愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 17日

2014年オークス馬・国内外重賞4勝の名牝ヌーヴォレコルトが引退、繁殖入り

今日は、昨日3月16日付けで競争馬登録を抹消、千歳市・社台ファームで繁殖入りが発表された2014年オークス(GI)など国内外で重賞4勝を挙げた名牝ヌーヴォレコルトをいつもより大きめのサイズで掲載します。

ヌーヴォレコルトは、2013年10月にデビュー(結果4着)、2戦目で初勝利。初重賞挑戦のチューリップ賞(GIII)で2着に好走し牝馬クラシック路線に乗ると、桜花賞(GI)3着を経て出走したオークス(GI)で圧倒的人気を集めた桜花賞馬ハープスターを破り、重賞初勝利を見事GIで飾りました。秋もローズS(GII)優勝、秋華賞(GI)2着、エリザベス女王杯(GI)2着と堅実なレースを続け3歳牝馬トップクラスの実力を示しました。

4歳時は初戦の中山記念(GII)で2頭の皐月賞馬イスラボニータ、ロゴタイプを相手に堂々勝利。秋にはオールカマー(GII)2着、エリザベス女王杯(GI)2着、香港C(香G1)2着と牡馬の強豪相手にもひけを取らない走りを見せました。

昨年5歳時は勝ちきれないレースが続いたものの、秋にアメリカ遠征2戦目のレッドカーペットハンデ(米G3)を優勝、海外重賞4度目の挑戦で初勝利を挙げ、これが最後の勝利となりました。
今後は母として良い仔を出してほしいと思います。国内外で息の長い活躍、本当にお疲れさまでした!なお、優勝したオークス(GI)の勇姿は2014年5月25日の記事をご覧ください。

ヌーヴォレコルト(撮影日2015年5月17日・ヴィクトリアマイル)
父ハーツクライ 母オメガスピリット(母の父スピニングワールド)
2011年2月25日生 牝6 栗毛 千歳・社台ファーム生産 美浦・斎藤誠厩舎
(通算成績)23戦6勝
(重賞勝利)2014年オークス(GI)、2015年中山記念(GII)、2014年ローズS(GII)、2016年レッドカーペットハンデ(米G3)
b0015386_20202557.jpg
ヌーヴォレコルトの重賞勝ちの背にはいつも岩田康誠騎手がいました。名コンビでしたね。
b0015386_20201422.jpg
初年度は国内外GI6勝のロードカナロアとの交配が予定されているとのこと。無事に良い子を産んでほしいと思います。


[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-03-17 20:28 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://prekrasnie.exblog.jp/tb/26725423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第66回スプリングS(GII)予想      重賞2勝の名牝マジックタイムが... >>