2007年 05月 27日

その強さに酔いしれた!ウオッカが64年振り史上3頭目の牝馬・日本ダービー制覇!

歴史的名牝の誕生、ウオッカの素晴らしい走りに興奮が収まりません。今日、東京競馬場で行われた2004年生まれの8470頭のサラブレッドの頂点を決める日本ダービー(3歳牡牝、JpnI・芝2400m)は、牝馬でただ1頭挑戦した四位洋文騎手騎乗の3番人気ウオッカが、中団追走から直線馬場の真ん中を力強く伸びて、逃げ粘る14番人気アサクサキングスに3馬身差をつけて圧勝しました。1943年のクリフジ以来64年振りの牝馬によるダービー制覇となりました。

☆日本ダービー結果
1着▲ウオッカ       (四 位)2’24’5(良)
2着  アサクサキングス (福 永)  3
3着△アドマイヤオーラ  (岩 田) 1 3/4
4着△サンツェッペリン  (松 岡) クビ
5着△ドリームジャーニー(蛯 名) 3/4

日本競馬史に残る大偉業が達成されました。過去73回、わずか2頭しか達成していない牝馬によるダービー制覇、この歴史的な瞬間に立ち会えて本当に感動しました。ウオッカは、これまでこの時期の馬としては、かつてどの馬も記録したことのないマイル戦を4戦連続1分33秒台で走破するという、素晴らしいスピードを見せてきました。その能力はやはり規格外のものでした。サラブレッドの頂点に立つに相応しい、素晴らしい走りでした。また、父タニノギムレットは2002年のダービー馬。見事なダービー親仔制覇となりました。なお、父娘の同一GI制覇は史上初の快挙、記録尽くめの勝利でした。

2着のアサクサキングスは、人気薄でしたが逃げて良く粘りました。皐月賞、NHKマイルCと使いながら調子を上げていたようで、パドックの気配は、前走のNHKマイルCよりもかなり良く見せていました。逃げると思われたヴィクトリーが出遅れ、サンツェッペリンが控えたこともあり、マイペースで逃げれたこともありますが、きさらぎ賞で見せたしぶとい先行力を再現する見事な銀メダルでした。

3着のアドマイヤオーラは、中団から伸びてきましたが、先行して流れ込んだ4着のサンツェッペリンを交わすのが精一杯で、内容的には完敗でした。なお、圧倒的1番人気に推されたフサイチホウオーは、中団やや前を追走、やや掛かる場面があったものの、特に不利もなくレースを進めながら、直線は全く伸びきれず7着に完敗。皐月賞馬ヴィクトリーは、スタートでまさかの出遅れで1コーナーを後方追走、2コーナーで4番手に上がっていくという、ちぐはぐな競馬となり、いいところなく9着に敗れたのは残念でした。

とにかく、勝ったウオッカの強さに酔いしれたレースでした。彼女の単複馬券だけ勝って観ていたので、こんな気分のよいことはありません^^、今日は、見事歴史的な勝利を挙げたウオッカちゃんを掲載します。

b0015386_21391436.jpg

パドックは、まるで男馬のような素晴らしい迫力のある馬体、しかも大変落ち着いていました。

b0015386_21402499.jpg

鞍上の四位洋文騎手は、ダービー11回目の挑戦で嬉しい初制覇となりました。ウオッカの能力を存分に引き出した落ち着いた好騎乗だったと思います。

b0015386_21432571.jpg

レースは、ただただ強いの一言。勝ちタイムは、ダービーレコードの2004年キングカメハメハ、2005年ディープインパクトの2’23’3に次ぐ、ダービー史上3位の好時計で文句なしの勝利でした。

b0015386_21443599.jpg

ダービー史上初となる父娘ダービー制覇の偉業に立ち会えて、嬉しかったです。この強さなら世界に行っても勝負になるんじゃないでしょうか。素晴らしい走りをありがとう!本当におめでとうございました!

ウオッカ
父タニノギムレット 母タニノシスター(母の父ルション)
2004年4月4日生 牝3 鹿毛 静内・カントリー牧場生産 栗東・角居勝彦厩舎
7戦5勝(2007年5月27日現在)
(重賞勝利)2007年日本ダービー(JpnI)、2006年阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)、2007年チューリップ賞(JpnIII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2007-05-27 21:52 | 07年GI優勝馬写真 | Trackback(1) | Comments(3)
トラックバックURL : http://prekrasnie.exblog.jp/tb/6907384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from たまてぼっくす at 2007-05-28 15:00
タイトル : ウオッカの前
競馬の祭典、第74回日本ダービー(東京優駿)は27日、東京都府中市の東京競馬場で約13万人の観衆を集めて行われ、四位洋文騎手(34)が騎乗した単勝3番人気のウオッカが、戦後初の牝馬優勝の快挙を遂げるとともに、サラブレッドの3歳同世代8470頭の頂点に立った。  牝馬の日本ダービー制覇は1943年のクリフジ以来、64年ぶり3頭目。四位騎手、角居勝彦調教師(43)はともに同レース初優勝。3連単の払戻金が215万円を超える波乱となった。  好天に恵まれた中でのレースは、最後の直線でウオッカが逃げ...... more
Commented by kozou_17 at 2007-05-28 03:33
ホントに凄かったですねー!3馬身ちぎりましたからね。上がりも33秒台。初距離も全く問題なし。というか、あのレースぶりを見ると、完全に守備範囲という感じですね。堂々とした正攻法の勝ち方でしたからね。本当に楽しみな馬です。行って欲しいですね、凱旋門賞。
Commented by urasimaru at 2007-05-28 15:06
ゴールでは速度緩めてましたね。テレビ観戦も考えたんですが、すごいものを見せてもらいました。今後の活躍が楽しみです。
Commented by Yuuichiro_K at 2007-05-29 01:07
☆Kozouさん
ウオッカ本当に凄かったです!なんでも上がりの33.0秒は、あのディープインパクトのダービーの上がりタイムより早かったそうです!本当にものすごい走りを見せてくれて感動しました。これだけのスピード馬なので、ロンシャンの深い芝が合うかどうか分からないけど、ぜひとも挑戦してもらいたいと僕も思います。

☆urasimaruさん
まずは、トラックバックありがとうございました。そして現地観戦したんですね!行ってよかったですよね、本当にいいものを見せてもらいました。
今後も怪我のないようにまた素晴らしい走りを見せてほしいと思います。


<< ダービーデーは角居勝彦厩舎デー...      日本ダービー(JpnI)予想 >>