愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 26日

またも藤沢和雄厩舎からクラシック候補!ホープフルSは、レイデオロが無傷の3連勝で重賞初制覇

今日は昨日、中山競馬場で有馬記念(GI)の一つ前の第9レースに行われた注目の2歳重賞・ホープフルS(GII、芝2000m)の写真を掲載します。

レースは、C.ルメール騎手騎乗の1番人気レイデオロが、後方追走から直線鋭く伸び、中団追走から最内を突いて伸びた8番人気マイネルスフェーンに1 1/4馬身差をつけて優勝しました。

☆ホープフルS結果
1着◎レイデオロ    (C.ルメール) 2'01'3(良)
2着 マイネルスフェーン(V.シュミノー)1 1/4
3着○グローブシアター (福 永) 1 1/4
4着 ベストリゾート  (北村宏) 1/2
5着△サングレーザー  (武 豊) クビ

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 ディアシューター   B
  2人引き、普通
2 レイデオロ      B+
  気合いを秘めながらも落ち着いた歩様
3 エンドゲーム     B
  普通
4 アドマイヤウイナー  B
  普通
5 サングレーザー    C
  落ち着きなし
6 グローブシアター   B+
  落ち着いて伸びやかな歩様
7 ビルズトレジャー   B
  普通
8 ニシノアップルパイ  B
  普通
9 ショワドゥロワ    B
  普通
10 ミスディレクション  B
  普通
11 マイネルスフェーン  B
  普通
12 メリオラ       B
  普通
13 ベストリゾート    C
  落ち着きなし
14 コスモス       B
  2人引き、普通

今年のホープフルSは、前走、同じコースで行われた葉牡丹賞(500万下)を豪快な末脚で圧勝したレイデオロが1番人気。キャリア1戦ながら兄にGI馬エピファネイア、リオンディーズがいる良血馬グローブシアターが2番人気。デイリー杯2歳S(GII)3着馬サングレーザーが3番人気。この3頭が単勝10倍以下の人気を集めましたが、期待どおりの強さで優勝したのは、圧倒的1番人気(単勝1.5倍)に推されたレイデオロでした。

レイデオロのパドックは、気合いをじわっと秘めた感じで、まずまず落ち着いて周回していました。馬場入場から返し馬の際は煩いところを見せて、少し心配したのですが、レースは後方5番手を引っ掛かることなく追走。直線外に持ち出すと、前走同様、素晴らしい末脚を繰り出して一気に突き抜けました。来年のクラシックが楽しみになる素晴らしい走りを見せてくれました。

2着は、今日がキャリア7戦目の8番人気の伏兵マイネルスフェーンが大健闘。パドックは特に目立つ感じはありませんでしたが、レースは中団のインを追走、直線も内の狭いところを突いて、ロスのない進路を終始通って上位に食い込みました。豊富なレース経験が好走の一因だと思いますが、鞍上のV.シュミノー騎手の好騎乗も光りました。

マイネルスフェーン
父ステイゴールド 母マイネジャーダ(母の父Jade Robbery)
2014年4月16日生 牡2 美浦・手塚貴久厩舎
7戦1勝(2016年12月26日現在)
b0015386_22162392.jpg


3着は2番人気のグローブシアター。パドックは落ち着いて伸びやかな歩様が目に付き、良血馬らしい雰囲気の良さを感じました。レースは勝ち馬とほぼ同じ位置にいたのですが、最後の直線、一気に突き離されてしまい3着が精一杯でした。それでもキャリア1戦を考えれば良く走ったと思いますし、今後も注目したい馬です。

グローブシアター
父キングカメハメハ 母シーザリオ(母の父スペシャルウィーク)
2014年2月14日生 牡2 栗東・角居勝彦厩舎
2戦1勝(2016年12月26日現在)
b0015386_22164041.jpg


なお、3番人気のサングレーザーはパドックであまり落ち着きがなく、あまり良く見えなかったのですが、レースは先行策も直線伸びを欠き5着まで。人気を裏切ったのは残念でした。

それでは、最後に見事優勝したレイデオロ君を掲載します。

b0015386_22165746.jpg

パドックは気合いを秘めつつも、落ち着いて周回していました。

b0015386_22172158.jpg

鞍上のC.ルメール騎手は、この日は有馬記念も勝って1日2重賞制覇の偉業を達成しました。なお、レース後のインタビューでは「競馬が上手です。新馬戦から徐々に良くなっています。今日も能力を発揮しました。以前から話していますが、2400mも大丈夫だと思います。」とコメントしていました。

b0015386_22173456.jpg

藤沢和雄厩舎からは、阪神JF(GI)のソウルスターリング、朝日杯FS(GI)のサトノアレスに続き、またしてもクラシックの有力候補が出てきました。来年のクラシックが本当に楽しみですね。デビュー3連勝で重賞初制覇、おめでとうございました!

レイデオロ
父キングカメハメハ 母ラドラーダ(母の父シンボリクリスエス)
2014年2月5日生 牡2 鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 美浦・藤沢和雄厩舎
3戦3勝(2016年12月26日現在)
(重賞勝利)2016年ホープフルS(GII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-12-26 22:21 | 16年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://prekrasnie.exblog.jp/tb/26506082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第61回有馬記念予想結果分析      有馬記念は、3歳馬サトノダイヤ... >>