愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 16日

アドマイヤミヤビ、ベルラップ

今日も、最近(9月以降)引退した重賞勝ち馬の写真を掲載します。

本日登場は、2017年9月16日付けで競走馬登録を抹消した共にノーザンファーム生産・父ハーツクライ産駒の2頭、アドマイヤミヤビちゃんと2017年9月27日付けで競走馬登録を抹消したベルラップ君です。

アドマイヤミヤビは、2016年7月にデビュー(結果2着)、2戦目で初勝利。続く百日草特別(500万下)では後の弥生賞(GII)優勝馬カデナを降し優勝。3歳時は初戦のクイーンC(GIII)で後のNHKマイルC(GI)優勝馬アエロリットを降し初重賞制覇。ぶっつけで挑んだ桜花賞(GI)は重馬場に泣き12着に敗れるも、オークス(GI)はソウルスターリング、モズカッチャンに続く3着に好走。今秋はローズS(GII)で復帰を目指していましたが、左前浅屈腱炎を発症し、無念の引退となりました。戦績を見ても能力はGI級だったと思いますし、早すぎる引退は本当に残念です。また、今後は北海道安平町のノーザンファームで繁殖牝馬となるということで、良い仔を出してほしいと思います。短い現役生活でしたが、お疲れまでした!なお、優勝したクイーンC(GI)優勝時の勇姿は、2017年2月11日の記事をご覧ください。

アドマイヤミヤビ(撮影日2017年5月21日・オークス)
父ハーツクライ 母レディスキッパー(母の父クロフネ)
2014年1月14日生 牝3 芦毛 安平・ノーザンファーム生産 栗東・友道康夫厩舎
(通算成績)6戦3勝
(重賞勝利)2017年クイーンC(GIII)
b0015386_21040312.jpg

ベルラップは、2014年6月にデビュー(結果5着)、2戦目で初勝利。4戦目の黄菊賞(500万下)で2勝目を挙げると、続く京都2歳S(GIII)を1番人気の期待に応えて優勝しました。しかし、翌年の牡馬クラシック路線では皐月賞14着、日本ダービー15着と大敗。その後も不振が続き、残念ながら勝ち星を挙げることはできませんでした。なお、今後は乗馬となる予定です(行き先は未定)。現役生活、お疲れさまでした!

ベルラップ(撮影日2015年5月31日・日本ダービー)
父ハーツクライ 母ベルスリーブ(母の父シンボリクリスエス)
2012年3月9日生 牡5 鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 栗東・西村真幸厩舎
(通算成績)16戦3勝
(重賞勝利)2014年京都2歳S(GIII)
b0015386_21031125.jpg


[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-11-16 21:05 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://prekrasnie.exblog.jp/tb/27693853
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< グレープブランデー      ファルコンS優勝馬コウソクスト... >>