愛しのサラブレッド写真館 

prekrasnie.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 24日

フローラSは良血馬チェッキーノがレースレコーードで完勝、3連勝でオークスへ

今日は、東京競馬場でオークストライアル・フローラS(GII、3歳牝・芝2000m)が行われました。
レースは、C.ルメール騎手騎乗の3番人気チェッキーノが中団追走から直線外鋭く伸び、同じく中団から伸びた2番人気パールコードに3馬身差をつけて快勝しました。

b0015386_21491271.jpg

外から一気に伸びて後続を突き放すチェッキーノ。完勝でした。

☆フローラS結果
1着△チェッキーノ   (C.ルメール)1'59'7(良)レースレコード
2着◎パールコード   (川 田)3
3着△アウェイク    (吉田豊)1/2
4着○フロンテアクイーン(蛯 名)アタマ
5着▲ビッシュ     (横山典)1 1/2

パドックの個人的な評価は以下の通り。(A良い、B普通、C平凡)

1 バレエダンサー   B
  普通
2 ゲッカコウ     B
  普通
3 ビッシュ      B
  普通
4 アグレアーブル   B
  普通
5 ショコラーチ    B
  普通
6 アウェイク     B
  普通
7 ファイアクリスタル B
  普通
8 シャララ      C
  落ち着きなし
9 フロンテアクイーン B
  2人引きで落ち着きないが、前走クイーンCと同じ感じ
10 ブルーオリエント  B
  普通
11 パールコード    B+
  落ち着いて周回
12 トウカイシェーン  B
  普通
13 エマノン      B
  普通
14 クイーンズベスト  B
  普通
15 シークザフューチャ B+
  落ち着いて力強い歩様
16 クロコスミア    B
  普通
17 エルビッシュ    B+
  キビキビと力強く周回
18 チェッキーノ    B
  2人引き、普通

今年のフローラS(GII)は、2戦2勝のビッシュが1番人気。前走ミモザ賞勝ちのパールコードが2番人気。アネモネS勝ちのチェッキーノが3番人気。クイーンC(GIII)2着馬フロンテアクイーンが4番人気。2戦1勝で前走東京スポーツ杯2歳S(GIII)で3番人気に推されたアグレアーブルが5番人気。この5頭が単勝10倍以下の人気を集め、オッズは混戦模様でしたが、終わってみれば3番人気のチェッキーノが一枚上の力を見せつけました。

チェッキーノのパドックは、2人引きでもまずまず落ち着いて周回していました。レースは中団からレースを進めると、直線でメンバー中最速の上がり34.6秒の末脚を繰り出し、2着に3馬身差をつける完勝となりました。しかも勝ち時計はフローラSレコード。アネモネSの後、疲れが出て桜花賞を自重した影響が心配されましたが、全く問題なかったですね。また、大外枠の不利をものともしない圧勝ということで、この内容なら本番のオークスも楽しみです。

2着は、2番人気のパールコード。パドックは落ち着いて周回しており、単勝10倍以下の上位人気馬の中では個人的には一番良く見えました。レースは勝ち馬より少し前の中団からレースを進め、直線も内目をしっかり伸びてきました。ただ、勝ち馬には完全に切れ負けした印象で本番は厳しいかもしれません。

パールコード
父ヴィクトワールピサ 母マジックコード(母の父Lost Code)
2013年2月1日生 牝3 栗東・中内田充正厩舎
4戦2勝(2016年4月24日現在)
b0015386_2152173.jpg


3着は13番人気の伏兵アウェイクが大健闘。パドックはそれほど目立った感じはありませんでしたが、レースは1・2着馬とほぼ同じ位置からきっちり末脚を伸ばしてきました。事前予想でスピード指数が高いことに気づき△印は打ちましたが結局馬券は買わず、もったいなかったです。

アウェイク
父ディープインパクト 母オールアウェイベイビー(母の父Grand Slam)
2013年2月4日生 牝3 美浦・斎藤誠厩舎
4戦1勝(2016年4月24日現在)
b0015386_21531142.jpg


なお、1番人気ビッシュは、最後方から勝ち馬と同タイムの上がり時計を繰り出すも5着が精一杯。位置取りが後ろ過ぎましたね。期待に応えられなかったのは残念でした。

それでは、最後に見事優勝したチェッキーノちゃんを掲載します。

b0015386_215324100.jpg

パドックは、特別目立つ感じはなかったのですが、二人引きでも落ち着いて周回していました。

b0015386_21533863.jpg

藤沢和雄厩舎は、1995年サイレントハピネス、1999年スティンガーに続くフローラS(当時は4歳牝馬特別)3勝目。また、鞍上のC.ルメール騎手はフローラS初制覇。レース後のインタビューでは「強かったですね。4コーナーの反応はいまひとつでしたが、直線でペースを上げていき、最後まで速いペースを維持しました。今日はスタートもよく、リラックスして走っていました。スタミナがあります。」とコメントしていました。

b0015386_2154357.jpg

全兄に重賞2勝のコディーノ、近親にシンコウラブリィがいる藤沢厩舎ゆかりの良血馬が完全本格化。メジャーエンブレムが回避したことから、オークスは関東のエースとして頑張ってほしいと思います。今日は本当におめでとうございました!

チェッキーノ
父キングカメハメハ 母ハッピーパス(母の父サンデーサイレンス)
2013年2月8日生 牝3 栗毛 安平町・ノーザンファーム生産 美浦・藤沢和雄厩舎
4戦3勝(2016年4月24日現在)
(重賞勝利)2016年フローラS(GII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-04-24 21:54 | 16年GII・GIII優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://prekrasnie.exblog.jp/tb/25708569
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第51回フローラS予想結果分析      第51回フローラS(GII)予想 >>