愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 25日

神戸新聞杯は、圧倒的人気のサトノダイヤモンドが接戦を制し重賞2勝目を飾る

今日、阪神競馬場で行われた菊花賞トライアル・神戸新聞杯(GII)は、C.ルメール騎手騎乗の圧倒的1番人気サトノダイヤモンドが中団追走から直線鋭く伸び、6番人気ミッキーロケットとの接戦をクビ差制し、優勝しました。

☆神戸新聞杯結果
1着◎サトノダイヤモンド(C.ルメール)2'25'7(良)
2着 ミッキーロケット (和 田)クビ
3着△レッドエルディスト(四 位)3
4着 カフジプリンス  (岩 田)アタマ
5着○エアスピネル    (武 豊)1 1/4

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 ヒルノマゼラン   B
  普通
2 ジョルジュサンク  B
  2人引き、普通
3 ロードランウェイ  B
  普通
4 ロードヴァンドール B
  2人引き、普通
5 カフジプリンス   B
  普通、時折小走り
6 マイネルラフレシア B
  普通
7 エアスピネル    B+
  落ち着いて動き良し
8 ナムラシングン   B
  2人引き、時折小走り
9 トゥルーハート   B
  普通、首高い
10 ワンスインアライフ B
  普通、時折小走り
11 アグネスフォルテ  B
  2人引き、つる首
12 レッドエルディスト B+
  キビキビと動き良し
13 イモータル     B
  2人引き、つる首、首高い
14 サトノダイヤモンド B+
  相変わらずの好馬体、伸びやかで力強い歩様
15 ミッキーロケット  B
  普通、発汗あり

今年の神戸新聞杯は、皐月賞(GI)3着、ダービー(GI)2着のサトノダイヤモンドが、単勝1.2倍の圧倒的人気を集めました。レースは着差こそわずかでしたが、その期待に応え、見事秋初戦を飾りました。

サトノダイヤモンドのパドックは、いつも良く見せる馬ですが、今日も落ち着き十分で伸びやかな歩様が目に付きました。休み明けでも上々の気配だったと思います。レースは中団からじっくりレースを進めると、最後の直線も追い出しを我慢する余裕十分の走りで、ミッキーロケットとの接戦を制しました。2着との差はわずかでしたが、3着以下は3馬身差をつけており、強い競馬を見せてくれたと思います。本番の菊花賞に向けて上々の内容だったと思います。

2着は6番人気のミッキーロケットが大健闘。パドックは特に目立つ感じはなかったのですが、順調に夏を使われて調子は良かったのでしょう、上がり3ハロンは勝ち馬を0.2秒上回るメンバー中最速の34.0秒を記録。大本命のサトノダイヤモンド相手に一歩も引かない走りは本当に見事でした。こちらも今後が楽しみなる素晴らしい走りでした。

3着は4番人気レッドエルディスト。パドックは青葉賞や日本ダービーで見た時よりもキビキビと力強さがあり、なかなか良く見えました。レースは1・2着馬には離されたものの、後方から鋭く伸びて、エアスピネル、ナムラシングンら人気馬に先着しました。

なお、2番人気のエアスピネルは、パドックは落ち着き十分、気性の成長を感じましたが、レースは後方待機策も不発に終わり5着が精一杯。血統的に早熟傾向があるだけに今後は厳しいかもしれません。3番人気のナムラシングンはパドックはやや煩いところを見せていましたが、レースは先行するも直線伸びを欠き6着といいところなし。共に人気を裏切ったのは残念でした。

サトノダイヤモンド(撮影日2016年5月29日・日本ダービー)
父ディープインパクト 母マルペンサ(母の父Orpen)
2013年1月30日生 牡3 鹿毛 安平町・ノーザンファーム生産 栗東・池江泰寿厩舎
6戦4勝(2016年9月25日現在)
(重賞勝利)2016年神戸新聞杯(GII)、きさらぎ賞(GIII)
b0015386_2214369.jpg

[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-09-25 22:14 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://prekrasnie.exblog.jp/tb/26224469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第64回神戸新聞杯予想結果分析      第64回神戸新聞杯(GII)予想 >>