愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2016年 11月 30日

タガノトネールが調教中の事故で急死

大変悲しいニュースです。今月12日の武蔵野S(GIII)をレコード勝ちして、今週のチャンピオンズC(GI)に出走を予定していたタガノトネール(騸6、栗東・鮫島一歩厩舎)が、調教中に右第3中手骨開放骨折を発症し、予後不良となりました。

タガノトネールは、2012年12月に芝の2000m戦で新馬勝ちを飾りましたが、なかなか勝ちきれないレースが続き翌年夏にダート路線に転向。2015年にオープン入りを果たすと同年のサマーチャンピオン(JpnIII)で重賞初制覇。その後も2015年南部杯(JpnI)でベストウォーリアの2着、今年の武蔵野S(GIII)を制覇するなど活躍しました。
特に武蔵野Sはダートで伝説的な走りを見せたクロフネ以来となる東京ダートマイルで1分33秒台の猛時計を記録。2週間前、あんなに凄い走りを見せてくれたのに本当に残念なことになりました。今はただ、心からご冥福をお祈りします。

今日は、最後のレースとなってしまった武蔵野S優勝時の写真をいつもより大きめのサイズで掲載します。なお、武蔵野S優勝時の写真は11月12日の記事もご覧ください。

タガノトネール(撮影日2016年11月12日・武蔵野S)
父ケイホーム 母タガノレヴェントン(母の父キングカメハメハ)
2010年5月12日生 騸6 鹿毛 (有)新冠タガノファーム生産 栗東・鮫島一歩厩舎
(通算成績)38戦8勝
(重賞勝利)2016年武蔵野S(GIII)、2015年サマーチャンピオン(JpnIII)
b0015386_2111776.jpg


b0015386_21111941.jpg

[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-11-30 21:11 | 天国に旅立った名馬 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://prekrasnie.exblog.jp/tb/26419527
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ミッキーアイル(16’スプリン...      コンテントメント(16’安田記... >>