愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2017年 05月 28日 ( 1 )


2017年 05月 28日

藤沢和雄厩舎&C.ルメール騎手の悲願達成!日本ダービーはレイデオロが制す

今日、東京競馬場では好天の下、11万人を超える大観衆がつめかけ、2014年生まれ7015頭のサラブレッドの頂点を決める競馬の祭典・日本ダービー(GI、3歳・芝2400m)が行われました。
レースは、C.ルメール騎手騎乗の2番人気レイデオロが、後方追走から3コーナーで早めに動いて2番手に上がると、直線早めに抜け出し、好位から外を追い上げた3番人気スワーヴリチャードの追撃を3/4馬身差をおさえ優勝しました。

☆日本ダービー結果
1着 レイデオロ    (C.ルメール) 2'26'9(良)
2着▲スワーヴリチャード(四 位) 3/4
3着○アドミラブル   (M.デムーロ)1 1/4
4着 マイスタイル   (横山典) クビ
5着◎アルアイン    (松 山) ハナ

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 ダンビュライト   B 
  普通、首高い、時折小走り
2 アメリカズカップ  C 
  落着きなし
3 マイスタイル    C     
  2人引き、落着きなし
4 スワーヴリチャード B+ 
  落ち着いて力強い歩様
5 クリンチャー    B
  普通
6 サトノアーサー   B 
  2人引き、普通
7 アルアイン     B+
  2人引き、動き良し
8 トラスト      B
  普通
9 マイネルスフェーン B
  普通
10 ベストアプローチ  B 
  2人引き、落着きないがいつもどおり
11 ペルシアンナイト  B+
  落ち着いて力強い歩様
12 レイデオロ     B 
  2人引き、時折小走り
13 カデナ       B+ 
  2人引き、落ち着いて力強い歩様
14 ジョーストリクトリ B
  普通
15 ダイワキャグニー  C 
  2人引き、落着きなし
16 キョウヘイ     B
  普通、首高い
17 ウインブライト   C 
  2人引き、落着きなし
18 アドミラブル    B
  2人引き、普通

今年の日本ダービーは、青葉賞をレースレコードで勝ったアドミラブルが単勝3.4倍で1番人気。休み明けの皐月賞で見せ場十分の末脚で5着に好走したレイデオロが単勝5.3倍で2番人気。東京コースは重賞で2戦2連対と得意にしているスワーヴリチャードが単勝5.9倍で3番人気。皐月賞馬アルアインが単勝6.3倍で4番人気。毎日杯で皐月賞馬アルアインと接戦したサトノアーサーが単勝8.0倍で5番人気。この5頭が単勝10倍以下の人気を集めましたが、レースは期待どおり人気の3頭が上位を占める結果となりました。

勝ったのは2番人気のレイデオロ。パドックは、ややテンションの高いところを見せ、隊列の一番後ろを周回。途中から2人引きになりましたが、イレ込みというほどではなかったです。レースは、マイスタイルが1000m通過63.2秒の超スローペースで逃げる展開となり、当初レイデオロは後方を追走していたのですが、向こう正面で一気に2番手に上がったのが鞍上のC.ルメール騎手の大ファインプレイでした。直線は何の不利もなく馬場の良い中央に進路を取って堂々抜け出し、上がり3ハロンを33.8秒でまとめて、外から追いすがるスワーヴリチャードの追撃を難なく押さえ込みました。これで3週連続GI制覇となったC.ルメール騎手ですが、相変わらずの素晴らしい手綱さばきが光りました。

2着は3番人気のスワーヴリチャード。今日もパドックは落ち着き十分、力強い歩様で素晴らしいデキでした。レースは好位追走から直線で早めに抜け出したレイデオロの外から上がり33.5秒と勝ち馬を凌ぐ末脚を繰り出して懸命に追いましたが、勝ち馬に並びかけることはでませんでした。それでも得意の東京コースで皐月賞6着から見事に巻き返しましたね。力は出し切ったと思います。

スワーヴリチャード
父ハーツクライ 母ピラミマ(母の父Unbridled's Song)
2014年3月10日生 牡3 栗東・庄野靖志厩舎
6戦2勝(2017年5月28日現在)
b0015386_22532189.jpg
3着は、1番人気のアドミラブル。パドックは青葉賞の時より落着いて普通に周回していました。レースは前走同様、後方待機策。直線大外からメンバー中最速の上がり33.3秒の末脚を繰り出しましたが、3番手に上がるのが精一杯でした。超スローペースと大外枠に泣いた印象ですが、力があるところは見せてくれたと思います。

アドミラブル
父ディープインパクト 母スカーレット(母の父シンボリクリスエス)
2014年3月23日生 牡3 栗東・音無秀孝厩舎
5戦3勝(2017年5月28日現在)
b0015386_22531691.jpg
なお、皐月賞馬アルアインは5着。パドックの気配は上々、レースの位置取りも悪くなかったと思いますが、直線で伸び一息でした。大健闘だったのは14番人気4着のマイスタイル。横山典弘騎手が超スローペースで上手く逃がして直線も内を突いて良く粘りました。

それでは、最後に見事優勝したレイデオロ君を掲載します。
b0015386_22531273.jpg
パドックは、ややテンション高めでしたが、迫力のある好馬体は目に付きました。
b0015386_22530942.jpg
鞍上のC.ルメール騎手は、ダービー3度目の騎乗で悲願のダービー初制覇。しかも3週連続GI制覇の大快挙となりました。レース後のインタビューでは「フランスでダービーを1回勝っていますが、日本のダービーを勝つことが出来て嬉しいです。普通の乗り方でも良いのですが、スタートが良くないので後ろのポジションになりました。ペースが遅かったので、馬もリラックスしていたのでポジションを上げて行きました。直線もよく反応してくれました。ファンの声もすごかったです。ラスト100mで勝ったと思いました。」とコメントしていました。
b0015386_22530404.jpg
JRA重賞101勝目を挙げた名伯楽・藤沢和雄厩舎は悲願のダービー初制覇となりました。なお、レイデオロの母方の血統は祖母レディブロンド(6戦5勝)、母ラドラーダ(18戦4勝)、母の父シンボリクリスエス(15戦8勝GI4勝)といずれも藤沢厩舎所属の馬で、関係者の喜びは大きいと思います。
b0015386_22530244.jpg
レイデオロの父キングカメハメハは一昨年のドゥラメンテに続き、ダービー親子制覇達成となりました。
b0015386_22525761.jpg
藤沢和雄厩舎は、先週のオークスに続くクラシックレース勝利。名伯楽がついにビッグタイトルをつかんでくれて、ファンとして嬉しく思います。今後はソウルスターリングと共に日本競馬を牽引するような活躍を期待したいですね。今日は素晴らしい走りをありがとう!本当におめでとうございました!

レイデオロ
父キングカメハメハ 母ラドラーダ(母の父シンボリクリスエス)
2014年2月5日生 牡3 鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 美浦・藤沢和雄厩舎
5戦4勝(2017年5月28日現在)
(重賞勝利)2017年日本ダービー(GI)、2016年ホープフルS(GII)


[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-05-28 23:03 | 17年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)