・田上稔生産 美浦・堀井雅広厩舎
5戦4勝(2004年12月12日現在)
重賞成績 2004年朝日杯FS(GI)、新潟2歳S(GⅢ)

b0015386_227454.jpg

             パドックは、京王杯時より落ち着きが感じられました。

b0015386_2283961.jpg

        レースは、早めに抜け出して、レコードと素晴らしいものでした。

b0015386_2295552.jpg

           来年のクラシックに向けて、これからも活躍を期待したいです。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2004-12-12 22:10 | 04年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2004年 11月 28日

日本馬強し!ジャパンCは、ゼンノロブロイが圧勝でGI連覇

メインのジャパンカップは、1番人気のゼンノロブロイ号が中団から鋭く伸びて、2着に3馬身差をつけての完勝でした。史上3頭目の天皇賞秋、ジャパンカップ連覇を達成しました。勝ちタイムは2’24’2。
ペリエ騎手は、ここ2年、ジャパンカップは1番人気のシンボリクリスエスに騎乗して連続3着でしたが、今年はきっちりと借りを返しました。藤沢調教師も悲願のジャパンカップ制覇で、とても嬉しそうでした。

心配されたメインのパドックの写真撮影は、ジャパンカップダートのレース終了後、ダッシュで戻って、運良く撮影することができました!それでは、ゼンノロブロイの勇姿を3枚掲載します。
最初のペリエ騎手騎乗の写真は、今年のベストショットです^^

ゼンノロブロイ
父サンデーサイレンス 母ローミンレイチェル(母の父Mining)
2000年3月27日生 牡4 黒鹿毛 白老・白老ファーム生産 美浦・藤沢和雄厩舎
14戦6勝(2004年11月28日現在)
重賞成績 2004年ジャパンカップ(GI)、天皇賞秋(GI)、2003年青葉賞(GⅡ)、神戸新聞杯(GⅡ)

b0015386_21551840.jpg

b0015386_2204572.jpg

                 パドックは、本当に落ち着いていました。
b0015386_2205795.jpg

次走、有馬記念で秋古馬チャンピオンロードのグランドスラムに挑みます。がんばれー

最後に、コスモバルクのゴール前差し返したド根性(結果2着)は、本当に場内を盛り上げました。
おかげで、嬉しい馬券的中となりました。初のGI3連単ゲットしました。(60点買いでも十分黒字とは恐るべし3連単馬券です^^;)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2004-11-28 22:06 | 04年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2004年 11月 28日

ジャパンカップダートはタイムパラドックス、悲願のGI制覇!

今日も晩秋にしては暖かく、好天に恵まれ、素晴らしい競馬日和となりました。
b0015386_21145758.jpg

今年のジャパンカップは、中央競馬50周年を記念したゴールデンジュビリーデーと称し、1日に2つのGIが行われ、東京競馬場には10万人を超える大観衆が集まり、大変盛り上がりました。
b0015386_21162178.jpg

b0015386_21171234.jpg


パドックもすごい混雑となりました。
b0015386_2121129.jpg


レーシングプログラムも豪華仕様でした^^
b0015386_2132528.jpg

オッズカードは先着5万人にプレゼントされました。
b0015386_21321717.jpg


ジャパンカップダートは、4番人気のタイムパラドックスが同厩舎の1番人気アドマイヤドンの追撃を振り切り、見事初GI制覇を飾りました。勝ちタイムは2’08’7。
道中はアドマイヤドンを見る形でほぼ同じ位置にいましたが、4角でうまく内にもぐりこむと、直線最内をあっという間に抜け出して2馬身1/2差をつけての快勝でした。ロスのない競馬をさせた武豊騎手の好騎乗が光ったレースでした。アドマイヤドンは、3度目の正直なりませんでしたが、王者の意地は見せました。まずは、タイムパラドックスの勇姿を掲載します。

b0015386_2122692.jpg

           パドックの気配はまずまず、落ち着いていました。
b0015386_21372898.jpg

タイムパラドックス
父ブライアンズタイム 母ジョリーザザ(母の父Alzao)
1998年5月23日生 牡6 白老・白老ファーム生産 栗東・松田博資厩舎
31戦12勝(2004年11月28日現在)
重賞成績 2004年ジャパンカップダート(GI)、ブリダーズGC(GⅡ)、平安S(GⅢ)、アンタレスS(GⅢ)、白山大賞典(GⅢ)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2004-11-28 21:43 | 04年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2004年 10月 31日

天皇賞・秋はゼンノロブロイ、嬉しい初GI制覇

天気も回復し、曇り、稍重の馬場で行われた秋の天皇賞。これまでGIで善戦を続けてきたゼンノロブロイ号が6度目の挑戦で、悲願のGI制覇を達成しました。勝ちタイムは1’58’9。2、3着には牝馬のダンスインザムード、アドマイヤグルーヴが頑張りました。
個人的にも、マイホースが1~2着、ゼンノロブロイの単複とアドマイヤグルーヴの複勝(これが取れたのはとても嬉しかった!)馬券が的中したので嬉しい一日になりました^^

今日は、ついに栄光の天皇盾を得た、ゼンノロブロイ君の勇姿を3枚、掲載します。

ゼンノロブロイ
父サンデーサイレンス 母ローミンレイチェル(母の父Mining)
2000年3月27日生 牡4 黒鹿毛 白老・白老ファーム生産 美浦・藤沢和雄厩舎
13戦5勝(2004年10月31日現在)
重賞成績 2004年天皇賞秋(GI)、2003年青葉賞(GⅡ) 神戸新聞杯(GⅡ)

b0015386_2014645.jpg

         パドックは、実に伸びやかな歩様で、好調子に見えました。

b0015386_2054757.jpg

       ペリエ騎手は、47年ぶりの天皇賞・秋連覇を達成しました。

b0015386_2081830.jpg

          悲願のGI制覇、おめでとうございました!
[PR]

by Yuuichiro_K | 2004-10-31 20:10 | 04年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2004年 10月 21日

キングカメハメハ重症、引退か(写真04’ダービー&NHKマイルC)

今日、競馬界に衝撃が走りました。キングカメハメハ浅屈腱炎で重症、引退の危機・・・。この秋の主役として、また同じ父キングマンボを持つ、エルコンドルパサーの再来と期待していただけに本当に残念なことになりました。彼の勇姿を見ることはもうできないのでしょうか。。。
本日は、大活躍した今春のキングカメハメハの勇姿を掲載します。

キングカメハメハ
父Kingmambo 母マンファス(母の父Last Tycoon)
2002年生 牡3 栗東・松田国英厩舎
8戦7勝(2004年10月21日現在)
重賞成績 2004年日本ダービー、NHKマイルC、神戸新聞杯、毎日杯

b0015386_22125367.jpg

驚異的なレコードタイムでサラブレットの頂点に立った、日本ダービーのパドックです。


b0015386_2213525.jpg

            5馬身差で圧勝した、NHKマイルCのパドックです。
[PR]

by Yuuichiro_K | 2004-10-21 20:42 | 04年GI優勝馬写真 | Trackback(2) | Comments(1)
2004年 10月 03日

カルストンライトオ、鮮やかに逃げ切りGI制覇!

 大雨の中、行って来ました中山競馬場。
 スプリンターズSは、5番人気カスルトンライトオ号の鮮やかな逃げ切りでした。勝ちタイムは1’09’9、不良馬場でかなり時計がかかりました。
 記念すべき本ブログのパドック写真第1号は、見事GIを制したカルストンライトオ&大西騎手の勇姿です。

b0015386_071970.jpg

   積極的なレース運びで後続を完封!2着に4馬身差をつける圧勝でした。


カルストンライトオ
父ウォーニング 母オオシマルチア(母の父クリスタルグリッターズ)
1998年5月3日生 牡6 黒鹿毛 浦河・大島牧場生産 栗東・大根田裕之厩舎
31戦9勝(2004年10月3日現在)
重賞実績 2004年スプリンターズS、アイビスサマーダッシュ 2002年アイビスサマーダッシュ


 馬券は、馬場が悪化したということで、昨日までの本命デュランダルをカルストンライトオに変更し、デュランダルは追い込み届かないだろうと切ってしまったため、外してしまいました。3着のケープオブグッドホープとの組み合わせ1着3着を買っていたので、最後の直線は熱くなりました。 
 デュランダルは、パドックの気配良かったので、抑えとけばよかったなあとガックリです。
 それにしても3連単1098.1倍ですか・・・これは取れるチャンスありましたよ。くやしー; ;
[PR]

by Yuuichiro_K | 2004-10-03 20:51 | 04年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)