愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 23日

中京記念は、ウインガニオンが3連勝で重賞初制覇

今日、中京競馬場で行われた中京記念(GIII、3歳上ハンデ・芝1600m)は、津村明秀騎手騎乗の5番人気ウインガニオンが2番手追走から4角で先頭に立つと、直線最内を突いて後続を突き放し、中団から追い上げた2番人気グランシルクに2 1/2馬身差をつけて優勝しました。

☆中京記念結果
1着◎ウインガニオン  (津 村) 1'33'2(良)
2着△グランシルク   (福 永) 2 1/2
3着▲ブラックムーン  (M.デムーロ)アタマ
4着△アスカビレン   (松 山) 1 3/4
5着△ダノンリバティ  (松 若) 3/4

※パドックはテレビ観戦のため、全頭チェックできませんでした。

オープン特別を逃げて2連勝してきた上がり馬ウインガニオンが、今日も初の重賞挑戦ながら持ち味の先行力を存分に発揮してライバルを完封、見事重賞初制覇を飾りました。
レースはトウショウピストの2番手を追走。4コーナーで早々と先頭に立つと、直線最内をぴったり回って後続を突き放す完勝劇となりました。マイル戦を逃げ切れる馬は本当に強い馬だと思いますし、秋の大舞台でも期待したいですね。また、好枠を生かしロスのない競馬をさせた鞍上の津村明秀騎手の好判断も光りました。

2着は中団から鋭く伸びた2番人気のグランシルクが人気どおりの好走。パドックは落ち着いて周回していましたが、以前より煩くなくなって安定して走るようになった印象。今後もマイル路線では目が離せない存在になりそうです。

3着は1番人気のブラックムーン。パドックは力強い歩様を見せ、気配は上々でした。レースは最後方からの追い込み策から直線勝ち馬同様最内を突いてメンバー中最速の上がり33.9秒の末脚を繰り出すも及びませんでした。

それにしても中京マイル戦となってから1・2番人気が連対したことが1度もなく荒れる重賞として注目されていたわけですが、今年は比較的堅い決着になりました。6年目でようやく人気馬がきっちり実力を発揮してくれた今年の中京記念でした。

ウインガニオン
父ステイゴールド 母チャンネルワン(母の父ポリッシュネイビー)
2012年4月8日生 牡5 黒鹿毛 新冠・コスモヴューファーム生産 栗東・西園正都厩舎
22戦8勝(2017年7月23日現在)
(重賞勝利)2017年中京記念(GIII)

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-23 19:58 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 22日

第65回中京記念(GIII)予想

明日は、中京競馬場でサマーマイルシリーズの1戦目・中京記念(GIII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)過去に左回りの芝1400~1800mのGII以上で3着以内
   グランシルク、サンライズメジャー
(2)近2走以内にオープンクラスの芝1400~2000mで連対
   アスカビレン、ウインガ二オン、グァンチャーレ、ブラックムーン

2 消しデータ
(1)前3走内にGIII以下戦・斤量56キロ以下で6着以下かつ0.4秒以上敗退が2回以上ある馬
   ピンポン、ブラックムーン、ムーンクレスト
(2)前走1400m以下戦使用馬のうち、1600m5戦以上1勝以下又は10戦以上2勝以下の馬
   グランシルク
(3)1600m10戦以上2勝以下の馬のうち、前走斤量57キロ以下でGII戦10着以下又はGIII戦6着以下又はオープン戦3着以下敗退のハンデ55キロ以上
   グァンチャーレ
(4)前2走とも芝(良・稍重)のGIII戦戦を使用し、共に斤量56キロ以下で4着以下で今回斤量が前走比2キロ以上軽減ない馬
   ムーンクレスト
(5)前4走とも非重賞戦を使用して1着歴がないハンデ55キロ以上
   グァンチャーレ
(6)前走GIII以下戦、1~3番人気以外で10着以下
   レッドレイヴン
(7)前3走とも芝を使用し、その中にオープン戦3着内歴又は重賞戦5着内歴がない7歳以上
   ピンポン

3 スピード指数上位馬
(1)ブラックムーン
(2)ワンアンドオンリー
(3)グァンチャーレ
(4)ピンポン
(5)ムーンクレスト

☆中京記念予想
◎ウインガニオン
○ワンアンドオンリー
▲ブラックムーン
△アスカビレン
△グランシルク
△サンライズメジャー
△ダノンリバティ
△ピークトラム

本命は、オープン特別2連勝中の上がり馬ウインガニオンとしました。単騎逃げが見込め展開も向きそうで初重賞制覇を期待します。相手筆頭は初勝利を挙げて以来のマイル戦でもスピード指数上位で復活を期待したいダービー馬ワンアンドオンリー。単穴に消しデータ該当も前走阪神マイルレコード勝ちが侮れないブラックムーン。以下、印の馬をおさえます。


[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-22 23:25 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 21日

ボンセルヴィーソ(17’NHKマイルC3)

今日は、NHKマイルC(GI)3着馬・ボンセルヴィーソ君を掲載します。

ボンセルヴィーソ
父ダイワメジャー 母バイモユリ(母の父サクラローレル)
2014年3月8日生 牡3 栗東・池添学厩舎
8戦1勝(2017年7月21日現在)
b0015386_20230093.jpg
パドックはいつも良く見せる馬で、この日も落ち着いて伸びやかな歩様が目に付きました。レースは果敢にハナを奪って逃げると、直線も最内を通って最後まで良く粘り6番人気の低評価を覆す3着好走でした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-21 20:24 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 20日

リエノテソーロ(17’NHKマイルC2)

今日から2017年NHKマイルC(GI)のパドック写真を掲載していきます。
本日登場は、13番人気の低評価を覆し2着に好走したリエノテソーロちゃんです。なお、優勝したアエロリットちゃんの勇姿は、2017年5月7日の記事をご覧ください。

リエノテソーロ
父Speightstown 母Akilina(母の父Langfuhr)
2014年2月24日生 牝3 美浦・武井亮厩舎
7戦4勝(2017年7月20日現在)
b0015386_18392800.jpg

パドックは落ち着いて周回していました。レースは中団からメンバー中最速の上がり34.0秒の末脚を繰り出し、2歳ダート王ながら芝適性の高さを示した見事な走りを見せてくれました。なお、見慣れぬ血統ですが父はミスタープロステクター系GoneWestの直仔、母の父はノーザンダンサー系~ダンジグの直仔です。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-20 18:40 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 19日

アメリカズカップ(17’皐月賞18)

今日で2017年皐月賞(GI)のパドック写真は最後になります。
残念ながら最下位18着に敗れたアメリカズカップ君を掲載します。

アメリカズカップ
父マンハッタンカフェ 母ベガスナイト(母の父コロナドズクエスト)
2014年2月7日生 牡3 栗東・音無秀孝厩舎
6戦3勝(2017年7月19日現在)
b0015386_18530338.jpg
パドックの気配は普通。レースは中団追走も徐々に後退、4コーナーでは最後方に下がり完敗に終わりました。


[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-19 18:54 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 18日

アダムバローズ(17’皐月賞17)

今日は、皐月賞(GI)17着馬・アダムバローズ君を掲載します。

アダムバローズ
父ハーツクライ 母チャチャリーノ(母の父Unbridled's Song)
2014年3月27日生 牡3 栗東・角田晃一厩舎
8戦4勝(2017年7月18日現在)
b0015386_21353649.jpg
トライアル・若葉Sの覇者ですがパドックの気配は普通。この日も積極的にハナを切って逃げたものの、早々と後続に飲み込まれ完敗でした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-18 21:36 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 17日

マイスタイル(17’皐月賞16)

今日は、皐月賞(GI)16着馬・マイスタイル君を掲載します。

マイスタイル
父ハーツクライ 母ファーストナイナー(母の父フォーティナイナー)
2014年4月1日生 牡3 栗東・昆貢厩舎
7戦2勝(2017年7月17日現在)
b0015386_19321128.jpg
この日のパドックは落着きがありませんでした。レースは2着に好走した弥生賞の時のように逃げることができず、好位からの競馬もズルズル後退して、いいところなく終わりました。次走、日本ダービーで逃げて4着に好走したように逃げてこその馬なんでしょう。


[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-17 19:33 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 17日

第53回函館記念予想結果分析

レース予想は7月15日の記事をご覧下さい。

☆レース結果
1着 ルミナスウォリアー
2着 タマモベストプレイ
3着 ヤマカツライデン
4着◎アングライフェン
5着 ケイティープライド
6着 サトノアレス
7着△ナリタハリケーン
8着 レッドソロモン
9着▲サクラアンプルール
10着○ツクバアズマオー
11着 マイネルミラノ
12着 カムフィー
13着 パリカラノテガミ
14着 ダンツプリウス
15着△ステイインシアトル
16着△スーパームーン

馬券
アングライフェンからの馬連流し(相手サクラアンプルール、ステイインシアトル、スーパームーン、ダンツプリウス、ツクバアズマオー、ナリタハリケーン、マイネルミラノ、ルミナスウォリアー)(8点外れ)

好走データ
2、3着馬を推奨できず。

消しデータ
タマモペストプレイが「年内3戦以上消化し、前走1秒以上敗退の7歳以上」の消しデータを覆し2着好走。
タマモベストプレイとヤマカツライデンが「前3走とも2200m以上使用馬」の消しデータを覆し2・3着好走。

スピード指数
1位のタマモベストプレイが2着、2位のヤマカツライデンが3着、4位のアングライフェンが4着に好走も優勝馬ルミナスウォリアーは推奨できず。

感想
1~3着馬無印で完敗の一言。重馬場になったことで予想で無印だったダンツプリウス(父ブライアンズタイム)、マイネルミラノ(父ステイゴールド)、ルミナスウォリアー(父メイショウサムソン)を買い目に加えたものの、本命馬が4着では全くダメでした。
それにしても、スピード指数上位馬2頭の激走には驚きました。しかし、一方で消しデータは全く機能せず、例年どおり難しいレースでした。

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-17 19:23 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 16日

函館記念は、ルミナスウォリアーが嬉しい重賞初制覇

今日、函館競馬場で行われた函館記念(GIII、3歳上ハンデ・芝2000m)は、柴山雄一騎手騎乗の5番人気ルミナスウォリアーが中団追走から直線力強く伸びて、3番手からしぶとく脚を伸ばした14番人気タマモベストプレイに1 1/2馬身差をつけて優勝しました。

☆函館記念結果
1着 ルミナスウォリアー(柴 崎)2'01'2(重)
2着 タマモベストプレイ(吉田隼)1 1/2
3着 ヤマカツライデン (池 添)アタマ
4着◎アングライフェン (北村友)アタマ
5着 ケイティープライド(鮫 島)ハナ

※パドックはテレビ観戦のため、全頭チェックできませんでした。

金鯱賞(GII)以来、4ヶ月振りのレースだったルミナスウォリアーが、デビュー22戦目、重賞5度目の挑戦で待望の重賞初制覇を飾りました。レースは、4コーナー手前から動いて先団直後にとりついて楽な手応えで直線に向くと、先に抜け出したアングライフェンを外から楽々交わして後続を突き放す完勝となりました。
今日の函館競馬場は、雨で時計のかかる馬場となりましたが、重馬場の鬼オペラハウスの血をひくメイショウサムソン産駒の彼にとって絶好の舞台になったようです。馬場が渋って激走したメイショウサムソン産駒といえば、今年のヴィクトリアマイル(GI)2着のデンコウアンジュが記憶に新しいところですが、今後も気をつけたいと思いました。

14番人気2着のタマモベストプレイ、7番人気3着のヤマカツライデンは共に前走・天皇賞(春)2桁着順の大敗から巻き返しての大健闘の好走。昨日の予想でスピード指数1・2位だったにも関わらず無印にしてしまって彼らには謝りたいですね。GIで揉まれてきただけのことはありました。

なお、1番人気のサトノアレスは、パドックの気配は上々に見えたのですが、切れ味で勝負する彼にとってあいにくの馬場になってしまい6着まで。ただ、勝ち馬からわずか0.4秒差なら良馬場では見直したいですね。2番人気のステイインシアトルは逃げ切った前走とは違い好位からの競馬もいいところなく15着大敗。3番人気アングライフェンは好位から一旦は抜け出す場面もありましたが、最後力尽き4着。いずれも人気を裏切ったのは残念でした。

ルミナスウォリアー
父メイショウサムソン 母ルミナスハッピー(母の父アグネスタキオン)
2011年2月9日生 牡6 鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 美浦・和田正一郎厩舎
22戦6勝(2017年7月16日現在)
(重賞勝利)2017年函館記念(GIII)

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-16 18:04 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 15日

第53回函館記念(GIII)予想

明日は、函館競馬場でサマー2000シリーズ第2戦・函館記念(GIII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)同年に2000mの重賞で5着以内
   カムフィー、ステイインシアトル、ツクバアズマオー、ルミナスウォリアー
(2)前走オープンクラスの芝1600m以上で3着以内
   アングライフェン、サトノアレス、ステイインシアトル、ナリタハリケーン
(3)過去にオープンクラスの函館・札幌芝1800~2000mで3着以内
   アングライフェン、ケイティープライド、サトノアレス、スーパームーン、ツクバアズマオー、ナリタハリケーン、パリカラノテガミ、マイネルミラノ、レッドソロモン
(4)近2走以内に500万クラス以上の芝1800~2000mで1着
   サトノアレス、ステイインシアトル、パリカラノテガミ、マイネルミラノ
(5)同年にオープンクラスの芝1600m以上で5着以内
   アングライフェン、カムフィー、サクラアンプルール、サトノアレス、ステイインシアトル、スーパームーン、ダンツプリウス、ツクバアズマオー、ナリタハリケーン、マイネルミラノ、ルミナスウォリアー

2 消しデータ
(1)前3走内に重賞戦連対歴がなく、前走GII以下戦で10着以下かつ1秒以上敗退馬
   カムフィー、パリカラノテガミ
(2)7歳以上の馬で前4走内に芝(良・稍重)の重賞戦0.4秒差内好走歴又は前3走内に芝(良・稍重)のオープン戦0.2秒差内好走歴がないキャリア35戦以上
   カムフィー
(3)年内3戦以上消化し、前走1秒以上敗退の7歳以上
   カムフィー、タマモベストプレイ
(4)前4走とも3着以下のキャリア35戦以上のハンデ54キロ以上の馬
   カムフィー
(5)前走55キロ以下で5番人気以下かつ3着以下敗退のハンデ53キロ以上(ただし、前3走内に年内のGI~GII戦5着内又はGIII戦連対歴がある馬除く)
   パリカラノテガミ
(6)年内3戦以上消化し、前3走内に重賞戦3着内好走歴がないハンデ57キロ以上
   マイネルミラノ
(7)前3走とも2200m以上使用馬
   タマモベストプレイ、ヤマカツライデン

3 スピード指数上位馬
(1)タマモベストプレイ
(2)ヤマカツライデン
(3)サトノアレス
(4)アングライフェン
(5)スーパームーン
(6)ナリタハリケーン

☆函館記念予想
◎アングライフェン
○ツクバアズマオー
▲サクラアンプルール
△ステイインシアトル
△スーパームーン
△ナリタハリケーン

本命は、前哨戦の巴賞2着馬アングライフェンとしました。ステイゴールド×パントレセレブルの血統なら函館コースは合いそうですし、先着を許したサトノアレスとの斤量差が1キロ減って逆転するとみました。相手筆頭は中山金杯(GIII)の覇者ツクバアズマオー。単穴に中山記念(GII)2着の実績が侮れないサクランプルール。以下、印の馬をおさえます。
   

[PR]

# by Yuuichiro_K | 2017-07-15 21:52 | データ予想 | Trackback | Comments(0)