愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2016年 09月 04日

新潟記念は、アデイインザライフが大外一気に追い込んで初重賞制覇

今日、新潟競馬場で行われた新潟記念(GIII、3歳上ハンデ、芝2000m)は、横山典弘騎手騎乗の2番人気アデイインザライフが、後方2番手追走から直線大外一気に追い込んで、同じく後方から外伸びた1番人気アルバートドックに3/4馬身差をつけて優勝しました。

☆新潟記念結果
1着▲アデイインザライフ(横山典)1'57'5(良)
2着△アルバートドック (戸 崎)3/4
3着 ロンギングダンサー(吉田豊)1/2
4着 ベルーフ     (田 辺)ハナ
5着◎ルミナスウォリアー(柴 山)クビ

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い、B普通、C平凡)

1 ベルーフ      B
  普通
2 エキストラエンド  B+
  相変わらず落ち着いて伸びやかな歩様
3 ダコール      B+
  落ち着いて力強い歩様
4 バーディーイーグル B+
  2人引きでも落ち着いて力強い歩様
5 マジェスティハーツ B
  普通、発汗目立つ
6 アロマカフェ    B
  普通
7 ファントムライト  B
  前走函館記念と同じような雰囲気
8 ルミナスウォリアー B
  2人引き、首を振って発汗目立つ
9 メイショウナルト  B
  この馬なり好調に見えるが発汗目立つ
10 マイネルミラノ   B+
  函館記念の状態キープしているように見える
11 マイネルディーン  B
  普通
12 ロンギングダンサー B
  普通、時折小走り
13 サトノギャラント  B
  普通、時折小走り、発汗目立つ
14 アルバートドック  A
  落ち着いて大変力強い歩様
15 エーシンマックス  B
  普通
16 ムスカテール    B
  普通
17 アデイインザライフ B+
  大変落ち着いて伸びやかな歩様
18 クランモンタナ   B+
  小倉記念の状態キープしているように見えるが発汗目立つ


今年の新潟記念は、サマー2000シリーズの覇者が3頭(七夕賞アルバートドック、函館記念マイネルミラノ、小倉記念クランモンタナ)出走。単勝オッズ10倍以下の馬が5頭、1番人気のアルバートドックのオッズが5.0倍と人気が割れていましたが、勝ったのは2連勝中の上がり馬、2番人気のアデイインザライフでした。

アデイインザライフのパドックは、落ち着き十分、伸びやかに周回していて、なかなか良く見せていました。レースは後方2番手を追走、直線は大外に持ち出してラチ沿いを一気に伸びての快勝となりました。2014年弥生賞(GII)でトゥザワールド、ダービー馬ワンアンドオンリーに次ぐ3着に好走したこともあった素質馬がようやく待望の重賞初制覇となりましたね。なお、鞍上の横山典弘騎手はこれで史上4人目のJRA全場重賞制覇の快挙達成。人馬共に本当におめでとうございました!

2着は1番人気のアルバートドック。パドックは後肢の力強い踏み込みが目に付き、とても素晴らしい状態に見えました。レースは後方4番手追走で、じっくり脚をためると、直線外から鋭く伸びて、勝ち馬に3/4馬身差まで迫りました。勝ち馬より3キロも重いトップハンデの58キロを考えれば、勝ちに等しい内容だったと思います。この結果、アルバートドックは見事サマー2000シリーズ王者に輝きました。

なお、3番人気のダコールは16着に大敗。パドックの気配は上々に見えたのですが、レースは2番手追走と早めに動いたのが裏目に出たようで、直線伸びを欠きました。人気を裏切ったのは残念でした。

アデイインザライフ(撮影日2015年2月1日・節分賞)
父ディープインパクト 母ラッシュライフ(母の父サクラバクシンオー)
2011年2月11日生 牡5 白老町・(有)社台コーポレーション白老ファーム生産 美浦・萩原清厩舎
13戦6勝(2016年9月4日現在)
(重賞勝利)2016年新潟記念(GIII)
b0015386_21572995.jpg

[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-09-04 21:57 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://prekrasnie.exblog.jp/tb/26166412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第52回新潟記念予想結果分析      第52回新潟記念(GIII)予想 >>