愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2017年 05月 13日

GIホースの貫禄!京王杯SCはレッドファルクスが重賞3勝目を飾る

今日、東京競馬場ではあいにくの強い雨の中、安田記念の前哨戦・京王杯SC(GII、4歳上・芝1400m)が行われました。レースは、M.デムーロ騎手騎乗の2番人気レッドファルクスが中団追走から直線馬場の真ん中から鋭く伸び、好位から伸びた11番人気クラレントに3/4馬身差をつけて優勝しました。
b0015386_22364744.jpg
斤量58キロ、渋った馬場をものともせず、レッドファルクスが力強く抜け出しました。

☆京王杯SC結果
1着○レッドファルクス (M.デムーロ) 1'23'2(重)
2着 クラレント    (岩 田) 3/4
3着 グランシルク   (戸 崎) 1/2
4着 ヒルノデイバロー (横山典) 1 1/4
5着 トウショウドラフタ(田 辺) ハナ

パドックの個人的な評価は以下の通り。(A良い、B普通、C平凡)

1 ヒルノデイバロー  B  
  普通
2 ロサギガンティア  B
  普通
3 キャンベルジュニア B 
  普通
4 サトノアラジン   B 
  普通
5 トーセンデューク  B 
  普通、時折小走り
6 ダンツプリウス   B 
  普通
7 ブラヴィッシモ   B
  普通、首高い
8 トウショウドラフタ B+
  首高いが力強い動き
9 グランシルク    B+
  2人引き、まずまず落ち着いて力強い動き
10 レッドファルクス  B 
  普通
11 トーキングドラム  B 
  普通
12 クラレント     B 
  普通
13 ダッシングブレイズ B
  普通

今年の京王杯SCは、朝からの大雨で重馬場となり、勝ち時計が昨年と比べ3.6秒もかかったように重馬場適性が求められるレースとなりました。そんなタフなレースを制したのはメンバー中唯一のGI馬レッドファルクスでした。

レッドファルクスのパドックは、やや首の高いところがありましたが、普通に落ち着いて周回していました。レースはヒルノデイバローが1000m通過60.6秒とスローペースで逃げる展開となりましたが、中団やや後ろからレースを進めると、直線は馬群を割って馬場の中央を力強く伸び、メンバー中最速の上がり33.7秒の末脚を繰り出しての快勝となりました。他馬より重い58キロを背負っての完勝は立派の一言、GI馬の底力を見せつけましたね。重賞3勝目、おめでとうございました!

2着は、今日が40戦目、8歳の古豪11番人気のクラレントが大健闘。パドックは、いつもどおり落ち着いて周回していました。レースは、好位追走から直線内を突いてしぶとく伸びてきました。正直、もうピークは過ぎた馬だと思っていましたが、時計のかかる馬場ではまだまだやれるところを見せてくれましたね。素直に脱帽です。

クラレント
父ダンスインザダーク 母エリモピクシー(母の父ダンシングブレーヴ)
2009年3月2日生 牡8 栗東・橋口慎介厩舎
40戦7勝(2017年5月13日現在)
b0015386_22363903.jpg

3着は、4番人気のグランシルク。パドックは以前は煩い馬だったのに、今日は2人引きでも落ち着いて力強い歩様を見せ、なかなか良く見えました。レースは後方4番手からメンバー中第2位の上がり33.8秒の末脚で直線外から追い込み、上位に食い込みました。

グランシルク
父ステイゴールド 母ルシルク(母の父Dynaformer)
2012年4月8日生 牡5 美浦・戸田博文厩舎
19戦4勝(2017年5月13日現在)
b0015386_22362930.jpg

なお、1番人気のサトノアラジンは後方2番手から末脚不発で9着。3番人気のキャンベルジュニアは3番手追走も直線伸びを欠き11着に完敗。両馬ともパドックの気配はそれほど悪くなかったように見えたのですが、共に切れ味が武器の馬だけに重馬場に泣いた印象。人気を裏切ったのは残念でした。

それでは、最後に見事優勝したレッドファルクス君を掲載します。

b0015386_22361654.jpg
パドックは、あまり目立つ動きを見せる馬ではないのですが、彼はそれでも走りますね。普通に落ち着いて周回していました。
b0015386_22360684.jpg
今日は雨ということでウイナーズサークルで優勝馬撮影が行われました。なお、鞍上のM.デムーロ騎手はレース後のインタビューで「嬉しいです。香港の時は状態はあまり良くなかったのですが、今日は前走の高松宮記念と同じ状態で良く、デキが戻りました。1600mは今日の感じなら大丈夫でしょう。本当に乗りやすく、賢い馬です。次も頑張ります。」とコメントしていました。

b0015386_22355765.jpg
尾関知人調教師は一昨年のサクラゴスペルに続く2度目の京王杯SC制覇。この後は、反動がなければ安田記念に向かうとのこと。マイル戦は未経験ですが、スプリント王者がどのような走りを見せてくれるか今から本当に楽しみです。本番も頑張って欲しいと思います。

レッドファルクス
父スウェプトオーヴァーボード 母ベルモット(母の父サンデーサイレンス)
2011年4月12日生 牡6 芦毛 千歳・社台ファーム生産 美浦・尾関知人厩舎
21戦9勝(2017年5月13日現在)
(重賞勝利)2016年スプリンターズS(GI)、2017年京王杯SC(GII)、2016年CBC賞(GIII)

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-05-13 22:43 | 17年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://prekrasnie.exblog.jp/tb/26854416
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第12回ヴィクトリアマイル(G...      第62回京王杯スプリングC(G... >>