愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2017年 05月 14日 ( 1 )


2017年 05月 14日

ヴィクトリアマイルは絶好調のC.ルメール騎手に導かれたアドマイヤリードが初GI制覇

今日、東京競馬場では、昨日の雨の影響で馬場が渋る中、春の古馬牝馬の頂点を競うヴィクトリアマイル(GI、4歳上牝・芝1600m)が行われました。レースは、C.ルメール騎手騎乗の6番人気アドマイヤリードが中団追走から直線馬群の狭いところを割って鋭く伸び、後方から外追い込んだ11番人気デンコウアンジュに1 1/4馬身差をつけて優勝しました。

☆ヴィクトリアマイル結果
1着△アドマイヤリード (C.ルメール) 1'33'9(稍重)
2着 デンコウアンジュ (蛯 名) 1 1/4
3着△ジュールポレール ( 幸 ) クビ
4着▲スマートレイアー (武 豊) アタマ
5着 ソルヴェイグ   (川 田) クビ

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 アットザシーサイド B
  普通
2 スマートレイアー  B+
  落ち着いて動き良し
3 ジュールポレール  C
  落着きなし
4 ソルヴェイグ    B
  首高い、時折小走り
5 アドマイヤリード  B
  動き良いが時折小走り
6 アスカビレン    C
  落着きなし
7 ルージュバック   B
  2人引き、普通
8 クイーンズリング  B
  普通
9 オートクレール   C
  2人引き、落着きなし
10 デンコウアンジュ  B
  普通
11 ミッキークイーン  B
  普通、時折小走り
12 ウキヨノカゼ    B
  普通
13 ヒルノマテーラ   B
  普通
14 レッツゴードンキ  B
  普通
15 フロンテアクイーン C
  落着きなし
16 クリノラホール   C
  落着きなし
17 リーサルウェポン  C
  落着きなし

今年のヴィクトリアマイルは、GIホースが3頭(クイーンズリング、ミッキークイーン、レッツゴードンキ)と例年より寂しいメンバー構成となったこともあり、昨年2着&唯一のGI2勝馬ミッキークイーンが単勝1.9倍の圧倒的人気を集めました。しかし、ミッキークイーンを含めたGIホースはまさかの総崩れとなり、優勝したのは重賞未勝利の4歳馬アドマイヤリードでした。

アドマイヤリードのパドックは、時折小走りになる場面もありましたが、動きはなかなか力強かったです。レースは、ソルヴェイグが1000m通過60.1秒で逃げ、スローペースとなりましたが、アドマイヤリードは中団やや後ろを追走。直線でスマートレイアーとソルヴェイグが並んで馬場の悪い内を避けて外に馬を持ち出して懸命に逃げ粘るところを、この2頭の間を割って鋭く伸びて一気に突き抜けました。重賞未勝利馬でしたが、前走阪神牝馬S(GII)で2着に好走したように急速に力をつけていたようです。また、今日は11レース乗って4勝、2着5回と絶好調だったC.ルメール騎手の好騎乗も光りました。

2着は、11番人気のデンコウアンジュが大健闘。パドックは落ち着いて周回していました。レースは、スタート直後に下がる不利がありながら、直線外からメンバー中最速の上がり33.2秒の末脚を繰り出しました。2015年アルテミスS(GIII)で後のGI2勝馬メジャーエンブレムを差し切った走りを彷彿させる見事な内容でしたが、重馬場に強いオペラハウスの血もプラスになったのでしょう。

デンコウアンジュ
父メイショウサムソン 母デンコウラッキー(母の父マリエンバード)
2013年4月8日生 牝4 栗東・荒川義之厩舎
13戦2勝(2017年5月14日現在)
b0015386_23260498.jpg

3着は、7番人気のジュールポレールが健闘。パドックは落着きがなかったのですが、気合いを表に出すタイプのようです。レースはいつもの先行策ではなく中団からの競馬となりましたが、直線しぶとく伸びて上位に食い込みました。こちらも前走アドマイヤリードと接戦していただけのことはありましたね。

ジュールポレール
父ディープインパクト 母サマーナイトシティ(母の父エリシオ)
2013年5月2日生 牝4 栗東・西園正都厩舎
10戦4勝(2017年5月14日現在)
b0015386_23255590.jpg

なお、圧倒的1番人気だったミッキークイーンは有馬記念の時と比べて落着きがなく嫌な予感がしたのですが、案の定中団追走も伸びを欠き7着まで。前走重馬場の阪神牝馬Sで目一杯の競馬をした反動があったのかもしれません。2番人気ルージュバックは4コーナー後方2番手と位置取りが後ろ過ぎて見せ場なく10着。3番人気レッツゴードンキは近走スプリント路線を歩んだ影響か、道中かかり気味となり、勝ち馬とほぼ同じ位置取りからレースを進めるも直線は伸びを欠き11着。昨年のエリザベス女王杯の覇者クイーンズリングは、直線で馬場の悪い内を通って伸びを欠き6着と、いずれも人気を裏切ってしまったのは残念でした。

それでは最後に見事優勝したアドマイヤリードちゃんを掲載します。

b0015386_23254034.jpg
パドックは時折小走りになる場面はありましたが、動きは良かったです。

b0015386_23251883.jpg
鞍上のC.ルメール騎手はヴィクトリアマイル初制覇。レース後のインタビューでは「自信はありました。この馬場も上手です。スタートでいい位置が取れてペースも速くなかったです。速い脚が短い馬なので、直線まで我慢していました。前走と近い馬場状態でしたし、小さな馬なので、こういうコンディションはいい走りをします。馬場の外のいいところを走れました。嬉しいです。」とコメントしていました。

b0015386_23250449.jpg
ウイニングラン直後のアドマイヤリードとC.ルメール騎手です。指を1本挙げてこの馬が1番とアピール?

b0015386_23242643.jpg
須貝尚介厩舎は、2015年天皇賞のゴールドシップ以来となるGI11勝目を挙げました。


b0015386_23241636.jpg

終わってみれば、若い4歳馬が1~3着を独占。昨年のオークスでは15着に大敗した馬が1年でここまで成長するのですから、競馬は面白いですね。まだ伸び盛りの4歳馬ということで今後の活躍も楽しみです。今日は初GI制覇、本当におめでとうございました!

アドマイヤリード
父ステイゴールド 母ベルアリュールII(母の父Numerous)
2013年3月18日生 牝4 青鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 栗東・須貝尚介厩舎
14戦5勝(2017年5月14日現在)
(重賞勝利)2017年ヴィクトリアマイル(GI)

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-05-14 23:35 | 17年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)