愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 11日

メジャーエンブレム

年明けから重賞勝ち馬達の引退のニュースが相次いでいることから、2016年天皇賞・秋のパドック写真を一時中断し、今日から数日にわたり紹介していこうと思います。

1月4日、重賞3勝(うちGI2勝)を挙げた名牝・2015年2歳女王メジャーエンブレム(牝4)がJRA競走馬登録を抹消、引退することが発表されました。今後は安平町・ノーザンファームで繁殖入りする予定です。

メジャーエンブレムは、2015年6月デビュー勝ち。デビュー3戦目のアルテミスS(GIII)でデンコウアンジュのクビ差2着と初の敗戦を喫したものの、続く阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)は好スタートから後続を寄せ付けず鮮やかに逃げ切り1番人気に応え見事優勝。2015年最優秀2歳牝馬に選出されました。

3歳時は初戦のクイーンC(GIII)を1'32'5の驚異的なレースレコードで逃げ切って5馬身差の圧勝。桜花賞(GI)はスタートで後手を踏んで自分の競馬ができず4着に敗れたものの、NHKマイルC(GI)は、強豪牡馬相手に好スタートから堂々逃げ切ってGI2勝目を飾り、改めて非凡なスピードを見せつけました。
しかし、その後は秋競馬に向けて調整を進めていたものの、左脚の筋肉痛など故障が相次ぎ、競走能力喪失と診断されため、残念ながら引退となりました。

牡馬顔負けの雄大な馬格、先行してハイペースで逃げながらも崩れない走りは、父ダイワメジャーの特徴を良く受け継いでいて、短距離界を牽引できる器と見ていただけに、早過ぎる引退は本当に残念です。今後は母として自身のような素晴らしいスピードを持った子を沢山出してほしいと思います。

最後に、今日はメジャーエンブレムちゃんの写真をいつもより大きめのサイズで掲載します。故障の早い回復と繁殖牝馬としての成功を心から祈っています!

メジャーエンブレム
父ダイワメジャー 母キャッチータイトル(母の父オペラハウス)
2013年3月26日生 牝4 栗毛 安平・ノーザンファーム生産 美浦・田村康仁厩舎
(通算成績)7戦5勝
(重賞勝利)2016年NHKマイルC(GI)、2015年阪神ジュベナイルフィリーズ(GI)、2016年クイーンC(GIII)

b0015386_23142143.jpg
(撮影日2016年2月13日・クイーンC)

b0015386_23182832.jpg
(撮影日2016年5月8日・NHKマイルC)

[PR]

by Yuuichiro_K | 2017-01-11 23:19 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://prekrasnie.exblog.jp/tb/26549107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< エイシンヒカリ、トーホウジャッ...      2016年度JRA賞発表、年度... >>