愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 21日

2015年最優秀4歳以上牡馬、GI2勝のラブリーデイが引退、種牡馬入り

今日、2015年の宝塚記念、天皇賞・秋を勝ったラブリーデイの現役引退が発表されました。今後は、日高町のブリーダーズスタリオンステーションで種牡馬となる予定です。

ラブリーデイは、2012年8月にデビュー勝ち。同年の京王杯2歳S(GII)で2着に好走するなど、早くから活躍を見せていましたが、3歳クラシックは皐月賞(GI)15着、日本ダービー(GI)7着と一息の結果に終わりました。4歳時も勝ちきれないレースが続き、並のオープン馬と思われていたのですが、ここから彼は驚くべき成長を見せ、競馬ファンを驚かせたのです。

本格化したのは5歳時で、年明け初戦の中山金杯(GIII)で重賞初制覇。続く京都記念(GII)でダービー馬キズナらを相手に快勝して重賞2連勝を飾ると、阪神大賞典(GII)、天皇賞春(GI)は着外に敗れたものの、鳴尾記念(GIII)、宝塚記念(GI)、京都大賞典(GII)、天皇賞・秋(GI)と破竹の重賞4連勝で一気にトップホースへと駆け上りました。この活躍により年度代表馬モーリスをおさえて2015年最優秀4歳以上古馬に輝きました。

昨年の天皇賞・秋以降は、残念ながら勝ち星を挙げることはできませんでしたが、タフに走り続けた活躍は本当に見事でした。今後は種牡馬としての活躍を期待したいと思います。

今日は、国内最後のレースだった今年の天皇賞・秋出走時のラブリーデイ君の写真をいつもより大きめのサイズで掲載します。長い現役生活、本当にお疲れさまでした!なお、優勝した2015年天皇賞・秋の勇姿は、2015年11月1日の記事をご覧ください。

ラブリーデイ(撮影日2016年10月30日・天皇賞・秋)
父キングカメハメハ 母ポップコーンジャズ(母の父ダンスインザダーク)
2010年1月30日生 牡6 黒鹿毛 安平町・ノーザンファーム生産 栗東・池江泰寿厩舎
(通算成績)33戦9勝
(重賞勝利)2015年天皇賞・秋(GI)、宝塚記念(GI)、京都大賞典(GII)、京都記念(GII)、鳴尾記念(GIII)、中山金杯(GIII)
b0015386_1854869.jpg


b0015386_18535252.jpg

[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-12-21 18:54 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://prekrasnie.exblog.jp/tb/26492776
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< レッドアリオン(16’スプリン...      ウリウリ(16’スプリンターズ... >>