愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 13日

マーティンボロ、メイショウスザンナ

今日は、共に2017年1月4日付けで引退した8歳馬、重賞2勝馬マーティンボロ君とクイーンS(GIII)優勝馬メイショウスザンナちゃんを掲載します。

マーティンボロは、2012年3月にデビュー(結果5着)、6戦目で初勝利。その後はなかなか勝ちきれないレースが続きましたが、2014年2月にオープン入りすると続く初重賞挑戦だった中日新聞杯(GIII)を見事勝利。同年夏には小倉記念(GIII)2着、新潟記念(GIII)を制し、サマー2000シリーズ王者に輝くなど活躍しました。
今後は、フランスで種牡馬入りの予定ということで、海外での産駒の活躍を期待したいと思います。長い現役生活、お疲れさまでした。

マーティンボロ(撮影日2016年2月7日・東京新聞杯)
父ディープインパクト 母ハルーワソング(母の父Nureyev)
2009年8月20日生 牡8 青鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 栗東・友道康夫厩舎
(通算成績)28戦7勝
(重賞勝利)2014年中日新聞杯(GIII)、新潟記念(GIII)
b0015386_21110049.jpg

メイショウスザンナは、2011年7月にデビュー(結果6着)、3戦目で初勝利。翌年はフラワーC(GIII)2着から牝馬三冠に挑戦するも桜花賞(GI)5着、オークス(GI)9着、秋華賞(GI)18着に敗れました。
その後は長く条件クラスを走っていましたが、2015年クイーンS(GIII)を優勝、デビュー37戦目で嬉しい重賞初制覇を飾りました。今後は浦河町の赤田牧場で繁殖入りするとのことで、今後は母として頑張ってほしいと思います。長い現役生活、お疲れさまでした。

メイショウスザンナ(撮影日2016年10月15日・府中牝馬S)
父アグネスデジタル 母グリーンオリーヴ(母の父サンデーサイレンス)
2009年4月27日生 牝8 鹿毛 新冠・北星村田牧場生産 栗東・高橋義忠厩舎
(通算成績)45戦5勝
(重賞勝利)2015年クイーンS(GIII)
b0015386_21130832.jpg


[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-01-13 21:13 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://prekrasnie.exblog.jp/tb/26553667
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第64回日経新春杯(GII)予想      エイシンヒカリ、トーホウジャッ... >>