愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2017年 08月 20日 ( 1 )


2017年 08月 20日

札幌記念は、伏兵サクラアンプルールが重賞初制覇

今日、札幌競馬場で行われた札幌記念(GII、3歳上・芝2000m)は、蛯名正義騎手騎乗の6番人気サクラアンプルールが中団追走から直線外鋭く伸びて、同じく中団から追い込んだ12番人気ナリタハリケーンの追撃をクビ差おさえて優勝しました。

☆札幌記念結果
1着 サクラアンプルール(蛯 名)2'00'4(良)
2着 ナリタハリケーン (藤岡康)クビ
3着▲ヤマカツエース  (池 添)1 1/2
4着 サウンズオブアース(横山典)1/2
5着◎エアスピネル   (C.ルメール)クビ

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 サクラアンプルール   B
  普通
2 ナリタハリケーン    B
  普通
3 ヤマカツエース     B+
  パドックの外を大きく周回もやや発汗目立つ
4 ロードヴァンドール   B
  2人引き、普通
5 マウントロブソン    C
  落着きなし
6 タマモベストプレイ   B
  普通
7 サウンズオブアース   B
  普通
8 ツクバアズマオー    B
  普通
9 ディサイファ      B+
  落ち着いて力強い歩様
10 サングラス       B
  普通
11 アングライフェン    B
  普通
12 マイネルミラノ     B
  普通
13 エアスピネル      B+
  2人引き、落ちついて力強い歩様

今年の札幌記念は、GIホースの出走こそなかったものの、GIでも好走してきたGII3勝のヤマカツエース、昨年のクラシックを好走したエアスピネル、マウントロブソンが人気を集めました。しかし、これら人気馬はいずれも今一つ伸びを欠き、勝ったのは6番人気の伏兵・重賞未勝利の6歳馬サクラアンプルールでした。

サクラアンプルールのパドックは特に目立つ感じはありませんでしたが、普通に落ち着いて周回していました。レースは、先行する人気馬を見る形で中団の内をロスなく追走、直線はスムースに外に持ち出して力強く末脚を伸ばしての快勝となりました。今年の中山記念(GII)で後の国際GIホース・ネオリアリズムの2着に好走、GIホース4頭(ロゴタイプ、ヴィブロス、ヌーヴォレコルト、リアルスティール)に先着した実力は本物だったということでしょう。兄にサクラメガワンダー(宝塚記念(GI)2着)がいる良血馬とうことで、今後も楽しみです。念願の初重賞制覇、本当におめでとうございました!

12番人気2着のナリタハリケーンは大健闘の2着。ここまで走るとは全く予想できませんでした。1番人気3着のヤマカツエースは休み明けは今一つ弾けないところがあり、今日も一息伸びを欠きました。個人的にがっかりしたのは2番人気5着のエアスピネルで、相手なりに走るとはいえ、あまりに寂しい内容。これでは今後GIの舞台では厳しそうです。

なお、終わってみれば、1~3着馬は全てキングカメハメハ産駒が独占。しかし、人気薄の方がこれだけ走るとは、正直驚かされた今年の札幌記念でした。

サクラアンプルール
父キングカメハメハ 母サクラメガ(母の父サンデーサイレンス)
2011年3月4日生 牡6 栗毛 新ひだか・谷岡スタット生産 美浦・金成貴史厩舎
20戦6勝(2017年8月20日現在)
(重賞勝利)2017年札幌記念(GII)

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-08-20 22:56 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)