2017年 04月 09日 ( 1 )


2017年 04月 09日

桜花賞は、伏兵レーヌミノルが圧倒的人気のソウルスターリングを破り、大金星の初GI制覇

今日、阪神競馬場で行われた牝馬クラシック第一弾・桜花賞(GI、3歳牝・芝1600m)は、池添謙一騎手騎乗の8番人気レーヌミノルが、好位4番手追走から直線馬場の真ん中から力強く伸び、中団から追い上げた3番人気リスグラシューの追撃を1/2馬身差をつけて優勝しました。

☆桜花賞結果
1着 レーヌミノル   (池 添)1'34'5(稍重)
2着△リスグラシュー  (武 豊)1/2
3着◎ソウルスターリング(C.ルメール)クビ
4着 カラクレナイ   (田 辺)クビ
5着△アエロリット   (横山典)クビ

※パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い B普通 C平凡)

1 ミスエルテ     C
  2人引き、首高い、落着きなし
2 ライジングリーズン B
  普通、前走より落ち着いて周回
3 サロニカ      -      
  出走取消
4 ジューヌエコール  B
  普通
5 ベルカプリ     B
  普通、首高い
6 リスグラシュー   C
  2人引き、落着きなし
7 ショーウェイ    B
  普通
8 カラクレナイ    B+
  落ち着いて歩様力強い
9 ゴールドケープ   B
  普通
10 レーヌミノル    B+
  落ち着いて力強い歩様
11 アロンザモナ    B
  普通
12 アエロリット    B
  2人引き、普通
13 ヴゼットジョリー  B
  普通
14 ソウルスターリング B+
  2人引き、時折小走りも馬体の迫力目立つ
15 アドマイヤミヤビ  A
  落ち着いて力強い歩様。前走クイーンCと遜色ないデキ
16 ミスパンテール   C
  2人引き、落着きなし
17 ディアドラ     B
  普通、2人引き、首高い
18 カワキタエンカ   C
  落着きなし

今年の桜花賞は、トライアル・チューリップ賞を圧勝した、4戦4勝の2歳女王ソウルスターリングが単勝1.4倍の圧倒的1番人気。百日草特別で後の弥生賞馬カデナを破り、前走クイーンCを好時計で快勝した3連勝中のアドマイヤミヤビが単勝5.1倍の2番人気。この2頭だけが単勝10倍以下の人気を集め、2強対決が注目されていたのですが、両馬はまさかの共倒れとなり、勝ったのは昨年の阪神JF3着馬ながら8番人気馬だったレーヌミノルでした。

レーヌミノルのパドックは、いつも良く見せる馬ですが、今日も落ち着いて力強い歩様を見せていました。レースはカワキタエンカが1000m通過58.3秒と、雨で渋った馬場にしては速いペースで逃げましたが、レーヌミノルは好位5番手の絶好位を追走。直線は伸び悩む人気馬達を尻目にスムースに馬場の真ん中から早めに抜け出し、後続の追撃を振り切りました。雨に強いダイワメジャー産駒の本領発揮といった感じで、馬場を味方に大金星となりましたね。小倉2歳S優勝以来の久しぶりの勝利を見事GI制覇で飾り、本当におめでとうございました!

2着は3番人気のリスグラシュー。パドックはいつもより落着きがなく、あまり良く見えなかったのですが、レースはソウルスターリングの直後から併せ馬の形で伸びて、クビ差ソウルスターリングを交わしました。多少煩くても大丈夫だということ覚えておこうと思います。相変わらずの堅実な走りは見事の一言。ハーツクライ産駒なら勝ち馬以上に距離が伸びて、さらに良いはずで、オークスは一躍優勝候補となりそうです。

圧倒的1番人気に推されたソウルスターリングは3着。パドックは時折小走りになる場面がありましたが、馬体の迫力は目立っており状態は決して悪くなかったと思います。しかし、レースは軽快なスピードが影を潜め、じりじりとしか伸びず、馬場に切れ味を殺された印象。欧州血統で力の要る馬場はプラスと思われたのですが、案外重馬場は向いていなかったのかもしれません。

なお、2番人気のアドマイヤミヤビは12着に惨敗。パドックは前走クイーンCと遜色ないデキに見えたのですが、レースはいきっぷりが悪く最後方からの競馬となり全く見せ場なく終わったのは案外でした。デムーロ騎手のコメントでは何度も躓いたとのことで重馬場が全くダメだったようです。

レーヌミノル(撮影日2017年2月11日・クイーンC)
父ダイワメジャー 母ダイワエンジェル(母の父タイキシャトル)
2014年4月24日生 牝3 栗毛 新ひだか・フジワラファーム生産 栗東・本田優厩舎
7戦3勝(2017年4月9日現在)
(重賞制覇)2017年桜花賞(GI)、小倉2歳S(GIII)
b0015386_22442244.jpg


[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-04-09 22:50 | レース回顧