2017年 04月 17日 ( 2 )


2017年 04月 17日

GI3勝の名牝メイショウマンボが引退、繁殖入り

今日は、4月14日付けで競走馬登録を抹消、浦河町の高昭牧場で繁殖入りすることが決まった2013年オークス(GI)などGI3勝を挙げた名牝メイショウマンボちゃんを掲載します。

メイショウマンボは、2012年12月にデビュー勝ち。2013年フィリーズレビュー(GII)で初重賞制覇。桜花賞(GI)は10着に敗れるも、続くオークスは9番人気の低評価を覆し優勝、初GI制覇を飾りました。秋には秋華賞(GI)、エリザベス女王杯(GI)も制し、2013年最優秀3歳牝馬に輝きました。父スズカマンボのGI勝利は天皇賞(春)のみでしたから、父を超える成績を残した孝行娘でした。

その後は、2014年ヴィクトリアマイル(GI)で2着に好走したのを最後に、ピークを過ぎてしまったのか重賞で連対することもなく、近走は二桁着順の大敗が続き、2017年阪神牝馬S(GII)14着が最後のレースとなりました。今年の2月にターフを去った主戦・武幸四郎騎手と同じ年に引退というのも何かの縁でしょうか。今後は母としての活躍を期待したいと思います。

最後にメイショウマンボちゃんの写真をいつもより大きめのサイズで掲載します。長い現役生活、本当にお疲れさまでした!

メイショウマンボ
父スズカマンボ 母メイショウモモカ(母の父グラスワンダー)
2010年2月25日生 牝7 鹿毛 浦河・高昭牧場生産 栗東・飯田祐史厩舎
(通算成績)31戦6勝
(重賞勝利)2013年オークス(GI)、秋華賞(GI)、エリザベス女王杯(GI)、フィリーズレビュー(GII)
b0015386_23314657.jpg
自分が最後に彼女を見た最後のレース・府中牝馬Sの勇姿です。(撮影日2016年10月15日・府中牝馬S)

b0015386_23313422.jpg
メイショウマンボのGI勝利の背にはいつも武幸四郎騎手がいました。名コンビでしたね。(撮影日2016年5月15日・ヴィクトリアマイル)


[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-04-17 23:39 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 17日

第77回皐月賞予想結果分析

レース予想は4月15日、パドック評価は4月16日の記事をご覧下さい。

☆レース結果
1着 アルアイン
2着▲ペルシアンナイト
3着 ダンビュライト
4着 クリンチャー
5着△レイデオロ
6着◎スワーヴリチャード
7着△ファンディーナ
8着△ウインブライト
9着△カデナ
10着 プラチナヴォイス
11着△サトノアレス
12着○アウトライアーズ
13着 トラスト
14着 コマノインパルス
15着 キングズラッシュ
16着 マイスタイル
17着 アダムバローズ
18着 アメリカズカップ

馬券
アウトライアーズの単勝(外れ)、アウトライアーズの複勝(外れ)、カデナの単勝(外れ)
馬連6頭(アウトライアーズ、アルアイン、カデナ、スワーヴリチャード、ファンディーナ、ペルシアンナイト)ボックス(15点、87.1倍的中)

パドック評価
B+評価のアルアイン1着、ペルシアンナイト2着も、アウトライアーズ、カデナ、スワーヴリチャードは着外、3着馬ダンビュライトは推奨できず。

好走データ
該当馬多数とはいえ1~3着馬を推奨できた。

消しデータ
該当馬は全て4着以下、完全的中。

スピード指数
3位のアルアインが1着、2位のペルシアンナイトが2着も、3着馬ダンビュライトは推奨できず。

感想
パドックを見て、予想で印を打っていた馬の中で良く見えたアウトライアーズの単複とカデナの単勝を購入するも撃沈。しかし、馬連はウインブライト、サトノアレス、レイデオロを買い目から消し、代わりにアルアインを追加できたことで、収支は大幅プラスになりました。
ただ、予想としては、好走データ該当かつスピード指数上位だったにもかかわらず、優勝馬アルアインを無印にしてしまい、完敗でした。

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-04-17 21:58 | データ予想結果分析 | Trackback | Comments(0)