愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2017年 10月 07日 ( 3 )


2017年 10月 07日

第68回毎日王冠(GII)予想

明日は、東京競馬場でクラシックホース3頭を含むGI馬5頭が激突する注目の毎日王冠(GII)が行われます。今週も各種データで予想します。

1 好走データ
(1)前年10月以降に芝1600m以上の3歳以上のGIで5着以内
   サトノアラジン、ソウルスターリング、グレーターロンドン、リアルスティール
(2)同年に芝1800~2000mのGII以上で3着以内
   ウインブライト
(3)過去1年以内に芝1800mの重賞で連対
   アストラエンブレム、ウインブライト、ヒストリカル

2 消しデータ
(1)前走1600m以上のオープン又は重賞戦1着馬を除く4ヶ月以上の休養馬
   ウインブライト、グレーターロンドン、ダイワキャグニー、マカヒキ、マッチレスヒーロー、リアルスティール

3 スピード指数上位馬
(1)サトノアラジン
(2)グレーターロンドン
(3)マカヒキ
(4)ウインブライト

☆毎日王冠予想
◎ソウルスターリング
○サトノアラジン
▲マカヒキ
△アストラエンブレム

本命は、斤量53キロ、内枠が有利と思われる今年のオークス馬ソウルスターリングとしました。初の古馬相手でもやってくれそうな予感がします。相手筆頭は、前走安田記念(GI)で待望の初GI制覇を飾った末脚切れるサトノアラジン。単穴に消しデータ該当も凱旋門賞と大阪杯以外は、崩れていないダービー馬マカヒキ。おさえに、勝ち味に遅いものの、相手なりに走るアストラエンブレムまで。   

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-10-07 23:57 | データ予想 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 07日

サウジアラビアRCは、ダノンプレミアムが圧巻のレコードでデビュー2連勝

今日、東京競馬場では、秋の東京競馬開幕を飾る2歳マイル重賞・サウジアラビアロイヤルカップ(GIII)が行われました。レースは川田将雅騎手騎乗の2番人気ダノンプレミアムーが、2番手追走から直線内から鋭く伸び、後方3番手から追い込んだ1番人気ステルヴィオに1 3/4馬身差をつけて優勝しました。
b0015386_22223476.jpg
内から先頭に立ったダノンプレミアムが後続を一気に突き放しました。

☆サウジアラビアロイヤルC結果
1着△ダノンプレミアム (川 田) 1'33'0(稍重)レコード
2着◎ステルヴィオ   (C.ルメール) 1 3/4
3着 カーボナード   (岩 田) 1 1/4
4着 テンクウ     (田 辺) クビ
5着△シュバルツボンバー(福 永) 1/2

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 エングローサー   B
  普通
2 ダノンプレミアム  B
  2人引き、普通
3 シュバルツボンバー B
  普通
4 ボウルズ      B
  普通
5 ハクサンフエロ   B
  普通
6 ダブルシャープ   C
  2人引き、発汗目立つ、落ち着きなし
7 スターリバー    C
  落ち着きなし
8 メルムサール    B
  普通
9 コスモインザハート B
  普通
10 バイオレントブロー B
  普通
11 マイネルサイルーン B
  普通
12 メイショウドウドウ C
  落ち着きなし
13 カーボナード    B
  普通、時折小走り
14 テンクウ      B
  2人引き、普通
15 ソイルトゥザソウル B
  普通
16 ステルヴィオ    B
  普通
17 スワーヴエドワード B+
  2人引き、好馬体目立つ
18 ルッジェーロ    B+
  力強い歩様目につく

前走、中京の新馬戦を圧勝したダノンプレミアムが、今日も危なげない競馬で完勝、見事2連勝で重賞初制覇を飾りました。
パドックは、2人引きでも普通に落ち着いて周回していました。レースは逃げ馬シルポートの息子ハクサンフエロが1000m通過58.3秒とやや速いペースで逃げる展開となりましたが、ダノンプレミアムは2番手を楽な手応えで追走。直線半ばで内から伸びて先頭に立つと、あっという間に後続を突き離しての完勝となりました。なお、勝ち時計は、稍重馬場だったのにも関わらず、クラリティスカイが記録した2歳コースレコードを0.5秒も更新する素晴らしいタイムでした。今後の活躍が本当に楽しみです。

2着は、1番人気のステルヴィオ。パドックは普通に落ち着いて周回していました。レースは後方3番手を追走、直線は外からメンバー中最速の上がり33.5秒の末脚を繰り出して、きっちり連対を確保しました。勝ち馬同様、将来が楽しみな走りを見せてくれたと思います。

ステルヴィオ
父ロードカナロア 母ラルケット(母の父ファルブラヴ)
2015年1月15日生 牡2 美浦・木村哲也厩舎
3戦2勝(2017年10月7日現在)
b0015386_22222507.jpg

3着は、6番人気のカーボナードが健闘。パドックは時折小走りする場面がありましたがイレ混みというほどではなかったです。レースは中団追走から直線馬場の真ん中を力強く伸びてきました。

カーボナード
父ディープインパクト 母ディアマドンナ(母の父Seeking the Gold)
2015年4月27日生 牡2 美浦・栗田徹厩舎
3戦1勝(2017年10月7日現在)
b0015386_22221436.jpg

それでは、最後に見事優勝したダノンプレミアム君を掲載します。
b0015386_22220594.jpg
パドックは、2人引きでもチャカつくことなく、落ち着いて周回していました。
b0015386_22215323.jpg
鞍上の川田雅将騎手は本レース初制覇。なお、レース後のインタビューでは「理想的な競馬が出来ました。新馬戦で強い勝ち方をしてくれたので期待していましたが、いい競馬でした。直線では手応えが良く、少しふわふわしているところもあるので、さらに成長するでしょう。マイルもこなしたし、輸送もクリアしたので、課題という課題が一つもありません。このまま無事に進んでほしいです。」とコメントしていました。
b0015386_22214048.jpg
ディープインパクト産駒らしい切れ味でレコード勝ち。2連勝の内容は文句なしですね。重賞初制覇おめでとうございました!

ダノンプレミアム
父ディープインパクト 母インディアナギャル(母の父Intikhab)
2015年4月3日生 牡3 青鹿毛 新ひだか・ケイアイファーム生産 栗東・中内田充正厩舎
3戦3勝(2017年10月7日現在)
(重賞勝利)2017年サウジアラビアロイヤルカップ(GIII)

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-10-07 22:28 | 17年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 07日

第3回サウジアラビアロイヤルC(GIII)予想

今日は、東京競馬場で2歳マイル重賞・サウジアラビアロイヤルC(GIII)が行われます。
今週も各種データ(いちょうS時代も含む過去10年)で予想します。

1 好走データ
(1)単勝4番人気以内(人気は10月6日時点)
   シュバルツボンバー、ステルヴィオ、ダノンプレミアム、ダブルシャープ、   
(2)前走2着馬に0.1秒以上差をつけて1着
   カーボナード、シュバルツボンバー、スワーヴエドワード、ダノンプレミアム、ハクサンフェロ
(3)上がり34.0秒以内のタイムを記録して3着内好走歴のある馬
   カーボナード、ソイルトゥザソウル、テンクウ、バイオレントブロー、ボウルズ、メイショウドウドウ、ルッジェーロ

2 消しデータ
(1)単勝6番人気以下(人気は10月6日時点)
   エングローサー、カーボナード、コスモインザハート、スターリバー、スワーヴエドワード、ソイルトゥザソウル、バイオレントブ
ロー、ハクサンフェロ、ボウルズ、マイネルサイルーン、メイショウドウドウ、メルムサール、ルッジェーロ

3 スピード指数上位馬
(1)コスモインザハート
(2)シュバルツボンバー
(3)ステルヴィオ
(4)ハクサンフェロ
(5)ダノンプレミアム
(6)バイオレントブロー

☆サウジアラビアロイヤルC予想
◎ステルヴィオ
○ハクサンフェロ
▲ダブルシャープ
△シュバルツボンバー
△ダノンプレミアム
△コスモインザハート
△メイショウドウドウ
△ルッジェーロ

東京競馬場は前日からのまとまった雨の影響で朝の時点で重馬場発表。これを考慮して本命は、コース実績があり前走重馬場でも勝っているステルヴィオとしました。新種牡馬ロードカナロア産駒初重要制覇を期待します。相手筆頭は人気薄の逃げ馬で重馬場が有利に働きそうなハクサンフェロ。単穴に前走札幌2歳S(GIII)3着の内容が見所あったダブルシャーク。以下、印の馬をおさえます。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-10-07 09:18 | データ予想 | Trackback | Comments(0)