愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2017年 08月 27日 ( 1 )


2017年 08月 27日

新潟2歳Sはフロンティアがデビュー2連勝で重賞初制覇

今日、新潟競馬場で行われた新潟2歳S(GIII・芝1600m)は、岩田康誠騎手騎乗の3番人気フロンティアが2番手追走から逃げた気オーバースペックに1 1/4馬身差をつけて優勝しました。

☆新潟2歳S結果
1着▲フロンティア  (岩 田)1'34'6(良)
2着○コーディエライト(津 村)3/4
3着 テンクウ    (北村宏)アタマ
4着△エングローサー (木幡巧)クビ
5着 キボウノダイチ (高 倉)ハナ

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 ムスコローソ    B+
  落ち着いて伸びやかな歩様
2 トッカータ     B
  普通、首高い
3 テンクウ      B
  2人引き、時折小走り
4 グランデウィーク  B
  普通
5 オーデットエール  B
  普通、時折小走り
6 プレトリア     C
  落着きなし
7 マイネルサイルーン B
  普通
8 フロンティア    B
  キビキビと動き良し
9 フィルハーモニー  B
  普通
10 エングローサー   B
  普通
11 ラインギャラント  B
  普通
12 キボウノダイチ   B
  普通
13 シンデレラメイク  B
  普通、時折小走り
14 ダンツセイケイ   B
  普通
15 コーディエライト  C
  落着きなし

今年の新潟2歳Sは、前走新馬勝ちの1戦1勝馬が9頭、前走未勝利勝ち4頭と好調の馬が揃った一戦となりました。そんな混戦模様のレースを制したのは、1戦1勝馬の1頭・3番人気のフロンティアでした。

フロンティアのパドックは、普通に落ち着いて周回していましたが、キビキビと動きは良かったです。レースはコーディエライト、マイネルサイルーンに次ぐ3番手を追走。4コーナーで2番手に上がると、最後の直線逃げ粘るコーディエライトを外からきっちり差し切りました。新馬戦の時計が1'38'2と平凡だったことから、どこまでやれるか半信半疑だったのですが、前走から約4秒も時計を詰め、先行して上がり32.9秒の末脚を使って後続を完封したのですから強いの一言。2006年ジャパンC(GI)2着馬ドリームパスポートの半弟という良血馬ですし、今後のクラシック路線の活躍が楽しみです。

2着は5番人気のコーディエライトが健闘。パドックは落着きがなくあまり良く見えなかったのですが、前走同様果敢にハナを奪って逃げると最後までしぶとく粘って連対を確保したのは立派でした。

3着は2番人気のテンクウ。パドックは時折小走りもイレ込みというほどではなかったです。レースは好位追走から直線最内を突いて差を詰めるも3着が精一杯でした。

なお、1番人気のムスコローソは5番手追走から直線内を突くも全く伸びを欠き12着に大敗。馬の雰囲気は良く見え、今日の結果を見ても前につけたのは間違いなかったと思うのですが、持ち味の切れ味を発揮することができず大敗したのは案外でした。

例年、差し・追い込み馬が馬券に絡むことの多い新潟2歳Sですが、今年は行った行ったの競馬となり、同コースの関屋記念(GIII)と同じような前残りの展開になりました。こうなると前に行けて粘れるダイワメジャー産駒は強いですねえ。また、新潟芝1600mの1枠不利(1番人気ムスコローソは惨敗)の傾向は、今後も気をつけたいと思いました。

フロンティア
父ダイワメジャー 母グレースランド(母の父トニービン)
2015年4月5日生 牡2 栗毛 白老・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 栗東・中内田充正厩舎
2戦2勝(2017年8月27日現在)
(重賞勝利)2017年新潟2歳S(GIII)


[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-08-27 21:04 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)