愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2017年 10月 14日

府中牝馬Sは、クロコスミアがGI馬3頭を振りきって逃げ切り重賞初制覇

今日、東京競馬場ではエリザベス女王杯の重要ステップレース・府中牝馬S(GII、3歳上牝・芝1800m)が行われました。
レースは、岩田康誠騎手騎乗の5番人気クロコスミアが好スタートからハナを奪って逃げると、直線も最後までしぶとく粘って、先行して直線内から追い上げた1番人気ヴィブロスの追撃をクビ差おさえて優勝しました。
b0015386_21334573.jpg
スローペースで逃げたクロコスミア(写真右)がヴィブロス(写真左)の追撃を振り切って鮮やかに逃げ切りました。

☆府中牝馬S結果
1着○クロコスミア   (岩 田)1'48'1(稍)
2着△ヴィブロス    (C.ルメール) クビ
3着△アドマイヤリード (戸 崎) 1 1/4
4着▲クイーンズリング (M.デムーロ)3/4 
5着 トーセンビクトリー(福 永) クビ

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 ヴィブロス     B+
  落ち着いてキビキビと動き良し
2 ハッピーユニバンス B
  普通
3 デンコウアンジュ  B
  普通
4 クイーンズリング  B
  普通
5 トーセンビクトリー B
  普通
6 ゲッカコウ     B
  普通
7 アドマイヤリード  B
  2人引き、時折小走り
8 ロッカフラベイビー B
  普通、時折小走り
9 キンショーユキヒメ B
  普通
10 クインズミラーグロ B
  普通、時折小走り
11 クロコスミア    B
  普通
12 ワンブレスアウェイ B
  普通、時折小走り
13 アスカビレン    B
  普通
14 バンゴール     B 
  普通

今年の府中牝馬Sは、GIホース3頭(アドマイヤリード、ヴィブロス、クイーンズリング)が出走。前哨戦から豪華メンバーの激突となって注目の一戦となりました。人気もこの3頭が上位を占めていましたが、勝ったのは、重賞未勝利馬の伏兵クロコスミアでした。

クロコスミアのパドックは、特に目立つ感じはありませんでしたが、普通に落ち着いて周回していました。レースは、積極的にハナを奪い1000m通過61.9秒のスローペースで単騎逃げをうって余力十分で直線に向かうと、最後の直線も上がり3ハロン33.7秒でまとめて、GI馬の追撃をおさえこみました。絶妙のペースでクロコスミアを逃がした岩田康誠騎手の好騎乗が光りました。

2着は1番人気のヴィブロス。3月のドバイターフ以来、久しぶりのレースでしたが、パドックは落ち着いてキビキビと動き良く、とても良く見えました。レースは中団の内を追走、直線は前が壁になって抜け出すのに苦労する場面がありましたが、トーセンビクトリーの外に持ち出してからの切れ味は素晴らしかったですね。国際G1ホースの貫禄を見せてくれました。

ヴィブロス
父ディープインパクト 母ハルーワスウィート(母の父Machiavellian)
2013年4月9日生 牝4 栗東・友道康夫厩舎
9戦3勝(2017年10月14日現在)
b0015386_21333929.jpg

3着は2番人気のアドマイヤリード。パドックは時折小走りになる場面がありましたが、ヴィクトリアマイルの時もこんな感じで結果を出しおり、気配は悪くなかったようです。レースは4角後方2番手と絶望的な位置にいましたが、最後の200mの伸びは鬼脚といってよく、よく3着まで追い上げたと思います。負けて強しの内容でした。

アドマイヤリード
父ステイゴールド 母ベルアリュール2(母の父Numerous)
2013年3月18日生 牝4 栗東・須貝尚介厩舎
16戦5勝(2017年10月14日現在)
b0015386_21333386.jpg
なお、昨年の覇者で3番人気クイーンズリングは4着まで。パドックは昨年より目立つ感じはなかったです。レースは、スローペースの流れで4コーナー後方4番手では厳しかったですね。

それでは最後に優勝したクロコスミアちゃんを掲載します。
b0015386_21332899.jpg

パドックは、特に目立つ感じはありませんでしたが、首をグッと下げて、ほどよい気合いを見せていました。

b0015386_21332283.jpg
鞍上の岩田康誠騎手は府中牝馬S初制覇。なお、レース後のインタビューでは「逃げる馬がいなかったので、自分のペースで進められました。4コーナーで引き離してどこまで粘れるかと思いましたが、最後まで粘ってくれました。1戦ごとに成長していると思います。」とコメントしていました。
b0015386_21330443.jpg
重賞挑戦11度目、GIホース3頭を破っての初重賞制覇ということで関係者の喜びは大きかったと思います。今日は本当におめでとうございました!

クロコスミア
父ステイゴールド 母デヴェロッペ(母の父ボストンハーバー)
2013年5月17日生 牝4 黒鹿毛 浦河・小島牧場生産 栗東・西浦勝一厩舎
19戦5勝(2017年10月14日現在)
(重賞勝利)2017年府中牝馬S(GII)

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-10-14 21:39 | 17年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://prekrasnie.exblog.jp/tb/27339075
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第22回秋華賞(GI)予想      第65回府中牝馬S(GII)予想 >>