愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:データ予想( 691 )


2017年 11月 19日

第34回マイルCS(GI)予想

今日は、京都競馬場で秋の最強マイラー決定戦・マイルCS(GI)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)同年に古馬混合の芝1600~2000mのGIで1着
   サトノアラジン
(2)同年に古馬混合の芝1400~2000mのGII以上で2回以上連対
   サトノアラジン
(3)同年に芝1200m以上の重賞で1着、かつ芝1200m以上のGIで0.5秒差以内
   イスラボニータ、エアスピネル、ペルシアンナイト、レッドファルクス
(4)同年に芝1600m以上の重賞で連対、かつ過去に芝1600mのGIで3着以内
   イスラボニータ、エアスピネル、サトノアラジン
(5)同年に芝1600mで3回以上連対
   ウインガニオン、エアスピネル、グランシルク
(6)前走芝のGII以上で5着以内
   サングレーザー、ダノンメジャー、ヤングマンパワー、レッドファルクス

2 消しデータ
(1)1600m戦2勝以下の6歳以上馬(ただし、前2走内にGI・GII戦連対歴がある馬除く)
   イスラボニータ
(2)前走6番人気以下で6着以下の6歳以上
   ガリバルディ
(3)前2走内に斤量57キロ以下で10着以下かつ0.6秒以上敗退歴がある馬
   アメリカズカップ、ブラックムーン、レーヌミノル
(4)前2走とも8月以降のレース・3番人気以下で4着以下敗退の芝5勝以下(ただし、斤量2キロ以上軽減馬除く)
   ヤングマンパワー、レーヌミノル
(5)前3走内に日本の1600m以下戦、10番人気以下で6着以下敗退(体重増減10キロ未満の範囲内)歴がある斤量57キロ馬(ただし、前走GI・GII戦、斤量58キロ以上で連対していた馬除く)
   ヤングマンパワー
(6)前2走とも9月以降のレースで4着以下かつ0.6秒以上敗退馬
   レーヌミノル
(7)前3走ともGIII以下戦使用馬のうち、前走敗退又は1着も1馬身未満辛勝で斤量軽減がない57キロ馬
   ウインガニオン、ガリバルディ、グランシルク、ブラックムーン
(8)前3走とも日本のレース・斤量56キロ以下で敗退の牝馬
   レーヌミノル
(9)前3走とも1800m以上戦使用馬のうち、1600m戦を3戦以上して1勝以下
   レーヌミノル
(10)1600m戦を6戦以上して1勝以下かつ連対が2回以下(ただし、前3走内に1400~1800mの重賞戦で連対歴がある馬除く)
   ダノンメジャー
(11)前2走とも1600m戦で3着以下
   クルーガー、ブラックムーン
(12)前3走内に右回りの芝(良・稍重)の1600~2000mのGII以下戦で1秒以上の大敗歴がある馬(ただし、前3走内にGI~GII戦連対歴がある馬除く)
   ブラックムーン
(13)前3走内にGIII以下戦・斤量56キロ以下で5番人気以下かつ1秒以上敗退歴がある馬
   ガリバルディ、ジョーストリクトリ、ブラックムーン
(14)前2走内に芝の1600m戦で10着以下かつ1秒以上敗退
   ジョーストリクトリ、ブラックムーン
(15)前走6番人気以下で敗退馬のうち、斤量増
   ガリバルディ、ブラックムーン、ムーンクレスト、ヤングマンパワー
(16)斤量が2キロ以上増加の馬(ただし、前走オープン・GIII戦3馬身以上又はGII戦2馬身以上の快勝馬除く)
   サングレーザー
(17)前走10月以降のレース、体重増減8キロ未満の範囲内で、GI戦10着以下又はGII戦6着以下又はGIII4着以下又はオープン以下戦3着以下の日本の3歳馬)
   ジョーストリクトリ、ペルシアンナイト、レーヌミノル
(18)富士S0.6秒以上敗退馬
   ガリバルディ、グランシルク、ジョーストリクトリ、ブラックムーン、ペルシアンナイト
(19)前走1200m以下戦使用の6歳以上
   レッドファルクス

3 スピード指数上位馬
(1)サトノアラジン
(2)レッドファルクス
(3)ブラックムーン
(4)エアスピネル
(5)イスラボニータ

☆マイルCS予想
◎エアスピネル
○マルターズアポジー
▲サトノアラジン
△イスラボニータ
△レッドファルクス

消しデータで残ったのは、エアスピネル、サトノアラジン、マルターズアポジーのわずか3頭。この中から本命は、前走不良馬場の富士S(GIII)を圧勝したエアスピネルとしました。馬場が今日1Rの時点で重馬場というのも、有利に働きそうで悲願の初GI制覇を期待します。相手筆頭は単騎逃げが見込め、展開の利がありそうなマルターズアポジー。単穴に前走は極悪馬場で参考外、馬場が回復すれば怖い春のマイル王者サトノアラジン。以下、消しデータ該当もGI馬の底力を信じてイスラボニータとレッドファルクスをおさえます。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-11-19 09:35 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 18日

第22回東京スポーツ杯2歳S(GIII)予想

今日は、東京競馬場で過去多くの名馬を輩出している注目の東京スポーツ杯2歳S(GIII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)前走3番人気以内で優勝
   ゴールドギア、ルーカス、ワグネリアン
(2)前走JRAのレースに出走し、上がり3ハロンタイムが2位以内
   カフジバンガード、ケワロス、ゴールドギア、ルーカス、ワグネリアン

2 消しデータ
(1)前3走内(キャリア2戦馬も含む)に6番人気以下が2回以上ある馬(ただし、前3走内に芝オープン1着歴又は重賞戦連対歴がある馬除く)
   ケワロス
(2)2ヶ月以上休養馬のうち、前走JRAのオープン戦0.3秒以上1着又は重賞戦連対がなかった馬
   ルーカス
(3)前走9月以降の新潟・福島・小倉を使用し、そこで敗退又は1着も1馬身未満辛勝馬
   ケワロス
(4)前走1600m未満の短距離戦で敗退又は1着も1馬身未満辛勝馬(ただし、芝のオープン戦1着歴又は重賞連対歴がある馬除く)
   ケワロス

3 スピード指数上位馬
(1)ワグネリアン
(2)コスモイグナーツ
(3)シャルルマーニュ
(4)ゴールドギア

☆東京スポーツ杯2歳S予想
◎ワグネリアン
○ゴールドギア
▲ルーカス

本命は、圧巻の末脚でデビュー2連勝中のディープインパクト産駒ワグネリアンとしました。無傷の3連勝での重賞制覇を期待します。相手筆頭は好走データ2項目該当でスピード指数も高いゴールドギア。単穴に消しデータ該当もGI6勝の名馬モーリスの全弟という良血馬ルーカス。7頭立てということでこの3頭に絞りたいと思います。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-11-18 09:15 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 12日

第42回エリザベス女王杯(GI)予想

今日は、京都競馬場で秋の最強牝馬決定戦・エリザベス女王杯(GI)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)同年6月以降に芝1800m以上の古馬混合GII以上で5着以内
   ヴィブロス、クイーンズリング、クロコスミア、スマートレイアー、トーセンビクトリー、ミッキークイーン、ルージュバック
(2)同年の秋華賞で3着以内もしくは0.3秒差以内に入線、かつ芝1600m以上の重賞で1着もしくはGIで連対
   ディアドラ、モズカッチャン、リスグラシュー
(3)京都芝2000m以上のGIを含み過去にGIを2勝以上
   ヴィブロス、ミッキークイーン
(4)過去に芝2000m以上の重賞で1着
   ヴィブロス、クイーンズリング、スマートレイアー、ディアドラ、マキシマムドパリ、ミッキークイーン、モズカッチャン、ルージュバック
(5)同年7月以降に1000万クラス以上の芝2000m以上で1着
   クロコスミア、スマートレイアー、ディアドラ、ルージュバック

2 消しデータ
(1)前4走内にGI戦連対歴が2回以上ある馬を除く芝2勝以下の馬
   デンコウアンジュ
(2)芝2勝以下(ただし、前走GI戦3着内好走馬除く)
   デンコウアンジュ
(3)芝で4着以下が10回以上もある芝3勝以下
   タッチングスピーチ、デンコウアンジュ
(4)右回りの芝を6回以上走って1勝以下の日本馬(ただし、前2走内に右回りの芝の重賞戦連対歴がある馬を除く)
   デンコウアンジュ
(5)前2走がGII以下戦4着以下→牝馬限定戦のローテーションで前走6着以下敗退(3走前に芝の重賞戦1馬身以上1着歴がある馬除く)
   デンコウアンジュ
(6)前3走内に芝のGIII以下戦4番人気以下で1秒以上敗退
   ウキヨノカゼ
(7)前2走内に斤量54キロ以下で1秒以上惨敗歴がある馬
   タッチングスピーチ
(8)前2走とも1800m以上のGII以下戦で4着以下かつ0.4秒以上敗退の馬(ただし、3走前に芝の重賞戦1馬身以上1着歴がある馬を除く)
   デンコウアンジュ、マキシマムドパリ
(9)前3走とも年内の芝(良・稍重)で4着以下だった馬のうち、前走GII以下戦で4着以下かつ0.4秒以上敗退馬
   ウキヨノカゼ
(10)前3走ともGII以下戦で4着以下だった馬
   タッチングスピーチ
(11)前3走内に芝(良・稍重)の重賞戦斤量53キロ以上で1馬身以上1着歴がなく、芝(良・稍重)のGII以下戦・斤量56キロ以下かつ5番人気以下かつ4着以下が2回以上ある馬)
   ウキヨノカゼ、タッチングスピーチ、ハッピーユニバンス
(12)前2走とも2500m以下戦・斤量56キロ以下で6着以下かつ0.4秒以上敗退の馬(ただし、2000~2200m戦5勝以上馬又は3走前に芝の重賞戦1馬身以上1着歴がある馬除く)
   ウキヨノカゼ、デンコウアンジュ、マキシマムドパリ
(13)前3走内に芝(良・稍重)のGIII以下戦で6着以下が2回以上ある馬
   ウキヨノカゼ
(14)前3走内に芝の重賞戦で連対歴がなく、前走府中牝馬S5着かつ0.4秒以上敗退馬
   ハッピーユニバンス
(15)前2走内にGIII戦0.4秒以上敗退歴又はオープン以下戦敗退歴がある馬で、今回斤量2キロ以上増加の馬(ただし、前3走内に芝の重賞戦1馬身以上1着歴がある馬を除く)
   クインズミラーグロ、デンコウアンジュ、トーセンビクトリー、マキシマムドパリ
(16)芝3勝以下の3歳馬のうち、右回りの芝1勝以下
   リスグラシュー

3 スピード指数上位馬
(1)クロコスミア
(2)エテルナミノル
(3)スマートレイアー
(4)ミッキークイーン
(5)ディアドラ
(6)トーセンビクトリー

☆エリザベス女王杯予想
◎ヴィブロス
○ディアドラ
▲モズカッチャン
△クイーンズリング
△クロコスミア
△スマートレイアー
△ミッキークイーン
△ルージュバック

本命は、ドバイターフを勝った国際G1ホースのヴィブロス。前走府中牝馬S(GII)は負けて強しの内容でGI3勝目を期待します。相手筆頭は3連勝中の秋華賞馬ディアドラ。重馬場を使った反動がなければ。単穴に前走は落鉄でも秋華賞3着、GI戦絶好調のM.デムーロ騎手の継続騎乗が心強い3歳馬モズカッチャン。以下、印の馬をおさえます。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-11-12 10:30 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 11日

第22回武蔵野S(GIII)予想

今日は、東京競馬場でチャンピオンズC(GI)、来年のフェブラリーS(GI)に向けて注目のダート競争・武蔵野S(GIII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)前2走で右回りと左回りの両方に出走し、1勝以上かつ前走4番人気以内
   インカンテーション、クインズサターン、サンライズノヴァ

2 消しデータ
(1)前3走内にダートのオープン以下戦で10着以下歴がある馬
   チャーリーブレイヴ
(2)前2走ともダートのGIII以下戦で4着以下だったダート5勝以下の馬
   アキトクレッセント
(3)前3走ともGII以下戦を使用し、その3走内にJRAのオープン戦1着歴又は重賞戦連対がない7歳以上
   チャーリーブレイヴ
(4)3ヶ月以上の休み明けを除き、前走GII以下戦で6着以下かつ1秒以上敗退の6歳以上
   チャーリーブレイヴ、ベストウォーリア
(5)前3走とも1400m以下戦を使用し、前走0.4秒以上敗退馬(ただし、前走重賞戦・斤量57キロ以上で3着内好走馬除く)
   アキトクレッセント、ラストダンサー
(6)前走ダート2000m以上戦で3着だった馬(ただし、2走前にダート1600m戦連対歴がある馬除く)
   ピオネロ
(7)前4走内にGII以下戦で10番人気以下が2回以上ある馬
   チャーリーブレイヴ

3 スピード指数上位馬
(1)ノンコノユメ
(2)クインズサターン
(3)ベストウォーリア
(4)カフジテイク
(5)モーニン
(6)ラストダンサー

☆武蔵野S予想
◎クインズサターン
○サンライズノヴァ
▲カフジテイク
△インカンテーション
△ノンコノユメ
△モーニン

本命は、前走秋嶺Sを圧勝した4歳の上がり馬クインズサターンとしました。初重賞制覇を期待します。相手筆頭は、今年のユニコーンS(GIII)の覇者で東京ダートマイル強いゴールドアリュール産駒サンライズノヴァ。単穴に東京ダートで5戦全て3着内と崩れたことがないカフジテイク。以下、印の馬をおさえます。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-11-11 09:32 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 05日

第55回アルゼンチン共和国杯予想

明日は、東京競馬場で近年好走馬がGI戦でも活躍している注目の長距離ハンデ重賞・アルゼンチン共和国杯(GII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)同年に芝2000~2500mのGII以上で3着以内
   スワーヴリチャード、ハッピーモーメント
(2)前走準オープンクラス以上の東京芝1800m以上で3着以内
   スワーヴリチャード、ソールインパクト
(3)過去に東京芝2400m以上の重賞で3着以内
   アルバート、カムフィー、スワーヴリチャード、デニムアンドルビー、ハッピーモーメント、ヒットザターゲット、レコンダイト
(4)前走1000万クラス以上の芝2000m以上で連対
   スワーヴリチャード、プレストウィック
(5)同年に芝2200m以上の重賞で5着以内
   アルバート、スワーヴリチャード、トウシンモンステラ、ハッピーモーメント、プレストウィック、レコンダイト

2 消しデータ
(1)前2走ともGII以下戦・斤量57キロ以下で6着以下
   カムフィー、サラトガスピリット、デニムアンドルビー、トウシンモンステラ
(2)前走非重賞戦6着以下かつ0.6秒以上敗退馬(ただし、前3走内に重賞戦3着内好走歴がある馬除く)
   カムフィー、サラトガスピリット、シホウ、トウシンモンステラ
(3)前走芝(良・稍重)斤量56キロ以下で4着以下かつ0.4秒以上敗退のハンデ53キロ以上の馬(ただし、2走前に年内の芝のGI~GII戦0.3秒内好走歴ある馬除く)
   カレンミロティック、サラトガスピリット、シホウ、デニムアンドルビー、トウシンモンステラ、トルークマクト、ハッピーモーメント、ヒットザターゲット、マイネルサージュ、レコンダイト
(4)前走GII以下戦・斤量58キロ未満で6着以下かつ0.4秒以上敗退のハンデ56キロ以上の馬(ただし、2~3走前にGI戦3着内歴又はGII戦連対歴がある馬除く)
   アルバート、カレンミロティック、ヒットザターゲット
(5)年内3戦以上して前3走内にGI~GII戦で0.4秒内好走歴がないハンデ57キロ以上の芝連対率5割未満
   アルバート、ヒットザターゲット
(6)7歳以上の高齢馬のうち、前走オープン以下戦敗退又はGII~GIII戦3着以下又はGI戦6着以下
   カムフィー、カレンミロティック、デニムアンドルビー、トウシンモンステラ、トルークマクト、ハッピーモーメント、ヒットザターゲット、レコンダイト
(7)前2走とも2400m以上の長距離戦を使用し、前走GII以下戦で4着以下かつ0.4秒以上敗退馬
   カレンミロティック、サラトガスピリット、レコンダイト
(8)2500m4戦以上未勝利かつ連対3回以下の馬(ただし、前走GI戦3着内又はGII戦0.4秒以上敗退馬除く)
   アルバート、トルークマクト、マイネルサージュ、レコンダイト
(9)前3走内に2200m以上の非重賞戦で4着以下が2回以上ある馬
   トウシンモンステラ
(10)前3走内に芝(良・稍重)斤量54キロ以下で1秒以上敗退歴がある馬
   カムフィー、サラトガスピリット、トルークマクト
(11)前2走内に非重賞戦で10着以下敗退歴がある馬
   カムフィー、サラトガスピリット
(12)前走GIII以下戦敗退の2ヶ月以上の休養馬
   カムフィー、サラトガスピリット、トウシンモンステラ
(13)前3走内に年内の2200m以上のGI戦0.5秒内又はGII戦0.3秒内の好走歴がない4ヶ月以上の休養馬
   セダブリランテス

3 スピード指数上位馬
(1)アルバート
(2)カレンミロティック
(3)スワーヴリチャード
(4)レコンダイト
(5)ヒットザターゲット

☆アルゼンチン共和国杯予想
◎スワーヴリチャード
○プレストウィック
▲セダブリランテス
△ソールインパクト

消しデータで残ったのは、スワーヴリチャード、ソールインパクト、プレストウィックのわずか3頭。この中から本命は、このレースと相性の良いハーツクライ産駒・日本ダービー(GI)2着馬スワーヴリチャードとしました。相手筆頭は長距離線で安定して走るプレストウィック。単穴に消しデータ該当も3戦無敗で底を見せていない3歳馬セダブリランテス。おさえに相手なりに走るソールインパクトまで。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-11-05 01:32 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 11月 04日

第53回京王杯2歳S(GII)予想

今日は、東京競馬場で2歳王者決定戦へのステップレース・京王杯2歳S(GII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)前走新馬戦・重賞戦出走馬
   アサクサゲンキ、エントシャイデン、カシアス
(2)JRAで初勝利を挙げたレースでの4コーナーの位置取りが先頭から4番手以内
   アサクサゲンキ、カシアス、タイセイプライド、タワーオブロンドン、トキノメガミ、トーセンアンバー、ニシノウララ、マイティーワークス

2 消しデータ
(1)前走1400m以下の未勝利戦使用馬で4着以下敗退歴がある馬(ただし、前走芝1400mで2馬身差以上1着歴がある馬除く)
   トキノメガミ
(2)前走1馬身未満1着辛勝のキャリア1戦馬
   エントシャイデン
(3)1馬身以上1着快勝がない2ヶ月以上の休養馬
   エントシャイデン

3 スピード指数上位馬
(1)タワーオブロンドン
(2)カシアス
(3)ピースユニヴァース
(4)アサクサゲンキ
(5)トーセンアンバー

☆京王杯2歳S予想
◎タワーオブロンドン
○カシアス
▲アサクサゲンキ
△トーセンアンバー
△ピースユニヴァース

本命は、前走ききょうS(OP)を圧勝、末脚が生かせる東京コース向きそうなタワーオブロンドンとしました。相手筆頭は函館2歳S(GIII)の覇者カシアス。単穴に小倉2歳S(GIII)の覇者アサクサゲンキ。以下、印の馬をおさえます。  

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-11-04 08:46 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 28日

第156回天皇賞・秋(GI)予想

明日は、東京競馬場で秋の中距離王決定戦・天皇賞・秋(GI)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)前走毎日王冠(GII)で3着以内かつ上がり3位以内
   グレーターロンドン、サトノアラジン、リアルスティール
(2)同年の宝塚記念(GI)で3着以内、かつ前年秋以降の芝2000m以上の古馬混合GIで1着
   サトノクラウン
(3)前走(同年8月以降)芝1800m以上のGII以上で連対、かつ過去に東京芝2000m以上のGIで連対
   ステファノス、リアルスティール
(4)同年に芝1600m~2000mの重賞で2勝以上
   ネオリアリズム
(5)過去1年以内に芝1600m以上の古馬混合GIで1着
   キタサンブラック、サトノアラジン、サトノクラウン、ネオリアリズム
(6)前走芝1600~2000mの重賞で1着
   サクラアンプルール、ネオリアリズム、リアルスティール
(7)過去1年以内に芝2000~2500mの古馬牡馬混合GIで3着以内
   キタサンブラック、サトノクラウン、ステファノス、ネオリアリズム、ヤマカツエース、リアルスティール
(8)同年8月以降に古馬混合の芝1800~2400mの別定GIIで5着以内、かつ同年に準オープンクラス以上の芝1800~2000mで1着
   ヤマカツエース

2 消しデータ
(1)年内4戦以上消化していた馬のうち、前走毎日王冠(良・稍重)・斤量58キロ以下で6着以下
   ソウルスターリング、ワンアンドオンリー
(2)オールカマー5番人気以下の馬
   ディサイファ
(3)3ヶ月以上の休養馬を除き、前走4番人気以下4着以下かつ1秒以上敗退馬
   カデナ
(4)前3走とも日本のレース5番人気以下の支持で連対が1回以下
   サクラアンプルール、ディサイファ、ロードヴァンドール、ワンアンドオンリー
(5)前3走内に連対歴がない斤量58キロの馬のうち、2000m1勝以下かつ左回りの芝1勝以下
   レインボーライン、ワンアンドオンリー
(6)前2走内にJRA重賞で1着歴がない7歳以上の馬
   ディサイファ
(7)前3走とも日本の1800~2200m戦を使用し、その中に6着以下が2回以上ある斤量58キロ
   サクラアンプルール、ミッキーロケット、ロードヴァンドール
(8)前2走ともGII以下戦で6着以下で今回斤量増
   ディサイファ、ロードヴァンドール、ワンアンドオンリー
(9)前走10番人気以下
   ディサイファ、ワンアンドオンリー
(10)サンデーサイレンスが父又は母の父の6歳以上
   サクラアンプル-ル
(11)前2走内に芝の重賞戦3着内好走歴がない3勝以下
   カデナ、レインボーライン

3 スピード指数上位馬
(1)サトノアラジン
(2)グレーターロンドン
(3)ステファノス
(4)マカヒキ
(5)ミッキーロケット
(6)サトノクラウン

☆天皇賞・秋予想
◎サトノクラウン
○キタサンブラック
▲ミッキーロケット
△グレーターロンドン
△サトノアラジン
△ステファノス
△マカヒキ
△ヤマカツエース
△リアルスティール

東京は、降り続く雨の影響で馬場悪化は必至。よって本命は、重馬場に強い春のグランプリ宝塚記念(GI)を完勝したサトノクラウンとしました。GI2連勝を期待します。相手筆頭は前走の大敗は気がかりも春のGI2勝の内容は強かったキタサンブラック。単穴に馬場が渋ると怖いキングカメハメハ産駒で上がり目がありそうな4歳馬ミッキーロケット。以下、印の馬をおさえます。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-10-28 23:24 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 28日

第6回アルテミスS(GIII)予想

今日は、東京競馬場で過去2年の勝ち馬(デンコウアンジュ、リスグラシュー)が後にGI2着と活躍している注目の2歳牝馬の出世レース・アルテミスS(GIII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)1・2番人気(オッズは28日午前9時30分現在)
   トーセンブレス、ラッキーライラック

2 消しデータ
(1)前走が牝馬限定の新馬戦
   トロワゼトワル、トーセンブレス、ハイヒール、ラッキーライラック

3 スピード指数上位馬
(1)ラテュロス
(2)サヤカチャン
(3)スカーレットカラー
(4)シンデレラメイク
(5)パッセ

☆アルテミスS(GIII)予想
◎ラテュロス
○スカーレットカラー
▲サヤカチャン
△シンデレラメイク
△ラッキーライラック

1戦1勝馬は苦戦の傾向があるので、本命はスピード指数上位のディープインパクト産駒ラテュロスとしました。相手筆頭は未勝利戦の勝ち方が鮮やかだったスカーレットカラー。単穴に先行してしぶといレースを続けているサヤカチャン。以下、印の馬をおさえます。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-10-28 09:58 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 22日

第78回菊花賞(GI)予想

明日は、京都競馬場で牡馬クラシックの最終決戦・菊花賞(GI)が行われます。今日も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)同年に古馬混合1000万クラス以上の芝2200m以上で3着以内
   ポポカテペトル、マイネルヴンシュ
(2)同年にオープンクラスの芝2200m以上で連対(オープン特別なら1着)
   アルアイン、キセキ、クリンチャー、サトノクロニクル、ベストアプローチ、ミッキースワロー
(3)神戸新聞杯で3着以内
   キセキ、サトノアーサー
(4)過去に古馬混合1000万クラス以上の芝1800m以上で1着
   キセキ、クリノヤマトノオー、トリコロールブルー、ポポカテペトル、マイネルヴンシュ
(5)過去にオープンクラスの京都芝1600m以上で連対
   アダムバローズ、クリノヤマトノオー、サトノアーサー、サトノクロニクル、プラチナヴォイス

2 消しデータ
(1)芝1勝以下かつ芝連対率5割未満(ただし、前3走内に2400m以上の芝のオープン・重賞戦連対歴ある馬除く)
   ダンビュライト
(2)右回りの芝1勝以下の馬のうち、前2走とも3着以下かつ0.4秒以上敗退にもかかわらず今回斤量増
   ダンビュライト、ベストアプローチ
(3)1勝馬
   ダンビュライト、ベストアプローチ
(4)芝8戦以上消化馬のうち、前走芝の条件戦で敗退又は1着も1馬身未満辛勝馬(ただし、前走京都芝3着内好走馬を除く)
   マイネルヴンシュ
(5)前走条件戦使用馬のうち、斤量3キロ以上増加の馬(ただし、前走2400m戦連対馬又は前走4馬身差以上圧勝馬除く)
   クリノヤマトノオー、トリコロールブルー、ポポカテペトル
(6)前2走内に500万下、未勝利戦を使用し、3馬身差以上の圧勝がない馬
   クリノヤマトノオー
(7)前2走とも10着以下
   アダムバローズ
(8)2400m以上で連対歴がない馬のうち、2走前2200m以下非重賞戦敗退、前走2200m以下戦敗退馬
   スティッフェリオ
(9)前2走とも2000m未満戦使用馬
   クリノヤマトノオー、ブレスジャーニー
(10)8月以降2戦以上消化し、前走体重8キロ以上増減で敗退(ただし、2600m以上の長距離戦連対馬又は日本ダービー連対馬除く)
   キセキ
(11)前3走とも敗退の2000m以上戦未勝利馬のうち、3走内に芝(良・稍重)で10着以下(対古馬GI戦除く)かつ1.5秒以上大敗歴がある馬
   マイスタイル

3 スピード指数上位馬
(1)アルアイン
(2)ダンビュライト
(3)クリンチャー
(4)プラチナヴォイス
(5)ベストアプローチ
(6)クリノヤマトノオー
(7)ポポカテペトル

☆菊花賞予想
◎クリンチャー
○ウインガナドル
▲アルアイン
△サトノアーサー
△サトノクロニクル
△プラチナヴォイス
△ミッキースワロー

消しデータで残ったのは、アルアイン、ウインガナドル、クリンチャー、サトノアーサー、サトノクロニクル、プラチナヴォイス、ミッキースワローのわずか7頭。この中から本命は、不良馬場を想定、前で粘れそうな馬を重視し、皐月賞を先行して4着に粘った走りが忘れらないクリンチャーとしました。相手筆頭は、古馬相手の新潟記念(GIII)で0.1秒差に健闘した京都長距離戦得意のステイゴールド産駒ウインガナドル。単穴に実績最上位の皐月賞馬アルアイン。以下、印の馬をおさえます。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-10-22 00:15 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 15日

第22回秋華賞(GI)予想

今日は、京都競馬場で3最牝馬三冠の最終戦・秋華賞(GI)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)桜花賞もしくはオークスで連対、かつ同年にオープンクラスの芝1400m以上で1着
   モズカッチャン
(2)ローズSで5着以内、かつ過去に重賞もしくは古馬混合の芝1200m以上で連対
   カワキタエンカ、ミリッサ、メイショウオワラ、ラビットラン、リスグラシュー
(3)オークスで5着以内、かつ同年に芝1800m以上の重賞で3着以内
   ディアドラ、モズカッチャン、リスグラシュー
(4)過去に芝・ダート1800m以上の重賞で3着以内
   アエロリット、カリビアンゴールド、カワキタエンカ、ディアドラ、ファンディーナ、モズカッチャン、ラビットラン、リスグラシュー
(5)過去に古馬混合1000万クラス以上の芝1600m以上で1着
   アエロリット、ディアドラ、ポールヴァンドル、ミリッサ、メイショウオワラ、リカビトス

2 消しデータ
(1)前3走内に芝(良)のレース、5番人気以下で10着以下(ただし、前3走内にGI連対又はGII・GIII戦1着又連対歴ある馬除く)
   カリビアンゴールド、ハローユニコーン、ブラックスビーチ、メイショウオワラ
(2)オークス(良・稍重)で10着以下かつ1秒以上完敗馬
   カリビアンゴールド、ハローユニコーン、レーヌミノル
(3)前走紫苑S出走馬のうち、2走前に1800m以上の芝オープンクラス5着内又は条件戦2馬身以上1着好走歴がない馬
   カリビアンゴールド、ディアドラ、ブラックオニキス、ポールヴァンドル
(4)前走ローズS(良・稍重)で6着以下かつ0.6秒以上敗退馬(ただし、前3走内にGI連対歴ある馬除く)
   ハローユニコーン、ファンディーナ、ブラックスビーチ
(5)前走ローズS(良)で0.6秒以上敗退馬(ただし、前4走内に年内の芝のGI戦連対歴又はGII戦1着歴ある馬除く)
   ハローユニコーン、ファンディーナ、ブラックスビーチ
(6)前2走とも2000m以上戦で3着以下
   ブラックオニキス
(7)前3走内に芝の1800~2200m戦で3着以下かつ0.3秒以上敗退が2回以上ある馬
   ブラックオニキス、メイショウオワラ
(8)前2走とも1800m未満戦を使用していた馬(ただし、前2走内に重賞戦連対歴がある馬を除く)
   ヴゼットジョリー、タガノヴェローナ
(9)前走GIIローズS6着以下かつ0.6秒以上敗退の右回りの芝2勝以下の馬(ただし、前4走内に1800m以上の右回り芝の重賞戦3着内(0.2秒差内)好走馬除く)
   ブラックスビーチ、モズカッチャン
(10)1800・2000m共に経験馬のうち、1800m1勝以下かつ2000m0勝馬で、前2走内に芝(良・稍重)の2000m以上戦で4着以下かつ0.6秒以上敗退歴がある馬
   ブラックオニキス
(11)前4走内に未勝利戦使用歴がある馬(ただし、前走芝の重賞戦3着内又はオープン戦連対又は条件戦1馬身以上1着好走馬除く)
   ブラックスビーチ
(12)芝の重賞戦3着内好走歴がないキャリア5戦以下で8月以降0~1戦の馬
   リカビトス

3 スピード指数上位馬
(1)アエロリット
(2)ファンディーナ
(3)ラビットラン
(4)カワキタエンカ
(5)モズカッチャン
(6)リスグラシュー

☆秋華賞予想
◎アエロリット
○リスグラシュー
▲モズカッチャン
△カワキタエンカ
△ディアドラ
△ファンディーナ
△ミリッサ
△ラビットラン

消しデータで残ったのは、アエロリット、カワキタエンカ、ミリッサ、ラビットラン、リスグラシューのわずか5頭。この中から本命は、前走クイーンS(GIII)で古馬相手に完勝してきたアエロリットとしました。相手筆頭は重賞で堅実な走りを続けているリスグラシュー。単穴に消しデータ該当もオークス2着&このコース得意のハービンジャー産駒モズカッチャン。以下、印の馬をおさえます。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-10-15 08:35 | データ予想 | Trackback | Comments(0)