愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2017年 10月 08日 ( 1 )


2017年 10月 08日

毎日王冠は、リアルスティールが復活V、重賞3勝目を飾る

今日、東京競馬場では、GIホースが5頭も出走、秋の古馬GI戦線を占う重要なステップレース・毎日王冠(GII、3歳上・芝1800m)が行われました。
レースは、M.デムーロ騎手騎乗の3番人気リアルスティールが、中団追走から直線外鋭く伸び、後方から大外伸びた5番人気サトノアラジンの追撃をクビ差おさえて優勝しました。
b0015386_22520548.jpg
同じ父、母の父を持つリアルスティールとサトノアラジンが外から鋭く伸びて、GI馬のワンツーフィニッシュとなりました。

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 ソウルスターリング B+
  2人引き、落ち着いて力強い動き
2 マカヒキ      B+
  2人引き、踏み込み力強い
3 ダイワキャグニー  B
  2人引き、首高い、時折小走り
4 アストラエンブレム B 
  2人引き、普通
5 ヒストリカル    C
  落ち着きなし
6 マッチレスヒーロー B
  普通
7 グレーターロンドン B 
  2人引き、普通、時折小走り
8 リアルスティール  B 
  2人引き、普通、時折小走り
9 ヤングマンパワー  B
  普通
10 ワンアンドオンリー B 
  普通
11 ウインブライト   B 
  2人引き、普通
12 サトノアラジン   B+
  落ち着いて伸びやかな動き

今年の毎日王冠(GII)は、クラシックホース3頭を含むGI馬5頭が出走。そんな好メンバーが揃った一戦を制したのは、中山記念(GII)以来9ヶ月振りのレースだった国際G1ホース・リアルスティールでした。

リアルスティールのパドックは、二人引きで時折気合いを表に出して周回。長期休養明けでも力を出せる状態だったと思います。レースは、1番人気のソウルスターリングが1000m通過60秒とやや遅いペースで逃げる展開となりましたが、リアルスティールは中団を掛かることなくスムースに追走。楽な手応えで直線に向くと、直後から迫るサトノアラジンが仕掛けてくるのを待ってから追い出す余裕十分の走りで、上がり32.8秒の末脚を繰り出し、先行馬群を一気に捕らえての快勝となりました。昨年ドバイターフ(首G1)で世界の強豪に完勝した国際G1ホースの底力を改めて見せつけました。

2着は安田記念の覇者ながら5番人気と意外な低評価だったサトノアラジン。こちらも安田記念以来久しぶりのレースでしたが、パドックは落ち着いて伸びやかな歩様で良く見せていました。レースは、後方4番手追走から直線リアルスティールと一緒に外から併せ馬の形でメンバー中最速の上がり32.6秒の末脚を使って鋭く伸び、こちらも本番に向けて上々の走りを見せてくれました。

サトノアラジン
父ディープインパクト 母マジックストーム(母の父Storm Cat)
2011年2月16日生 牡6 栗東・池江泰寿厩舎
26戦8勝(2017年10月8日現在)
b0015386_22515453.jpg

3着は4番人気のグレーターロンドン。パドックは気合いを表に出して周回していました。レースは後方3番手からサトノアラジンと並ぶ上がり32.6秒の末脚で鋭く伸び、内で粘るダイワキャグニーをゴール直前でハナ差交わして3着を確保しました。重賞未勝利馬ながらトップクラスの実力馬であることを証明する走りを見せてくれました。

グレーターロンドン
父ディープインパクト 母ロンドンブリッジ(母の父ドクターデヴィアス)
2012年5月23日生 牡5 美浦・大竹正博厩舎
9戦6勝(2017年10月8日現在)
b0015386_22512456.jpg

なお、1番人気ソウルスターリングは、果敢にハナを奪って逃げるも直線一杯になり8着に凡走。パドックの気配は上々に見えたのですが、初めて逃げる競馬となったことで馬に戸惑いがあった感じ。スローの上がり勝負になったのも厳しかったですね。休み明けの影響もあったかもしれませんが、力を出し切れなかったのは残念でした。

また、2番人気マカヒキもパドックは、落ち着いて気配は上々に見えたのにも関わらず中団侭6着と見せ場なし。上位3頭をディープインパクト産駒が占めたように、力を出せる舞台だったにも関わらず結果を出せなかったのは正直ショックでした。もしかするとピークを過ぎてしまったのかもしれません。逆に今後が楽しみになったのは2番手追走からソウルスターリングを競り落として4着に粘った3歳馬ダイワキャグニー。最後は瞬発力勝負で遅れをとったとはいえ見せ場十分でした。

それにしても、GI馬の明暗がくっきり分かれた今年の毎日王冠でした。
それでは最後に見事優勝したリアルスティール君を掲載します。
b0015386_22510625.jpg
パドックは気合いを表に出すタイプ。休み明けでも良い雰囲気で周回していました。
b0015386_22500757.jpg
鞍上のM.デムーロ騎手は本日5戦4勝と絶好調でしたが、完璧なエスコートでリアルスティールを勝利に導きました。なお、レース後のインタビューでは「今日は馬の状態がとても良かったです。道中、掛かってしまうところがある馬でしたが、今日はペースが流れてくれたので問題ありませんでした。このまま無事に行ってほしいです。」とコメントしていました。
b0015386_22500094.jpg
ドバイ遠征で鼻出血のトラブルがあり出走を回避するなど、順調さを欠きながら見事に立て直しましたね。どうかこのまま無事に秋の大舞台に向かってほしいと思います。久しぶりの重賞制覇、本当におめでとうございました!

リアルスティール
父ディープインパクト 母ラヴズオンリーミー(母の父Storm Cat)
2012年3月1日生 牡5 鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 栗東・矢作芳人厩舎
14戦4勝(2017年10月8日現在)
(重賞勝利)2016年ドバイターフ(首G1)、2017年毎日王冠(GII)、2015年共同通信杯(GIII)

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-10-08 22:59 | 17年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)