2016年 04月 17日

皐月賞はディーマジェスティがレースレコードで3強を破り重賞2連勝!

今日、中山競馬場では強風吹き荒ぶ中、心配された雨も早めに止み良馬場で、牡馬クラシック第一弾・皐月賞(GI、3歳・芝2000m)が行われました。レースは、蛯名正義騎手騎乗の8番人気ディーマジェスティが、中団やや後方追走から直線外鋭く伸びて先行馬群を交わして突き抜け、後方から追い込んだ3番人気マカヒキに1 1/4馬身差をつけて優勝しました。

☆皐月賞結果
1着△ディーマジェスティ(蛯 名)1'57'9(良)レースレコード
2着▲マカヒキ     (川 田)1 1/4
3着○サトノダイヤモンド(C.ルメール)1 1/4
4着△エアスピネル   (武 豊)1/2+ハナ
5着◎リオンディーズ  (M.デムーロ)4位降着

パドックの個人的な評価は以下のとおり(A良い B普通 C平凡)

1 ドレッドノータス  C
  落ち着きなし
2 ジョルジュサンク  B
  2人引き、普通
3 マカヒキ      B+
  前走、弥生賞同様、やや首高も落ち着いて伸びやかな歩様
4 アドマイヤダイオウ B
  2人引き、普通
5 マウントロブソン  B
  普通、やや首高い
6 ミライヘノツバサ  B
  2人引き、普通
7 ウムブルフ     B
  普通
8 ミッキーロケット  B
  普通
9 ナムラシングン   B
  普通
10 トーアライジン   B
  普通
11 サトノダイヤモンド A
  ゆったりと大変落ち着きながらも、力強い歩様が目に付く
12 リスペクトアース  B
  2人引き、普通
13 プロフェット    B
  2人引き、普通
14 ロードクエスト   B
  2人引き、普通
15 エアスピネル    B+
  2人引き、いつになく落ち着いて周回
16 リオンディーズ   B+
  落ち着いて力強い歩様
17 アドマイヤモラール B
  2人引き、普通
18 ディーマジェスティ B
  普通

今年の皐月賞は、きさらぎ賞(GIII)レコード勝ちの3戦3勝サトノダイヤモンドが2.7倍で1番人気、2歳王者リオンディーズが2.8倍で2番人気、弥生賞レコード勝ち&3戦3勝のマカヒキが3.7倍で3番人気。この3頭だけが単勝3倍以下の圧倒的な人気を集め、3強対決と言われていました。3強はそれぞれ見せ場を作りましたが、これら人気馬を抑えて見事優勝したのは、共同通信杯(GIII)の覇者ながら8番人気(単勝30.9倍)と人気のなかった伏兵ディーマジェスティでした。

ディーマジェスティのパドックは、前走共同通信杯の時同様、あまり目立つ感じはなかったのですが、落ち着いて周回していました。レースは、リスペクトアースの2番手からレースを進めたリオンディーズが3コーナーで早くも先頭に立って逃げ、1000m通過58.4秒のハイペースとなり、先行馬には厳しい展開となりました。最後の直線はリオンディーズが一杯になった(この時、外に斜行してサトノダイヤモンドとエアスピネルの妨害したため、4着入線も5着降着)ところを、後方でじっくり脚をためてレースを進めたディーマジェスティが外から脚を伸ばし、人気馬をまとめて一気に交わして突き抜けたのは正直驚かされました。
とはいえ、これで5戦3勝2着2回とパーフェクト連対。前走、共同通信杯でホープフルS(GII)の覇者ハートレー、東京スポーツ杯2歳S(GIII)の覇者スマートオーディンを破り、2走前の未勝利戦で後のスプリングS(GII)優勝馬マウントロブソンを破った実力は伊達ではなかったということでしょう。なお、勝ち時計は皐月賞レコード、本当に素晴らしい走りを見せてくれました。

2着は、3番人気のマカヒキ。パドックは、前走弥生賞同様、落ち着いて力強い歩様を見せ、良い雰囲気でした。レースは後方3番手からレースを進めると、直線はメンバー中最速の上がり33.9秒の末脚を繰り出したものの、勝ち馬には届きませんでした。それでも3強の中では最先着を果たしたように、本番のダービーも期待の持てる走りを見せてくれたと思います。

マカヒキ
父ディープインパクト 母ウィキウィキ(母の父フレンチデピュティ)
2013年1月28日生 牡3 栗東・友道康夫厩舎
4戦3勝(2016年4月17日現在)
b0015386_027890.jpg


3着は1番人気のサトノダイヤモンド。パドックは初めて見ましたが、大変見栄えのする馬で落ち着いて伸びやかな歩様が目に付き、とても良く見えました。レースは直線で不利がありながらリオンディーズ、エアスピネルを最後に交わして3着を確保。こちらも本番のダービーが楽しみです。

サトノダイヤモンド
父ディープインパクト 母マルペンサ(母の父Orpen)
2013年1月30日生 牡3 栗東・池江泰寿厩舎
4戦3勝(2016年4月17日現在)
b0015386_0275623.jpg


なお、2番人気のリオンディーズはパドックの気配は落ち着いて良い雰囲気でしたが、レースは抑えきれずハイペースで逃げたのがたたり5着(4着から降着)。ただ、苦しい展開でも大きく崩れなかったのが救いで、引き続き楽しみはあるでしょう。4番人気エアスピネルはパドックはいつになく落ち着いて良く見えたのですが、3強を崩すには至りませんでした。
それにしても、なぜか1月生まれは皐月賞を勝てないジンクスがあったのですが、今年もそのジンクスは生きていました。(3強は全て1月生まれでした。なお、優勝したディーマジェスティは3月生まれ)。馬は短い間で急成長することを改めて思い知らされた今年の皐月賞でした。

それでは、最後に見事優勝したディーマジェスティ君を掲載します。

b0015386_0281375.jpg

パドックは、前走共同通信杯の時同様、目立つ感じはありませんが、落ち着いて周回していました。

b0015386_0282884.jpg

鞍上の蛯名正義騎手は、一昨年のイスラボニータ以来となる皐月賞2勝目。なお、レース後のインタビューでは「外枠、そしてこの風、非常に読みづらい中、ゲートの出もあまり良くなかったのですが、有力馬が前にいたので、後方で腹をくくって1コーナーを回りました。馬場状態も乾いている感じではなく、かえって外枠が良かったです。前を見ながら3コーナーから射程に入れていければと思いましたが、うまく行きました。手応え十分に4コーナーまで来て、これならと思いましたし、坂を上がって届くなと思いました。次は大一番(ダービー)、何とかいい結果を出せるよう、頑張りたいと思います。」とコメントしていました。

b0015386_0283870.jpg

二ノ宮敬宇厩舎は、GI通算6勝目となりましたが、意外にもクラシックは嬉しい初制覇。また、生産牧場の服部牧場は、1996年皐月賞(イシノサンデー)以来、20年振りのGIホース誕生となりました。

b0015386_0285061.jpg

今日の皐月賞の上位1~3着を占めたディープインパクト産駒は、意外にも皐月賞は初制覇でした。

b0015386_029431.jpg

共同通信杯から直行で皐月賞を制したのは、2012年ゴールドシップ、2014年イスラボニータ、昨年のドゥラメンテに続く4頭目。このローテーションはトレンドになるかもしれませんね。また、蛯名騎手悲願のダービー制覇の期待も高まります。関東のエースとして本番も頑張ってほしいな。今日は本当におめでとうございました。

ディーマジェスティ
父ディープインパクト 母エルメスティアラ(母の父ブライアンズタイム)
2013年3月24日生 牡3 鹿毛 新ひだか・服部牧場生産 美浦・二ノ宮敬宇厩舎
5戦3勝(2016年4月17日現在)
(重賞勝利)2016年皐月賞(GI)、共同通信杯(GIII)
[PR]

by Yuuichiro_K | 2016-04-17 23:59 | 16年GI優勝馬写真 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://prekrasnie.exblog.jp/tb/25680810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第76回皐月賞予想結果分析      第76回皐月賞(GI)予想 >>