愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 29日

2015年クラシック二冠馬ドゥラメンテが引退、種牡馬入り

今日、大変残念なニュースが飛び込んできました。2015年牡馬クラシック二冠馬・ドゥラメンテが、26日に行われた宝塚記念のゴール直後に発症した故障(競走能力喪失の重症)のため、引退することになりました。今後は種牡馬になる予定です。

ドゥラメンテは、父キングカメハメハ、母がエリザベス女王杯2連覇のアドマイヤグルーヴ、母の母が天皇賞馬エアグルーヴという超良血馬。2014年10月にデビュー(結果2着)。2戦目で勝ち上がると、3戦目のセントポーリア賞で5馬身差の圧勝を飾り、一躍クラシック候補に名乗りを挙げました。共同通信杯(GIII)は中1週の強行軍と道中引っ掛かったこともあり、リアルスティールの2着に敗れましたが、ぶっつけで挑んだ皐月賞(GI)では、4コーナーで大きく膨らむアクシデントがありながら驚異的な末脚を爆発させて圧勝、初重賞制覇を見事GI勝利で飾りました。続く日本ダービー(GI)もキングカメハメハとディープインパクトが記録したダービーレコードを更新する2'23'2の好時計で完勝、世代の頂点に立ちました。レース後、三冠を狙うのか、凱旋門賞(仏G1)に挑むか注目されたものの、両前脚の骨折が判明、無念のリタイアとなりました。

今年は、9ヶ月振りの復帰戦・中山記念(GII)を見事勝利。初の海外遠征となったドバイシーマクラシック(首G1)はレース直前落鉄のアクシデントがありながらポストポンドの2着に好走。そして、遠征帰りの宝塚記念(GI)は後方から猛然と追い込むも2着、ゴール直後に前述のとおり故障を発生し、残念ながら最後のレースとなってしまいました。

早すぎる引退は、本当に残念ですが、故障が命に関わるものでなかったのは不幸中の幸いでした。今は早く怪我が回復すること、そして種牡馬として活躍することを祈りたいと思います。これでけの良血馬ですから、きっと自身のような世界を狙える子を出してくれると信じています。短い競争生活でしたが、素晴らしい走りをありがとうございました!

今日は、最後に、ドゥラメンテ君の写真をいつもよい大きめのサイズで掲載します。なお、優勝した皐月賞の勇姿は2015年4月19日の記事を、日本ダービーの勇姿は2015年5月31日の記事をご覧ください。

ドゥラメンテ(撮影日2015年5月31日・日本ダービー)
父キングカメハメハ 母アドマイヤグルーヴ(母の父サンデーサイレンス)
2012年3月22日生 牡4 鹿毛 安平・ノーザンファーム生産 美浦・堀宣行厩舎
(通算成績)9戦5勝
(重賞勝利)2015年日本ダービー(GI)、皐月賞(GI)、中山記念(GII)
b0015386_1991275.jpg

[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-06-29 19:09 | パドック写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://prekrasnie.exblog.jp/tb/25963464
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ブレイブスマッシュ(16’日本...      プロフェット(16’日本ダービ... >>