愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2017年 09月 10日 ( 1 )


2017年 09月 10日

セントウルSは、ファインニードルが人気に応え完勝で重賞初制覇

今日、阪神競馬場で行われたスプリンターズS(GI)の前哨戦・セントウルステークス(GII、3歳上・芝1200m)は、M.デムーロ騎手騎乗の1番人気ファインニードルが、好位3番手追走から直線早めに抜け出すと、先行策から最内を突いて伸びた6番人気ラインミーティアに1 1/4馬身差をつけて優勝しました。

☆セントウルS結果
1着◎ファインニードル (M.デムーロ)1'07'5(良)
2着△ラインミーティア (西 田) 1 1/4
3着△ダンスディレクター(浜 中) クビ
4着 メラグラーナ   (戸 崎) アタマ
5着 アドマイヤゴッド (北村友) ハナ

※パドックは、チェックできませんでした

スプリンターズS(GI)の前哨戦&サマースプリントシリーズの最終戦ということで注目された一戦は、人気のファインニードルが期待に応え快勝、嬉しい重賞初制覇を飾りました。

ファインニードルは、今日と同舞台の2走前の水無月Sで1'07'1の好時計を記録しており、普通に走れば今日のメンバーでも好勝負になるだろうと思いましたが、期待どおりの走りを見せてくました。この内容なら本番のスプリンターズSも楽しみです。

2着は6番人気のラインミーティアが健闘。前走アイビスサマーダッシュを勝ちながら今回も伏兵扱いでしたが、そんな低評価を覆す見事な走りでした。7歳でのサマースプリントシリーズ王者は本当に立派だと思います。おめでとうございました!

3着のダンスディレクターも骨折長期休養明けでこれだけ走れば、上々でしょう。ここ2走凡走が続いていたメラグラーナもまずまずの走り。現在のスプリント路線は抜けた馬はいないだけに、このまま無事に皆、本番に向ってほしいと思います。

ファインニードル
父アドマイヤムーン 母ニードルクラフト(母の父Mark of Esteem)
2013年4月26日生 牡4 鹿毛 日高・ダーレー・ジャパン・ファーム(有)生産 栗東・高橋義忠厩舎
21戦6勝(2017年9月10日現在)
(重賞勝利)2017年セントウルS(GII)

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-09-10 22:16 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)