愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2017年 04月 02日 ( 1 )


2017年 04月 02日

大阪杯はキタサンブラックが人気に応え貫禄V、GI4勝目を飾る

今日、阪神競馬場で行われた大阪杯(GI、4歳上・芝2000m)は、武豊騎手騎乗の1番人気キタサンブラックが、好位3番手追走から直線楽々抜け出すと、内を突いて伸びた7番人気ステファノスに3/4馬身をつけて優勝しました。

☆大阪杯結果
1着▲キタサンブラック (武 豊) 1'58'9(良)
2着△ステファノス   (川 田) 3/4
3着△ヤマカツエース  (池 添) 1/2
4着◎マカヒキ     (C.ルメール) 1 1/2
5着△アンビシャス   (福 永) アタマ

※パドックの個人的な評価は以下の通り(A良い B普通 C平凡)

1 ミッキーロケット  B
  普通
2 アングライフェン  B
  普通、時折小走り
3 スズカデヴィアス  B
  普通、時折小走り
4 ステファノス    B
  普通、時折小走り
5 キタサンブラック  B
  2人引き、普通、首高い
6 サクラアンプルール B
  2人引き、普通
7 サトノクラウン   B
  2人引き、普通、首高い
8 ロードヴァンドール B
  2人引き、普通
9 ディサイファ    B
  普通
10 モンドインテロ   B
  普通、時折小走り
11 マルターズアポジー B
  普通、時折小走り
12 アンビシャス    B
  普通、首を振り振り
13 ヤマカツエース   B
  普通
14 マカヒキ      B
  2人引き、普通

今年からGIに昇格した注目の大阪杯(GI)は、昨年の年度代表馬キタサンブラックが単勝2.4倍で1番人気、昨年の日本ダービー馬マカヒキが単勝3.8倍で2番人気、昨年の香港ヴァーズ優勝馬サトノクラウンが単勝4.6倍で3番人気。この3頭に人気が集中しましたが、3頭の明暗はくっきり別れ、キタサンブラックの強さばかりが目立つ結果となりました。

キタサンブラックのパドックは、2人引きで首を高くしていましたが、前走有馬記念とほぼ同じような雰囲気で落ち着いて周回していました。レースは宣言どおりマルターズアポジーが後続を大きく引き離して飛ばして逃げましたが、前半1000m通過は59.6秒と見かけほど速くはない平均ペース。キタサンブラックは好位3番手から楽な手応えでレースを進めると、直線は楽々と抜け出して後続を完封する完勝劇となりました。
他馬の目標となる不利な立場をものともしない走りは、さすが年度代表馬。鞍上の武豊騎手も完璧な騎乗を見せてくれました。GI4勝目、おめでとうございました!

2着は7番人気のステファノスが健闘。今日はいつもより前の位置・キタサンブラックの直後からレースを進め、直線もロスなく内を突いた川田騎手の好判断が光りました。天皇賞・秋(GI)で2年連続上位に好走してきた実力は伊達ではなかったですね。

3着は前哨戦の金鯱賞(GII)の覇者・4番人気のヤマカツエース。中団追走からマカヒキを上回るメンバー中第2位の上がり33.8秒の末脚を繰り出し、改めて本格化したことを証明しました。

なお、2番人気のマカヒキは、後方から末脚を伸ばしたものの、前走京都記念同様、前には届かず4着まで。どうもピークを過ぎてしまった感じがします。3番人気のサトノクラウンは道中キタサンブラックをマークしてレースを進めるも伸びを欠いて6着まで。昨年の覇者アンビシャスは最後方からの競馬では勝負にならず、メンバー中最速の上がり33.6秒をもってしても5着までが精一杯。キタサンブラック以外の人気馬は一息の結果に終わったのは残念でした。

キタサンブラック(撮影日2016年12月25日・有馬記念)
父ブラックタイド 母シュガーハート(母の父サクラバクシンオー)
2012年3月10日生 牡5 鹿毛 日高・ヤナガワ牧場生産 栗東・清水久詞厩舎
15戦9勝(2017年4月2日現在)
(重賞勝利)2017年大阪杯(GI)、2016年ジャパンC(GI)、天皇賞・春(GI)、2015年菊花賞(GI)、2016年京都大賞典(GII)、2015年セントライト記念(GII)、スプリングS(GII)
b0015386_22081054.jpg


[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-04-02 22:20 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)