愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 21日

魂を揺さぶるような強さで女王復権!オークスはソウルスターリングが人気に応え完勝

今日、東京競馬場では30℃を超える真夏の暑さの中、3歳牝馬クラシック第2弾・オークス(GI、3歳牝・芝2400m)が行われました。レースは、C.ルメール騎手騎乗の1番人気ソウルスターリングが2番手追走から直線早めに先頭に立って一気に抜け出し、好位追走から内を突いて伸びた6番人気モズカッチャンに1 3/4馬身差をつけて優勝しました。
b0015386_21363868.jpg


馬場の真ん中から堂々抜け出したソウルスターリングが、モズカッチャンの追撃を楽々おさえての完勝となりました。

☆オークス結果
1着◎ソウルスターリング(C.ルメール) 2'24'1(良)
2着 モズカッチャン  (和 田) 1 3/4
3着▲アドマイヤミヤビ (M.デムーロ)2 1/2
4着 ディアドラ    (岩 田) アタマ
5着○リスグラシュー  (武 豊) 3/4

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 モズカッチャン   B+
  2人引き、力強い動きが目に付く
2 ソウルスターリング B+
  2人引き、好馬体、落ち着いて力強い動き
3 フローレスマジック B+
  2人引き、落ち着いて伸びやかな歩様
4 ミスパンテール   C
  落着きなし
5 モーヴサファイア  B
  普通、首高い
6 ハローユニコーン  C
  2人引き、落着きなし
7 ディアドラ     B+
  2人引き、落ち着いて力強い動き
8 ホウオウパフューム B
  2人引き、普通
9 ディーパワンサ   B
  2人引き、落着きなし
10 ブラックスビーチ  B
  普通、時折小走り
11 レッドコルディス  B
  2人引き、普通、首高い、時折小走り
12 ブラックオニキス  C
  2人引き、落着きなし
13 レーヌミノル    B+
  落ち着いてキビキビと動き良し
14 リスグラシュー   C
  2人引き、落着きなし
15 ヤマカツグレース  B
  普通
16 アドマイヤミヤビ  B+
  相変わらず大変落ち着いて力強い動き
17 カリビアンゴールド B+
  時折小走りも力強い動き
18 マナローラ     B
  普通

今年のオークスは、桜花賞(GI)で圧倒的人気に推されながら稍重馬場に泣いて3着に敗れた2歳女王ソウルスターリングが、単勝2.4倍で再び1番人気。やはり桜花賞で馬場に泣き2番人気を裏切ったアドマイヤミヤビが単勝4.8倍で2番人気。阪神JF(GI)・桜花賞共に2着のリスグラシューが単勝5.9倍で3番人気。この3頭のみが単勝10倍以下の人気を集め、オッズ的には3強対決と見られていましたが、終わってみれば1番人気ソウルスターリングの強さばかりが目立った一戦となりました。

ソウルスターリングのパドックは、初めて生で見ましたが、力強い動きと黒光りする好馬体が目に付きました。また阪神JFの時のようにチャカつく場面もほとんどなくなり、素晴らしい雰囲気でした。レースはフローレスマジックが1000m通過61.7秒とスローペースで逃げる展開となりましたが、2番手を引っ掛かることなくスムースに追走。直線は早めにスパートして馬場の真ん中から堂々抜け出しての完勝となりました。2番手追走の馬がメンバー中2番目に速い上がり34.1秒の末脚を繰り出したのですから、後続は追いつけるはずはなく、とにかく強いの一言。最強女王に相応しい素晴らしいパフォーマンスを見せつけてくれました。

2着は6番人気のモズカッチャンが健闘。パドックはフローラSの時以上に動きの良さを感じ、昨日の予想では無印でしたが馬券を買い足したくなるほどの好気配でした。レースは好位6番手を追走、直線は前走フローラS同様、内を突いて鋭く伸び、ソウルスターリングと同じ上がり34.1秒の末脚を繰り出し、ソウルスターリング以外の桜花賞組に先着したのですから、立派の一言。こちらも素晴らしい走りを見せてくれました。

モズカッチャン
父ハービンジャー 母サイトディーラー(母の父キングカメハメハ)
2014年2月27日生 牝3 栗東・鮫島一歩厩舎
6戦3勝(2017年5月21日現在)
b0015386_21363430.jpg


3着は、2番人気のアドマイヤミヤビ。パドックは相変わらず落ち着いて力強い歩様を見せていました。レースは後方から直線外に持ち出し、メンバー中最速の33.9秒の末脚を繰り出しましたが、内から同じ脚で伸びたディアドラをゴール直前交わすのが精一杯でした。1・2着馬と比べて外枠のロスも大きかったと思いますが、それでも東京コース2戦2勝の実績どおり桜花賞大敗から巻き返したのは見事でした。

アドマイヤミヤビ
父ハーツクライ 母レディスキッパー(母の父クロフネ)
2014年1月14日生 牝3 栗東・友道康夫厩舎
6戦3勝(2017年5月21日現在)
b0015386_21363151.jpg

なお、3番人気リスグラシューは、パドックで落着きがなくあまり良く見えませんでしたが、案の定、後方から伸びを欠き5着まで。桜花賞馬レーヌミノルは、パドックの動きはいつもどおりキビキビと良く見せていたのですが、好位から全く伸びず13着と完敗。こちらはやはりマイラー血統ということで距離が長かったということでしょう。秋は距離短縮してまた頑張ってほしいと思います。

それでは最後に見事優勝したソウルスターリングちゃんを掲載します。
b0015386_21362650.jpg
パドックは、とにかく迫力ある馬体が、このメンバー中でも抜けていました
b0015386_21362059.jpg
鞍上のC.ルメール騎手はオークス初制覇。なお、レース後のインタビューで「本当に強かったです。お母さんと一緒にフランスのオークスを勝ち、今日、その娘と一緒に日本のオークスを、まったく同じような形で勝てました。素晴らしいですし、本当に嬉しく、特別な1日になりました。スタートが速く、楽にいい位置を取り、すぐにリラックスしました。4コーナーでスペースがあったので早めに外へ出し、ペースを上げ、長い脚を使ってゴールまで頑張りました。今日は自信がありました。馬場が重かった桜花賞は負けましたが、今日は一番強かったです。おそらくこの馬のベストの距離は2000mだと思います。来週もいい結果を出せるよう頑張ります。」とコメントしていました。

b0015386_21360577.jpg
ウイニングラン中のソウルスターリングとC.ルメール騎手です。ルメール騎手は先週のアドマイヤリードに続く2週連続のGI制覇となりました。

b0015386_21353376.jpg
名伯楽・藤沢和雄厩舎は悲願のオークス初制覇。また、この勝利で史上2位、現役調教師では唯一となるJRA重賞通算100勝の金字塔を打ち立てました。

b0015386_21360144.jpg
ソウルスターリングの母スタセイタは仏オークス馬ですから、異なる国で母娘オークス制覇という大偉業達成となりました。今日の強さは馬名の意味どおりの「魂を揺さぶる」素晴らしい走りでしたね。世界的良血馬の今後の活躍が本当に楽しみです。GI2勝目、本当におめでとうございました!

ソウルスターリング
父Frankel 母スタセイタ(母の父Monsun)
2014年2月13日生 牝3 青鹿毛 千歳・社台ファーム生産 美浦・藤沢和雄厩舎
6戦5勝(2017年5月21日現在)
(重賞勝利)2017年オークス(GI)、2016年阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)、2017年チューリップ賞(GIII)

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-05-21 21:51 | 17年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://prekrasnie.exblog.jp/tb/26872280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第78回オークス予想結果分析      第78回オークス(GI)予想 >>