愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ

2017年 03月 26日 ( 1 )


2017年 03月 26日

高松宮記念はセイウンコウセイが重賞初制覇をGIで飾る

今日、中京競馬場で行われた春のスプリント王決定戦・高松宮記念(GI、3歳上・芝1200m)は、幸英明騎手騎乗の5番人気セイウンコウセイが、好位4番手追走から直線馬場の真ん中から力強く伸び、後方追走から最内を突いて伸びた2番人気レッツゴードンキに1 1/4馬身をつけて優勝しました。

☆高松宮記念結果
1着 セイウンコウセイ ( 幸 ) 1'08'7(稍重)
2着◎レッツゴードンキ (岩 田) 1 1/4
3着▲レッドファルクス (M.デムーロ)クビ
4着 ティーハーフ   (国分優) 1 3/4
5着 フィエロ     (内 田) ハナ

※パドックの個人的な評価は以下の通り(A良い B普通 C平凡)

1 ティーハーフ    B
  普通
2 フィエロ      B+
  落ち着いて伸びやかな歩様
3 レッツゴードンキ  B+
  時折小走りも力強い歩様
4 ラインスピリット  B
  普通
5 レッドアリオン   B
  普通、時折小走り
6 セイウンコウセイ  B
  普通
7 レッドファルクス  B
  普通、前肢の出がやや堅い
8 バクシンテイオー  B+
  後肢の踏み込み力強い
9 シュウジ      C
  落着きなし
10 クリスマス     C
  落着きなし
11 スノードラゴン   B
  普通
12 メラグラーナ    C
  落着きなし
13 ソルヴェイグ    B+
  落ち着いて踏み込み力強い
14 トーキングドラム  B+
  落ち着いて伸びやかな歩様
15 ヒルノデイバロー  B
  普通
16 トウショウピスト  C
  落着きなし
17 ナックビーナス   B+
  2人引き、首振りながらも動き良し
18 ワンスインナムーン B+
  落ち着いて力強い動き

今年の高松宮記念(GI)は、単勝10倍以下の馬が6頭と人気が割れて混戦模様でしたが、勝ったのは上位人気の一角・5番人気セイウンコウセイでした。

セイウンコウセイのパドックは、特に目立つ感じはなかったのですが、普通に落ち着いて周回していました。レースはラインスピリット、シュウジと共に好スタートを切ると、逃げたラインスピリットが刻んだ1000m通過56.5秒の稍重馬場にしては速いペースを好位4番手で楽な手応えで追走。直線は先頭に立ったシュウジを外から交わすと、そこから馬場の真ん中を力強い脚で一気に抜け出しての完勝となりました。昨年秋、東京競馬場で準オープンのレース(白秋S)で13着と苦戦していた姿を見ていたこともあり、いつの間にこんなに強くなったのかと正直驚かされました。ただ、重馬場の渡月橋Sを圧勝した実績があったように、渋った馬場が向いたことも勝因でしょう。

セイウンコウセイは、昨年3月21日に初勝利でしたから、わずか1年でGIウイナーに登り詰めたことになります。短期間で素晴らしい成長を見せてくれましたね。また、彼の父アドマイヤムーンは産駒初のGIウイナーとなりました。なお、上原博之厩舎は2007年ダイワメジャー以来、鞍上の幸英明騎手は2014年チャンピオンズC以来、と共に久しぶりのGI制覇となりました。人馬共に本当におめでとうございました!

2着のレッツゴードンキは、パドックで力強い動きが目に付き、良い雰囲気で周回していました。レースは後方待機策から直線は岩田騎手らしく思い切って最内を強襲、勝ち馬には離されたものの、メンバー中最速の上がり33.9秒の末脚を繰り出し、1番人気レッドファルクスの追撃をおさえ2着を確保しました。桜花賞以来長いスランプの時期がありましたが、完全に復活しましたね。今日は力を出し切ってくれたと思います。

3着は1番人気の昨年のスプリンターズS優勝馬レッドファルクス。パドックは、前肢の出がやや堅かったですが普通に落ち着いて周回していました。香港遠征以来、久しぶりのレースで不安もありましたが、直線はきっちり伸びてなんとか馬券圏内を確保しました。

なお、3番人気のメラグラーナは、落ち着いてどっしり周回していた前走オーシャンSの時と比べて落着きがなく、あまり良く見えませんでしたが、案の定直線伸びを欠き10着。4番人気のシュウジも前走に続いてパドックで落着きがなく15着。共に人気を裏切ったのは残念でした。

セイウンコウセイ
父アドマイヤムーン 母オブザーヴァント(母の父Capote)
2013年3月8日生 牡4 栗毛 新ひだか・桜井牧場生産 美浦・上原博之厩舎
15戦6勝(2017年3月26日現在)
(重賞勝利)2017年高松宮記念(GI)

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-03-26 22:26 | レース回顧 | Trackback | Comments(0)