愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2017年 05月 29日 ( 1 )


2017年 05月 29日

目黒記念は、ダービージョッキー・ルメール騎手に導かれたフェイムゲームが2年3ヶ月振りのV

昨日、東京競馬場ではダービーの熱気も冷めやらぬ最終12レースに、伝統のハンデ戦・目黒記念(GII・3歳上ハンデ・芝2500m)が行われました。
レースは、C.ルメール騎手騎乗の8番人気フェイムゲームが中団後方追走から直線大外鋭く伸び、内から馬群を割って伸びた1番人気ヴォルシェーブをゴール手前で一気に交わし、1/2馬身差をつけて優勝しました。
b0015386_22313507.jpg
7歳の古豪フェイムゲームが、大外から素晴らしい末脚を繰り出して鮮やかに差し切りました。

☆目黒記念結果
1着 フェイムゲーム  (C.ルメール) 2'30'9(良)
2着○ヴォルシェーブ  (戸 崎) 1/2
3着 ハッピーモーメント(川 田) 2
4着 クリプトグラム  (福 永) 1
5着 レコンダイト   (松 山) クビ

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 モンドインテロ   B
  2人引き、時折小走り
2 ヴォルシェーブ   B
  2人引き、時折小走り
3 サラトガスピリット B+
  落ち着いて伸びやかな歩様
4 カフジプリンス   B
  普通、時折小走り
5 アルター      B+
  落ち着いて力強い歩様
6 シルクドリーマー  B
  普通
7 ウムブルフ     B
  普通
8 ラニ        B
  2人引き、普通
9 ハッピーモーメント B
  普通
10 トルークマクト   B
  普通
11 マイネルサージュ  B
  普通
12 フェイムゲーム   B
  2人引き、普通
13 ヒットザターゲット B
  普通
14 ムスカテール    B
  普通
15 ワンアンドオンリー B
  普通
16 メイショウカドマツ B
  2人引き、つる首、普通
17 レコンダイト    B
  普通
18 クリプトグラム   B
  普通、時折小走り

今年の目黒記念は、前走メトロポリタンS(OP)を快勝、重賞初制覇を狙うヴォルシェーブが単勝2.7倍で1番人気。前走準オープンを勝った4歳の上がり馬ウムブルフが単勝6.8倍で2番人気。長距離GIIで2度の3着があるモンドインテロが単勝7.0倍で3番人気。ダイヤモンドS(GIII)3着など長距離で堅実な走りを続けている4歳馬カフジプリンスが単勝7.7倍で4番人気。この4頭が単勝10倍以下の人気を集めていましたが、これら上位人気馬を一蹴して見事勝利したのは、歴戦の古豪・7歳馬フェイムゲームでした。

フェイムゲームのパドックは、2人引きでも落ち着いて周回していました。レースはメイショウカドマツが1000m通過60.8秒と速いペースで大逃げしたことで、淀みのない流れとなりましたが、中団後方でじっくり脚をためると、直線でメンバー最速の上がり33.9秒の末脚を繰り出して、先行馬群をまとめて外から豪快に差し切りました。今年のダイヤモンドSでいいところなく6着に敗れていたこともあり、もうピークは過ぎた馬だと決めつけて予想で無印にしたのですが、謝らなければなりませんね。また、メインレースの日本ダービーに続いて素晴らしい騎乗を見せてくれたC.ルメール騎手の手腕も光りました。

2着は1番人気のヴォルシェーブ。パドックは小走りになるなど、テンションは高めでしたが気合いを表に出すタイプのようです。レースは中団追走から直線で内を突くも、再三前が壁になって抜け出すのに手間取る苦しい競馬となりました。それでもなんとか馬群を割って先に抜け出したハッピーモーメントを捕らえたものの、離れた外から追い込んできた勝ち馬に一気に交わされてしまいました。しかし、敗れたとはいえ強い内容の競馬だったと思います。

ヴォルシェーブ
父ネオユニヴァース 母ヴェイルオブアヴァロン(母の父Thunder Gulch)
2011年3月16日生 牡6 栗東・友道康夫厩舎
17戦6勝(2017年5月29日現在)
b0015386_22313074.jpg

3着は13番人気の伏兵ハッピーモーメントが大健闘。パドックは特に目立つ感じはなかったのですが普通に落ち着いて周回していました。レースは好位追走から直線早めに抜け出して、最後上位2頭に交わされたものの良く粘り込みました。こちらも7歳馬ですが良く頑張ったと思います。

ハッピーモーメント
父ディープインパクト 母アドマイヤハッピー(母の父トニービン)
2010年4月22日生 牡7 栗東・角居勝彦厩舎
29戦5勝(2017年5月29日現在)
b0015386_22312588.jpg

なお、2番人気のウムブルフは好位追走も直線伸び切れず9着。3番人気のモンドインテロは後方2番手からの追い込みに賭けるも不発に終わり8着と、共に人気に応えられなかったのは残念でした。

それでは、最後に見事優勝したフェイムゲーム君を掲載します。

b0015386_22312181.jpg
パドックは、2人引きでも大変落ち着いて周回していました。
b0015386_22311664.jpg
鞍上のC.ルメール騎手は目黒記念初制覇。ダービーとは違い人気薄の馬を勝利に導いたのですから本当に凄いの一言です。なお、レース後のインタビューでは「今日は、速いペースでスタミナが問われるレースになり、スタミナのある馬ですから、ちょうどいい展開になりました。最後は内の馬を交わす自信がありました。特別な日に2つ重賞を勝てて嬉しいです。」とコメントしていました。
b0015386_22311179.jpg
多くの自分より若い馬を相手に堂々の勝利で、息の長い活躍、本当に頭が下がります。今日は2年3ヶ月振り通算5つ目の重賞勝利、本当におめでとうございました!

フェイムゲーム
父ハーツクライ 母ホールオブフェーム(母の父アレミロード)
2010年5月11日生 騸7 安平・ノーザンファーム生産 美浦・宗像義忠厩舎
25戦6勝(2017年5月29日現在)
(重賞勝利)2017年目黒記念(GII)、2014年アルゼンチン共和国杯(GII)、2014年・2013年ダイヤモンドS(GIII)、2013年京成杯(GIII)


[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-05-29 22:41 | 17年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)